スポーツおすすめ ドキュメンタリーおすすめ

スポーツ×ヒューマンの無料動画・見逃し配信!村田諒太

スポーツ×ヒューマンの無料動画・見逃し配信!佐々木朗希、完全試合

NHK総合で放送されている番組「スポーツ×ヒューマン」ボクシング、村田諒太の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や、再放送の情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
この番組「スポーツ×ヒューマン」は、スポーツが織り成す「人間ドラマ」に徹底的にこだわる、本格ドキュメンタリー番組で、話題です!

だからこそ、「スポーツ×ヒューマン」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「スポーツ×ヒューマン」を楽しむために、動画配信される可能性がある動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

※国内・国外のあらゆる映像と歴史を!関連ドキュメンタリー動画はこちらから

・スポーツ×ヒューマンを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「スポーツ×ヒューマン」ボクシング、村田諒太

ボクサー村田諒太。ゴロフキンとの一戦に向けて半年にわたって行ったメンタルトレーニングの全てを記録「俺は何の為に戦うのか」壮絶な心の戦いの果てに辿り着いた境地とは

「強さとは何か」ボクサー村田諒太は、ゴロフキンとの世紀の一戦を前に考え続けていた。半年にわたって行ってきた田中ウルヴェ京さんとのメンタルトレーニング。カメラに記録されていたのは、コロナによる相次ぐ試合延期に苦しむ姿など、己の弱さをさらけ出し、それを乗り越えようとする「等身大の村田諒太」の姿だった。そして、壮絶な戦いとなったゴロフキン戦の翌日に行われた最後の対話。村田諒太が明かした「本音」とは?

「スポーツ×ヒューマン」の出演者

【出演】村田諒太,田中ウルヴェ京,【語り】石澤典夫

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「スポーツ×ヒューマン」佐々木朗希、完全試合

28年ぶりの完全試合を達成した佐々木朗希投手。160キロ超の速球とフォークボールで三振の山を築いた。なぜ完全試合は生まれたのか。証言やデータから徹底的に迫る!

令和の怪物、佐々木朗希。あふれる才能のゆえ、我慢の日々を強いられてもきた。甲子園出場をかけた県大会決勝、ベンチから敗戦を見つめることしかできなかった。プロ入り1年目はマウンドに立つことすらできず、地道なトレーニングに明け暮れた。ようやく開幕ローテーションに入った今年。新たな相棒になったのが、18歳の新人捕手・松川だった。この出会いが佐々木を変えていく。そして、野球史に刻まれる一戦が幕を開けた。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「スポーツ×ヒューマン」について

「スポーツ×ヒューマン」は、NHK BS1・NHK総合テレビジョン(再放送)で放送されているスポーツドキュメンタリー番組。

2019年4月1日に放送が開始された、スポーツドキュメンタリー番組。国内外の話題のトップアスリート達に密着取材し、その裏側や思いを明らかにする。

2020年東京オリンピックを迎えるにあたり、スポーツ大陸→アスリートの魂からリニューアルされた。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「スポーツ×ヒューマン」のこれまでの放送内容

「オレは誰だ? ボクシング 村田諒太」
初回放送日: 2022年5月9日
ボクサー村田諒太。ゴロフキンとの一戦に向けて半年にわたって行ったメンタルトレーニングの全てを記録「俺は何の為に戦うのか」壮絶な心の戦いの果てに辿り着いた境地とは

「強さとは何か」ボクサー村田諒太は、ゴロフキンとの世紀の一戦を前に考え続けていた。半年にわたって行ってきた田中ウルヴェ京さんとのメンタルトレーニング。カメラに記録されていたのは、コロナによる相次ぐ試合延期に苦しむ姿など、己の弱さをさらけ出し、それを乗り越えようとする「等身大の村田諒太」の姿だった。そして、壮絶な戦いとなったゴロフキン戦の翌日に行われた最後の対話。村田諒太が明かした「本音」とは?

「目覚めた“令和の怪物” 〜佐々木朗希 完全試合〜」
初回放送日: 2022年5月2日
28年ぶりの完全試合を達成した佐々木朗希投手。160キロ超の速球とフォークボールで三振の山を築いた。なぜ完全試合は生まれたのか。証言やデータから徹底的に迫る!

令和の怪物、佐々木朗希。あふれる才能のゆえ、我慢の日々を強いられてもきた。甲子園出場をかけた県大会決勝、ベンチから敗戦を見つめることしかできなかった。プロ入り1年目はマウンドに立つことすらできず、地道なトレーニングに明け暮れた。ようやく開幕ローテーションに入った今年。新たな相棒になったのが、18歳の新人捕手・松川だった。この出会いが佐々木を変えていく。そして、野球史に刻まれる一戦が幕を開けた。

「小さな巨人 世界の頂へ バレーボール 西田有志」
初回放送日: 2022年4月25日
バレーボール西田有志。日本のお家芸復活のカギを握る若きアタッカーが挑んだのは、世界最高峰イタリア1部リーグ。「小さな巨人」が繰り広げた苦闘と成長の物語に密着。

東京五輪で29年ぶりのベスト8進出をはたしたバレーボール。強烈なスパイクと高速サーブを武器にチームををけん引したのが、西田有志。五輪後、西田はさらなる飛躍を目指して世界最高峰イタリア1部リーグへ挑戦する。自力でレギュラーの座を獲得、チーム最多得点の活躍でMVPに選出されるも、その先に待っていたのは…。あきらめず、戦いを挑み続けた8か月間のイタリア武者修行。若いアタッカーの苦闘と成長の物語を追う。

「“俺たちは変わる” コテンパンからの反撃 DeNA・三浦大輔」
初回放送日: 2022年4月11日
横浜DeNAベイスターズ監督、「ハマの番長」こと三浦大輔。就任1年目の昨シーズンは最下位に甘んじた。雪辱を果たそうと、三浦は一からチームを変えることを決意する。

沖縄でのキャンプ初日。早朝の散歩に出かけた三浦は意外なことを話し始めた。「胴上げされている夢を見たんだ」。優勝の胴上げ。それは去年、ホーム最終戦でヤクルトに目の前で見せつけられたものだった。ファンのためにも、24年ぶりの優勝を果たしたい。当時の優勝メンバー、石井琢朗や斎藤隆をコーチに迎え、三浦はチームを基礎からつくり直そうとする。そのためには選手だけでなく、三浦自身も変わることが必要だった。

「まっすぐ、心と向き合って〜フィギュアスケート・鍵山優真〜」
初回放送日: 2022年4月4日
北京五輪で銀メダルに輝いた鍵山優真、18歳。その勢いのまま3月の世界選手権に挑んだ。鍵山の急成長を支えたものは何だったのか。2年間の密着取材で知られざる姿に迫る

コーチを務める父とともに、夢の五輪をめざす優真。新しい4回転ジャンプの習得にも挑戦する。だが、優真はトップスケーターとしてのプレッシャーに初めて追い込まれていた。試合でも気持ちが空回りしてジャンプを失敗してしまう。それでも父のことばをきっかけに立ち上がり、自分の心とまっすぐ向き合おうとする。迎えた北京オリンピック、そこには強い心を持った優真がいた。

「“エースのバトン” 栄光をつなげ 新田佳浩・川除大輝」
初回放送日: 2022年2月28日
パラクロスカントリーのレジェンド新田佳浩。その背中を追いかけてきた川除大輝。北京パラを前に新田は“エースのバトン”を川除に託そうとする。北京まで密着ドキュメント

雪原のマラソンとも呼ばれるパラクロスカントリースキー。これまでパラで3つの金メダルを獲得している新田。長野以来、7回目のパラリンピックになる北京は、現役最後と決めていた。その新田を師と仰いできた、若手の川除。新田から次のエースに指名される。だが、川除は実力はあるのに内気で自信を持てずにいた。果たしてエースのバトンはつながるのか。ふたりの挑戦の日々、そして北京での闘いまでを描く。感動のラスト!

