ドラマおすすめ

鎌倉殿の13人1話のネタバレと見逃し配信!2話の予告動画もチェック!

鎌倉殿の13人1話のネタバレと見逃し配信!2話の予告動画もチェック!

NHKで放送されている大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の1話のネタバレと見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や、2話の予告動画やあらすじ、ネタバレ、再放送情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「鎌倉殿の13人」は、平安末から鎌倉前期を舞台に、源平合戦と鎌倉幕府が誕生する過程で繰り広げられる権力の座を巡る駆け引きと、その勝利者で北条得宗家の祖となった北条義時を主人公に描くドラマで、タイトルの「13人」とは、源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した御家人たちを指しているものです!

「鎌倉殿の13人」のこれからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「鎌倉殿の13人」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

そもそも「TVer」ではNHKのドラマは配信されていませんし・・・。

なので、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・鎌倉殿の13人を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「鎌倉殿の13人」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじ・ネタバレ

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。

1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打に乗った。

頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。

幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で挿げ替えられていく。

義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の舵を取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。頼朝の天下取りは十三人の家臣団が支えていた。頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、その中で最後まで生き残り、遂に権力を手中に収めたのが、十三人中もっとも若かった北条義時である。

ドラマ「鎌倉殿の13人」1話のあらすじ・ネタバレ

「大いなる小競り合い」

1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗旬)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだり……

ドラマ「鎌倉殿の13人」1話のネタバレと感想

「姫、振り落とされないように気をつけて!」

迫りくる追っ手から逃れようと平原に馬を走らせる北条義時(小栗旬)。後ろの赤い着物の姫は義時が将来を誓い合った相手?なんてロマンティック!

……と胸を躍らせた瞬間から、わたしたちは彼の手の上で踊らされていたのだ。

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。脚本を手掛けるのは『新選組!』(2004年)、『真田丸』(2016年)に続き大河3作目となる三谷幸喜。冒頭から仕掛けてくれたその人である。ここでは第1回「大いなる小競り合い」を振り返りながら、脚本に散りばめられた作品を読み解くヒントについて考えていきたい。

初回を視聴し、非常に演劇的な構成だと感じた。その大きな要因のひとつが“舞台と視点の固定化”だ。第1回に関していえば、物語の約9割が義時の父・北条時政(坂東彌十郎)の屋敷内で展開し、視聴者の視点が主人公・義時の主観と重なるよう撮影されていた。また、源頼朝(佐殿/大泉洋)を屋敷にかくまっていることを父に悟られまいと義時が奔走する場面は、三谷氏が得意とし、これまで彼の舞台作品で何度も描かれてきた“1番現れてほしくない人が最悪のタイミングで登場する”鉄板シチュエーションである。

さらに、初出時には10代前半である義時役に子どもの俳優を使わず、最初から39歳の小栗旬が演じていたり、平安末期の言葉のテイストを取り払い「首ちょんぱ」「ちょっと待って」など、ほぼ完全な現代口語でせりふがやり取りされる脚本からは、史実には忠実に、それ以外は柔軟にという『新選組!』や『真田丸』とも共通する三谷幸喜の大河ドラマへの向き合い方が見て取れる。

登場人物の紹介で終わりがちな大河初回において、人間の持つ多面性がはっきり描き出された点にも注目したい。

そのモードにおいて初回で特に強いフォーカスが当てられたのは2名。1人は北条時政、もう1人は佐殿こと源頼朝。どこかお茶目で調子よく、好きな女性の前ではデレデレで、肝心なところで抜けているようにも見えた時政が、舅である伊東祐親(浅野和之)と刃を交える決を下した際に一瞬で醸したあの凄み。流石、歴史の渦の中で執権政治の要へと成りあがっていく人物だ。

