ドラマおすすめ

蘭陵王妃42話の見逃し配信と動画無料視聴方法!

蘭陵王妃42話の見逃し配信と動画無料視聴方法!

TOKYO MXで放送されている中国ドラマ「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」42話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報、再放送のことなどを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」は、『蘭陵王』のアナザーストーリーを描くラブロマンス史劇ドラマで、人気です!

だからこそ、「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」を楽しむために、今後動画配信がされるかもしれない動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・蘭陵王妃を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀
・おちょやん

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

中国ドラマ「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」42話のあらすじ・ネタバレ

「取り戻した記憶」

元清鎖は、鄭洛雲に化けた顔婉に首を絞められ苦しむ中、過去の記憶を取り戻す。端木怜(たんもく・れい)であることや、紫魅が企てた計画によって周に嫁いだことも思い出し、そのすべてを高長恭に告げる。自分の目の前で崖から転落し姿を消した端木怜が元清鎖であると知り喜ぶ高長恭だったが、元清鎖は変わり果てた現実と過去の記憶に戸惑っていた。

【端木怜(タンモク・レイ)/元清鎖(ゲン・セイサ)】クリスティ・チャン
【高長恭(コウ・チョウキョウ)/蘭陵王】アンディ・チェン
【ウブン・ヨウ】ポン・グァンイン
【鄭洛雲(テイ・ラクウン)】ワン・ジエシー

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

中国ドラマ「蘭陵王妃」のこれまでのあらすじ・ネタバレ

あなたを守るため、私は彼を愛する――

時は南北朝時代、北方では斉と周が勢力を競う中、両国とも国内では権力をめぐる骨肉の争いが繰り広げられていた。
ある時、「天下統一の秘密を封印したとされる“青鸞鏡”を手にした者が、天下を得る」との予言が世に広まる。身寄りのない美しい娘・元清鎖(げん・せいさ)は、密命を受けて周国の皇帝の弟である大司空・宇文邕(うぶん・よう)に嫁ぐことになる。
しかしそこで事故により記憶を無くしてしまうのだった。刺客と疑われた元清鎖は、身の危険を感じて宇文邕の元から逃げ出し、その道中で戦乱の真っただ中にいた将軍・蘭陵王に命を救われる。
そして蘭陵王に懐かしさを覚え、胸の高鳴りを感じるのだった。

中国ドラマ「蘭陵王妃」の各話のあらすじ・ネタバレ

第1話
西暦420年の北斉と北周。斉の端木怜は、始皇帝の時代に「天羅地宮」を建立した端木吉の血を継ぐ末裔。始皇帝による天下統一の秘密が隠された天羅地宮に入るには、三種の神器のひとつ「鎮魂珠」が必要だった。

第2話
宇文ヨウが刺客に襲われ、元清鎖が嫁いできた矢先の出来事に、ヨウの一族は清鎖が刺客と通じているのではないかと疑う。そして翌朝、ヨウは清鎖に嫁いできた真意を問い詰めるが、彼女は全ての記憶を失っていた。

第3話
斉へと逃亡中、元清鎖は戦場に迷い込む。武装した周と斉の兵士たちが激しく交戦するなか、高長恭=蘭陵王は身の危険を顧みず清鎖を守ろうとする。命拾いをした清鎖は、助けてくれた長恭に懐かしさを覚える。

第4話
斉の軍営に身を寄せていたはずの元清鎖は、国境沿いの周の小さな村で目覚める。雨が降る中、知らない土地で高長恭を捜す清鎖はそこで偶然、顔婉と再会して助けられるが、以前毒を盛られた清鎖は警戒する。

第5話
元清鎖は宇文ヨウに助けられ長安に連れ戻された。不本意に閉じ込められる清鎖と、清鎖に疑念を抱くヨウは顔を合わせれば言い争っていた。しかし2人は皇宮での体裁を守るため、嫌々ながらも仲むつまじいふりをする。

第6話
元清鎖は屋敷の庭で高長恭の鉄面をつけた男を発見。追いかけると庭石の陰にあった置き手紙を発見する。宇文護にとらわれた仲間の兵を助けるため牢の鍵を求められた清鎖は、護の寝所に忍び込み鍵を手にした。