「“ビッグジャンプ” 金メダルへの軌跡 スキージャンプ 小林陵侑」
初回放送日: 2022年2月23日
北京オリンピックで日本初の金メダルに輝いたスキージャンプ小林陵侑。その原点は、幼少のころからビッグジャンプを飛びたいという一途な思い。小林の強さの秘密に迫る。

北京五輪で金と銀、2つのメダルを獲得したスキージャンプ小林陵侑。3年前に急成長、ジャンプ台記録を塗り替えるビッグジャンプを武器に日本人初の世界王者に輝いた。だが昨シーズン、小林は大きなスランプに。原因は、アプローチのわずかな乱れ。チーム監督・葛西紀明の元、復活をかけた挑戦が続いた。どこまでも高く遠くへ、長野以来24年ぶりの金メダルに輝いた若き天才ジャンパー、その苦闘の物語を追った。

「最高の“カッコええ”をみせる! パラスノーボード 岡本圭司」
初回放送日: 2022年2月21日
北京パラリンピックのスノーボードクロスで金メダルが期待される岡本圭司40歳。妻と2人の息子とともに、自らの滑りを極めようと挑んだ白馬での家族合宿の様子を追った。

パラスノーボードの岡本圭司は、かつて、アクロバティックな技を競うフリースタイルで世界を舞台に活躍していた。だが7年前、雪山で崖から転落。脊髄を損傷し、下半身不随を宣告される事態に。岡本は、家族の支えを受けながら、壮絶なリハビリに挑んだ。そして昨シーズン、年間総合チャンピオンの座に輝き、世界のトップに上り詰める。最高にかっこいい滑りを目指して、前向きに生きるアスリートの人間ドラマを熱く描く!

「ビッグジャンプで勝て! スキージャンプ小林陵侑」
初回放送日: 2022年2月11日
北京五輪の金メダル候補スキージャンプ小林陵侑。3年前に急成長、日本人初の世界王者に輝いた。だが小林は大きなスランプに。誰よりも高く遠くへ、復活にかける姿を追う。

北京五輪で金メダル獲得の期待がかかるスキージャンプ小林陵侑。3年前に急成長、ジャンプ台記録を塗り替えるビッグジャンプを武器に、日本人初の世界王者に輝いた。だがその後、小林は大きなスランプに。原因は、助走姿勢・アプローチのわずかな乱れ。チーム監督のレジェンド葛西紀明の元、復活をかけた挑戦が続く。どこまでも高く遠くへ、長野五輪以来24年ぶりの金メダルに挑む若き天才ジャンパーの苦闘の日々を追う。

「悔しさをゴールへ捻(ね)じ込め! アイスホッケー 大澤ちほ」
初回放送日: 2022年1月31日
女子アイスホッケー「スマイルジャパン」のキャプテン、大澤ちほ。世界強豪にどう立ち向かうのか!代表合宿に密着、3回目の五輪にかける大澤の挑戦のドラマを追いかける。

北京でメダル獲得に挑むスマイルジャパン。その大黒柱がFW大澤ちほ。強じんな下半身が生む爆発的スピード、研ぎ澄まされた得点感覚、10年近くキャプテンを務める。だが大澤にとって五輪は苦難の連続。ソチ、ピョンチャンでは予選敗退、世界の壁を痛感した。単身スウェーデンで武者修行、スケールアップしたベテランは、一回り下の若手に戦術と精神を注入する。代表合宿に密着、3回目の五輪にかける大澤の挑戦のドラマを追う。

「17歳 楽しんで強くなる モーグル・川村あんり」
初回放送日: 2022年1月24日
今シーズン、モーグルのワールドカップで初優勝を果たした、川村あんり選手。北京五輪でメダルの期待高まる17歳だ。

川村選手は中学生のとき衝撃デビューを飾り、屈託ない笑顔と相まって「上村愛子2世」として注目を集めてきた。素顔はTikTokが大好きなイマドキの女子高生。だが、そんな姿からは想像できない“攻めのターン”で、世界のライバルと激しい戦いを繰り広げる。女子モーグル界のニューヒロイン、五輪にかける日々に密着した。

「さらば、平成の怪物 松坂大輔」
初回放送日: 2021年12月27日
平成の怪物、松坂大輔が引退した。日本の野球史に残る数々の記録とファンの脳裏に刻んだ鮮明な記憶。NHKに残る秘蔵映像や当時の関係者の証言を元に、怪物の足跡を追う。

平成という時代を全速力で駆け抜けた松坂大輔。日本中が熱狂したあの甲子園の死闘に始まり、日米のプロ野球を舞台に演じた雄姿、そしてボロボロに朽ち果てるまで投げた最後のマウンドに至るまで、松坂は何を信条にし烈な戦いに身を投じてきたのか。野球史にさん然と輝く数々の記録とファンの脳裏に鮮明な記録を刻んで去った「平成の怪物」。NHKに残る秘蔵映像や当時を知る関係者の証言を元に、松坂大輔の魂の軌跡を追いかける。

「誰よりも相撲を愛して 孤高の横綱 白鵬」
初回放送日: 2021年12月20日
大相撲の歴史を次々と塗り替えた横綱・白鵬が、2021年土俵を去った。入門当初は小柄だった青年は、いかにして希代の横綱へと上り詰めたのか。孤高の相撲人生に迫る。

史上最長14年もの間、角界の頂点に君臨した横綱・白鵬。史上最多45回の優勝、通算1187勝と、大相撲の歴史を次々と塗り替えた。15歳でモンゴルから来日し、入門当初は62キロしかなかった小柄な青年は、いかにして希代の横綱へと上り詰めたのか。そして、外国出身力士として人知れず抱え続けた葛藤とは…。白鵬のロングインタビューと、歴代の横綱たちの証言、秘蔵映像も交えながら、孤高の相撲人生に迫る。

「“ビッグジャンプ”で勝て! スキージャンプ小林陵侑」
初回放送日: 2021年12月13日
北京五輪の金メダル候補スキージャンプ小林陵侑。3年前に急成長、日本人初の世界王者に輝いた。だが小林は大きなスランプに。誰よりも高く遠くへ、復活にかける姿を追う。

開幕が迫った北京五輪、金メダルの期待がかかるスキージャンプ小林陵侑。3年前に急成長、ジャンプ台記録を塗り替えるビッグジャンプを武器に、日本人初の世界王者に輝く。だがその後、小林は大きなスランプに。原因は、助走姿勢・アプローチのわずかな乱れ。チーム監督のレジェンド葛西紀明の元、復活をかけた挑戦が続く。どこまでも高く遠くへ、長野五輪以来24年ぶりの金メダルに挑む若き天才ジャンパーの苦闘の日々を追う。

「逆境が俺を強くする ボート競技 佐々野大輝」
初回放送日: 2021年11月29日
ボート競技の花形「エイト」。コールと呼ばれる言葉で8人の漕(そう)手の力を限界まで引き出すのが司令塔「コックス」だ。日本一のチームのコックス佐々野大輝を追った。

ボート競技の花形「エイト」。コールと呼ばれる言葉で8人の漕手の力を限界まで引き出すのが、司令塔「コックス」だ。全日本選手権で史上初の5連覇を達成したNTT東日本。その日本一のチームのコックスが佐々野大輝。気持ちを奮い立たせるコールと、ち密なレース戦略でチームを勝利へと導いてきた。しかし、今シーズンの初戦、佐々野はコックスの座を後輩に奪われてしまう。佐々野は自分を見つめ直し、さらなる高みに挑む。

