アニメおすすめ

鉄血のオルフェンズ特別編8話の無料動画・見逃し配信!

鉄血のオルフェンズ特別編の見逃し配信と動画無料視聴方法!

TOKYO MXで放送されているアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ特別編(鉄オル)」8話最新話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や再放送、あらすじ、ネタバレ、漫画を無料で読む方法などを紹介していきたいと思います!

ハムレット
この「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」は、「厄祭戦」から300年。火星圏の都市クリュセの独立を目指す少女・クーデリアは民間警備会社CGSと共に地球を目指す。だが、武装勢力に襲撃されたCGSは少年兵を残し撤退。残された少年たちはリーダー・オルガを中心に「鉄華団」を結成し、護衛任務を続行する・・・という内容の、人気です!

だからこそ、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるように「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」を楽しむために動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

※これまでの「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の動画はこちらから

※最新アニメから旧名作アニメまで、関連アニメ動画はこちらから

・鉄血のオルフェンズを何回も観たい
・鉄血のオルフェンズの漫画も全巻読みたい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、おすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」特別編8話のあらすじ・ネタバレ

本作は、主人公、三日月・オーガスが所属する「鉄華団」の活躍を主軸にTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(全50話)の一部エピソードを全9回に再編集したダイジェスト版。本日は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 特別編』の第7話を放送します。

【三日月・オーガス】河西健吾
【オルガ・イツカ】細谷佳正
【ビスケット・グリフォン】花江夏樹
【ユージン・セブンスターク】梅原裕一郎
【昭弘・アルトランド】内匠靖明
【ノルバ・シノ】村田太志
【タカキ・ウノ】天崎滉平
【ライド・マッス】田村睦心
【ヤマギ・ギルマトン】斉藤壮馬

【クーデリア・藍那・バーンスタイン】寺崎裕香
【アトラ・ミクスタ】金元寿子
【マクギリス・ファリド】櫻井孝宏
【ガエリオ・ボードウィン】松風雅也

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」全話のあらすじ・ネタバレ

「厄祭戦」から300年。火星圏の都市クリュセの独立を目指す少女・クーデリアは民間警備会社CGSと共に地球を目指す。だが、武装勢力に襲撃されたCGSは少年兵を残し撤退。残された少年たちはリーダー・オルガを中心に「鉄華団」を結成し、護衛任務を続行する

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」各話のあらすじ・ネタバレ

第1話 鉄と血と
三日月が所属する火星都市クリュセの民間警備会社CGSは、クーデリアという少女が地球に行くまでの護衛を請け負う。地球への準備を進める最中、クーデリアの命を狙ったギャラルホルンがCGSを強襲する。

第2話 バルバトス
ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSの大人たちは、三日月ら子供たちを囮にして逃げ出してしまう。残された子供たちを束ねるオルガは、ギャラルホルンと相対することを決意。ある計画を実行に移す。

第3話 散華
三日月とガンダム・バルバトスによって、多くの犠牲を出しながらも一度はギャラルホルンを退けたオルガたち。今後の動向を話し合う中、再びギャラルホルンのモビルスーツであるグレイズがCGS基地に現れる。

第4話 命の値段
自分が原因で多くの少年が命を落としたと思い悩むクーデリア。三日月はそんなクーデリアを連れ、ビスケットの祖母が営む農場に赴く。そこでは思いもよらない出会いが待っていた。

第5話 赤い空の向こう
地球に向かうため、ついに火星を後にするクーデリアと鉄華団。迎えの船を待つため、シャトルで低軌道ステーションへと入港しようとするが、コーラルの率いるギャラルホルンの襲撃を受ける。

第6話 彼等について
ギャラルホルンの監視の下、地球を目指すには案内役を必要とする鉄華団の面々。強力な後ろ盾を得るべく、木星圏を拠点とするテイワズとの交渉を取り付けようとする。