源頼朝はさらに複雑で、掴みきれない下地の上に、さまざまな色が重ね塗られる。祐親の娘・八重(新垣結衣)との間にできた子・千鶴丸が死んだ(殺された)と聞かされた時は「仕方がない、それがあれのさだめであった」と達観したように義時に語るが、その直後、近しい部下に「伊東祐親、決して許さぬ!」と憤怒の様相を見せ、冷酷な顔で祐親の殺害を命じる。と思えば、北条の屋敷から逃げ出す際、女性物の着物をまとっただけでなく、しっかり頬に紅まで入れて“姫”になりきり「はぁい」と甲高い声で返事をする可笑しみ。馬鹿真面目なのかどこか状況を楽しんでいるのかまったくわからない。おそらく今後も何を考えているのか読み切れない人物として、頼朝は義時たち北条家を翻弄するのであろう。その未来をはっきり提示する鎌倉幕府・初代将軍の描かれ方であった。

さて、本作の主人公である北条義時とはどういう人物だったか。

じつは初回放送において、その像はさほど深部まで見えてこなかった。というのも、先に書いた通り、義時は“ガイド”として、登場人物たちがどういう性質であるか、彼らがどういった関係性を築いているのかを自身の目を通して視聴者に提示する役割を担っていたからだ。

第1回の放送でわかったことは、平家が治める今の世にそこそこ満足している、初恋の相手は八重だが冷たくあしらわれている、兄・宗時(片岡愛之助)や姉・政子(小池栄子)らに強くものを言えない、将来を見据えて長期的に動くというよりは目の前のことに対応していくタイプ……このくらいであろうか。義時が10代前半である現時点では、現代の若い世代にリンクするキャラクターだと感じた。

とはいえ、これまで『新選組!』や『真田丸』で三谷幸喜が描いた敗者の美学とは異なり『鎌倉殿の13人』は、主人公・義時が時代の勝者として執権となり、権力を手に政治を動かしていく物語。どちらかというと押しが弱めの義時が頼朝をはじめ、源氏一派とどう渡りあうようになるのか、権力を手にした後、自らの政敵や邪魔な存在とどう対峙するのか。そこにはきっと、勝者にしか見えない壮絶な世界が広がるはずだ。

ここからは筆者の予想だが、『鎌倉殿の13人』では1年に渡り、相反する二つの世界が同時に描かれるのではないだろうか。第1回でその道しるべとして源頼朝と北条時政の多面性が明確に提示され、コメディパートの裏では頼朝の幼い実子が伊東家の命により暗殺される悲劇が進行。さらに冒頭で“姫”として登場したのがじつは頼朝だったという真実が終盤で明かされた。初回約1時間の放送を通して「今、見えていることだけを信じるのは危ないよ……反転すると違う世界が現れるよ」と三谷幸喜がわたしたちに向けてにやりと笑っていたかのようである。

そもそも第1回のタイトル「大いなる小競り合い」が今後の展開を暗に示していたのかもしれない。“大いなる”と“小競り合い”……通常ならば交わらない二つの単語がひとつのタイトルとなって激動の平安末期に浮かび上がる。

過去2作の大河で敗者の美学を描いた三谷幸喜が、本作ではどんな勝者の悲劇を展開させるのか。先が見えない令和の世の1年に楽しみがひとつ増えた。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「鎌倉殿の13人」2話のあらすじ・ネタバレ

「佐殿の腹」

罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。一方、目まぐるしい展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る……

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「鎌倉殿の13人」5つの見どころ

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)。後に鎌倉幕府の執権政治を確立する北条義時(小栗旬)が源頼朝(大泉洋)と出会い、父や兄、姉らと共に源氏の嫡流である頼朝をバックアップして平家打倒の兵を挙げる。劇作家・映画監督の三谷幸喜が『新選組!』『真田丸』(ともにNHK総合)を経て描く3作目の大河ドラマだ。製作発表時から、三谷ファンや歴史好きの視聴者に放送開始が待ちきれないと期待されてきた新作。その見どころを紹介する。