「“ハンカチ王子” 最後の日々 密着 斎藤佑樹」
初回放送日: 2021年11月22日
ハンカチ王子と呼ばれ、日本中を沸かせた斎藤佑樹。2021年プロ引退を決めた。高校大学で苦楽をともにしたディレクターが最後の日々に密着。斎藤の知られざる姿を描く。

2006年夏の甲子園、「ハンカチ王子」と呼ばれ、日本中を沸かせた斎藤佑樹。11年間のプロ生活を終えて、2021年引退した。高校、大学と野球部で苦楽をともにしたディレクターが、最後の日々に密着。大きな ケガを負い、結果が出ないなか、なぜ斎藤は投げ続けたのか。そして、どんな決断をしてマウンドを去ったのか。引退試合に隠された知られざるストーリーとは。ハンカチ王子の本当の姿に迫るドキュメンタリー。

「わたしが未来をひらく 埼玉西武ライオンズ・レディース 里綾実」
初回放送日: 2021年11月15日
日本女子野球の“レジェンド”里綾実投手。女子プロ野球リーグは事実上の休止状態に。里は西武ライオンズ公認のアマチュアチームに入団。強い使命をもってマウンドに立つ。

日本の女子野球を牽引、ワールドカップ6連覇に貢献した“レジェンド”里綾実投手。しかし、赤字が続いた女子プロ野球は事実上の休止状態に。行き場を失った里は、“恩師”元西武の新谷博と再会し、西武ライオンズ公認のアマチュアチームに入団した。プロからアマへ。野球での収入はゼロ。十分とは言えない練習環境。世界を制した球威も取り戻せずにいた。それでも里は強い使命を持ってマウンドへ。女子野球を必ずメジャーにする!

「育てながら勝つ 阪神・矢野燿大監督」
初回放送日: 2021年11月1日
リーグ2位からの逆転劇で悲願の日本一へ。阪神タイガースの矢野燿大監督は、選手に考えさせ、成長を促し、勝利に導く、自らの理想を追い求めてきた。矢野流指導術に迫る。

1985年以降、日本一から遠ざかっている阪神タイガース。野村克也や星野仙一でも超えられなかった壁を、この男が遂に突破するかも知れない。矢野燿大監督、52歳。常日頃から「監督ではなく、教師に近い存在でありたい」と語る矢野は、選手に考えさせ、成長を促し、勝利に導く、自らの理想を追い求めてきた。リーグ2位からの逆転劇を果たし、悲願の日本一へ。「育てながら勝つ」を貫こうと奮闘する矢野流指導術に迫る。

「“最高の2人”を目指して パラトライアスロン 米岡聡選手・椿浩平ガイド」
初回放送日: 2021年10月18日
東京パラリンピック、知られざる物語。トライアスロンで銅メダルに輝いた米岡聡選手、椿浩平ガイド。性格も歩んできた人生も対照的な2人が、本番で奇跡を起こす。

東京パラリンピック、知られざる物語。トライアスロン(視覚障害のクラス)で銅メダルに輝いた米岡聡選手、椿浩平ガイド。求められるのは、2人の力をいかに1つにできるか。しかし2人は対照的。米岡選手は控えめな性格、実力を認められながらも自信を持てない。支えるガイドの椿さんは、病で五輪の夢を諦めたアスリート。違う人生を歩んできた2人は、ひとつになろうと積み重ねる。迎えた本番、ぎりぎりの状況で奇跡を起こす。

「私たちの弓 まっすぐに 日本大学女子弓道部」
初回放送日: 2021年9月27日
戦うのは、己自身。日本大学女子弓道部が掲げるのは「堂々とした弓」。しかし、プレッシャーに襲われ主将もまさかの不調に。それでも、仲間とともに自分たちの弓道で勝つ!

戦うのは、己自身。“弓道部の夏”。半世紀の伝統を持つ日本大学女子弓道部。掲げてきたのは「堂々とした弓」。正しく弓を引けば、自(おの)ずと的に当たる。しかし、弓道も変化の時代、科学技術を取り入れて、的中率を上げる大学も台頭しています。プレッシャーに襲われ、チームをまとめる主将もまさかの不調に。それでも、自らが信じる弓道で勝つ!。仲間とともに、自分たちの弓の道を追い求める、彼女たちの夏を見つめます。

「戦い抜いて ふたり バドミントン フクヒロペア」
初回放送日: 2021年9月6日
バドミントン女子ダブルスのフクヒロペア。廣田選手が五輪直前にけがをし、福島選手と戦い抜いたが金メダルには届かなかった。最大の試練の先にふたりは何を手にしたのか?

東京五輪に選手生命を脅かしかねない大けがを抱えながら臨んだ、バドミントン女子ダブルス・フクヒロペアの廣田彩花選手。大会直前に前十字じん帯を断裂し、福島由紀選手とともに戦い抜いたが、期待されていた金メダルには届かなかった。そんなふたりのオリンピックまでの道のりは、ペアの形を模索し続ける逆境の連続だった。かつてない試練の先にたどり着いた夢の舞台で、ふたりは何を手にしたのだろうか。2年間の独占記録。

「まわり道の先に咲く花は 競泳 大橋悠依」
初回放送日: 2021年8月21日
東京五輪で2つの金メダルを獲得した大橋悠依。無名の存在から20代で驚異の進化を遂げた遅咲きスイマーだ。強さの秘密は?2019年4月に放送した番組をアンコール!

10代で頭角を現す選手が多い中、大学4年で初めて日本代表に選ばれた、異例の遅咲きだ。五輪をかけた戦いの幕開けとなる2019年4月の日本選手権。池江璃花子選手と萩野公介選手が不在の中、一身に注目を集めた。かつてない重圧に、結果が出ない時代を支えた「今できることを全力でやる」という信念で立ち向かう。涙、そして笑顔。まわり道のその先に、大きな花を咲かせてみせる!

「“誓い”のメダルを この手に 体操・村上茉愛」
初回放送日: 2021年8月16日
日本女子体操57年ぶりのメダル!村上茉愛にはかけがえのない“戦友”がいる。前回リオを共に戦った寺本明日香。村上は“メダルの誓い”を果たそうと、演技に全てをかける

夢の舞台で輝いた!村上茉愛が、種目別ゆかで銅メダル。日本女子体操に57年ぶりのメダルをもたらした。村上には一緒に歩んできた“戦友”がいる。寺本明日香。前回リオデジャネイロ五輪で、あと一歩の4位。悔しい思いをした村上と寺本は、次の東京で「団体のメダル」を誓い合う。ふたりは支えあいながら“東京”を目指したが、寺本は代表の座を逃す。村上は寺本の思いを背負い五輪に臨んだが、ここで思わぬ事態に襲われる。

#私のTOKYO 「陸上・新谷仁美」
初回放送日: 2021年7月22日
陸上1万m代表の新谷仁美(33)、東京五輪に出場する意味を考え続けてきた。「自分に嘘を付きたくない」時にギリギリまで自らを追い詰めてしまう新谷。葛藤の日々に密着

東京五輪・陸上1万メートル代表の新谷仁美(33)。新型コロナ感染拡大やオリンピックに対して、揺れる思いを抱えながら競技を続けてきた。大切にしてきたのは「自分の気持ちに嘘をつかないこと」。時にギリギリまで自分を追いつめてしまう新谷。横田コーチなど、周囲に支えられながら、なんとか前を向こうとする葛藤の日々に密着した。

#私のTOKYO 「南スーダン 陸上選手」
初回放送日: 2021年7月20日
東京五輪パラの為に南スーダンからやってきた4人の陸上選手。五輪延期やコロナなど相次ぐ困難のなか「母国に平和のメッセージを届けたい」と奮闘を続けた600日に密着。