第7話 いさなとり
テイワズの輸送部門を管理するタービンズと接触した鉄華団だったが、組織の成り立ちと資産を巡り、タービンズと対立することになってしまう。

第8話 寄り添うかたち
タービンズを率いる名瀬に鉄華団の力と正当性を見せたオルガ達は、あらためてテイワズとの交渉をもちかける。一方で、塞ぎ気味なクーデリアを連れてアトラはタービンズの戦艦を訪れる。

第9話 盃
テイワズの代表、マクマード・バリストンに会うため、名瀬に連れられてテイワズの本拠地である歳星を訪れる鉄華団。そこでオルガは名瀬から意外な提案を受ける。

第10話 明日からの手紙
バルバトスの最終調整のため三日月と雪乃丞を歳星に残し、地球へ先立つ鉄華団とタービンズ。歳星での出来事はそれぞれの心境に変化を与えていた。

第11話 ヒューマン・デブリ
哨戒に出ていた昭弘とタカキは、正体不明の敵と遭遇し戦闘状態に入る。襲撃者の正体は火星から地球にかけて活動する海賊のブルワーズだった。

第12話 暗礁
ブルワーズのMSパイロットの中に生き別れた昭弘の弟がいることを知った三日月とオルガ。昭弘の弟を取り戻すべく、鉄華団はブルワーズに挑む。

第13話 葬送
ブルワーズとの戦闘では敵味方ともに多くの犠牲が出てしまう。残された者は死んだ者たちが生まれ変われることを祈りながら葬儀を執り行う。

第14話 希望を運ぶ船
様々な困難を乗り越え、ついに地球を目前にする鉄華団。歳星でテイワズから輸送依頼を受けていた荷物を届けるべくドルトコロニー群に向かう。

第15話 足跡のゆくえ
コロニーでも火星同様に地球との格差は大きく、不満が高まっていた労働者たちの抗議行動が始まってしまう。次第に激化する中、鉄華団は様々な思惑に飲み込まれていく。

第16話 フミタン・アドモス
雇用主である会社に抗議行動を起こしたコロニー労働者は過激さを増していき、遂にはギャラルホルンが介入するまでの事態に発展する。クーデリアは知らない内にその中心へと追い込まれてしまう。

第17話 クーデリアの決意
ギャラルホルンに一方的に弾圧される労働者たちを目の当たりにするクーデリアと鉄華団。コロニーの実状を前にクーデリアはある決意をする。

第18話 声
コロニーを後にし、遂に地球へ降下しようとする鉄華団だが、コロニーでの一件によりその術を失ってしまう。そんな彼らを支援しようと名乗りをあげた者が鉄華団に接触する。
24分

第19話 願いの重力
ギャラルホルンの艦隊が行く手を遮る中、クーデリアの願いを受け、地球降下を果たそうとする鉄華団。ギャラルホルンとの戦闘は苛烈を極めていく。
24分

第20話 相棒
地球へ辿り着いた鉄華団は、アーブラウの代表、蒔苗東護ノ介とクーデリアを引き会わすことに成功する。しかし、蒔苗をエドモントンで行われる全体会議に連れて行くことを余儀なくされてしまう。

第21話 還るべき場所へ
エドモントンへの出発準備を進める最中、ギャラルホルンの襲撃を受けてしまう。執拗な追撃に対し、オルガは罠を張り巡らせて応戦する。

第22話 まだ還れない
ギャラルホルンとの度重なる戦闘で疲弊する鉄華団だが、エドモントンへ向かう意志は強く、歩みを進める。

第23話 最後の嘘
エドモントンを目指す鉄華団の前に、決闘を望むカルタが立ち塞がる。しかし、三日月たちはその歩みを止めることなく前に進む。

第24話 未来の報酬
ついにエドモントンに到着したオルガたち鉄華団だが、蒔苗の会議場への到着を妨げようとするギャラルホルンの攻撃を受けてしまう。

第25話 鉄華団
鉄華団とギャラルホルンの激しい攻防戦の続く中、現れる新たな脅威。三日月はクーデリアたちを守るため単身これに挑む。

第26話 新しい血
三日月が所属する鉄華団は、クーデリアからハーフメタル採掘場視察の警護を依頼される。鉄華団の警備の下、視察の日程は無事に終了しようとしていたが、突如現れた宇宙海賊によって鉄華団は強襲を受けてしまう。

