ドラマおすすめ

【無料動画】ドラゴン桜2の7話8話9話最終回の見逃し配信を無料視聴する方法!

【無料動画】ドラゴン桜2を無料で1話から最終回まで楽しむ方法!見逃し配信&無料視聴!

TBSの日曜劇場「ドラゴン桜2」の7話、8話、9話、最終回の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「ドラゴン桜2」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっております。

これからの放送も楽しみですけど、もう一回1話が見たい、見逃してしまった2話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「ドラゴン桜2」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、日曜劇場「ドラゴン桜2」を見る時は、Paraviパラビを利用するのがおすすめです!

・ドラゴン桜2を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「ドラゴン桜2」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・この恋あたためますか
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」7話のあらすじ・ネタバレ

東大専科の7人が東大模試を受けることになった。

模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけない。

今の学力では何人かは最低のE判定になることは明白だ。

桜木(阿部寛)が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは混乱し、水野(長澤まさみ)も不安に襲われる。

模試に備え、新たに桜木が招へいした英語の特別講師によるリスニング力強化のための驚くべき勉強法が始まる。

さらに桜木は、模試に役立つ「東大模試6カ条」を授けるが、菜緒(南沙良)と天野(加藤清史郎)は、焦りから追い詰められていた。

模試当日、プレッシャーに押しつぶされそうな7人は、それぞれの思いを胸に会場に向かう。

一方、龍海学園では先代理事長・恭二郎(木場勝己)が、何やら新たな動きを見せていた…。

ドラマ「ドラゴン桜2」7話のネタバレ・感想

ついに7人がそろった東大専科。しかし喜んだのも一瞬で、生き残りをかけた模試に突入する。

合格の見込みがない生徒は専科をやめなくてはならない。忘れかけていたが入試はサバイバルであり、人生がかかった勝負は負ければ相応のダメージを受ける。

臆病になってしまいそうな時、どうやって自分を奮い立たせればいいのだろう?

第7話は、不可能に挑む全ての人に贈る珠玉の放送回となった。

第7話の主役は早瀬菜緒(南沙良)。菜緒は桜木(阿部寛)の話を聞いて自ら志願して東大専科に入った。

明るい性格で友達思いの菜緒は、桜木や水野(長澤まさみ)の指導にも素直に耳を傾けてきた。そんな菜緒がぶつかったのが東大模試の壁。

菜緒は麻里(志田彩良)や藤井(鈴鹿央士)に対して自分が実力で劣ることを知っており、プレッシャーから自身を見失っていた。種明かしをすると実は桜木の狙いもそこにあった。

「高いハードルに向き合うと人は弱い部分が浮き彫りになる。自分の弱さを知り、それを乗り越えれば強くなれる。合格するにはそのくらいのハートの強さが必要なんだ」。

いわゆる獅子が我が子を谷底に落とす方式。だが、もし壁を前にして心がくじけてしまったら?

専科のメンバーはそれぞれ頑張る理由やメンタル面の長所を持っている。早々に「やるしかない」と腹をくくった瀬戸(高橋海人)。

バドミントンで大舞台は経験済みの楓(平手友梨奈)。天野(加藤清史郎)には飛び込む度胸があり、麻里と健太(細田佳央太)は勉強できること自体が楽しくて仕方ない。

藤井に至っては狂気じみた執念の持ち主である。彼らに比べると、菜緒は良くも悪くも普通の高校生だ。

周囲が着実に前進する中、自分だけが置いていかれる感覚。いっそ逃げ出してしまいたい……。

東大に合格するのは優秀な生徒だ。いくら本人が望んだからと言って、普通に考えれば菜緒のような生徒が東大を目指すのは無謀である。

では菜緒が東大専科にいる意味はどこにあるのか? 答えは「それが菜緒にとって必要なことだから」だった。

小さい頃から習い事をやっては途中で投げ出してきた菜緒。「お前は生まれ持っての幸運だ。他の連中見てみろ。みんな何かしら背負ってる。お前このままだとその幸運を逃すことになるぞ」。