物語は1175年、私たちが「いい国作ろう鎌倉幕府」と憶えた1192年より17年前から始まる。舞台は関東の伊豆半島にある北条氏の館。当主の北条時政(坂東彌十郎)とその息子の宗時(片岡愛之助)と義時(小栗旬)、娘の政子(小池栄子)、実衣(宮澤エマ)らは、坂東武者の強固なネットワークがある中、賑やかに暮らしていたが、時政が京での務めを終えて帰ってきた頃、館に流罪人の頼朝が潜んでいることが判明する。頼朝はそれまで義時の母方の祖父である伊東祐親(浅野和之)の監視下にいたのだが、祐親の娘・八重(新垣結衣)と通じ子までもうけたことで、その逆鱗に触れてしまったのだ。宗時は源氏の嫡流である頼朝に平家打倒の兵を挙げてほしいと願うものの、他の源氏が散り散りになっている今、勝てる見込みはないうえ、そうなれば北条家は平家に滅ぼされてしまう。その前に、頼朝を匿っていることがビッグボスである祐親にばれるとまずい。義時は焦るが、秘密を知る者はどんどん増えていく。

頼朝が伊東家から北条家に移ったのは史実だが、それを勝手に逃げてきたことに設定したのは、いかにも三谷幸喜らしいアレンジ。ある場所で困ったことが起き、そこにいる人たちがトラブルを内密に解決しようとするものの、そのためについた嘘がどんどん大きくなっていってしまうというシチュエーションは、これまでも三谷が『君となら』などの演劇作品や『記憶にございません!』などの映画で描いてきたお得意のパターンだ。トラブルを起こす人、それをかばおうとする人、困ったことになったと頭を抱える人、騒ぎを大きくする人、嘘に気づかない人。さまざまな立場の人間が錯綜した末にとんでもない事態になってしまう。第1回にはそんなおかしみが満載なので、歴史劇だと気構えずに楽しむのが正解だ。

後に国のトップになる義時だが、第1回の時点ではまだ数えで13歳。年齢のわりには賢いが、政治的なことはわかっていない。このまま平家の世でもいいのではないかと思っていたのに、兄の宗時が暴走してしまい、源平の戦いに巻き込まれていく。その立場は『真田丸』の次男坊、信繁(堺雅人)に近い。第1回では、義時が兄に逆らえず嫌々ながら頼朝の世話をするさまが笑いを誘う。宗時は頼朝に勝手に期待しているし、姉の政子も頼朝の高貴な血筋と紳士的な態度にうっとり。特に政治的信条のない父親の時政を含め、誰も頼りにできない状況なので、自分がしっかりするしかない。そんなちょっとかわいそうな義時を小栗旬が自然体で演じている。舞台での経験も豊富な小栗だけに、三谷脚本に馴染み、笑わせるところとリアリズムで演じるところのチューニングの変え方も上手い。

源氏のプリンスであり、武家政権をスタートアップしたアントレプレナーである頼朝だが、結果的に義経ら血を分けた弟たちにしたことを見れば、非情の人である。頼朝役の大泉洋は三谷が監督した映画『清州会議』では豊臣秀吉を演じており、その秀吉も主君・信長の息子たちや格上の大名たちを騙し出し抜いてのし上がる冷徹さを持っていた。秀吉は天下を取りたいという野望だけではなく、戦のない世を築きたいという理想を抱いているからこそ、手段を選ばず周囲の人を切り捨てるのだが、そこは本作の頼朝に共通するところかもしれない。

そして、今回は頼朝と義経(菅田将暉)の関係がどう描かれるのかも気になる。歴代の大河ドラマでも、頼朝が義経を邪魔者として追い詰めるパターン(『平清盛』など)と、本当は義経のことがかわいいけれど大人の事情でやむなく……というパターン(『義経』など)に分かれる。ちなみに、三谷による演劇作品『日本の歴史』(2018年初演)では、頼朝(中井貴一)と義経(香取慎吾)が歌に乗せてお互いの心情を語り合い、義経は兄に向かってどうしてわかってくれないのかと嘆き、頼朝は弟を愛しているものの政権安定のため処罰せざるをえないのだと涙ながらに訴えていた。

