ドラマおすすめ

【無料動画】青天を衝け3話4話の見逃し配信と無料視聴方法!栄一と慶喜めぐる演出が好評

【無料動画】青天を衝け3話4話の見逃し配信と無料視聴方法!栄一と慶喜めぐる演出が好評

NHKで放送されている大河ドラマ「青天を衝け」の3話、4話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「青天を衝け」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「青天を衝け」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

そもそも「TVer」ではNHKのドラマは配信されていませんし・・・。

なので、大河ドラマ「青天を衝け」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・青天を衝けを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「青天を衝け」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

大河「青天を衝け」のあらすじ・ネタバレ

官尊民卑の世は、承服できん!百姓からの脱却を決意。

天保11年(1840)、武蔵国・血洗島村。

藍玉づくりと養蚕を営む百姓の家に、栄一は生まれた。

おしゃべりで物おじしないやんちゃ坊主は、父・市郎右衛門の背中に学び、商売のおもしろさに目覚めていく。

ある日、事件が起きた。

御用金を取り立てる代官に刃向かったことで、理不尽に罵倒されたのだ。

栄一は官尊民卑がはびこる身分制度に怒りを覚え、決意する。

「虐げられる百姓のままでは終われない。武士になる!」。

目指せ、攘夷の志士!

ところが計画中止、追われる身へ・・・。

千代と結婚した栄一は、従兄の惇忠や喜作と共に、尊王攘夷に傾倒していく。

江戸で仲間を集め、横浜の外国人居留地を焼き討ちする攘夷計画を企てた。

しかし、京の情勢に通じた従兄の長七郎の猛反対にあい、あえなく断念。

逆に幕府に追われる立場となり、喜作と共に京へ逃げる。

彼らに助け船を出したのは、一橋慶喜の側近・平岡円四郎だ。

幕府に捕らわれて死ぬか、一橋の家臣となるか。

「生き延びればいつか志を貫ける」。

この選択が、栄一の運命を変えていく。

心ならずも幕臣に。パリ行きが人生を開く!

栄一は一橋家の財政改革に手腕を発揮し、慶喜の信頼を得る。

ところが、慶喜が将軍となり、倒幕を目指すどころか幕臣になってしまった。

失意の栄一に、転機が訪れる。

パリ万国博覧会の随員に選ばれたのだ。

慶喜の弟・昭武とパリに渡った栄一は、株式会社とバンクの仕組みを知り、官と民が平等なだけでなく、民間が力を発揮する社会に衝撃を受けた。

そんな折、日本から大政奉還の知らせが届き、無念の帰国へ・・・。

まさかの新政府入りで、続々改革。33歳でいよいよ民間へ。

帰国後、様変わりした日本に衝撃を受けた。

静岡で隠棲する慶喜と再会した栄一は、身をやつした姿に涙し、慶喜を支えることを決意する。

しかし突然、明治新政府から大蔵省への仕官を命じられて上京。

「改正掛」を立ち上げ、租税・鉄道・貨幣制度など次々と改革を推し進めること3年半。

栄一はある決意を胸に辞表を提出した。

この時、33歳。いよいよ、栄一の目指す民間改革が始まるのだった・・・!

「青天を衝け」3話のあらすじ・ネタバレ

「栄一、仕事はじめ」

市郎右衛門(小林 薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢 亮)は、江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。

その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが・・・。

一方、黒船が襲来した江戸は、大騒ぎ。

家慶(吉 幾三)が亡くなり、次期将軍候補に慶喜(草彅 剛)の名が挙がるも、慶喜は反発する。

そんな慶喜の腹心の部下にと、ある男に白羽の矢が立つ。

「青天を衝け」4話のあらすじ・ネタバレ

「栄一、怒る」

栄一(吉沢 亮)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。

一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱していた。

斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草彅 剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤 真一)を小姓に据える。

そしてついに、日米和親条約が締結。

開港のうわさは血洗島にも届き、惇忠(田辺誠一)たちはがく然とする。

そんな中、父・市郎右衛門(小林 薫)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ始める。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

