バラエティ番組おすすめ ライブおすすめ

【無料動画】日本レコード大賞2020年(レコ大)の見逃し配信・無料視聴方法!嵐やNiziU、BTSが熱い!

【無料動画】日本レコード大賞2020年(レコ大)の見逃し配信・無料視聴方法!嵐やNiziU、BTSが熱い!

TBSで放送されている毎年恒例の番組「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことなどについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は1年を締めくくる「紅白歌合戦」と並ぶ日本を代表する音楽番組です。

しかし、こちらの受賞内容に関しては昨今、色々な事を言われていますが、それでも根強い人気を誇る番組です!

だからこそ、「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在動画配信されておりません。

今後、「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスParaviパラビです。

ParaviパラビはTBSが出資を行っている動画配信サービスなので、「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」が今後配信されるとしたら、Paraviパラビになると思います。

・レコード大賞を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Hey! Say! JUMPのオリジナル限定動画なら!

↓↓テレビCMでも話題の「smash」↓↓



無料インストールはこちらから

見逃し配信ももちろんParaviなら見放題

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在Paraviなどの配信サービスでの配信は一切行われておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ
・この恋あたためますか

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在Paraviなどの配信サービスでの配信は一切行われておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」について

【無料動画】日本レコード大賞2020年(レコ大)の見逃し配信・無料視聴方法!嵐やNiziU、BTSが熱い!

第62回日本レコード大賞は、(公社)日本作曲家協会が主催する62回目の日本レコード大賞。

2020年(令和2年)12月30日に新国立劇場中劇場にて発表音楽会の開催が予定されている。

発表音楽会の模様はTBSテレビ・TBSラジオをキーステーションに全国で放送される予定である。

なお新型コロナウイルス感染症の流行の影響で一般観覧は行わない。

ノミネートおよび各賞発表は、11月20日に主催者から発表された。

例年、各賞発表は11月16日頃に発表されていたが、例年より遅く、上記の通り11月20日に発表された。

また、コロナ禍の影響でアルバム大賞・作詞賞・作曲賞・編曲賞・功労賞・企画賞などは今回に関しては選定なし。

代わるものとしては授賞式当日のステージでは特別企画を予定している。

総合司会は12月11日に発表され、吉岡は初担当、安住は9年連続9回目の担当となった。

またラジオ中継進行は12月10日に発表され、駒田が9年連続の担当となった。

この年12月31日をもって活動休止する嵐の功績を称え「特別栄誉賞」が授与された。

嵐の日本レコード大賞出演は今回が初で、ジャニーズ事務所所属の歌手の受賞・歌唱は2010年・第52回に最優秀歌唱賞を受賞した近藤真彦以来となる。

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)

三浦大知 「I'm Here」
純烈 「愛をください〜Don't you cry〜」
Little Glee Monster 「足跡」
瑛人 「香水」
乃木坂46 「世界中の隣人よ」
DISH// 「猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜」
AKB48 「離れていても」
氷川きよし 「母」
DA PUMP 「Fantasista〜ファンタジスタ〜」
LiSA 「炎」

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)

真田ナオキ
Novelbright
豆柴の大群
Rin音

最優秀歌唱賞

福田こうへい

特別賞

Uru
鬼滅の刃
NiziU
松田聖子
米津玄師

特別功労賞

梓みちよ(歌手)
小林信吾(作曲家)
ジャッキー吉川(ドラマー、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
筒美京平(作曲家)
服部克久(作曲家)
弘田三枝子(歌手)
前田俊明(作・編曲家)
丸山雅仁(作・編曲家)

特別国際音楽賞

BTS

特別国際音楽賞

「特別栄誉賞」は、長年にわたる活躍で広く支持を集め音楽文化の発展に大きく貢献した人物に贈られる賞として、日本レコード大賞実行委員会により新設されたもの。

当日嵐がどの楽曲をパフォーマンスするのかファンは楽しみにしておこう。

なお嵐が「日本レコード大賞」に出演するのは今回が初。

Uru、NiziU、松田聖子、BTSが代表曲パフォーマンス

Uru、NiziU、松田聖子は「日本レコード大賞」の特別賞、BTSは特別国際音楽賞の受賞者。

UruはTBS系ドラマ「テセウスの船」の主題歌「あなたがいることで」と、映画「罪の声」主題歌の「振り子」を披露。

NiziUはプレデビュー曲「Make you happy」を、松田聖子は代表曲「SWEET MEMORIES」のテレビ初披露となる日本語バージョンと最新曲「風に向かう一輪の花」をそれぞれ歌唱する。