ドラマ公式ガイドブックのインタビューによると、三谷から直々にオファーされた出演者が多く、三谷はキャスティング・ディレクターも兼ねた立場になっているようだ。『真田丸』からは三谷が絶大な信頼を寄せる大泉洋をはじめ、片岡愛之助、山本耕史、鈴木京香、草笛光子、迫田孝也、中川大志らが引き続き出演。宮澤エマ、秋元才加、新納慎也ら舞台『日本の歴史』の出演者も。さらに三谷が書いた歌舞伎『月光露針路日本 風雲児たち』からは市川猿之助と市川染五郎、八嶋智人がジョイン。ちなみに小池栄子は三谷組にすっかり馴染んでいるが、三谷とは2019年の映画『記憶にございません!』で初めて組んだ新しめのメンバーだ。今回が三谷作品初参加となる坂東彌十郎、新垣結衣、江口のりこ、松平健、小泉孝太郎にも注目だ。特に、彌十郎は『真田丸』で真田昌幸を演じた草刈正雄のようなポジション。従来の豪放な時政像とは違って、ごく平凡な田舎侍だが雑草のようにタフな時政を軽妙に演じている。その息子役の片岡もドラマではクセの強い役が多いが、今回は一本気で熱しやすい青年・宗時役で、ストレートな演技だけに上手さが際立っている。そして、梨園きっての美少年である市川染五郎のテレビでの初の大役にも注目したい。

『新選組!』の近藤勇(香取慎吾)は官軍に捉えられて斬首され、『真田丸』の真田信繁は大坂夏の陣で家康に破れ力尽きた。政権が交代するとき、負け組となってしまった“敗者”の物語を描いてきた三谷だが、本作では初めて北条義時という歴史の勝者を描く。ただ、鎌倉幕府は平家の滅亡と源氏の骨肉の争いと武士の抗争など、多くの血を流した末に築かれた政権。田舎の武家だった北条氏が成り上がって実質的に天下を取ったぞ!という痛快な描き方にはならないのではないか。三谷は喜劇作家というイメージが強いが、ナチスの高官たちを主人公にした演劇作品の『国民の映画』などでも、時代の渦の中で超えてはならないラインを超えてしまった人物をシリアスに描いてきた。この大河ドラマでも後半はゾクゾクとするような鋭い歴史観を見せてくれることを期待したい。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「鎌倉殿の13人」の主要キャスト

小栗 旬 役:北条 義時 (小四郎)

田舎の平凡な武家の次男坊だったが、姉・政子が源頼朝の妻となり状況が一変。

頼朝の右腕として、一癖も二癖もある坂東武者たちの間を奔走する。

小栗 旬のコメント

1年半にも亘わたり、ひとつのテーマ、一本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい……体験しなければならない……僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟の要る仕事です。

しかし2年後40歳という節目の年に放送される大河ドラマを演やれることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの練熟した筆先が、どんな義時像を描き出すのか……また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずる事が出来るのか……など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです。

小池栄子 役:北条政子

突然現れた都出身の源頼朝に一目ぼれ。悩みの尽きない頼朝に寄り添い、弟・義時とともに献身的に支えていく。のちに尼将軍として君臨。

小池栄子のコメント

北条政子を演じさせていただけるとは、、、。
女として、母として、強く、愛に生きた政子は、「一途」という言葉がぴったりな最高にカッコイイ女性だと思います。
1年半、政子を誰よりも愛し、政子と心中する気持ちで演じさせていただきたいと思います。
「猛女」とよく例えられますが、そうではない、それだけではない魅力的な政子として視聴者の皆様の記憶に残れるよう気合を入れて頑張りたいですね!