桜木の言葉は挫折した菜緒の心に突き刺さる。「自分が幸運だとわからない人間は、現状に満足できないからずっと何かを追い求める。だがそこには覚悟がない。だからちょっと辛くなるとやめて、はい次、また次と長続きしない。次から次へと与えてもらえたことがお前の覚悟を弱らせてんだ」。

追い討ちをかけるように「そういう人間が幸せになれると思うか?」。

菜緒の心はズタズタになっただろう。それでも桜木から目を背けることができない。あまりにも今の自分を言い当てていたからだ。

「幸せになりたかったら、お前は覚悟を決めろ」。一度決めたらやり抜け。それが自分を幸福にするという重みのある一言。結論から言うと菜緒は賢かった。

桜木の言った意味を理解したのだから。E判定は合格率20%で、それは「100回受験すれば20回合格できる」と桜木。

「お前は生まれ持っての幸運を持ってる。受験しなければその運を使うこともできねえ。いいか早瀬、人生無駄にしたくなければ運に乗れ」。菜緒は踏みとどまった。

強くなくてもいい。ただ弱い自分から逃げるな。自分はラッキーだと信じろ。

精神論のようだが、土壇場で自分を支えてくれるのは積み重ねてきた努力と自信以外にない。情報にあふれ様々な可能性が開けている現代は、自分次第で何にでもなれる一方、気付かないうちに迷路に足を踏み入れてしまうこともある。

桜木の言葉は自己実現という言葉の核心を衝くものだった。

菜緒を演じるのは南沙良。「性格が正反対」という高校生を熱演した。2017年に映画『幼な子われらに生まれ』でデビューした南は、東大専科では最年少ながら思いきりの良い演技を披露。

目覚ましい成長を遂げる18歳には、プレッシャーも追い風に変えてしまいそうな勢いがある。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」8話のあらすじ・ネタバレ

東大合格者が5人出たら学園は売却される…。

桜木(阿部寛)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画が発覚。

その背後に不穏な動きもあり…。

最大の危機に見舞われる一方で、桜木は生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授する。

それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、それに合わせた攻略法だ。

また、水野(長澤まさみ)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。

そんな中、楓(平手友梨奈)は一人悩んでいた。

桜木はその様子に気づくが…そして、アクシデントが楓を襲う。

さらに、桜木の前に意外な人物が現れる…。

ドラマ「ドラゴン桜2」8話のネタバレ・感想

夏は受験生にとって勝負の季節。しかし、ただがむしゃらに頑張ってもあまり意味はない。現在の実力を知り、足りない部分を伸ばすことが大切だ。

第8話では、難関に挑む生徒たちの現在地が描かれた。

「特別講師はお前らだ」。安田顕やゆりやんレトリィバァら個性豊かな講師陣は今回はお休み。詰め込んできた知識を教え合うことで理解を深め、同時に夏休みを利用して勉強する習慣を身に付けるのが狙いだ。

「手取り足取り教えてやるのはここまでだ。そろそろ自立してもらわないとな」。言い方は相変わらずだが、桜木(阿部寛)の指導には合理的な裏付けがある。

具体的な学習については、直美(長澤まさみ)直伝のタイプ別勉強法が参考になる。本を同時並行で読む「拡散型」はワクワクすることが重要で、勉強内容は気分で決めてよい。

1冊ずつ読み終える「保全型」は自信の積み重ねが大事で、勉強時間やノルマを決めて達成感を得るのがコツだ。自分がどちらに近いか知ることで効果的な学習が可能になる。

7人それぞれにスポットライトが当たったところで、思い起こすのは楓(平手友梨奈)の家庭事情だ。楓は東大受験を決意し、着実に実力を伸ばしてきたが、両親に東大専科のことを話していなかった。

第2話で登場した元バドミントン選手の父・岩崎明人(駿河太郎)と母・裕子(馬渕英里何)は、楓が幼い時からバドミントンの英才教育を行ってきた。

明人たちの骨折りで、楓は実業団の日本ユニシス・バドミントン部の練習に参加することが決まる。ちなみに日本ユニシスは実在するチームで、オリンピック金メダリストを含むトップ選手を多数輩出する名門だ。