激しい内戦を経て独立した南スーダンからきた4人の陸上選手。オリンピック・パラリンピックに出て母国の人々を勇気づけたい。そんな夢を抱き一昨年から日本でトレーニングを続けてきた。新型コロナの感染拡大、五輪の延期、そして母国でのロックダウン…。帰国できないまま不慣れな地での生活を強いられる選手たち。支えたのは地元の人々との交流だった。平和のために走る彼らは日本で何を見いだしたのか?600日に及ぶ長期密着

「壁の中で自由に、飛べ スポーツクライミング 楢﨑智亜」
初回放送日: 2021年7月20日
東京五輪の新競技「スポーツクライミング」で初代金メダリストを目指す楢﨑智亜。五輪の1年延期。前例のない困難な状況を乗り越えてつかんだものは?前を向く姿を伝える。

東京五輪の新競技「スポーツクライミング」で初代金メダリストを目指す、楢﨑智亜。おととしの世界選手権で優勝するなど勢いそのままに五輪を目指したが、新型コロナの影響で1年延期に。大会は軒並み中止になり、試合勘は失われていった。前例のない困難な状況を乗り越えて“初代王者”を目指す楢﨑。その挑戦の過程でつかんだものとは?五輪を目前とした今の気持ちを、長期に渡った取材と、為末大さんとの対談などで伝える。

#私のTOKYO 「バレーボール・黒後愛」
初回放送日: 2021年7月19日
バレーボールの黒後愛。東京五輪でエースとしての活躍が期待される。成長の糧となったのがVリーグ・東レで任されたキャプテンの役割。チームをまとめる苦悩の日々に密着

五輪前の国際大会で初の4位と健闘したバレーボール日本代表。東京五輪でエースとしての活躍が期待される黒後愛のVリーグでの日々にチームスタッフが1シーズン密着。トレードマークは笑顔。でも、その裏にはキャプテンとしての苦悩があった。「どうすればチームをまとめられるか」黒後が選んだ決断とは…。最新のネーションズリーグでの活躍も含めて、五輪前の黒後の今に迫る。

「“戦友(とも)”と誓いのメダルを 体操・村上茉愛」
初回放送日: 2021年7月19日
体操女子日本代表、村上茉愛には“戦友”がいる。寺本明日香。前回リオでは、あと一歩の4位。東京での「団体のメダル」を誓い合う。しかしその道のりは険しいものだった。

ふたりなら必ずできる。体操女子日本代表、村上茉愛には、ともに歩んできた“戦友”がいる。ひとつ年上の寺本明日香。共に挑んだ前回リオデジャネイロ五輪で、あと一歩の4位。悔しい思いをした村上と寺本は、次の東京で「団体のメダル」を誓い合う。しかし、ふたりは相次いでけがに襲われるなど、“東京”への道のりは平坦ではなかった。支えあいたどりついたオリンピック代表選考会。ふたりは積み重ねてきた全てを演技にぶつける

「“神の島”から世界の頂へ ウエイトリフティング糸数陽一」
初回放送日: 2021年7月17日
沖縄出身の糸数陽一選手。リオ五輪・ウエイトリフティング男子で4位入賞。強さの源は幼少期を過ごした、“神の島”こと久高島にある。東京五輪までの戦いの日々に密着。

沖縄久高島出身の糸数陽一選手。リオデジャネイロ五輪・ウエイトリフティング男子で4位入賞し、2020年の東京五輪ではメダル獲得の期待が高まる。選手としての礎は、ふるさとにある。生まれ育った久高島は、沖縄本島の南、人口200人たらずの小さな島。自然豊かな美しい島での幼少期の「外遊び」が、強靭な足腰を作り上げた。番組では、東京五輪を前に最後の大舞台となる世界選手権に臨む糸数選手に密着。強さの源に迫る。

「わたしたちが走る理由 南スーダン陸上選手の600日」
初回放送日: 2021年7月5日
内戦の爪痕残る母国に平和を!南スーダンから来日した4人の陸上選手たち。東京五輪・パラへの夢を支えたのは、地元の人々との交流だった。600日に及ぶ長期密着の記録。

激しい内戦を経て独立した南スーダンからきた4人の陸上選手。オリンピック・パラリンピックに出て母国の人々を勇気づけたい。そんな夢を抱き一昨年から日本でトレーニングを続けてきた。新型コロナの感染拡大、五輪の延期、そして母国でのロックダウン…。帰国できないまま不慣れな地での生活を強いられる選手たち。支えたのは地元の人々との交流だった。平和のために走る彼らは日本で何を見出したのか?600日に及ぶ長期密着。

「裸の心で 陸上・新谷仁美」
初回放送日: 2021年6月21日
陸上1万m五輪代表の新谷仁美選手。コロナで五輪やアスリートに批判の声も寄せられる中、悩み続けてきた。私は何の為に走るのか。傷だらけの心で、でも真っ直ぐ向き合う。

自分に嘘をつかずに生きること。陸上1万m五輪代表の新谷仁美は大切にしてきた。ワクチン接種の問題や、五輪開催の是非など、他のアスリートより積極的に自分の考えを発信してきた。背景にあったのは、自分の個性や価値を認められなかった過去の苦い経験。自分は何の為に走るのか。そして、自分ができること、すべきことは何か。困難な状況でも、逃げずに向き合う日々に密着した。

「福岡堅樹を捕まえろ」
初回放送日: 2021年6月14日
ラグビーのトッププレーヤーから医師の道へ…。人気・実力の絶頂で引退した福岡堅樹選手。その真意とは?ラストシーズンを追い、家族や恩師の証言から解き明かす。

日本ラグビー界が世界に誇るスピードスター・福岡堅樹。引退して医師になることを公言。そしてラストシーズンで優勝、MVPに輝き、鮮やかに現役生活を駆け抜けた。なぜ人気・実力の絶頂で引退の決断をしたのか?受験生とトップ選手をどう両立させたのか?そして今、去ることに未練はないのか?恩師の森重隆さん、エディー・ジョーンズさんが福岡の素顔と引退の意味について語る。我が道をゆく福岡堅樹を捕まえろ!

「弱い自分も受け入れて〜パラアスリート 村岡桃佳〜」
初回放送日: 2021年5月24日
「自分に自信がない」村岡桃佳は平昌パラの金メダリストなのにちょっとネガティブ。悩みながら自分を認めてくれる人たちとスキーと陸上の二刀流に挑む24歳、等身大の姿。

自らの腕力でスピードを生み出す陸上。斜度40度の雪面を時速100キロで滑り降りるアルペンスキー。全く異なる競技の二刀流で、東京パラ・北京パラを目指す村岡桃佳、24歳。車イス生活になったのは4歳。「周りと同じ事ができない」と劣等感を抱きながら生きてきた。そんな彼女を変えてくれたパラスポーツ、そして自分を認めてくれた恩師や仲間たち。迷い悩みながら、ありのままの自分を受け入れ、一歩ずつ前へと進む日々。

「#アスリートは黙らない」
初回放送日: 2021年5月17日
女性選手の「無月経」の問題を発信する陸上・新谷仁美選手。人種差別に苦しんだサッカー鈴木武蔵選手。心の傷と向き合い社会を変えようと行動するアスリートの決意に迫る。

バレーボールの益子直美さんは、学生時代の体罰の記憶に苦しめられてきた。心の傷をどう乗り越えるのか。陸上の新谷仁美選手は、過度な減量がもたらす「無月経」の危険を訴え「ありのままの自分」で走る大切を伝える。サッカーの鈴木武蔵選手は、自らの「肌の色」への差別に苦しみながら、苦しい気持ちを押し殺してきた。アスリートたちは、勇気をもって過去と向き合い、未来に向けて発信する。一歩踏み出すことができた理由とは?