第27話 嫉心の渦中で
犠牲者は出たものの、宇宙海賊・夜明けの地平線団を退けることに成功した鉄華団。しかし撃退したのは巨大な宇宙海賊の一部隊だったということが判明。オルガはさらなる襲撃に対し迎え撃つことを決意する。

第28話 夜明け前の戦い
可能な限りの戦力を投入し、夜明けの地平線団団長、サンドバル・ロイターの捕獲に向かう鉄華団。戦力差に苦戦する中、ギャラルホルン月外縁統合艦隊・アリアンロッドも参戦。三つ巴の混戦になり…。

第29話 出世の引き金
夜明けの地平線団による襲撃の落とし前を付けるため、三日月とオルガは思想家団体、テラ・リベリオニスのアリウムの下を訪れる。一方、ギャラルホルン火星本部にはマクギリスが到着。鉄華団にある誘いを持ち掛ける。

第30話 アーブラウ防衛軍発足式典
アーブラウの軍事顧問となった鉄華団地球支部は、アーブラウ防衛軍結成式典の準備で慌ただしくなっていた。蒔苗の依頼で、式典会場の警備を担当する鉄華団。しかし、会場からは爆音と共に黒煙が上り…。

第31話 無音の戦争
アーブラウとSAUによる経済圏同士の紛争は、両軍がにらみ合うバルフォー平原で開戦する。熟練の傭兵、ガラン・モッサの指揮の下、戦闘に加わる鉄華団。しかし何日も続く消耗戦に次第に疲弊していき…。

第32話 友よ
SAUからの調停要請を引き受けたギャラルホルン。長引く戦況を打開するため、マクギリスは自らモビルスーツで戦場へ出撃する。アーブラウ側の戦力を削るマクギリスだったが、ガラン率いる一隊に急襲され…。

第33話 火星の王
SAUとアーブラウ、両経済圏が和平調停を受け入れたことで戦いは終わる。鉄華団は犠牲となった団員をしのびつつ地球からの撤退を決定。一方、チャドは自分のせいで多くの犠牲者を出したと自責の念に駆られていた。

第34話 ヴィダール立つ
地球での一件を経て、鉄華団とマクギリスとの繋がりはさらに強固なものとなる。一方、アリアンロッド艦隊で調整が続いていたガンダム・ヴィダールが、ついにロールアウトする。その強さは凄まじく…。

第35話 目覚めし厄祭
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。鉄華団が管理する採掘場から発見された巨大な物体。物体の正体についてオルガから連絡を受けたマクギリスは、火星を秘密裏に訪問することを決断する。

第36話 穢れた翼
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。目覚めたモビルアーマーは大量のサブユニットを連れ、人口密集地に向け侵攻を開始。鉄華団は食い止めようとするが、その圧倒的な力と数に翻弄される。

第37話 クリュセ防衛戦
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。鉄華団はマクギリスに協力を仰ぎ、モビルアーマー掃討作戦を実行に移す。そんな中、モビルアーマーに対峙したガンダム・フレームに異変が起こる。

第38話 天使を駆る者
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。モビルアーマー・ハシュマルとの決戦に臨む三日月。その戦いはさらに激しさを増していき、やがてバルバトスの本当の力が引き出される。

第39話 助言
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。タービンズから出向していたラフタらが、鉄華団を離れることに。一方テイワズでは、ジャスレイ・ドノミコルスが新たな動きを画策していた。

第40話 燃ゆる太陽に照らされて
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。違法組織と認定され危機に陥ったタービンズへの救援を止められた鉄華団。巻き添えを避けようとする名瀬の思いを受け止め、自制するオルガだったが…。

