ライブおすすめ

【無料動画】フジロック2021生配信の見逃し配信・無料視聴方法!

【無料動画】フジロック2021生配信の見逃し配信・無料視聴方法!

毎年行われている夏の野外ライブフェスティバル「フジロックフェスティバル」2021の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去フェスのことなどについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「フジロックフェスティバル」は海外の大物アーティストなども毎年出演し、近くのホテルに泊まる海外の有名アーティストと写真を撮ったりすることもできたりする夢のようなライブフェスティバルです!

だからこそ、「フジロックフェスティバル」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「フジロックフェスティバル」は現在動画配信されておりません。

しかし、期間限定で「フジロックフェスティバル2021」ならYouTubeで配信されています!

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY
 

「フジロックフェスティバル2021」の見逃し配信について

8月20日~22日に新潟県で開催される「フジロックフェスティバル ’21」が、YouTubeにおいて無料でライブ配信される。

ステージ終了後、1回だけリピート配信も実施され、ライブ配信を見逃した人も楽しめる。

配信されるのは、「GREEN STAGE」、「WHITE STAGE」、「RED MARQUEE」、「FIELD OF HEAVEN」の4ステージで行なわれるアーティストパフォーマンスと、出演アーティストからのメッセージなどのインタビュー動画。

なお、出演者によって、パフォーマンスの配信が一部のみとなる可能性がある。

出演するアーティストやスケジュールの最新情報は公式サイトや公式Twitterアカウント、Instagramで随時案内される。

見逃し配信は1回のみ

ライブ配信終了後、各日ステージごとにリピート配信が実施される。見逃した人にとっては嬉しい機会だが、その提供は1回のみ。

リピート配信が始まるのはライブ終了のあとすぐ。20日のch3は、ほかのチャンネルよりも先に配信が終わり、いち早くリピート配信が始まった。

※1回のみリピート配信
(一部アーティストを除く)

※各ライブの合間をなくしての配信となりますのでご注意ください

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY
 

「フジロックフェスティバル2021」の出演アーティスト一覧

2021年8月20日(金)新潟県 苗場スキー場

GREEN STAGE
RADWIMPS / MAN WITH A MISSION / SiM / くるり / yonige / OKAMOTO'S

WHITE STAGE
millennium parade / METAFIVE / KID FRESINO(BAND SET) / 5lack / DYGL / ドレスコーズ

RED MARQUEE
SUMMIT(PUNPEE、GAPPER、OMSB、MARIA、SIMI LAB、DyyPRIDE、BIM、VaVa、in-d、C.O.S.A.×KID FRESINO、BLYY、TWINKLE+) / Yogee New Waves / THE BAWDIES / H ZETTRIO / TENDOUJI / KOTORI

PLANET GROOVE
Vaundy / Kan Sano

FIELD OF HEAVEN
坂本慎太郎 / Tempalay / LITTLE CREATURES / 手嶌葵 / スピンオフ四人囃子 feat. 根本要、西山毅 / 前野健太

Gypsy Avalon
"The Timeless Nation" featuring TOKU(TOKU+小沼ようすけ+Kai Petite+沼澤尚 Mix by Kamiyann)/ アトミック・カフェ トーク(村本大輔[ウーマンラッシュアワー] / MC:津田大介)/ アトミック・カフェ(片平里菜)/ 高野寛 × 原田郁子 / 猪苗代湖ズ

PYRAMID GARDEN
ヨガワークショップ(渋木さやか) / Rickie-G / 藤原さくら / クロワッサンサーカス / Quietstorm(DJ) / Kaoru Inoue(DJ) / Chida(DJ) / AO YOUNG & Friends / LOVE FOR NIPPON(Hanah Spring / 青谷明日香)

苗場食堂
South Penguin / NONE THE WiSER / EKD & Los Changaras

ROOKIE A GO GO
TAMIW / Sound's Deli / Haiki

Day Dreaming
TARZAN / ASANO TADANOBU / DJ TASAKA / スケボーキング / DJ Yogurt

2021年8月21日(土)新潟県 苗場スキー場

GREEN STAGE
King Gnu / Cornelius / ザ・クロマニヨンズ / サンボマスター / SIRUP / KEMURI

WHITE STAGE
NUMBER GIRL / The Birthday / MONOEYES / envy / AJICO / カネコアヤノ / tricot