「それでも私は泳ぎ抜く〜競泳・日本選手権〜」
初回放送日: 2021年4月26日
東京五輪への切符をかけた競泳・日本選手権。池江選手の活躍の裏側で、ギリギリの選考レースに挑んだ選手たちの「知られざる物語」を追ったドキュメント。

池江選手の五輪代表内定に沸いた競泳・日本選手権。厳しい選考レースの裏側には、夢への切符をかけたさまざまなドラマがあった。コロナ禍でスポンサーを失った選手。制限されたトレーニングで最強のライバルに挑んだ選手。葛藤の末に、泳ぐことの意味を見出した選手たちが、最後につかんだものとは?

「殻をやぶるなら、いま フィギュアスケート 鍵山優真」
初回放送日: 2021年4月19日
フィギュア界で五輪メダリストの羽生結弦、宇野昌磨に次ぐ存在と注目される鍵山優真。元五輪代表の父との二人三脚で奮闘中。羽生選手も期待を寄せる17歳の今を見つめる。

いまフィギュアスケート界で熱い視線を集める親子がいる。17歳の鍵山優真選手とコーチである父の正和さん。シニアデビューの今季、優真選手は全日本選手権で羽生結弦選手、宇野昌磨選手に次いで3位。元オリンピアンの父のもと、北京五輪代表を目指すなか、世界選手権では、銀メダルを獲得。五輪2連覇中の羽生選手を上回る結果を残した。いままさに大きく“脱皮”しようとしているアスリートの姿を見つめる。(2021年4月)

「ウォーターボーイ 傷だらけの進化 ラグビー・德永祥尭」
初回放送日: 2021年4月12日
ラグビー日本代表の次世代を担うと期待される東芝の德永祥尭。前回W杯では「給水係」として躍進を支えた。東芝で共同キャプテンとして飛躍をめざす德永の戦いを見つめる。

ラグビー日本代表で、次世代の中心選手として躍進が期待されるのが東芝ブレイブルーパスの共同キャプテン・德永祥尭だ。2019年のW杯では、監督の指示を伝える「給水係」として躍進を支えたが、出場の機会がなく悔しい思いをした。各年代の代表に選ばれてきたが、キャプテン経験はない。東芝では監督から、チームの文化を変えるリーダーにと期待されている。名門のキャプテンを通じて、飛躍をめざす德永の戦いを見つめる。

「私はキャプテン みんなで勝ちたい バレーボール・黒後愛」
初回放送日: 2021年4月5日
豪快なアタックと明るい笑顔で人気の黒後愛。東レのキャプテンを任されチームをまとめる悪戦苦闘にスタッフカメラが密着!普段見られない素顔と本音。涙と笑顔の先には?

「私らしいキャプテンって何?」黒後愛は考え続けた。チームスタッフのカメラは、練習場や食堂、移動のバスの車内など、普段見られない素顔の選手たちを映し出す。どうすればチームをひとつにできるの?時にスタッフに悩みを打ち明ける姿も。石川真佑など後輩を引っ張ってチームを優勝に導くことはできるのか?バレーボールやチームメイトとひたむきに向き合う22歳。黒後愛と東レアローズの今シーズンに完全密着。

「考えて 考えて 挑む〜スピードスケート・髙木美帆〜」
初回放送日: 2021年3月29日
スピードスケート日本のエース・髙木美帆。コロナ禍で国際大会が相次いで中止になった今シーズン、髙木は自己記録の更新を続けた。考え抜いた先につかんだものとは何か?

「理想の滑りを目指したい」。中学生で初めてバンクーバー五輪に出場した時から、髙木美帆は“考える”姿勢を貫いてきた。コロナ禍で先の見えない状況で迎えた今シーズンは、日本選手権で5冠達成、自己記録を何度も更新し続けた。「100分の1秒をどう削るか?」から「スポーツの価値が揺れるなかで競技する意味は?」まで、難題に対して常にまっすぐに向き合い続けてきたアスリートの姿を記録した。

選「私たちは終わらない 高校3年 最後の夏」
初回放送日: 2021年3月15日
私たちの青春は終わらない。新型コロナウイルスの影響で、高校生たちは全国大会という夢の舞台を奪われた。新たな目標を見つけ“最後の夏”に懸けた軌跡。そして卒業の春。

「それでも私たちの青春は終わらない」。新型コロナウイルスの影響で、多くの高校生がインターハイ、全国大会という“夢の舞台”を奪われた。それでも生徒たちは、新たな目標を見いだしていく。ソフトテニス部は後輩への伝統の継承を。廃部が決まった軟式野球部は初めての公式戦を。サッカー部は新たなリーグの新設を。剣道部は仲間6人との大切な絆を思い出を。“最後の夏”に懸けた高校生たちの成長の軌跡。そして、卒業の春。

「アスリート自撮りドキュメント 私たちの今」
初回放送日: 2021年3月8日
トップアスリートが「自撮り」をし、五輪への日々の思いを赤裸々につづるドキュメント。空手植草歩・フェンシング三宅諒・ボクシング津端ありさ。前に進もうとする姿に迫る

トップアスリートたちにその姿を「自撮り」してもらい、日々の思いを赤裸々につづってもらうドキュメント。東京オリンピックを前にした2度目の緊急事態宣言。再び壁に直面した選手たち。全日本選手権の敗北から前を向き始めていた空手の金メダル候補・植草歩、入籍したフェンシング・三宅諒、医療がひっ迫するなか看護師をしながら五輪を目指すボクサー・津端ありさ。前に進もうとするそれぞれの内面を自撮り映像から見つめていく

「自由に 何にも縛られずに ブレイキン・半井重幸」
初回放送日: 2021年3月1日
その男は誰よりも“自由”。パリ五輪の新競技「ブレイキン」、半井重幸18歳。個性と個性のぶつけ合い。だからこそ負けるわけにはいかない。世界最高峰といわれる大会へ。

その男は誰よりも“自由”に踊る。パリ五輪の新競技「ブレイキン」の日本のトップダンサー“Shigekix”こと半井重幸18歳。若くして国際大会で頭角を現し、これまで世界の強豪たちとのバトルを繰り返してきた。ブレイキンは個性と個性のぶつけ合い。誰一人、同じ踊りをする人はいない。必ず一人一人に魅力とスタイルが宿る。だからこそ、負けるわけにはいかない。己の存在をかけて、世界最高峰といわれる大会へと挑む。

「朗らかにゆけ 異端の道を ボクシング・高山勝成」
初回放送日: 2021年2月15日
道なき道をゆく男、プロボクサー高山勝成。日本人初世界主要4団体のチャンピオン。アマ転向し五輪に挑戦。今度は37歳にして、日本最年長となる世界王者を目標に。

その拳でボクシングの歴史を変えてきた。プロボクサー高山勝成37歳。海外へと飛び出し、日本人として初めて主要4団体のベルトを獲得。その後、前代未聞のプロからアマチュアへの“逆転向”を果たし、東京五輪を目指す。そして今度は、37歳にして再びプロの世界に挑戦、日本最年長となる世界王座を目標に掲げた。4年のブランクを経て上がったプロのリングには、何が待っているのか?飽くなき挑戦の日々を追う。

「ふたりで強くなる レスリング女子 向田真優」
初回放送日: 2021年2月1日
レスリング女子日本代表、向田真優は2年前コーチの志土地翔大と婚約した。「五輪を前に恋愛している場合か」―批判の声にも負けず、金メダルを目指す2人の姿を追った。

レスリング女子53キロ級の日本代表、向田真優(むかいだ・まゆ)。金メダル獲得が期待される向田は、五輪を前にコーチの志土地翔大との婚約を発表した。「大舞台を前に恋愛している場合か」周囲からは批判の声も上がったが、2人には信念があった。「私たちはふたりで強くなる」。新型コロナも競技に影を落とすなか、2人は時にぶつかりながら、困難を乗り越えようと奮闘する。恋愛と競技。2人が出す「答え」とは。

「君の坂道を登れ 全力で 漫画家・渡辺航とチーム“弱虫ペダル”」
初回放送日: 2021年1月11日
これは漫画だけの世界じゃない!人気漫画「弱虫ペダル」の作者渡辺航は、自ら自転車チームを立ち上げた!挫折を経験しても夢を諦めない選手。熱いエールを受け限界に挑戦!

