ドラマおすすめ

【無料動画】ネメシス7話の見逃し配信と無料視聴方法!

【無料動画】ネメシス7話の見逃し配信と無料視聴方法!

日本テレビの日曜ドラマ「ネメシス」の7話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「ネメシス」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「ネメシス」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「ネメシス」を見る時は、動画配信サービスHuluを利用するのがおすすめです!

・ネメシスを何回も観たい
・日テレのドラマの動画をたくさん観たい!
・読売テレビのドラマを動画でたくさん観たい!
・Huluオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にHuluはおすすめです。

更にHuluでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

「ネメシス」の見逃し配信ももちろんHuluなら見放題!

日本テレビのドラマは、TVerや日テレ無料!(TADA)などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Huluなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更に日テレの最新ドラマはHulu以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Huluなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

Huluなら「あな番」など日曜ドラマや日テレの話題の動画がたくさん!

・あなたの番です
・未満警察ミッドナイトランナー
・今日から俺は!
・リモラブ
・ギルティ ~この恋は罪ですか?~
・極主夫道
・ハケンの品格2

などなど、Huluなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

ドラマ「ネメシス」7話のあらすじ・ネタバレ

「嘘と裏切り」

暴露系動画配信職人・タジミンの深すぎる闇を、ジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)と共に暴き、一気に20年前の事件の真相に近付いた【探偵事務所ネメシス】の3人=助手・美神アンナ(広瀬すず)、自称名探偵・風真尚希(櫻井翔)、社長・栗田一秋(江口洋介)。

今回の依頼者はその凪沙。自身が追っていた人体実験の真相を、タジミンを使ってもみ消させたコンサル会社社長・烏丸(宇野祥平)の正体を共に探ってほしいと言う。烏丸とカンケンの黒い繋がりを確信した栗田は、「アンナに20年前の事件について一切しゃべらないこと」を絶対条件に、凪沙の依頼を引き受ける。何故、アンナに知られてはならないのか?また一つ、謎が生まれる…。

コミカルテイストは残しつつも、最終話に向けて、明らかにサスペンスモードにギアチェンジした感のある第7話。

凪沙というもう1人の20年前の事件の関係者が現れたことによって、一気に核心に近付いていく。同時に1話からこれまで一見不要だと感じていたシーンや無関係に思われていた何気ないシーンの数々が、パズルのピースが埋まっていくようにカチリカチリとはまっていく――俗に言う“伏線回収”の痛快さは、良質なサスペンス映画に匹敵する鮮やかさ!“連続ドラマ”とは、“全話で完成された作品”、という基本的な事を改めて気付かされる。

更に気になるのは、これまで息の合ったやり取りを見せてきた【ネメシス】の3人の歯車が、少しずつ狂い始めること。風真が初めて見せるほとばしるような激情が、胸に深く突き刺さる…。

後半戦にきて、またまた新たなキャラクター達が惜しげもなく登場するのも見逃せない。美しきコンフィデンスマン=緋邑晶(南野陽子)は、元凄腕詐欺師のマジシャン、という例にもれず破天荒な特濃キャラで、強力な【チームネメシス】の一員に。そして今後のキーパーソンとなってきそうな不気味な烏丸を演じるのは、昨年度の映画賞を多数受賞した、日本映画界が今最も注目するバイプレイヤー=宇野祥平だ。

一度開けたパンドラの箱を、再び閉じることは許されない。“エンターテイメント”にくるまれた、真実の『ネメシス』の扉が開く時が来た。誰も見たことのないクライマックスに向け、【ネメシス Season2】が始まったことに、ワクワクとゾクゾクが止まらない!

7話のラストでこれまでの特濃な物語の全てが最終回に向けた“前菜”だったことに驚く…なぜ、アンナが風真の影で推理せねばならなかったのか?なぜ、風真は探偵になったのか?そして、風真の過去とは?風真と栗田の関係とは?あらゆる疑問が8話以降で明かされていくようだ…ここからの怒涛の伏線回収と黒幕とのラストバトルが待ちきれない!

暴露系動画配信職人・タジミンの恐るべき犯罪を、逆に見事に暴露してみせた【探偵事務所ネメシス】の3人=探偵助手の美神アンナ(広瀬すず)、自称名探偵の風真尚希(櫻井翔)、社長の栗田一秋(江口洋介)。今回の依頼者は、タジミン逮捕へ向け【ネメシス】と共闘したジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)。

(第6話)凪沙はアンナの失踪中の父=始(仲村トオル)が起こした19年前の事故で、美神芽衣子(山崎紘菜)と共に亡くなっていた風真の元同僚=神田水帆(真木よう子/2役)の妹だった。凪沙の依頼は、タジミンに多額の金を払い、凪沙が追っていた”臨床試験の不審死”報道をもみ消させたコンサル会社社長=烏丸(宇野祥平)の正体を一緒に突き止めてほしいというもの。