片岡愛之助 役:北条宗時

義時の兄。源氏の貴公子・源頼朝を旗頭に平家打倒を訴える、熱き理想家にして熱血漢。若者らしい野心を胸に秘める。

片岡愛之助のコメント

また三谷幸喜さんの大河ドラマに出演させていただけると伺ったときは素直にとてもうれしかったです。
北条宗時は私とは真逆の人間。夢に生き、夢に散った男だったと知りました。打倒平家に燃えたその夢想家の熱意は相当なものだったと想像がつきますし、今回はその熱量をいかに表現できるかに懸かっていると感じています。自分とは正反対の生き方をした武将を演じられることに今からワクワクが止まりません!
とはいえ、宗時は歴史文献にもあまり記録が残っていない人物。その宗時が三谷さんの脚本でどう描かれるのか、非常に楽しみです!

松平 健 役:平清盛

源氏の宿敵。頼朝の父・義朝を破り、武士として初めて太政大臣に就任。栄華を極め、朝廷すら意のままに操る平家の総帥。

松平 健のコメント

〈平清盛〉は、700年続く武家政権の祖です。地下人から太政大臣まで上り詰めながら、貴族化していく姿は源氏への戒めの姿でもあると思います。源氏の遺児たちの命を奪わなかった情が、自らを窮地へ導く──〈清盛〉の激しい生きざま、抑揚をつけてしっかりと演じたいですね。諸行無常、盛者必衰をもって、時代のバトンを鎌倉へと渡したいと思います。

佐藤二朗 役:比企能員

『13人』の一人。北条と火花散る権力闘争

佐藤二朗のコメント

僕が演じるのは「13人」の一人で、北条と火花散る権力闘争を繰り広げた比企能員(ひき・よしかず)という人物です。一歩間違っていたら、執権は北条でなく比企だったかもしれません。歴史の裏には必ず、涙を飲んだ悲運の敗北者がいます。そうした歴史の表舞台に立てなかった人物を演じるのは、ある意味役者冥利みょうりに尽きます。精いっぱい、歴史の裏側、影を輝かせたいと思います。

小泉孝太郎 役:平宗盛

偉大な清盛の後継者。二代目の苦悩と戦う

小泉孝太郎のコメント

僕が初めて大河ドラマにオファーをいただいた作品が「義経」でした。そのとき平宗盛は鶴見辰吾さんが演じられていました。偉大な清盛の後継者である、宗盛。二代目の苦悩、そして父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛の姿が印象的でした。宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、今回の「鎌倉殿の13人」では、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております。

野添義弘 役:安達盛長

『13人』の一人。頼朝の愛すべき従者

野添義弘のコメント

安達盛長は頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です。三谷さんの作品はどの作品も斬新かつ繊細でそれぞれに違ったおもしろさがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。今回、三谷さんが描かれる作品なので、老練で寡黙ながらもおもしろ味のある、安達盛長を演じることができればと思います。

杉本哲太 役:源行家

頼朝の叔父。源氏のプリンスたちを操る野心家

杉本哲太のコメント

今回、頼朝の叔父である源行家を演じることになりました。この行家という人物は、かなりの野心家だったからか、敵も多かったよう……エネルギッシュにいろいろな欲望を滲にじませられたらと思っています。大河ドラマに出演させていただくのは、今作品で8作品目。いつも思うのは、スタジオのセットもさることながらオープンセットの壮大さです。また三谷さんの作品には初参加なのでとても緊張しております。
とにかく役を楽しみながら演じられたらと思っています。

山本耕史 役:三浦義村

義時の生涯の盟友。その裏の顔は敵か味方か

山本耕史のコメント

三浦義村という人物には全く印象はなく、逆にどんな三浦義村を作り上げていくのが良いか、三谷さんの脚本がくるのを楽しみにしています。
いつもそうですが、できるだけ真っ白な状態で台本を読み、そのとき内側で感じたことを大切にしたいと思っています。