これは漫画だけの世界じゃない!大人気「弱虫ペダル」の作者渡辺航。自転車への思いはマンガを飛びだし、自らチームを立ち上げた!その名も「弱虫ペダルサイクリングチーム」。挑むは“最も過酷”な「シクロクロス」。メンバーは挫折を経験しながらも夢を諦めない若者たち。渡辺自身も若い時にクビになりかける挫折を味わった。全力で頑張れば道は開ける!渡辺さんの熱いエールを受けて、若者は自らの限界に挑む。決戦の行方は!?

選「弱くて楽しくなくて でも横綱へ 大相撲 貴景勝」
初回放送日: 2021年1月4日
初場所で綱取りに挑む大関・貴景勝。2年前、大関昇進に挑んだ日々を振り返る。持ち味の「突き押し」を磨いた父との鍛錬の日々。最新のインタビューも加えた特別編!

2年前「スポーツ×ヒューマン」で密着した貴景勝の大関昇進への道のり。1月の初場所で綱取りに挑む今、あらためてその日々を振り返る。体格で劣る相手に勝つために磨いてきた最大の武器「突き押し」。その原点には父親と強さを磨いた日々があった。あの時、極限の重圧の中で「自分は気が弱い」「相撲は楽しくない」と飾らない本音を吐露した貴景勝。最新の稽古の様子や単独インタビューを加えて注目の力士に迫る。

「Last Days 川崎フロンターレ 中村憲剛」
初回放送日: 2020年12月21日
今シーズン限りで現役を引退する川崎フロンターレ・中村憲剛。無名選手から日本代表に駆け上がり、地元での交流も大切にしたJリーガーが、18年間貫いた姿勢とは?

今シーズン限りで現役を引退する川崎フロンターレ・中村憲剛(40)。その「最後の1年」をプロ入り当初から取材を続けてきた記者が追った。大けがから復活を目指すリハビリの毎日、新型コロナによるリーグ中断など、逆境をどう乗り越えたのか。チームの後輩や地元のサポーターにどんなメッセージを送り続けたのか。そして単独インタビューで自ら語った“引退の真意”とは。

「最後の“火の玉ストレート” 阪神・藤川球児」
初回放送日: 2020年11月30日
今季かぎりで引退した阪神の藤川球児投手。明かされた引退決断の理由。清原選手等との名勝負の舞台裏。ラストシーズンにかける覚悟。苦闘の日々を追った300日の全記録

今シーズンかぎりで引退した阪神の藤川球児投手。NHKは、開幕前から300日にわたって密着取材を続けてきた。カメラがとらえたのは、肉体の衰えやけがと向き合いながら、自身の代名詞であるストレートの輝きを取り戻そうと苦闘する姿だった。あの清原和博選手やカブレラ選手と繰り広げた名勝負の数々。挫折に負けず、繰り返しはい上がってきたプロ生活22年の集大成として臨んだラストシーズン。知られざる舞台裏の記録。

「寝技で極める最強への道 柔術 リダ・ハイサム」
初回放送日: 2020年11月23日
格闘技界の新星、柔術のリダ・ハイサム選手。ガーナ生まれ日本育ち。あの桜庭和志に見いだされ寝技の格闘技で世界の強豪を次々に撃破。ハイサム選手の強さと素顔に迫る。

ブラジリアン柔術に現れた新星リダ・ハイサム選手は、ガーナ生まれ日本育ちの27歳。総合格闘技の桜庭和志選手もその実力を高く買っている。16歳で家族と来日した当初は、日本語がわからず学校に馴染(なじ)めない孤独な少年だったが、柔術と出会って格闘技に生きがいを見いだした。いまや日本を代表する実力を身につけ世界への飛躍が期待される。ハイサム選手の生い立ちと強さの秘密に迫る。

「俺がコートを熱くする バスケットボール・篠山竜青」
初回放送日: 2020年11月16日
バスケットボール、川崎ブレイブサンダース篠山竜青。悲願の「Bリーグ優勝」に向け、肉体改造を決意。仲間の力を最大限に引き出すために。その先に必ずある栄光を信じて。

俺がコートを熱くする!バスケットボール、川崎ブレイブサンダース篠山竜青。キャプテンであり司令塔。“ 神の左手”からのパスでチームを勝利に導いてきた。しかし、悲願の「Bリーグ優勝」にどうしても手が届かない。昨シーズンは首位を走りながら、リーグが打ち切りに…。そして迎えた今シーズン、篠山は肉体改造を決意する。仲間が持つ力を最大限に引き出すために。その先に必ずある「優勝」を信じて。己の進化を誓っていた。

「男子に勝つ それがカッコイイ ボートレース・大山千広」
初回放送日: 2020年11月9日
男性が活躍する舞台に果敢に挑む女性、ボートレーサー大山千広24歳。武器となる“スタート”を磨き重賞制覇。しかし目標を高めたとき、選手人生を左右しかねない壁に。

男性選手が活躍する舞台に、果敢に挑み続ける女性がいる。ボートレーサー大山千広24歳。男女が同じフィールドで競い合う数少ない競技。筋力や瞬発力。大山は男性との差を認めながら、武器となる“スタート力”を磨き、重賞制覇を成し遂げた。しかし目標を最高ランク“SGレース”に据えたとき、壁にぶち当たる。追いつけないコーナーワーク、焦りからか、今後の選手人生を左右しかねない2回のフライングまでおかしてしまう。

「速く走れないなら死んでいるのと同じ 陸上 福島千里」
初回放送日: 2020年10月26日
100m日本記録保持者・福島千里(32)。今シーズンはどん底にいた。何があったのか?かつてのライバル・同級生ディレクターが“走ることに取りつかれた”福島に迫る。

長年、女子のトップランナーとして陸上界を引っ張ってきた福島千里。32歳となった今シーズン、10月の日本選手権の出場も危ぶまれるかつてない苦境に追い込まれていた。何があったのか、なぜ走り続けるのか?フワフワとした「天然キャラ」で知られてきた彼女が、これまで決して表に出す事の無かった本音に迫るのは、かつて同じフィールドで競った同級生ディレクター。誰も見たことのない「ありのままの福島千里」に迫る

「マラソンは、心で走る 陸上 服部勇馬」
初回放送日: 2020年10月19日
マラソン日本代表・服部勇馬選手。持ち味は“心で走るランナー”と称される、強い精神力。故郷・新潟の厳しい自然や東日本大震災を通じて知った、走る意味とは?

