ドラマおすすめ

【無料動画】花子とアン2週目7話8話9話10話11話12話の見逃し配信・無料視聴方法!

【無料動画】花子とアン2週目7話8話9話10話11話12話の見逃し配信・無料視聴方法!

NHKの朝ドラ「花子とアン」の第2週7話、8話、9話、10話、11話、12話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「花子とアン」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「花子とアン」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「花子とアン」を見る時は、動画配信サービスU-NEXTを利用するのがおすすめです!

・花子とアンを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「花子とアン」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・一億円のさようなら
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「花子とアン」第2週7話、8話、9話、10話、11話、12話のあらすじ・ネタバレまとめ

1945年(昭和20年)4月の東京大空襲の最中、本作の主人公・村岡花子(旧名・安東はな)は「命より大事」な翻訳途中の Anne of Green Gables の原書を懐に抱え、子供たちを連れて戦火の中を逃げまどっていた。

52歳の花子が命がけで守り抜いたこの原書は、後年『赤毛のアン』の題名で翻訳出版され、日本中で人気を博することになる。

「花子とアン」2週目7話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

東京の修和女学校に編入したはな(山田望叶)は、英語教師・富山(ともさかりえ)に「一度でも落第点を取ったら退学」と告げられ、緊張する。はなは寮母・茂木(浅田美代子)に寄宿舎へ案内され、同室となる醍醐(茂内麻結)と意気投合するが、上級生・白鳥(近藤春菜)には、さっそく言葉遣いや振舞いを厳しく注意されてしまう。やがて校内で大きな図書室を見つけ、小躍りして喜ぶはなだが、並んでいる本を開いてみると…。

出演

ともさかりえ 、浅田美代子 、山田望叶 、近藤春菜 、茂内麻結

「花子とアン」2週目8話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

女学校での生活は、規律厳しい日課や洋風な食事など、はな(山田望叶)にとって驚き、戸惑うことばかり。とりわけ英語の授業は、はなだけが全くついて行けず、教師の富山(ともさかりえ)に厳しく指導される。さらに毎週金曜日は「英語だけで話さなければいけない日」。はなは外国人教師たちに話しかけられないよう、校内を必死で逃げ回る。だが、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に捕まり、謹慎を命じられてしまう…。

出演

室井滋 、ともさかりえ 、石橋蓮司 、浅田美代子 、山田望叶

「花子とアン」2週目9話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、ホームシックにかかってしまったはな(山田望叶)と醍醐(茂内麻結)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の悪口を言った罰として、外国人教師の部屋を掃除することになる。一生懸命に掃除し、部屋の主・スコット先生(ハンナ・グレース)に感謝されるものの、はなの心は晴れない。その後も英語の授業について行けないはなは、ある夜、寝室からこっそり抜け出して庭へ出る…。

出演

山田望叶 、近藤春菜 、トーディ・クラーク 、茂内麻結 、ハンナ・グレース

「花子とアン」2週目10話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

はな(山田望叶)が塀越しに吉平(伊原剛志)と再会して以来、ガス灯の下はふたりの秘密の待ち合わせ場所となっていた。そこへ夜な夜な聞こえてくるスコット先生(ハンナ・グレース)の美しい歌声に、聞きほれるはな。そんな折、富山(ともさかりえ)が「校長先生に英語で手紙を送る」という課題を出し、辞書も持っていないはなは困り果ててしまう。締め切り間近の日、スコットの部屋で掃除をしていたはなは、ある物を発見する…。

出演

伊原剛志 、室井滋 、ともさかりえ 、山田望叶 、ハンナ・グレース

「花子とアン」2週目11話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

はな(山田望叶)が提出した課題の手紙は、なんと最高得点を取り、皆の前で読みあげられることになる。それはまるでラブレターのような文面で、読み進められるうちにスコット先生(ハンナ・グレース)はなぜか顔色が悪くなり、退出してしまう。それを見て動揺するはな。教師たちは手紙を称賛するが、富山(ともさかりえ)は本当にはなが書いたのかと疑い、この場で英語でスピーチをするよう求める。追いつめられたはなは…。

出演

室井滋 、石橋蓮司 、ともさかりえ 、浅田美代子 、山田望叶

「花子とアン」2週目12話のあらすじ・ネタバレ

「エーゴってなんずら?」

スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな(山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限謹慎を命じられる。退学は免れないだろうという周囲の予想に醍醐(茂内麻結)は心配するが、はなは自分のこと以上にスコットを傷つけてしまったことを深く後悔していた。ある日、面会にやってきた吉平(伊原剛志)は、はなからことの次第を聞き校長に直訴に向かうが…。