第7話
高長恭のもとから帰ってきた元清鎖は腹痛に襲われる。屋敷では宇文護や叔母の大冢宰夫人も病に伏せており、清鎖は何者かが食事に毒を盛ったのではと疑う。一方、長恭たちは仲間の兵を救うための計画を遂行する。

第8話
斉への一連の手助けを宇文護に疑われた元清鎖は、宇文ヨウの釈明に救われその場をしのぐ。しかし清鎖は、ヨウの釈明は全てを知った上でのことだったとわかり驚がく。一方、ヨウは清鎖の正体と目的が見えず手を焼く。

第9話
高長恭に会えぬまま、元清鎖は宇文ヨウによって屋敷へ連れ戻された。ヨウは今までと様子が違う清鎖に気づき、待ち人がいるのではないかと問いただす。一方、香無塵は宇文護から病の原因を探るよう命じられるが…。

第10話
宇文護から斬首刑を言い渡された元清鎖は牢屋で過ごす。その時が刻々と近づくなか、清鎖は覚悟を決めつつも面会に訪れた顔婉にあることを伝え、最後の望みに懸ける。執行の時を迎え、清鎖は台に座り込むが…。

第11話
元清鎖は宇文ヨウに外出禁止を言い渡される。屋敷から出るための策をめぐらすなか、清鎖はヨウの外出中にぼや騒ぎを起こし、屋敷が混乱している隙に抜け出した。高長恭に会いたい一心で清鎖は馬を走らせる。

第12話
宇文ヨウが奏でる琴に合わせ、華麗に舞う元清鎖。自然と体が動く姿に、見ていた大冢宰夫人や顔婉らは清鎖の記憶が戻ったのではないかと疑う。一方、鄭洛雲を救い出すため負傷した高長恭が、長い眠りから目を覚ます。

第13話
屋敷に閉じ込められている元清鎖は、鎮魂珠の在りかどころか自身の出自も探れない状況に絶食をして反発。だが宇文ヨウに軽くいなされてしまう。後日、陳と斉の使者が和議のため皇宮を訪れ、清鎖もヨウと共に向かう。

第14話
元清鎖は斛律光から、高長恭が迎えにこられない事情があったことを聞かされる。思いが通じあっていたことを知った清鎖はすぐにでも長恭のもとに飛び込みたいが、鎮魂珠の在りかについても気になっていた。

第15話
周との和議に成功したと斛律光からの連絡を受け、安堵する高長恭は、回復したあかつきには必ずや元清鎖を迎えにいくことを改めて誓う。一方、宇文ヨウは、斉と組むことに難色を示す宇文護と皇帝の間で板挟みになる。

第16話
元清鎖は皇帝との会話で宇文ヨウの本来の姿を知り、自分が抱いていた印象が誤っていたことに気づいた。相変わらず冷たく強情な態度のヨウだったが、清鎖が歩み寄ることで、2人の心も少しずつ近づいていく。

第17話
古傷の痛みを抱えつつ元清鎖に会いにきた高長恭。最初の約束が果たされず長恭を憎んでいた清鎖だったが、真相を知って再会を喜ぶ。しかし、宇文護の差し金により城の門は閉ざされ、兵士たちが2人を捜し回っていた。

第18話
宇文ヨウは元清鎖と高長恭を逃がすことを決意する。清鎖を手放したくない思いを押し殺し、ヨウは追い出すような口調で清鎖の背中を押した。そして清鎖もまた、長恭を思いつつも寂しさを募らせていた。

第19話
桃花からの手紙を読んだ宇文ヨウは、川底に転落した元清鎖の無事を確信した。清鎖を解放するため、ヨウは自ら負傷して周囲の目をごまかす。一方、陛下の褒美を携えた隊列が、高長恭に会うため郡王府を訪れた。

第20話「蓮池での争い」
ようやく斛律光と合流した元清鎖。束の間、宿で休息をとっていると、同じ宿に妙無音の一行も宿泊していることを知る。多くの見物客が訪れるという蓮を見に宿の池を訪れた元清鎖。すると、見物を独占していた妙無音の元に桃花が現れ、見物客の前で争いが始まる。周囲が騒然とする中、桃花を心配する元清鎖の元に顔婉が現れる。