BTSは韓国からの中継で「Dynamite」と「Life Goes On」を披露する。

なお現在肩の治療に専念しているSUGAは今回のパフォーマンスには出演しない。

このほか今年亡くなった服部克久、筒美京平の追悼企画も放送される。

※「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在Paraviなどの配信サービスでの配信は一切行われておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「日本レコード大賞(レコ大)」について

「日本レコード大賞(レコ大)」は、スポーツ紙を含む各新聞社の記者が中心となって決定する音楽に関する賞である。

略称は「レコ大」(レコたい)。

主催は公益社団法人日本作曲家協会、後援はTBSである。

TBSテレビ・TBSラジオとその系列局が放送し、番組名は『輝く!日本レコード大賞』。

1959年に創設され、1970年代から80年代にかけて、テレビにおける歌番組の隆盛と共に最盛期を迎えた。

しかし、レコード会社や事務所の力関係により受賞者が決まっているとの指摘もあり、賞レースに左右されない音楽活動をしたいことなどを理由に、受賞そのものを辞退する有力アーティストが1990年代から増えるようになった(福山雅治、B'z、Mr.Children、ジャニーズ事務所所属歌手など)。

これにより賞の権威は大きく低下し、第36回(1994年)には大賞受賞者であるMr.Childrenが授賞式に出席しないという異例の事態となった。

それ以降、歌手が受賞を辞退した場合または歌手がその年に死去した場合、その楽曲は大賞受賞曲とはならない。

審査への批判

2014年に審査委員を務めるスポーツニッポンが、大賞決定と同時刻に受賞作品の詳細をネットニュースで配信したため、事前にどの作品が受賞するかわかっていたのではないか、という疑惑が生じた。

2015年には、レンタルチェーン店を展開するTSUTAYAが自社のニュースサイトにて、“特定のレコード会社や芸能事務所が審査委員に対して何らかの働きかけを行っている”とする音楽関係者の声を報じた。

この種の癒着は1970年代ころからあったとされるものの、審査委員の大半を新聞社とテレビ局の社員が占めるため、「報じない、報じられない」といった状態が続いてきたと、音楽評論家の麻生香太郎は指摘している。

この様な中、審査委員を務める産経新聞は2015年に自ら、「出来レースでは?」と題し、賞の存在意義に疑問を投げかける記事を同社のニュースサイトにて掲載した。

また、大賞常任実行委員で音楽家の富澤一誠はインタビューに対し、「賞レースの盛り上がりが、ファンには音楽業界の利益優先の『腐敗』や『出来レース』のように映るようになり、大衆から支持を失っていった」と認めた。

『週刊文春』2016年11月3日号においては、前年に大賞を受賞した三代目J Soul Brothersが買収によるものであったとの記事が掲載され、「年末のプロモーション業務委託書として」と書かれた当時の消費税込み1億800万円の請求書が公開された。

このことについての三代目J Soul Brothersサイドからの反応は無く、事実は不明となっている。

賞の創設

戦後の日本の音楽界においては、ジャズ、ロカビリーなど米国由来の新しいジャンルが流れ込んできており、若者世代から熱狂的な支持を受けていた。

一方で音楽界の主流を占めているのは戦前から続く歌謡曲で、大手のレコード会社が専属の作家に売れ筋の曲を書かせ、発売するという寡占状態が成立していた。

結果、年配世代がレコードを通じて歌謡曲を、若者世代がコンサートを通じて新音楽をそれぞれ支持するという世代間の空白が生じていた。

1959年、古賀政男、服部良一らの主導で、レコード会社所属の作曲家による親睦団体『日本作曲家協会』が設立される。

古賀、服部らは、世代間のギャップを超えた「新しい日本の歌」を生み出すべく、ジャンルを問わずにその年の日本を代表する歌を選出するグランプリを開催することを目指す。

範としたのは、前年に米国で始まったグラミー賞である。

しかし古賀らの動きは音楽界の主流派の非協力という形で抵抗を受ける。

共催を申し込んだ社団法人日本蓄音機レコード文化協会(現・日本レコード協会)には断られ、レコード会社はビクター以外の協力は得られなかった。

大手新聞社の音楽記者会は事態を警戒して初年度の審査への参加を留保して、テレビ各社はラジオ東京テレビ(現・TBS)のみが賛意を示した(これが縁で、レコード大賞の放送はTBSで行われている)。