マラソン日本代表・服部勇馬選手。持ち味は“心で走るランナー”と称される、強い精神力。その原点にあるのは、故郷・新潟の厳しい自然や東日本大震災を通して感じた“走ることへの感謝”の思いだ。支えてくれる人を勇気づけたい。いま自らの弱点だった「スピード」と向き合うため、格上選手をパートナーとした過酷なトレーニングを続けている。ぶれない心で前進し続ける、服部勇馬選手の姿を追う。

「そして、エースは“進化”した 菅野智之」
初回放送日: 2020年10月12日
開幕から怒涛の勝ち星を重ねる巨人の絶対的エース菅野智之。去年の雪辱を誓い、初めて投球フォームを改造、その道のりをカメラは密着。強い輝きを放つエースの戦いの軌跡。

開幕から怒涛の勝ち星を重ねる巨人の絶対的エース菅野智之。8年ぶりの日本一奪還に向け、マウンドに立ち続ける。去年、自己ワーストの防御率を記録するなどエースの役目を果たせなかった菅野は、雪辱を誓い、初めて投球フォームの改造を決断する。その試行錯誤から完成までをカメラは密着。新フォームによって威力を増したストレート、スライダー、そしてフォーク。今、強い輝きを放つエース菅野智之、戦いの軌跡を見つめる。

「欧州で“生き残る” 長谷部誠×岡崎慎司×吉田麻也」
初回放送日: 2020年9月28日
長谷部誠・岡崎慎司・吉田麻也。欧州で活躍する3人のディープな対話が実現!。過酷な環境で生き残る極意とは?苦手だった監督は?キャリアの最後はJに?初めて明かす本音

長谷部誠(36)、岡崎慎司(34)、吉田麻也(32)欧州リーグで長年活躍する3人のディープすぎる対話が実現!。長谷部がチームで干されていた生々しい体験を明かせば、岡崎は「語学なんか必要ない」と驚きの発言。吉田麻也は、怪物のようなトップ選手と渡り合う極意を語る。移籍とお金のリアルとは?。苦手だった監督は?キャリアの最後はJに戻る?盟友同士だからこその本音が飛び交うノーナレ対話ドキュメント。

「私たちは終わらない 高校3年 最後の夏」
初回放送日: 2020年9月14日
私たちの青春は終わらない。新型コロナウイルスの影響で、高校生たちは全国大会という“夢の舞台”を奪われた。新たな目標を見つけ“最後の夏”に懸けた成長の軌跡を追う

「それでも私たちの青春は終わらない」。新型コロナウイルスの影響で、多くの高校生がインターハイ、全国大会という“夢の舞台”を奪われた。それでも生徒たちは、新たな目標を見いだしていく。ソフトテニス部は後輩への伝統の継承を。廃部が決まった軟式野球部は初めての公式戦を。サッカー部は新たなリーグの新設を、剣道部は仲間6人との思い出を。2020“最後の夏”に懸けた高校生たちの成長の軌跡を見つめる。

「2020夏SP それでも 前へ」
初回放送日: 2020年8月30日
本来であればオリンピックがあった2020年夏。突如目標を失ったアスリートたち。心と身体をつなぎ止められるのは、戦いの中でつかみ取った“支え”があるからだった。

本来であれば、オリンピックがあった2020年夏。突如、人生をかけた目標を失った選手たち。体操女子・村上茉愛、スポーツクライミング・楢崎智亜、ウエイトリフティング女子・三宅宏実、ソフトボール・上野由岐子。それでも、心と身体をつなぎ止められるのは、これまでの戦いでつかみ取った“支え”があるからだった。“前を向く”4人のトップアスリートの姿から、逆境を生きるヒントを見つめていく。

「The Road 2020夏 そして 卓球 伊藤美誠 張本智和」
初回放送日: 2020年7月27日
卓球の伊藤美誠と張本智和。東京五輪が延期となった今、どんな気持ちでいるのか。かつてない逆境でも明るさを失わない伊藤のメンタルの秘密と、張本の知られざる苦悩とは。

卓球の伊藤美誠と張本智和。東京五輪が延期となった今、どんな気持ちでいるのか。かつてない逆境でも明るさを失わない伊藤のメンタルの秘密と、張本の知られざる苦悩とは。密着1年。彼らを間近で見続けてきた両親やコーチの証言や、ライバル中国の強豪・馬龍や丁寧の独占取材で立体的に描き出す。

「“1%の可能性”を信じて レスリング女子 須﨑優衣」
初回放送日: 2020年7月20日
東京五輪で金メダルが期待されるレスリング女子。その中で唯一日本代表が決まっていない階級が50キロ級だ。現在、最も代表に近い、須﨑優衣選手の1年に密着取材。

高速タックルを武器に、世界選手権で二連覇を果たした須﨑優衣選手(21)。東京五輪の切符をつかむまで試練が続いている。国内で代表をめぐるライバルとのし烈な争い。必死の思いで日本一の座をつかむも、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスが立ちはだかる。そして、東京五輪の1年延期…。須﨑は壁にぶつかるたびに歯を食いしばり、自分を鼓舞し続けた。敗北、挫折、絶望、涙の先にあるものは…。

「“屈辱”のエース いまこそ進化を 巨人・菅野智之」
初回放送日: 2020年7月13日
巨人の絶対的エース、菅野智之。去年の屈辱を晴らすため、大幅なフォーム改造に挑むが、コロナ禍で開幕が延期。いま、強い覚悟を胸にマウンドへ。試行錯誤の半年間に密着

ついに開幕したプロ野球。8年ぶりの日本一奪還を目指す巨人。その使命を背負うのが、絶対的エースの菅野智之(30)だ。去年、自己ワーストの防御率を記録するなど、屈辱のシーズンを送った菅野。1月、投球フォームの大幅な改造を決断。その始まりから完成までの道のりに、カメラが密着。さらに、突如襲ったコロナショック。待ち続けたファンのため、チームのため、エースの覚悟を胸にマウンドに立つ菅野。その戦いを見つめた。

「僕は逃げずにマウンドに立つ DeNA 今永昇太」
初回放送日: 2020年7月6日
ついに開幕したプロ野球。DeNAの今永昇太はコロナ禍の中プロとして何をすべきか考え続けてきた。“投げる哲学者”がたどり着いた境地とは…独占取材で思いに迫る。

プロスポーツの先陣を切って開幕したプロ野球。DeNAの開幕投手を務めたのが26歳の今永昇太だ。県立高校出身で甲子園も出ていないが、投球技術を徹底的に追求することで球界を代表する左腕へと成長してきた。開幕が延期され難しい調整を余儀なくされる中考え続けてきたのが「プロとして今何をすべきか」。“投げる哲学者”がたどり着いた境地とは。6か月に及ぶ独占取材でその思いに迫る。

「リモート対話ドキュメント 今こそサッカーの力を」
初回放送日: 2020年6月29日
コロナショックで、サッカーが失われた日常。乾貴士など欧州で活躍する日本代表の仲間が、リモート対話。現地での体験や、改めて考えたサッカーの力をとことん語り尽くす!

欧州を襲うコロナショック。サッカーが失われた日常。それを現地で体験したのが、スペイン・乾貴士、フランス・酒井宏樹、セルビア・浅野拓磨だ。番組では、日本代表の盟友、槙野智章が呼びかけ、リモート対話。現地映像を使いながら、それぞれが何を考え、どう動いたのかに迫る。そしてセルビアやスペインではリーグが開幕、日本でもJリーグがついに戻ってくる。今こそ、サッカーの力を示すとき。4人がとことん語り尽くす!

「自撮りモノローグドキュメント “新たな一歩へ”」
初回放送日: 2020年6月22日
コロナ禍によって、経験したことのない「空白の時間」を過ごすトップアスリートたち。いま、どんな一歩を踏み出そうとしているのか。その姿、内面に「自撮り」映像で迫る。

コロナ禍に襲われたトップアスリートたちに、その姿を「自撮り」してもらい、日々の思いを赤裸々につづってもらう実験的ドキュメント。空手の金メダル候補・植草歩、フェンシングの現役メダリスト・三宅諒、看護師をしながら五輪を目指すボクサー・津端ありさ、そしてJ1最多得点記録をもつJリーガー・大久保嘉人。どんな壁に直面し、今、試練を糧にどんな一歩を踏み出そうとしているのか。それぞれの内面に「自撮り」映像で迫る

選「記憶に残る“熱男”たれ ソフトバンク 松田宣浩」
初回放送日: 2020年6月17日
プロ野球がついに開幕!去年、3年連続日本一に輝いたソフトバンク。立役者の1人、“熱男”こと松田宣浩の素顔と熱戦の舞台裏に密着したドキュメントを、アンコール放送!