第21話
残る体力を振り絞り、金よう城へと向かう元清鎖。すると向かう先から馬を走らせる高長恭が現れ、ようやく2人は再会する。互いの気持ちを伝え、至福の時を過ごす元清鎖と高長恭。その後、高長恭は端木怜(たんもく・れい)と共に過ごした怜月邸へと元清鎖を連れていく。無邪気にはしゃぐ元清鎖を前に、高長恭は端木怜との思い出を重ねていた。

第22話
元清鎖のもとを紫魅が訪れ、端木怜のことや怜月邸が建てられた訳などを話した。清鎖は怜の身代わりにすぎないことを知って動揺する。高長恭に再び本心を尋ねるが、歯切れの悪い返答に清鎖は深く傷ついた。

第23話
離殤剣を手に高長恭が紫魅を助けに赴くと、妙無音と毒を飲まされ苦しむ鄭洛雲がいた。妙無音は解毒薬と引き換えに離殤剣を渡すよう迫る。香無塵にとらわれた元清鎖が頭をよぎるが、長恭は彼女に離殤剣を渡す。

第24話
元清鎖は諸葛無雪から出自の一部を聞き、親の同意で無雪と許嫁の間柄だったことを知る。清鎖は高長恭が自分ではなく鄭洛雲を助けていたことも聞き、深く悲しみ、その後、刃で傷ついた紫魅と出くわすが…。

第25話
諸葛無雪からの手紙で、元清鎖が小春城にいることを知った宇文ヨウ。高長恭のもとへ行ったとばかり思っていたためヨウは心配するが、自分のもとを離れた清鎖を迎えに行くことにためらいを覚えていた。

第26話
使用人を連れて狩りに出た宇文ヨウは、山中で倒れ込む元清鎖を発見。大司空府に連れ戻して険のある物言いをするも、内心は衰弱した様子の清鎖を心配していた。一方、清鎖は宇文一族をひどく憎むようになっていた。

第27話
鄭洛雲は高長恭に優しくされて舞い上がるが、飲ませた惚れ薬の副作用により、長恭は民衆の前で突然激高し暴力を振るうなど今までにない姿を見せていた。一方、宇文護は顔婉が宇文ヨウに抱きつくところに出くわす。

第28話
高長恭への未練や過去の断片的な記憶に翻弄され、本来の姿を失った元清鎖だが、明帝・宇文毓の温かい心遣いによって徐々に前向きになっていく。その頃、鄭洛雲が何者かにさらわれ、傷つけられる事件が発生する。

第29話
元清鎖が白昼堂々と逃亡を図った。立腹した宇文ヨウは見張りをおろそかにした碧香に罰を与えようとするが、かばいに入った清鎖を鞭で叩いてしまう。その頃、高長恭は清鎖の真意を確かめるべく長安城に潜伏していた。

第30話
囚人として屋敷に閉じ込められる元清鎖の前に酒に酔った宇文ヨウが現れる。普段は表に出さない心の内を話し始めたヨウに、清鎖は戸惑いながらも誤解を解いていく。そして、清鎖は顔婉から高長恭の危機を知らされる。

第31話
捕虜になった高長恭を救うため、元清鎖は宇文ヨウに自分の命と引き換えに助けを求めた。ヨウは斉との同盟関係悪化の危惧を宇文毓に訴え、長恭の解放を説得。そしてヨウたちは、香無塵の力も借りて長恭を救い出した。

第32話
大司空府に戻った元清鎖は宇文ヨウの命令に従うことを誓ったが、心ない態度にヨウはいら立ちと寂しさを隠し切れない。一方、宇文護はついに動きだし、配下の私兵を総動員させて宇文毓のいる皇宮を包囲する。

第33話
宇文毓の軟禁が続くなか、宇文ヨウと元清鎖は毓を助け出すため、不仲を装って宇文護にわなを仕掛ける。護の味方のふりをする清鎖は、顔婉がヨウから贈られた首飾りに鎮魂珠がついているとうそを話した。