運営委員長を引き受けた古賀は参加者の不安を抑えるために私財を投げ打ってでも必ず実施すると宣言し、実際に赤字分を個人負担せざるを得なかった。

草創期

古賀の自腹によってどうにか開催された第1回レコード大賞で大賞を受賞したのは、ロカビリー系の「黒い花びら」、歌手は本作でデビューの水原弘、作詞は放送作家の永六輔、作曲はジャズ奏者として一世を風靡した中村八大という、主流の歌謡曲とはかけ離れた組み合わせであった。

後に作詞家として大成した永は後年、第1回の大賞を権威ある作品ではなく全く無名人の作品にしたことを、「審査員の良識だったと思う」と述懐している。

以降も新ジャンルからの受賞が相次ぎ、受賞曲がヒット、受賞者が売れっ子のヒットメーカーになるにしたがって、日本の音楽界のボーダーレス化が進んでゆく。

古賀らが立ち向かったレコード会社の専属作家制度は、1970年頃には姿を消した。

初めの数年は賞自体の知名度が低く、放送時間は年末の昼間、会場も神田共立講堂など小規模の会場であった。

黄金期

1969年、第11回から番組の構成を一新する。

大晦日の『NHK紅白歌合戦』が始まる前の19:00-21:00に本選を開催・生中継する様になり、カラーでの全国放送を開始、更に会場を帝国劇場に移し、司会には高橋圭三を起用した。

更に伴奏にはビッグバンドと当時の常識ではあり得ない規模のストリング・オーケストラ(弦楽合奏団)、各種管打楽器(オーボエ、ホルン、ティンパニなど)、それに合唱団が並び、長洲忠彦が永らく指揮者を務めた。

演出に力を注ぎ、更に国民的番組であった紅白歌合戦と時間帯が連続することにより、賞のネームバリューが上昇、視聴率も紅白と肩を並べるほどになる。

賞の権威は絶好調であったが、賞の創設に関わった服部良一は1974年頃、権威の上昇と比例して賞の商業的な付加価値が高まり、レコード会社の賞とり合戦の過熱と作品の質よりも人気が先行する傾向が相乗し、更にこれが審査の不透明さを巡る黒い噂を生じさせていることを懸念していた。

衰退期

1980年代には台頭してきたニューミュージックを中心に音楽の権威に対する考え方の変化が起こり、賞レースに左右されない音楽活動をしたいことなどを理由に、受賞そのものを辞退する有力アーティストが増えるようになり、賞の権威は低下し始める。

第27回(1985年)から会場を日本武道館に移し、授賞式の華やかさを増すことでテコ入れを図るも視聴者離れの歯止めが効かず、第28回(1986年)で視聴率が30%を割り込む。

1989年、紅白歌合戦が放送開始時刻を19時台に引き上げることによって紅白が裏番組になり、視聴者を奪われると同時に歌手のやり繰りにも苦労するようになる。

この年を境に視聴率は一気に20%を割り込む。

第32回(1990年)から大賞を「ポップス・ロック部門」と「歌謡曲・演歌部門」に分割し、視聴者による電話投票の導入するなど打開策を講じたが、大賞のジャンル分けでレコード会社の認識との食い違いが生じるなど問題が生じ、また電話投票は組織票が問題視され、第35回(1993年)で廃止された。

第36回(1994年)では、大賞を受賞したMr.Childrenが欠席するという異例の事態になる。

大賞受賞者が欠席したのはこの1回のみ。

この年から会場がTBS放送センターに移る。

第46回(2004年)からは紅白歌合戦や『年忘れにっぽんの歌』の出演でNHKホール(渋谷区)や新宿コマ劇場(新宿区)とを移動する出演者への配慮で、会場を新国立劇場(渋谷区)に移した。

第47回(2005年)には視聴率が過去最低の10.0%を記録。

常連だったスポンサーの多くが降板し、スポンサー枠自体が縮小されるに至った。

第48回(2006年)から裏番組とのバッティングの弊害を解消すべく、開催日を1日繰り上げて12月30日に変更した。

同時に放送時間を拡大し、過去の受賞曲で構成される事前番組が放送されるようになった。

※「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在Paraviなどの配信サービスでの配信は一切行われておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ
・この恋あたためますか

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

※「第62回輝く!日本レコード大賞(レコ大)」は現在Paraviなどの配信サービスでの配信は一切行われておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-バラエティ番組おすすめ, ライブおすすめ
-, , , , , , ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」