横田栄司 役:和田義盛

『13人』の一人。勇猛豪快な坂東武者代表

横田栄司のコメント

三谷さんからいただいたちょっとした“ヒント”によりますと、和田義盛は「気は優しくて力持ち、みんなから愛される西郷さんみたいなまっすぐな男。でも抜けているところがあるイジられキャラ」だそうです。その一方で、歴史上では、北条義時と最後まで張り合うことになる武将。肝を据えて小栗さんに立ち向かっていきたいと思います。

栗原英雄 役:大江広元

『13人』の一人。頭脳で乱世を生き抜く官僚

栗原英雄のコメント

頼朝の腹心であり、草創期の幕府の中心的存在。
有力御家人の権力抗争からも自ら距離を取り、長きにわたり幕府に仕えた優れた政治手腕の持ち主で北条氏と協調しながら武家政権の確立に貢献した人物。
その時代の日本における政治の激動を一身に体現した大江広元という人物を演じることは、役者冥利みょうりに尽きます。
生き抜く力の数値がとてつもなく高い人物だと思います。
型にとらわれず、より人間的に時代を生き抜いた鎌倉殿の13人の一人として存在できるよう全力で挑戦致します!

菅田将暉 役:源義経

頼朝の弟。次々と奇跡を起こす悲劇の天才武将

菅田将暉のコメント

「悲劇の武将」といわれ、ドラマチックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く実体がよくわからないところが演じるうえでは興味深いと思っています。
いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“綺麗事きれいごとで終わらせない”ということ。特に義経は綺麗なイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです。

小林 隆 役:三善康信

『13人』の一人。義時たちの運命を変える慌て者

小林 隆のコメント

伯母が源頼朝の乳母であった関係で頼朝の平家打倒の挙兵に大きな役割を果たし、京都朝廷の官人から鎌倉幕府草創期の政務を支える存在となる三善康信。そのドラマチックな人生を生きることが楽しみでなりません。
平安時代末期から鎌倉時代初期へ、貴族中心の世界から武士中心の世界へという歴史の大きな転換期を、朝廷勤めで培った文官としての能力を武器に、思う存分生き抜きたいと思っております。『13人』の一人として。

中村獅童 役:梶原景時

『13人』の一人。寝返り重臣筆頭となる謎の敵将

中村獅童のコメント

歌舞伎では『梶原平三誉石切』という演目や、その他さまざまな演目にもたびたび登場し私自身も演じたことがあります。その人柄は、大悪人といわれることも多い、悲劇の武将『梶原景時』。でも三谷さんのことだからただの悪人というわけではないはず……。諸説ある歴史背景とともに、三谷さんがどのように描いてくださるか今からワクワクしています。

大泉 洋 役:源頼朝

一族を平家に滅ぼされた流罪人。義時を右腕に天下を狙う

大泉 洋のコメント

源頼朝といえば、征夷大将軍であり鎌倉幕府を開いた英雄でありますが、そこに到るまでの平家との因縁や弟・義経との確執、妻・政子との物語など歴史の教科書では語られない人間頼朝をすばらしい共演者の皆々様と共に丁寧に演じていけたらと思っております。

新垣結衣 役:八重(やえ)

北条義時の初恋の人にして、源頼朝最初の妻

新垣結衣のコメント

つらい宿命を抱えながらも心に宿した愛を生涯失うことがなかった、ある意味では秘めた強さを持った女性なのではないかと想像します。諸説ある中、断片的ではありますが八重の人生を知ったとき微かに胸が震えるような気がしました。今作での八重がどのように色付けされるのか楽しみにしています。大河ドラマ、そして三谷幸喜さん脚本の作品への出演は初めてになります。三谷さんが『新しい大河を作りたい』と会見でおっしゃっていて、どんなことになるのかますます予想もできません。それも全て楽しみながら真摯に向き合っていけたらと思います。