第34話
嫉妬した顔婉に刃物を向けられ、崖から転落した宇文ヨウと元清鎖。必死で守ってくれたヨウに清鎖は心を揺さぶられ、ヨウも清鎖の思いに触れて幸せを感じる。皇宮では、宇文毓の食事に毒が混入され…。

第35話
周の混乱した状況を受け、高長恭と斛律光は周との国境へ進軍を命じられる。長恭は周側に争う姿勢を見せたくないが、陛下の命令で進軍の準備をする。その頃、元清鎖は皇宮で厨房に立ち、宇文毓に手料理を振る舞う。

第36話
宇文毓が毒入りのお茶を飲んで苦しむ。毒を混入した張本人の諸葛無雪は、元清鎖に小春城へ一緒に帰ることを条件に解毒薬を渡す。一方宇文護は、自分が次期後継者だと記された毓の偽の遺言状を作る。

第37話
ついに宇文ヨウが皇帝となり、宇文護は平静を装って祝福するも心中は穏やかではない。一方、護が鎮魂珠を手に入れたことを知った妙無音は、天羅地宮を開くため協力していたはずの護に裏切られて腹を立てるのだが…。

第38話
宇文護が手に入れた鎮魂珠が消え、時を同じくして大冢宰夫人の姿も見かけないことから、護は大冢宰夫人を怪しむようになる。元清鎖にも危険が及ぶと察した宇文ヨウは、2人を接触させないようある計画を立てる。

第39話
宇文ヨウと宇文護がついに激突する。ところが、ヨウを心配した元清鎖がその場に駆けつけ、護に捕らえられて人質になってしまう。皇帝の座を手に入れたい一心で護はヨウに、清鎖の解放を条件に決断を迫るが…。

第40話
宇文護が息を引き取り、周は宇文ヨウの下でまとまりを見せつつあった。元清鎖は、多くの危機にも命懸けで守ってくれたヨウに特別な感情を抱き始める。ヨウもまたさらに清鎖への愛情を深め、一心に愛でていた。

第41話
元清鎖への想いを貫くため突厥との和親を拒んでいた宇文ヨウだが、周の発展のため、突厥の公主である阿史那を正室に迎えることを宣言。ヨウを独占できず側室の宿命を痛感する清鎖は、寂しさを募らせていた。

第42話
元清鎖は鄭洛雲に化けた顔婉に首を絞められ苦しむ最中、過去の記憶を取り戻した。端木怜であることや、紫魅が企てた計画によって周に嫁いだことも思い出し、全てを高長恭に告げ、これを聞いた長恭は当惑する。

第43話
諸葛無雪は紫魅から奪った鎮魂珠が本物か否かを確かめるため、元清鎖を連れ去った。汚れた牢屋の中で紫魅と清鎖は再会。母親のように慕っていた紫魅のひどくやつれた姿を前に、清鎖は心を痛めた。

第44話
宇文ヨウは元清鎖の消息が掴めず心配していた。10万の兵を率いる周軍に対し、高長恭率いる斉軍は数百人だった。ヨウは長恭を討って金ヨウ城を取る機会を得るが、その無謀な進撃に長恭の真の狙いを読めずにいた。

第45話
顔婉の暴走は止まらず、宇文ヨウを人質に取り、元清鎖や高長恭と共に天羅地宮に足を踏み入れた。顔婉は、天下統一の秘密が隠された青鸞鏡を手に入れるべく清鎖に指図するが、思いがけない現象が起こり始める。

第46話
元清鎖と青鸞鏡を手に入れた高長恭は自信満々だった。ギョウへ進軍し、帝を倒して君主になることを長恭は清鎖に誓う。一方、長恭を一途に思い続けてきた鄭洛雲は、成婚のために戦を急ぐ長恭に危惧の念を抱いていた。

第47話最終回
香無塵の仙薬のおかげで、元清鎖は奇跡的に一命を取り留め、周の皇宮に戻って傷の回復を待つ。宇文ヨウは清鎖が自分のもとに帰ってきたことを心から喜び、生涯清鎖だけを愛することを固く誓うのだった。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~」以外にもU-NEXTでは

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」