第41話 人として当たり前の
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。歳星にて名瀬とアミダの葬儀がつつましく執り行われる。タービンズが悲しみに暮れる中、ジャスレイはさらなる手を打とうとしていた。

第42話 落とし前
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。バルバトスの改修も終わり戦力を整えた鉄華団は、意を決してジャスレイとの直接対決に向かう。一方、イオクとジャスレイはある計画を企むが…。

第43話 たどりついた真意
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。ギャラルホルン地球本部が青年将校たちのクーデターにより制圧される。その最中、本部地下施設へと向かうマクギリスの姿があった。

第44話 魂を手にした男
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。ついにガンダム・バエルを手に入れたマクギリス。一方、クーデターに対しラスタル・エリオン率いるアリアンロッド艦隊は全隊を集結させようとしていた。

第45話 これが最後なら
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。紆余曲折の末、鉄華団もラスタル率いるアリアンロッド艦隊との戦いに臨むことに。オルガたちは、最後の1回だと希望を持って戦場に出るが…。

第46話 誰が為
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。鉄華団は敵の大将を狙った起死回生の一撃を図るが、ジュリエッタにより阻止されてしまう。一方、マクギリスとガエリオの戦いも熾烈を極めていた。

第47話 生け贄
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。多くの大切な「家族」を失い、仕切り直しを図ろうと火星本部へと帰還した鉄華団。しかし情勢は一変しており、オルガはある決断を下す。

第48話 約束
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。ラスタルの命令を受け、鉄華団火星本部周辺にはギャラルホルンの大部隊が展開し始める。鉄華団は今後の方策を立てるためみんなで話し合うが…。

第49話 マクギリス・ファリド
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。オルガの意志を継ぐ三日月は、鉄華団のみんなを集めてある宣言をする。一方、ギャラルホルンによる鉄華団掃討作戦の開始の時が刻々と迫っていた。

第50話最終回 彼等の居場所
少年兵たちの苦悩や成長を群像劇として描くガンダムシリーズ。ギャラルホルンは鉄華団を包囲し、掃討作戦を開始する。オルガの目指した場所へたどり着くべく、三日月ら鉄華団は必死に立ち向かうが…。

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」について

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」)は、日本のテレビアニメ。「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメ作品。分割4クールで、第1期が2015年10月から2016年3月、第2期が同年10月から2017年4月に放送された。キャッチコピーは「いのちの糧は、戦場にある。」。マスメディアでの略称は『鉄オル』。

『機動戦士ガンダム』(以下『1st』)などの宇宙世紀作品とは別の世界観を舞台とするガンダム作品の一つ。

ストーリーの大きなテーマとして、サンライズは「ドラマ性の強い少年たちの物語としての新世代ガンダム」「段階的に進化するガンダム」を挙げており、「ガンプラのファンなどの従来層だけでなく、若年層やアジアなどの新世代のファン層の獲得を狙った、予備知識がなくても楽しめるガンダム作品」であることを強調している。

公式サイトのほかに、2015年7月末から11月1日まで『CGS(CHRYSE GUARD SECURITY)コーポレートサイト』が公開されていたほか、2016年1月25日からはバンダイビジュアルの情報サイト『V-STORAGE online』にて、設定を詳説する『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 鉄血の情報局』が公開されている。

経緯・スタッフィング
企画は、『機動戦士ガンダム00』(以下『00』)の映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』公開後にサンライズの小川正和のプロデュースで起ち上がった。『00』が世界の変革を描いた作品だったことを受け、本作は10代から20代のアニメを見る層が受け入れやすい青春群像劇として制作することが決まり、若年層向けの作品を多く手掛けていた長井龍雪を監督に迎えることが決定した。この段階で海老川兼武によって登場兵器のラフ案も描かれたが、『機動戦士ガンダムAGE』の制作が先行することとなり、長井が『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下『あの花』)などの他作品で多忙になったことも手伝って、再始動は2015年の初頭になった。