佐藤浩市 役:上総広常(かずさ・ひろつね)

坂東武士団で、最も頼りになり最も危険な男

佐藤浩市のコメント

房総半島の豪族・上総広常といっても、ピンとくる方は多くないでしょう。私自身もそうでした。当時、それぞれの地で彼らのおかれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたらと思っています。特に今回は三谷さんが書かれているので、上総についても一筋縄ではいかない人物を書いてくれるはずです。大河ドラマへの出演は「新選組!」以来ですから、そのときに演じた芹沢 鴨以上に魅力的な役にできるように腐心させていただきます。

西田敏行 役:後白河法皇(ごしらかわほうおう)

源平を翻弄する、中世日本最大のトリックスター

西田敏行のコメント

オファーがあってから、後白河法皇という人物に興味が湧いてきました。私なりのアタックのしかたで、一般的な後白河法皇とはイメージが違うかもしれないけど「俺が演じた後白河法皇が真実だ」、というくらいリアリティーをもって演じたい。三谷さん流のアイデアと独特のユーモアセンス、歴史観、人生観が相まった脚本になってくると思います。役者としてフィールドを広げ、堂々と受けて立ちたい。

佐藤B作 役:三浦義澄(みうら・よしずみ)

『13人』の一人。三浦党の惣領
「目出度いのう、目出度いのう!」

佐藤B作のコメント

13人のメンバーに入っている役ということで、とてもうれしいし緊張します。ただ、三谷くんから商店街のオヤジのように演じてくださいというアドバイスをいただきましたので、楽しんで演じられそうでワクワクしています!!!

青木崇高 役:木曽義仲(きそ・よしなか)

源氏の棟梁の座を争う頼朝のライバル

青木崇高のコメント

芥川龍之介は木曾義仲の、その男らしい人生に惚れ込み、『木曾義仲論』まで書いていたそうです。
松尾芭蕉は自身の墓を木曾義仲の墓の隣に建てるよう遺言を遺すほど彼を敬愛していたそうです。
「木曾義仲」とはとても魅力的な人物であったようです。牛に松明をつけて平家を襲撃した、という知識しかなかった私は自分がとても恥ずかしくなりました。
三谷幸喜さんが描く木曾義仲を生きること、そしてこの「鎌倉殿の13人」に参加できることは大きな喜びです。どうぞよろしくお願いいたします。

作・三谷幸喜のコメント

新しい大河ドラマを作ろうと、『こんなタイトル、今まで絶対になかった』というものにしたいと思い、試行錯誤を重ねて、最終的にこの『鎌倉殿の13人』というタイトルに決まりました。

『鎌倉殿』とは、鎌倉幕府の将軍のことです。頼朝が死んだあと、2代目の将軍・頼家という若者がおりまして、この頼家が2代目ということもあって、『おやじを超えるぞ!』と力が入りすぎて暴走してしまう。それを止めるために、13人の家臣たちが集まって、これからは合議制で全てを進めよう、と取り決めます。これが、日本の歴史上、初めて合議制で政治が動いたという瞬間で、まさに僕好みの設定です。今はまだ、この13人の名前をご存じの方はおそらくほとんどいないでしょうが、このドラマが2022年にオンエアされて、その年の暮れぐらいになると、もう日本中の皆さんが13人全員の名前を言えるようになると確信しております。

この13人が勢力争いの中で次々と脱落していくなか、最後に残ったのが「北条義時」です。いちばん若かった彼が、最終的に鎌倉幕府を引っ張っていく最高権力者になる。そこまでを、今回のドラマで描いていきたいと思っています。

この時代は本当におもしろい。おもしろいドラマ、おもしろい物語の要素が全部詰め込まれている時代です。僕の頭では想像もつかないようなドラマが、この鎌倉時代に実際に展開していて、それを大河ドラマとして手掛けられるのは、本当に脚本家冥利みょうりに尽きると思っております。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「鎌倉殿の13人」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」