RED MARQUEE
indigo la End / サニーデイ・サービス / milet / ReN / DENIMS / Mega Shinnosuke

TRIBAL CIRCUS
THE SPELLBOUND / THE ALEXX

FIELD OF HEAVEN
ROVO / Dachambo / Char / The Ska Flames plus Special Guest 元ちとせ / 光風 & GREEN MASSIVE / 草田一駿 五重奏体系

Gypsy Avalon
ムジカ・ピッコリーノ アルカ号の仲間たち / アトミック・カフェ トーク【津田大介・小泉今日子・上田ケンジ】/ アトミック・カフェ 黒猫同盟([上田ケンジとコイズミキョウコ]+ゲスト 渡辺シュンスケ[ピアノ])/ Alina Saito & 君島大空 / metamorphose project(EIKO+ERIKO|EYRIE)

PYRAMID GARDEN
ヨガワークショップ(渋木さやか) / 角舘健悟(Yogee New Waves)/ 加藤登紀子 / クロワッサンサーカス / ZAMIANG(DJ) / 野田洋次郎(RADWIMPS)/ 下津光史(踊ってばかりの国)

苗場食堂
苗場音楽突撃隊 / AAAMYYY / uminecosounds

ROOKIE A GO GO
SEAPOOL / Acidclank / MELT4

Day Dreaming
DJ MAAR(DOGsPISTOLS)feat. MariNa / YOSA & TAAR / MYSS / PKCZ® / DJ KENTARO

2021年8月22日(日)新潟県 苗場スキー場

GREEN STAGE
電気グルーヴ / 忌野清志郎 Rock'n'Roll FOREVER(with ROUTE 17 Rock''n''Roll ORCHESTRA feat. 仲井戸”CHABO”麗市 / UA、エセタイマーズ、奥田民生、GLIM SPANKY、甲本ヒロト、チバユウスケ、Char、Tokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、トータス松本、YONCE) / MISIA / 秦基博 / cero / Awesome City Club

WHITE STAGE
平沢進+会人(EJIN) / FINALBY ( ) / THA BLUE HERB / 折坂悠太(重奏) / TENDRE / yonawo / 秋山黄色

RED MARQUEE
CHAI / GEZAN / 羊文学 / MONO NO AWARE / STUTS(Band set : 仰木亮彦、岩見継吾、吉良創太、TAIHEI) / 君島大空 合奏形態

SUNDAY SESSION
砂原良徳 / 4s4ki

FIELD OF HEAVEN
OAU / 上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット / カルメン・マキ&OZ / BEGIN / 青葉市子 / 民謡クルセイダーズ

Gypsy Avalon
アトミック・カフェ トーク(津田大介 / 斎藤幸平[経済思想家])/ アトミック・カフェ エセタイマーズ / ケロポンズ with こどもロッカーズ / 大友良英 GEKIBAN / Ukulele Adventures 近藤利樹と名渡山遼

PYRAMID GARDEN
ヨガワークショップ(渋木さやか) / 曽我部恵一 / LEARNERS / クロワッサンサーカス / 松田“CHABE”岳二(DJ) / KOTARO(DJ)/ GOMA meets U-zhaan / Julia Shortreed

苗場食堂
碧海祐人 / LITTLE BLACK DRESS / 奇妙礼太郎

ROOKIE A GO GO
ELL / STAP Sigh Boys / Ms.Machine

Day Dreaming
ERIMIYA / YOU THE ROCK★ & DJ DA-15 / O.N.O(THA BLUE HERB)/ 鎮座DOPENESS / BRYAN BURTON-LEWIS

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY
 

東浩紀氏「フジロック出る人は一時のノリで五輪反対いうべきじゃなかった」

批評家の東浩紀氏(50)が、国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」開催への私見を述べた。

20~22日に新潟県湯沢町の苗場スキー場で「フジロックフェスティバル」が行われる。新型コロナウイルスが感染拡大する中、厳戒態勢での開催ではあるが、批判の声は多い。