再始動後、シリーズ構成には、長井が互いに意見をぶつけあえて同じように悩める人がよいという理由で、『あの花』や『とらドラ!』などでともにメインスタッフを務めた岡田麿里が、設定考証には長井の考えを物語の設定に活かす役割で鴨志田一が起用された。

デザイン面では、キャラクター原案に漫画家の伊藤悠が参加している。起用理由は『皇国の守護者』や『シュトヘル』に長井が戦争に対する強いイメージを受けたことと、『00』とは異なる泥臭いデザインが求められたことによる。メカニックデザインでは十数人のメカニックデザイナーによるコンペティションが行われ、鷲尾直広や海老川など過去のガンダム作品に携わったデザイナーに加え、特撮作品で活動する篠原保が初参加している。

音響・音楽面では、『心が叫びたがってるんだ。』で長井と面識のある明田川仁と横山克が起用されている。横山は当初、菅野よう子が制作した『∀ガンダム』や『天空のエスカフローネ』のようなフルオーケストラを想定していたが、打ち合わせの段階で長井の「これまでのガンダムシリーズのような荘厳なオーケストラではない」というオーダーを考慮し、多用される楽曲群をマリアッチやバルカンブラスの要素を取り入れたオーケストラとして作曲している。

作風・演出
本作は、「ガンダムシリーズ」の特徴である「大国同士の戦争」や「戦いに巻き込まれる主人公」が、スタッフやターゲットの若年層にとって現実味のないものになっているのではという長井の考えから、生活のなかに戦いがある子どもたちのグループを主軸に据えることで、彼らがその状況から脱却するために戦闘などの行動を受動的にではなく能動的に起こすようなストーリー設定となっている。構成段階では、『1st』を意識したロードムービーや、広島抗争をモチーフとした粛清などの要素が取り入れられながらも、物語の骨子をなるべくオーソドックスにすることが考慮されている。加えて、サンライズ側から「『機動武闘伝Gガンダム』くらい踏み込んでもいい」や「主人公は女の子でもOK」と高い自由度とともに既存にない作風とすることを提示された影響もあり、長井と小川は企画段階から主人公勢力が最終的に敗北することを決め、「『(人が)わかりあえる/わかりあえない』『(戦争が)終わる/終わらない』という話ではなくて、ただただ前に進み続けるだけの話。『結果』ではなく『過程』の話を描きたかった」と長井は後に語っている。

また、アフレコ開始以降やリアルタイム放送と並行して脚本・設定が作成されたことや、岡田の提案もあって二期終盤における結末・エピローグの予定変更なども行われたが、長井本人は結末までの過程に紆余曲折や変化はあったが大筋や結果は当初から企画していたものが作れたと語っている。

演出面では、劇中における価値観を平行に描くことが注意されており、主人公側と敵対側双方の非情な面を描くなど、単純な勧善懲悪の区別ができない作りになっている。キャラクター描写においてはリアリティをもたせるために、戦争の場面だけではなく、登場人物の日常の風景を描写することが意識されている。また、メカニックの演出ではビーム兵器が登場しない設定を踏まえたうえで、「斬るのでなく吹っ飛ばす」「装甲が剥がれてフレームがむき出しになる」といった、これまでのガンダムとは違う新しい見せ方が志向されている。

プロモーション
2015年7月3日から「NEXT G Coming Soon」の文字とガンダム・バルバトスのシルエットとともに発表までのカウントダウンが行われ、7月15日にMBSとサンライズの製作で10月から放送されることが発表された。8月22日・23日に開催された「キャラホビ2015 C3×HOBBY」のスペシャルステージでは、最新プロモーション映像とともに主要キャストと主題歌アーティストの発表が行われた。9月20日には京都国際マンガ・アニメフェアにて放送に先駆けてスペシャルトークイベントが、第1話放送前日の10月2日には赤坂BLITZにて「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話放送前夜祭」が行われた。