大河「青天を衝け」栄一と慶喜めぐる演出が好評

俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第3話が、2021年2月28日に放送された。

今後タッグを組むことになる徳川慶喜(草なぎ剛さん)と徹底的に対比させる演出に、視聴者からは期待を膨らませる声が多くあがっている。

大河ドラマ60作目。

主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品。

幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

第3話は「栄一、仕事はじめ」。

幼いころから人一倍おしゃべりで剛情っぱりな栄一。

尊敬する父とともに家業である藍玉(藍染に使用する染料のこと)づくりに奔走する傍ら、商売人によって活気あふれる江戸の町に魅了されている。

そんななか、ある年、村の不作により窮地に陥る。

栄一は、父と手分けして他の村に藍葉を買い付けに行きたいと申し出るが、父は「子どもの使いでできることじゃねぇ」と一蹴。

「いつまでたっても子ども扱い」「親にあてにされねぇんは寂しいもんだに・・・」と口をとがらせる。

しかしその後、任された買い付けで思わぬ才覚を発揮し、父からも認められるのだった。

一方、黒船来航をうけて江戸は大騒ぎ。家慶が亡くなり、次期将軍候補に慶喜の名が挙がるも、慶喜は反発。

また、実の父である水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人さん)の「いつかは息子を将軍に・・・」という押し付けがましい野望に対し、「当てにされても困るのです。私にはこの先将軍になる望みはございませぬ」とキッパリと否定する。

うそ偽りを好まない実直な慶喜は、父や周囲からの過度な期待をかわすような態度を見せるのだった。

実際の栄一と慶喜といえば、主に財政改革においてタッグを組み、幕府終焉の時を迎えてからも、厚い信頼関係が築いた仲である。

仕事の面白さに目覚めるも親からあてにされずふてくされる栄一と、親からあてにされて嫌悪する慶喜・・・。

そんな2人を徹底して対比させる演出に対し、視聴者からは

「栄一と慶喜のコントラストがいいですね」

「二人の対比がまるで少女コミックにでてくるヒロインのよう」

「父親に認められたい栄一 父親の事を突き放す慶喜 その対比面白い 何もかも合わないような二人がどう関わってくるのか・・・」

などと今後の展開に期待を寄せる声があがっている。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

大河「青天を衝け」能面を外しても能面のような草なぎ剛、闇が恐ろしい

徳川慶喜と渋沢栄一。

後に主従の関係となるふたりが、徳川幕府に対してのモヤモヤした思いを抱きつつ青年期を迎えた。

幼き日の渋沢栄一(小林優仁)が暮らす血洗島では藍の刈り取りや、五穀豊穣・悪疫退散を願う村祭りが迫っていた。

しかしそこにやって来たのが岡部藩の代官・利根吉春(酒向芳)たち。

岡部の若殿様の御乗り出し(大名の長男が元服後はじめて登城し将軍に面会すること)が決まって道の整備をする必要があるため、村から人足を100人、御用金2000両を用意するようにとの命令だ。

道を整備するために人足を集めるのはともかく、このメチャクチャ忙しい時期に余計な労働をさせることに対しての賃金はゼロ。

むしろ働く側が2000両払うという頭のおかしい要求。

栄一ならずとも「なんなん!?」と言いたくなるところ。

時期が時期だけに栄一の父・市郎右衛門(小林薫)はやんわりと人足の人数だけでも少し減らして欲しいと頼むが、利根吉春は大激怒。

「お上が100人出せと言ったら出すんだ!」

金をもらった上に労働力まで提供してもらう側が偉そうにするって!?