出演

吉高由里子 、伊原剛志 、室井滋 、山田望叶 、茂内麻結

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

朝ドラ「花子とアン」の主なキャスト※ネタバレ含む

吉高由里子 役:安東はな/村岡花子

幼少期:山田望叶

山梨県・甲府の貧しい小作農家の安東家の長女として生まれる。

幼少より想像力が豊かで空想にふけることがたびたびある。

本名は「はな」だが、本人は「花子」と呼ばれることを望んでいる。

酒に弱いうえに酒癖が悪く、酒を呑むたびに失敗を犯している。

父の計らいで学校に行けるようになってから読み書きの才能を見せ始め、10歳で東京の名門・修和女学校に給費生で編入し寄宿生となり、汽車賃を惜しんで5年間一度も帰省せずに過ごす。

当初は英語が苦手で英語の課題が書けずに困り、落第による退学の瀬戸際まで追い詰められ、挙げ句にはスコット先生の恋文を丸写ししたものを提出し、それがきっかけでトラブルが起きるものの、校長と富山の言葉と、スコット先生への謝罪の気持ちにより、英語への情熱を育むこととなる。

女学校時代、何度か退学の危機に直面するが、理解ある教師や友人や家族たちの支えで乗り越える。

一方、英語の成績は本科へ進級した頃には学年一になり、自ら校長の通訳や英文の翻訳をこなしたり、女学校の英語教師へ推薦の話が持ちかけられたりし、卒業式時には学校側から正式に校長の祝辞の通訳を依頼されるまでになる。

本科時代にアルバイト先の出版社・向学館(こうがくかん)で手がけた英文の翻訳が好評を受けたことを機に、翻訳家の道に興味を示す。

その後、向学館での採用が決まるが、帰郷を願う母の気持ちを知り採用を辞退し、故郷の尋常小学校の代用教員になる。

代用教員になって間もない頃、一人の女子生徒との交流をきっかけに初めて「安東花子」のペンネームで書いた童話『みみずの女王』が「児童の友賞」に入選する。

その4年後、2作目の『たんぽぽの目』が初めて本になると共に新たな出版社・聡文堂(そうぶんどう)から社員としての誘いを受け、6年間勤務した小学校を退職して再び東京へ旅立つ。

聡文堂では新刊の児童雑誌『ニジイロ』の編集者として人気作家の宇田川満代に執筆してもらうために頭を下げ、夜中は同誌に載せる英国の小説『王子と乞食』の翻訳に奮闘する。

聡文堂に出入りする印刷屋の村岡英治に恋心を抱くが、実は英治が既婚者であることを知らされ、自分が道ならぬ恋をしていることに気付き、仕事で重大なミスを犯すほど、悩む日々を送る。

その後、先妻を病気で亡くした英治と紆余曲折の末に後妻として結婚。

結婚式において「花子」を名乗ることも神の前で誓う。

結婚後は大森(大田区)に居を構え、息子・歩を育てながら自宅で翻訳の仕事を続ける。

その矢先に友人の蓮子が駆け落ち事件を起こした際には、自ら協力して彼女を甲府の実家に匿う。

その甲斐もなく蓮子が強制的に実家へ連れ戻された後は、苦労の末に蓮子との再会を実現させ、どんな時でも希望を捨てずに生きるよう彼女を励ます。

大正12年9月1日に関東大震災が発生した際には、親の行方が分からない子供たちを半壊状態の自宅に避難させ、彼らをなぐさめようとして、「ナミダさん」という即興の物語を語って聞かせる。

震災で亡くなった郁弥の遺志を継いで『王子と乞食』の単行本を出すことを決めるも、資金面で難航。

翌年、蓮子の前夫・嘉納伝助が訪れた際には、伝助に届いた英語の手紙を翻訳し、蓮子の近況を伝える。

その日の夜から居候するようになった醍醐からクッキーを焼いてお茶会を開くよう提案され、醍醐が招いた女学校時代の友人たちと再会して、ささやかながらも資金の援助を受ける。

さらには伝助の協力で銀行からの融資を受けられることになり、村岡印刷の再建及び『王子と乞食』の単行本の出版が実現する。

その後は全てが順調に進んでいるかに見えたが、震災から3年後、今度は歩がわずか5歳で急病死する悲劇に見舞われる。

周囲からは歩の後を追って自殺するのではないかと心配されるほど悲嘆に暮れ、仕事にかまけて十分に歩と遊んでやれなかった自分を悪い母親だと責めるが、歩が生前に自分は花子を選んで生まれてきたのだと語っていたことを英治から聞かされ、今後は歩への供養として、日本中の子供たちを喜ばせるために一層文筆の仕事に打ち込むことを決意する。

昭和7年にはいくつもの執筆業を抱えながら、英治と協力して雑誌『家庭』を創刊する。

同じ年、蓮子からJOAK(東京放送局)の職員・黒沢を紹介され、子供向け新番組『コドモの新聞』の語り手を依頼される。

当初は断るつもりでいたが、実際にスタジオを見学して、ラジオ遊びが好きだった歩のことを思い出して翻意し、日本中の子供たちのために依頼を引き受ける。

番組では自分の好きな動物関係のニュースを多く採り上げ、子供たちからは「ラジオのおばさん」と呼ばれ親しまれるが、日中戦争が勃発した翌年の昭和13年(1937年)には局から提供されるニュースの原稿がほとんど軍事関係の内容になり、動物関係のニュースを読むことが困難になっていく。