練習三昧で疲労した体に鞭打って勉強する楓。結果的に模試の成績は振るわず、東大との距離は開いていく。心配する専科の生徒に桜木は「岩崎の問題だ」と言って釘をさす。

楓の両親は娘がバドミントンで活躍することを心から願っている。だからこそ、明人たちはあえて心を鬼にして楓のために厳しい態度を取ってきた。

それがわかっているので楓も親を失望させたくないと思って悩む。東大か、それともバドミントンか。

結論を出せない楓を、桜木は「自分と向き合わない奴は敗者にしかならない」と言って切り捨てる。楓は自分の本心に気付き、明人たちに率直な気持ちを伝える。

「親ってのは化け物だ。誰よりも長く強くお前のことを思ってる。そいつに理解させるには、親子の縁を切るぐらいの覚悟が必要なんじゃないのか」。

ここで注意が必要なのは、桜木が楓に東大を受けろともバドミントンを諦めるなとも言っていないこと。ただ「責任の取れる選択をしろ」と言っている。

娘のために全てを投げうってきた親の気持ちは本物で、それを理解できる楓は賢い。けれども親はいつかいなくなる。

自分の人生を背負えるのは自分だけで、そうであるなら本心から悔いのない選択をしなければならない。

平手友梨奈は真のスターと呼べる存在だ。欅坂46のステージを目撃した人間なら、そのことに異論はないだろう。

役者としても映画デビュー作の『響-HIBIKI-』や『さんかく窓の外側は夜』で圧倒的な演技を披露してきた。カリスマ的な役柄の印象が強い平手だが、『ドラゴン桜』では親の期待に悩み、不慣れな勉強に取り組む等身大の高校生を演じている。

挫折を乗り越えて一歩ずつ成長する姿に、これまでにない彼女の一面を見た。

何やらきな臭い雰囲気が漂う龍海学園の売却問題。裏で糸を引いているのは元理事長の龍野恭二郎(木場勝己)だが、その裏に元教え子の坂本(林遣都)と米山(佐野勇斗)、パートナー弁護士だった香(早霧せいな)の影がちらつく。

所在不明だった桜木を見つけて直美に知らせたのが坂本で、間接的に龍海学園に桜木を送り込んだわけだが、一方で学園を潰そうと画策もしている。奥田(山崎銀之丞)が提案した「4人合格」というエスケープルートが早くも却下される中、東大専科の挑戦がどんな結末を迎えるか、目を凝らして見届けたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」9話のあらすじ・ネタバレ

大学入学共通テストまでのカウントダウンが始まった。

今までに招へいした特別講師陣たちと試験に向け追い込みに入っている生徒たちに、桜木(阿部寛)はいよいよ共通テストの出願書を渡す。

そこで決意の表情を見せる専科メンバーに、桜木は「共通テストの心構え5か条」を授ける。

そして迎える共通テスト本番。

6回の模試を乗り越えてきた瀬戸(髙橋海人)をはじめとする、東大専科の生徒たちの決戦の時が来た。

しかし、彼らをただならぬ緊張とプレッシャーが襲う。

共通テストを終えた瀬戸に襲いかかる試練・・・藤井(鈴鹿央士)の決断とは!?

一方、水野(長澤まさみ)は弁護士として、学園の売却を阻止する方法を必死に探っていた。

学園の先代と直接対決を迎える桜木たち。

さらに、桜木・水野に襲いかかる驚愕の真実が・・・。

ドラマ「ドラゴン桜2」9話のネタバレ・感想

桜木(阿部寛)の指導によってメキメキと実力を伸ばしてきた東大専科の生徒たち。

このままこの状況が続けば、東大合格も現実のものになる。生徒たちの合格を可能にするのは、積み重ねた努力と仲間との絆。はたして時間は彼らの問題を解決したのだろうか?