ポストシーズン怒とうの10連勝。両リーグの覇者を破り、去年、3年連続日本一に輝いたソフトバンク。歓喜の中心にいたのが、“熱男”こと松田宣浩選手だった。シーズン当初、主力の欠場が相次ぐ中、絶好調。スタートダッシュに貢献した。しかし、8月になると打撃不振に。チームも失速し、西武の追い上げに屈した。そして挑んだクライマックスシリーズ。そこには松田の覚悟があった。素顔と舞台裏に密着したドキュメント!

「私たちはふたりでもできる バドミントン福島由紀 廣田彩花」
初回放送日: 2020年6月15日
バドミントン女子ダブルスで東京五輪金メダル最有力と言われる福島由紀と廣田彩花。五輪前哨戦で優勝もコロナの影響で選考レース中断、五輪も延期…波乱の日々を追った。

延期となった東京五輪。バドミントン女子ダブルスで金メダル最有力と言われるのが、福島由紀選手と廣田彩花選手だ。7年前にペアを結成、決して体格に恵まれているわけではないが、地道にコンビワークを高め、代表選考レースでトップを堅持。五輪の前哨戦と言われた3月の全英オープンを制した。しかしその後レースは中断、いま2人は難しい調整を強いられている。全幅の信頼を寄せるコーチとのトレーニング、波乱の日々を追った。

選「あの日の涙を 笑顔に変える 空手・植草歩」
初回放送日: 2020年5月19日
東京五輪の前哨戦となる空手の国際大会で、金メダルを獲得したのが植草歩、27歳。得意の中段突きが研究されるなど、試練が続いたが、見事、復活の金。その舞台裏に密着。

選 「海がつなぐ父子(おやこ)の絆〜SUPレース海峡横断50km」
初回放送日: 2020年5月12日
風を切って海面を疾走するマリンスポーツ、SUP。この夏、ハワイの海峡を横断する世界最高峰のレースに沖縄の親子が参加。初出場の13歳の息子の挑戦と成長の物語。

選「家族4人で見る夢は体操・畠田瞳」
初回放送日: 2020年4月27日
母と二人三脚で練習を重ねる体操・畠田瞳選手。腰痛に襲われながら、NHK杯2位、日本代表の切符を勝ち取った。夢は家族で東京五輪へ。18歳、試練の3か月を見つめた。

体操界期待の星が、畠田瞳選手(18)。エース村上の棄権という大波乱のあった5月のNHK杯。持ち前のミスの少ない完成度の高い演技で、2位に入り、世界選手権の日本代表を勝ち取った。実は瞳、父は五輪メダリスト、母も元選手という体操一家で育った。大事なことしのシーズン。初めての腰痛に襲われたが、コーチの母、一緒に練習する妹にも支えられ、乗り越えていく。夢は家族で東京五輪へ。18歳、試練の3か月を見つめた。

選「まわり道の先に咲く花は競泳 大橋悠依」
初回放送日: 2020年4月21日
競泳の大橋悠依選手、23歳。無名の存在から20代で驚異の進化を遂げた遅咲きスイマーだ。東京五輪につながる日本選手権で2冠。しかし笑顔は無く涙を流した。その訳とは

東京五輪の金メダル候補、競泳の大橋悠依選手、23歳。10代で頭角を現す選手が多い中、大学4年で初めて日本代表に選ばれた、異例の遅咲きだ。五輪をかけた戦いの幕開けとなる4月の日本選手権。池江璃花子選手と萩野公介選手が不在の中、一身に注目を集めた。かつてない重圧に、結果が出ない時代を支えた「今できることを全力でやる」という信念で立ち向かう。涙、そして笑顔。まわり道のその先に、大きな花を咲かせてみせる!

選「帆を張れふたりの心に セーリング 吉田愛・吉岡美帆」
初回放送日: 2020年4月20日
東京五輪のセーリングで金メダル候補が、吉田愛・吉岡美帆ペア。8月の世界選手権に、覇者として挑み、銀メダル、代表内定を決めた。海の上の熱き戦い、その舞台裏に密着。

選「どんなときも あなたを信じる バドミントン福島由紀廣田彩花」
初回放送日: 2020年4月6日
心から信じ合える仲とは?東京五輪金メダル候補、バドミントン女子ダブルスの福島由紀と廣田彩花。し烈な選考レース。認め合い、歩み寄ろうとする2人の日々に独占密着!

「心の旅路の果てに 競泳 萩野公介」
初回放送日: 2020年3月30日
“水の王者”競泳の萩野公介選手が崖っぷちに立たされている。五輪連覇に挑むなか異例の長期休養、復帰後も低迷を続ける。一発勝負の五輪選考大会へ!壮絶なドラマに密着

「2つの“故郷”に金メダルを テコンドー・鈴木セルヒオ」
初回放送日: 2020年3月23日
2月のテコンドー最終選考会で勝ちきり、弟とともに代表の座を手にしたのが、鈴木セルヒオ(25)。2つの国にルーツをもつ男が、乗り越えた試練。その舞台裏に密着した。

「“僕のやり方”で勝利に導く 野球日本代表監督 稲葉篤紀」
初回放送日: 2020年3月19日
2019年11月、国際大会「プレミア12」で優勝した野球日本代表・侍ジャパン。チームを率いた稲葉篤紀監督のリーダーシップ像とは?悲願の東京五輪金メダルを目指して

「繊細たれ ヒグマスプリンター スピードスケート・新濱立也」
初回放送日: 2020年3月9日
男子スピードスケート500mの若きエース、新濱立也(23)。去年、世界記録を出し、金メダルへ期待が高まる。課題克服に挑むが、思わぬ壁。“未完の大器”の姿に密着。

「“迷路”の先には 何がある? BMX 大池水杜」
初回放送日: 2020年2月24日
五輪新種目、BMXフリースタイルパーク。W杯で日本人初優勝、メダル期待なのが、大池水杜(23)。しかしプレッシャーから苦悩の日々。乗り越えようともがく姿に密着。

選「“神の島”から世界の頂へ ウエイトリフティング糸数陽一」
初回放送日: 2020年2月18日
沖縄出身の糸数陽一選手。リオ五輪・ウエイトリフティング男子で4位入賞。強さの源は幼少期を過ごした、“神の島”こと久高島にある。東京五輪までの戦いの日々に密着。

「この一球に勇気と覚悟を ソフトボール日本代表」
初回放送日: 2020年2月17日
五輪種目に復活、再び頂点を目指すソフトボール日本代表。上野由岐子投手が絶対エースだが、去年、全治3か月の大ケガ。次のエースは育つのか。試行錯誤の日々を見つめた。

「“理想の跳躍”で約束のメダルを〜走り高跳び 戸邉直人〜」
初回放送日: 2020年2月1日
陸上男子走り高跳び・戸邉直人選手(27)。2月、日本記録を13年ぶりに更新、東京五輪でメダルが期待されるアスリートだ。“理想の跳躍”を追求する日々に密着!

選「“世界一”のパパになる〜車いすラグビー 池透暢〜」
初回放送日: 2020年1月20日
東京パラリンピックで金メダルを目指す車いすラグビー。チームを牽引するのが主将の池透暢39歳だ。世界の強豪を相手に池は、倒れても倒れても立ち上がり前へ突き進む。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「スポーツ×ヒューマン」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「スポーツ×ヒューマン」の公式見逃し配信ページはこちら

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-スポーツおすすめ, ドキュメンタリーおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」