一方、亡くなった歩の代わりに、末妹・ももの娘である姪の美里を養女とし、自分の娘として育てる。

昭和16年、太平洋戦争開戦により否応なく軍事関係のニュースを読まなくてはならなくなる時勢となったことで、「ラジオのおばさん」を辞めることを決意をする。

戦況が進み翻訳が困難になる中、スコット先生からのちの『赤毛のアン』の原作本を贈られ、周囲から「非国民」と呼ばれるなど様々な困難に見舞われながらも、翻訳作業を続け、終戦を迎えた昭和20年(1945年)、ついに翻訳を完成させた。

昭和21年(1946年)1月にはラジオに復帰。

また、スコット先生に原作本をもらってから13年後、ついに『赤毛のアン』を出版し、出版記念会でスピーチをする。

第1回の冒頭における昭和20年(1945年)4月の東京大空襲の時点では、翻訳家として大森に在住する。

劇中では時折、昭和20年における52歳の花子が登場し、彼女が『赤毛のアン』の翻訳作業を進めながら過去の思い出を回想するという形でストーリーが進められる。

伊原剛志 役:安東吉平

はなたちの父。静岡の出身で、仕事のために訪れた甲府でふじと出逢い結婚した。

生糸を東京で販売し、その収益で日用品を買い付け甲府に帰って販売する行商をしているため、年の半分は不在にしている。

理想家で新しい物好き。幼少時に学校へ行くことができず奉公などで苦労した経験から、学問の大切さを痛感している。

はなの良き理解者であり、読み書きに対する強い興味と才能を見抜き、貧しい家の境遇を顧みず、はなを東京の女学校へ入れようと奮闘する。

はなが修和女学校の寄宿舎に入った後も様子を気にかけ、たびたび学校を訪問するが、阿母村でははなの自慢ばかりで他の子供たちを顧みない父親と思われており、特に息子の吉太郎からは強い反発を買う。

行商中に出くわした社会主義運動家・浅野中也の演説に共感する。

浅野から依頼され、彼の思想について書かれた新聞や書物を人々に教えを説きながら行商する「伝道行商」を行うが、浅野が警察に逮捕されたことにより身の危険を感じ、長い旅に出るとはなに言い残して失踪、女学校のはな宛に居場所の記されていない葉書を数回送った後に、はなの卒業後は完全に音信不通になる。

仲間の故郷である新潟の山奥などに逃亡を続ける中で自分は逮捕されないことを知り、4年ぶりに帰宅、吉太郎から自分の留守中に困窮する家族の苦労を初めて聞かされて反省し、以後は借金返済のために元の行商に勤しむ。

行商中に知り合った人妻・サダとの浮気疑惑を持たれ、怒ったふじから家を追い出される羽目になる。

徳丸家や教会で寝泊まりするなか、病床の周造との和解を経て家族のことを託され、浮気は誤解と判明し再びふじに受け入れられる。

以来、周造に代わりふじと共に畑仕事に出るようになり、周造亡き後の仏前にて、行商をやめて家に落ち着き百姓に専念することを誓う。

その後、百姓の生活に変化を求め、百姓仕事の傍ら甲州産のぶどうでぶどう酒を作り全国に広めたいと夢を語る。

村岡英治がはなとの結婚を申し込みに来た際には彼を気に入りつつも、彼が前妻と死別していることに難色を示すが、ふじの言葉で考えが変わり、2人の結婚を認める。

はなと英治の結婚式において、異議を唱える英治の父・平祐に対して「考え方が古い」と不快を述べ、近所の朝市や娘たちや英治の弟・郁弥と共に賛成側に回る。

花子に請われ身を寄せる蓮子が「産気付いた」と勘違いし、リンに電報を打たせる。

関東大震災が発生した際には、花子たちの安否を確認するために東京へ救援物資を運ぶ役目を自ら志願する。

三女・ももが北海道での生活に失望して東京に現れた際には、ももに北海道行きを勧めた自分の甘さに責任を感じ、甲府に連れて帰ろうとするが、それではももが肩身の狭い思いをするだけだと花子に反論され、断念する。

昭和18年(1943年)夏、上京して花子たちに甲府へ疎開するように勧めるが、かよとももから拒否された。

だが、孫娘たちが疎開することになり、片言の英語で話しかけるが花子に諌められる。

戦時中にもかかわらず、密かにぶどう酒を醸造していて、徳丸親子から軍用に供出するよう迫られるが、拒否する。

昭和20年(1945年)。病に倒れたことがきっかけとなり、子供たち全員が甲府の安東家へ戻った日に吉太郎と話し合った末、和解。

彼とぶどう酒を醸造するようになるが、昭和21年(1946年)1月に復帰した花子が語るラジオ放送を聴きながら息を引き取る。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「花子とアン」以外にもU-NEXTでは

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・一億円のさようなら
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」