第9話では、大学入学共通テストまでの115日を一気に駆け抜けた。

第9話で桜木が伝授したのは「共通テストの心構え5カ条」。

「終わった教科のことは考えるな」「難しい問題にとらわれるな」「1日目の試験後は一人で帰れ」「答えを問題用紙に書いておけ」「自分さえ受かればいいと思って挑め」。

短時間で大量の問題をこなす共通テストを乗り切るコツは、平常心で勝負に徹すること。ポイントは不安のコントロールだ。

桜木によれば「どんな人間でも大事な本番前には不安になるのは当然」。だから「本番に強い人間は自分が不安を抱いていることを自覚し、ミスを想定し心の準備をしておくんだ。完璧なんか求めんな」。

不確定要素を伴うのが勝負の常であり、様々な場面に応用できそうなアドバイスだった。

本作をただの受験ドラマと侮ることなかれ。誰もが学ぶことと向き合う現代、現役の学生や元受験生の社会人、未来の受験生を持つ親だけでなく、何かにチャレンジする人なら『ドラゴン桜』から少なからず気付きを得ることができる。

まさに視野を広げてくれるドラマといえる。「受験とは己と向き合うことだ」と桜木が説くように、生徒たちも限界に挑む中で人間的に成長していく。

なかでも藤井(鈴鹿央士)の文転が胸に迫った。藤井は共通テストで思うような点数が取れず、東大受験の決意が揺らぐ。

本番に弱いと言えばそれまでだが、努力を重ねた末に直面したどうにもならない壁。「怖い」というのは率直な思いだろう。

それでも、お先真っ暗な状況で桜木のアドバイスを聞き入れたところに藤井の成長が集約されていた。もし今までどおりなら、プライドとコンプレックスから意地を貫いて理系で受験していたに違いない。

しかし、東大専科で学びうちに藤井は天野(加藤清史郎)や健太(細田佳央太)に心を開き、勉学に打ち込む中ですっきりとした表情に変わっていった。恥や外聞を捨てることは、以前の藤井なら耐えがたいことだったはず。書き換えた目標の数は藤井の苦闘の歴史を表している。

第9話は直美(長澤まさみ)の回でもあった。2005年の前作で生徒だった直美は2つの『ドラゴン桜』をつなぐキャラクターだ。

「高校って生徒たちが大人になった時に帰れる場所」と語る直美の心には、今でも龍山高校での日々が息づいている。そんな直美なので、龍海学園の売却問題にも我がことのように取り組む。だが状況は予断を許さない。

東大専科が5人以上合格者を出せば、久美子(江口のりこ)は理事長を辞任しなければならず、学園はその歴史に幕を下ろす。直美は「母校ってそんな簡単に捨てられるものじゃないんです」と言って逆転のチャンスを探るが……。

最終回を前に黒幕が勢ぞろいしたわけだが、罠にはまったようで最初から桜木と直美ははめられていた。悪役然とした久美子と奥田(山崎銀之丞)が実は味方で、味方と思っていた高原(及川光博)と香(早霧せいな)が敵というイメージを逆手にとった配役も効果的だった。

話を戻すと、生徒のひたむきな向上心を利用する恭二郎(木場勝己)たちも許せないが、桜木の状況が文字通り絶体絶命。5人合格の公約を果たせば、龍海学園はなくなり桜木も仕事を失う。

合格しなくても桜木の評判には傷がつく。どちらに転んでも桜木はダメージを負うことになる。

生徒たちの未来と学園の存続、そして桜木の弁護士生命。複雑に絡み合った難問にヒントがあるとしたら、桜木が口にした合格者「7人」の種明かしと売却をメールで知らせた人間の正体だろう。

はたして校庭のドラゴン桜が咲く時、学園は残っているのか?

生徒たちの努力によって、帰るべき場所が消えてしまうような事態にならないことを願うばかりだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回のあらすじ・ネタバレ

2次試験が迫る中、桜木(阿部寛)はますます厳しい状況に追い込まれていた。

学園買収には教頭の高原(及川光博)が関わり、坂本(林遣都)と米山(佐野勇斗)も加担していた。

水野(長澤まさみ)は心を痛め、久美子(江口のりこ)は「生徒たちのために奇跡を起こして」と桜木に頼む。

共通テストで思うような点数が取れなかった藤井(鈴鹿央士)は、ある決意を桜木に伝える。

専科から離脱した瀬戸(髙橋海人)は、果たして…。

2次試験に向けてラストスパートに突入する東大専科。

生徒たちは、最後の追い込みで東大の過去問を必死にやり遂げる。

そんな生徒たちに桜木が用意した大逆転の秘策とは?果たして、結果は?