しかしお上の言うことはどんなにメチャクチャでも絶対。

それが常識という時代なのだ。

「アンタ毎回出てくるの!?」

でお馴染みの徳川家康(北大路欣也)は、

「(江戸時代は)島原の乱の後は戦いもなく、新しい文化も育ち悪くない時代だったと私は思う」

と胸を張っていたが、その太平は庶民たちを身分制度でガッチリと締め付け、武士が農民たちに無理を強いることで成り立ってきたのではないだろうか。

「裸の王様」の子ども的なところがある栄一は、井戸の中に向かって「承服できん!」と叫んでいた(ここは「王様の耳はロバの耳」っぽい)。

200年以上続いてきた幕藩体制に無理が生じてきており、栄一のような若い世代を中心に疑問を抱く者たちが増え、明治維新の嵐を巻き起こしていくのだろう。

明るく真っ直ぐに育った渋沢栄一がこのドラマのライトサイドだとすれば、ダークサイドは徳川慶喜(草なぎ剛)だ。

水戸藩から一橋家の養子となった七郎麻呂(笠松基生)は第12代将軍・家慶(吉幾三)から一文字もらって慶喜に。

メチャクチャありがたくラッキーなことだと思うが、なぜか慶喜は不満そう。

これは、慶喜の出身である水戸徳川家の一橋家に対する複雑な思いが影響していると思われる。

徳川家康が幕府を作った際、将軍家直系の跡取りが絶えた時に養子を取るために創設したのが徳川御三家。

水戸徳川家は、紀州、尾張と並んで御三家の一角を担っているのだ。

しかし御三家から初の将軍になった紀州徳川家出身の徳川吉宗は、自分の血筋を安泰とするため、さらに田安家、一橋家、清水家という御三卿を作ってしまう。

御三卿は一般の大名のように独立した領地を持たず、江戸城内に屋敷を持って暮らしている。

「つまり一橋とは将軍家の居候というわけか」

慶喜は皮肉っぽく言っていたが、御三家である水戸徳川家からすると御三卿の一橋家は一段下という意識があったのではないだろうか。

しかし吉宗以降、将軍職は紀州徳川家と御三卿に独占されており、御三家であるにもかかわらず水戸徳川家からは一度も将軍を出したことがないのだ。

第1話で慶喜は父・斉昭(竹中直人)からクレイジーとも思えるような様々な帝王学を叩き込まれていたが、それはすべて「水戸から将軍を」という悲願を果たすためだったのだろう。

就寝時、布団の両サイドに刃をむき出しにした日本刀を設置するというのも、寝相が悪いせいで将軍になれないなんてことのないように、斉昭がリアルにやらせていた訓練だという(実際には日本刀ではなくカミソリだったようだが)。

さらに右肩を下にして寝ていたのには「寝込みを襲われた時に利き腕を守れるように」という意味があるのだ。

ところが一橋家での慶喜は大の字になって寝っ転がるわ、左肩を下にするわ・・・。

この辺から一橋家への反発心がにじみ出ている。

身近な用人の前ではそんななめた態度を取っている慶喜だが、将軍・家慶に対してはメチャクチャきちんとした対応をしているというクレバーさも末恐ろしい。

家慶に気に入られ、将軍候補になることこそが父・斉昭の願いだということを分かっているからだろう。

尊皇攘夷思想が行きすぎたせいで幕府から隠居を命じられていた斉昭からしても、「慶喜が出世することで自分も政に復帰できるのではないか」という期待があったはずだ。

子ども時代から青年に成長し、草なぎ剛になった慶喜は能を舞うシーンからスタート。

源平合戦の時代、父・平知盛をかばって死んでいった平知章のことを歌った「知章」という演目。

慶喜を実の子以上に溺愛していた家慶が、手取り足取り「知章」の所作を教えたという史実が残っているという。

家慶からすると「知章」に“父子の絆”的なものを込めていたのかもしれないが、能面を外してもまだ能面をつけているような闇全開の草なぎ・慶喜の顔からは「自分を殺して実の父・斉昭のために将軍を目指す」という決意が感じられた。

後に徳川最後の将軍になる慶喜と、その家臣となる渋沢栄一。

一般的な明治維新のイメージでいうと、思いっきり旧体制の幕府側にいるふたりが、この時点では幕藩体制に対して反感を抱いているというのは面白い。

第3話ではマシュー・ペリー(モーリー・ロバートソン)が来航したことで本格的に幕末が到来し、幕藩体制が揺らいでいくと思われる。

・・・のはいいのだが、超・重要人物であるはずのペリーが、どっからどう見てもコスプレしたモーリー・ロバートソン丸出しで笑ってしまった。

演技、できるのかな?

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「青天を衝け」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」