烏丸と菅研究所=通称・カンケンが繋がっていることを確信した栗田は、「アンナに20年前の事件については一切口外しないこと」を条件にこの依頼を引き受け、凪沙と共に捜査に乗り出す。

早速烏丸の素行を洗う風真だったが、烏丸はいつもどこかに携帯で連絡を取っているだけ。しかも屈強なボディガード・志葉(板橋駿谷)が四六時中張り付いており、全く近付けない。だが烏丸が毎週違法な賭場に通っていることを突き止めた風真に、栗田は烏丸のスマートフォンのデータを奪うことを命じる。

そこで風真が協力を求めたのは、かつて風真が弟子入りしていた元凄腕詐欺師のマジシャン・緋邑晶(南野陽子)。緋邑にイカサマ術を教え込まれ、アンナと共に違法賭場に潜入する風真だったが、カンケンの魔の手はすぐそこまで迫っていた……。

ついに明かされるカンケンの目的!そして、アンナの父を拉致した人物とは?20年前の事件の真相の輪郭が露わになった時、風真と栗田の深い絆にまさかの亀裂が走る!?一気にサスペンスのギアが入った【ネメシス Season2】が開幕する!

ドラマ「ネメシス」7話のネタバレ・感想

前回のエピソードで描かれた、YouTuberのタジミンこと多治見(柿澤勇人)が起こした事件。その背景には、2年前に凪沙(真木よう子)が報じてもみ消されたある不審死事件の影があった。そして5月23日に放送された『ネメシス』(日本テレビ系)第7話では、ついに“パンドラの箱”の扉が開かれる。

栗田(江口洋介)たちが必死でアンナ(広瀬すず)に隠そうとしていた20年前の出来事が明かされるとともに“菅研”の刺客と思しき黒幕の存在が明らかになる。

不審死事件をもみ消させたコンサル会社の社長・烏丸(宇野祥平)の正体を突き止めてほしいと凪沙からの依頼を受けた栗田と風真(櫻井翔)。しかし烏丸には常にボディガードの志葉(板橋駿谷)が張り付いており、なかなか近付くことができずにいた。

そこで烏丸が持ち歩いているスマートフォンのデータを奪うという策を思い付き、風真はかつて弟子入りしていた凄腕の詐欺師でマジシャンの緋邑晶(南野陽子)に協力を依頼。そして彼女からイカサマの術を授かったアンナは、烏丸が出入りする賭場に潜入。直接烏丸に接触を試みることになるのだ。

これまでのエピソードで描かれてきたような、事件が起きてその謎を解くというオーソドックスな探偵ドラマの流れは一旦ストップ。物語は最大の敵である“管研”へ近付くための下地固めへとシフトしていくわけだ。

それでも『カイジ』さながらのイカサマ花札に、夜の中華以外での格闘シーンといった見せ場は欠かさない。さらに新たに“チームネメシス”に加わった緋邑も含め、久々の登場となった星(上田竜也)やリュウ(加藤諒)、登場こそしないが姫川(奥平大兼)ら、前回活躍した黄以子(大島優子)を除いたチームネメシス総動員で事件解決への手掛かりを得ていき、“タカ&ユージ”も手を貸す。

もう完全にクライマックスムードしか漂っていないではないか。

前回のクライマックスでは、風真がかつて凪沙の姉・水帆(真木よう子)と同僚であったという過去が明らかにされたわけだが、今回はより踏み込んだ部分が掘り出される。ネメシスの動きをマークし烏丸に伝えていた人物が、第5話で風真が電話で協力を求めた大和(石黒賢)であったことがわかり、いまだ行方知れずのアンナの父・始(仲村トオル)は「美神」ではなく「立花」であること。

そして彼の研究室「立花ゲノム研究室」の一員だったのが水帆と風真であり、その研究の果てに誕生した世界初のゲノム編集ベビー「GE10.6」こそ、アンナだというわけだ。

現実世界でも2018年に中国でゲノム編集ベビーが誕生し、倫理的な問題点も含めて大きな話題を集めたことがあった。それだけに、この“パンドラの箱”の中身は想像以上にヘビーなものといえよう。

それだけの重大な事実を前にしても、まだ具体的に“菅研”が何を狙っているのかは明示されておらず、さらにはまだ他に黒幕がいると(これは色々考えても、謎めいたままのあの人しかいないだろうが……)。もはやこれまでのエピソードはすべて序章だったかのようにテイストがガラリと一変した『ネメシス』。

ここから一気にクライマックスまで駆け抜けていくのだろうか。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

Huluで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ネメシス」以外にもHuluでは

・あなたの番です
・未満警察ミッドナイトランナー
・今日から俺は!
・リモラブ
・ギルティ ~この恋は罪ですか?~
・極主夫道
・ハケンの品格2

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

日テレドラマと読売テレビドラマなら、是非Huluで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Huluでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」