批評
ライター・編集者の飯田一史は、『1st』がロバート・A・ハインラインの『宇宙の戦士』に影響を受けている事実を示したうえで、本作がハインラインに先祖返りを果たしていると指摘している。

SF・文芸評論家の藤田直哉は、少年兵やPMCといったナイーブな題材について描くことについて「勇気がある」と評し、本作が過去のガンダム作品でも取り上げられてきた少年兵やテロなどの現実問題と関連した主題の延長線にあることを述べている。また藤田は、主人公たちが「戦争に反対しているから行動する」のではなく「生きるために実利で動いている」ことが今後の展開を不透明にし、作品にスリルを与えていると語っている。

ウェブサイト「おたぽる」は内容から本作が「任侠ガンダム」と言われていることや、そのことに違和感を抱いた視聴者の存在や最終回が賛否両論だったことを紹介している。

BPOの「視聴者の意見(青少年に関する意見)」には、本作品と思しきアニメ作品の一部描写について問題視する意見が寄せられている。

フリーライターの多根清史は本作を「少子高齢化社会での若者搾取を思わせるドラマ」と評し、また「右や左より経済政策で支持政党を決める今どきの若者にも通じる」と評した。

録画率・視聴率
ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)のレコーダー用アプリ「トルネ」の「トル機能」を用いて行われる「トルネ番付」では、「速報トルネ番付」秋アニメ第1話で2015年度に3位、2016年度に2位にランクイン。「月間トルネ番付」アニメ編の2015年度10月〜12月編で3位、2016年度1月〜3月・10月〜2017年度1月で2位、2017年度2・3月で1位を記録している。

一方、視聴率では苦戦し、第18話は過去に同時間枠で放送された番組の中でも特に低い1.3%を記録している。

そのほか
グッズに関しては、本作の「ガンプラ」が通販サイトで上位を独占し、好調な売れ行きを示した。また、バンダイナムコグループの2015年度決算説明会において、ガンプラが過去最高レベルの売上を記録した旨が説明された。映像の世界同時配信などの施策が成果をあげたと言及されている。

dアニメストアが行った「2015秋アニメランキング」では、「今期で燃えたアニメ」部門で1位にランクインし、「dアニメストアユーザーが選ぶ名シーン2015」においては、第1話「鉄と血と」の終盤シーンが選ばれている。ニュースサイトのガジェット通信が毎年行っている「ネット流行語大賞」では、鉄華団の空耳「鉄火丼」が2015年度アニメ流行語大賞銅賞(第3位)、オルガ・イツカの遺言「止まるんじゃねぇぞ…」が2017年度アニメ流行語大賞銅賞(第3位)を受賞している。

月刊ニュータイプとマチ★アソビによるアニメ大賞「ニュータイプアニメアワード 2015-2016」では、メカデザイン賞1位とスタジオ賞8位を受賞。翌年の「ニュータイプアニメアワード 2016-2017」では、再びメカデザイン賞1位を受賞した。

月刊アニメージュ主催の第39回アニメグランプリでは、作品部門で1位を受賞。そのほかの部門でも多数の関連キャラクターや声優、楽曲が上位にランクインしている。

ニッポンアニメ100の特別番組である「あけおめ!声優大集合」で企画された視聴者投票「あなたが好きなアニメキャラ」において本作の登場人物であるオルガ・イツカが2位に選出されている。この結果を踏まえて本作に出演した細谷佳正のインタビューが放映された。番組に反応した鉄血公式ツイッターのツイートにも賛否を問わず多くの反響が寄せられた。

NHKの特別番組「発表!全ガンダム大投票」では、オルガ・イツカがキャラクターランキングで1位、総合キャラクターランキングで第3位にランクインした。この結果を踏まえて公式より同じく上位入賞したアムロ・レイとシャア・アズナブルと並んだイラストが公開された。監督である長井龍雪はインタビューに際し、「オルガが人気になって嬉しい、ネットでは若干オモチャにされてるようですが」とコメントしている。

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」以外にもU-NEXTでは

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-アニメおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」