そして、龍海学園の行く末は…?

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回のネタバレ・感想

見事だった。その一言に尽きる。

ありとあらゆる期待と逆風を背負いながら、令和の『ドラゴン桜』は下馬評を覆して日曜劇場に金字塔を打ち立てた。最終話では、ついに正体を現した黒幕に前作のオールスターキャストも勢ぞろいし、娯楽性を実装しながら普遍性に着地してみせた。

いよいよ東大の2次試験本番。龍海学園をめぐる用地売却の行方は東大専科の手に委ねられた。

大勝負を目前にして緊張する生徒たちのために、桜木(阿部寛)はサプライズゲストを連れてくる。予告編でほのめかされた龍山OBはなんと全員!

紗栄子演じる小林麻紀は第1話に続いての出演で、緒方英喜(小池徹平)、奥野一郎(中尾明慶)のトリオで登場した。

見違えるように成長した3人。麻紀はタレント、緒方は外資系のコンサルタント、一郎は『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で知られるトキワ自動車のエンジニアで、前作で桜木の薫陶を受けたことはご存知のとおりだ。

演じている3人も第1シリーズをきっかけに注目され、それぞれが第一線で生き抜いてきた。テレビや映画、雑誌などでおなじみの顔が16年の時を経て、同じ役柄で再登場するのは感慨もひとしおだったに違いない。

サプライズはこれに留まらず、終盤では矢島勇介を演じた山下智久が声のみの出演。さらに香坂よしの役の新垣結衣も駆け付けた。

よしのは桜木の逆転劇に一枚かんでいたという設定だ。久々の再会を喜ぶ直美(長澤まさみ)の表情には、長澤の素のリアクションも混ざっていたように感じた。

同窓会のような豪華共演は単なる懐古趣味ではなく、『ドラゴン桜』という作品が時を超えて受け継がれてきたことを物語っている。続編となる本作に生徒役で出演した高橋海人や平手友梨奈、南沙良、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、加藤清史郎も、いつかこうして集い合う日が来ると思うし、そうなった時にどんな一人ひとりになっているか楽しみだ。

早くも『ドラゴン桜3』を期待してしまう。小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)も忘れてはいけない。

そのくらい東大専科は素晴らしかったし、そのことは合格発表の場面で最大限に発揮されていた。

足切り最低点で共通テストを突破し、まさかの掲示板見間違え(学部を数字で分類する東大ならでは?)で勝ちを拾った瀬戸(高橋海人)の強運に、勝負のエッセンスを教えられた。桜木が語ったように、勝負は最後の最後に運を味方に付けられるかで決まる。

その運を運んできたのが、あっさりした性格をした瀬戸の意外な執念だったのも興味深い。瀬戸の合格に喜びを爆発させる9人の姿から、彼らが重ねたひたむきな努力と友情が見て取れた。

第1話で感じた前作からの路線変更への違和感は、最終的に日曜劇場ならではの舞台設定とドラマ的な演出として実を結んだ。同枠に顕著な集合シーンは職員室での歓喜となり、会議室での対決で、テーブルを挟んで江口のりこや及川光博、木場勝己、山崎銀之丞、市川右團次、入江甚儀らが対峙する。

最後は、どんでん返しの末にスカッとするような結末となった。

とはいえ紋切り型の勧善懲悪ではなく、復讐を承認することも決してない。復讐心に駆られた元教え子の米山(佐野勇斗)に、桜木の言葉を借りて「復讐なんてのは、結局誰も幸せにはなれねえ」と言わせる。

そうやって日曜劇場の過去作さえも乗り越えたが、それだけではない。作品中のメッセージも各話ごとに進化した。

第1話の「社会に搾取されるな」という2000年代的な価値観には異なるニュアンスが加わった。その中で一貫して訴えたのは「自分の人生を生きる」こと。

成長する『ドラゴン桜』の本質は自らを超えていくところにある。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ドラゴン桜2」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・私の家政夫ナギサさん
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」