東氏は20日、「フジロック出る予定の人、応援するため観客になる予定の人は、一時のノリで五輪反対とかいうべきじゃなかったと思いますね。ブーメランと批判されるのは明らかなんだから」とツイートした。アーティストの出演キャンセルが続いている点についても「直前の出演辞退も意味不明(べつに感染拡大予防につながらないので)」とバッサリ切った。

東氏は「ぼくがいいたいのは、別の表現でいいかえれば、フジロックやってもいいけど、それならほかのひとの行動にも寛容になれよってことですよ。自分たちが我慢できないのに、他人にばかり我慢を要求するなってこと。人間はどうせそういう生き物なんだから」と一部のイベント関係者や参加者の矛盾を批判し、「というわけでぼくは病床拡大のみを求めてます」と自身の立場を明らかにした。

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY
 

RADWIMPS野田洋次郎、フジロックの模様をインスタ掲載

人気ロックバンド「RADWIMPS」が20日、新潟県湯沢町で2年ぶりに開催されている国内最大級の野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL’21」(20日~22日まで、苗場スキー場)に出演し、野田洋次郎がライブの模様を自身のインスタグラムで公開した。

野田は初日に「GREEN STAGE」に出演。「Fuji Rock 2021 GREEN STAGE」とだけメッセージを添えて、マスクをした聴衆の前でのライブの模様などを掲載した。ライブはインターネット配信されたほか、「RADWIMPS」のライブの一部はテレビ朝日系「ミュージックステーション SUMMER FES」で生中継もされた。

コメント欄では、現地を訪れたファンやインターネット配信を見た人からの声が続々と寄せられた。新型コロナ禍で2年ぶりの開催だったこともあり「ライブ死ぬほど最高でした!!!!!フジに出てくれて本当にありがとう」「なんだか、もう本当に長い間この姿を見ていなかった気がします」「素敵すぎて泣ける…!」「サイコーな夏をありがとう」「家で見ていたけど楽しい時間だった」「現地に行って出来れば叫び愛し合いたかったけど、またいつか会える事を楽しみに毎日頑張ります」「フジロックに携わる全ての皆さんに感謝します」「早く何も気にしないでライブに行きたいです」などの声が続々と寄せられていた。

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY
 

「フジロックフェスティバル」について

【無料動画】フジロック2021生配信の見逃し配信・無料視聴方法!

フジロックフェスティバル(FUJI ROCK FESTIVAL)は、日本のロック・フェスティバルである。主催はSMASH。フジロックという略称および愛称で知られる。

1997年に山梨県の富士天神山スキー場で初開催された。1999年より、毎年7月下旬または8月上旬に新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されている。

日本のロック・フェスティバルの先駆けであり、世界200組以上のミュージシャンが揃う日本最大規模の野外音楽イベントである。

フェスティバル名は初回が富士山近辺(天神山スキー場)で開催されたことに由来する(天神山スキー場で開催されたのは1997年の第1回のみである)。ロゴマークは「富士山」をあしらったものが使われている。

ロックフェスと銘打っているが、実際はロックのみならず、ポピュラー音楽全般、和太鼓、ジャズ、民族音楽など、ジャンルはさまざまである。複数のステージで演奏が同時進行するため、すべての出演者を見ることはできない。

現在は苗場スキー場で開催されているため、ライブの参加のみならずアウトドアなどを兼ねた客も多い。

交通アクセス

会場の苗場スキー場は最寄のJR越後湯沢駅から出ているシャトルバスで約40分(混雑時は約1時間)の山間部にある。同シャトルバスは開催期間中のみ運行される。通常時のアクセス方法については苗場プリンスホテル#アクセスを参照(同ホテルはスキー場に隣接する)。

自家用車の場合、入場券と同時に購入する駐車券に指定された駐車場を利用する。会場直結のみならず周辺一帯のスキー場等の駐車場が指定され、駐車場と会場はシャトルバスにより結ばれる。

車をとめるのに必要な駐車券はすぐに売り切れるため、券の獲得競争率が高まっている。

オフィシャルツアーでは苗場会場直結のツアーバスもある。出発時間の制限はあるが、前記シャトルバスを使うことなく会場へ行けるメリットもある。

また、会場のある湯沢町周辺は冬場のスキー客のためにホテルやペンション、旅館、民宿など多くの宿泊施設があるが、開催期間の前後はその大半がフジロック客で満室状態になるため、例年、駐車券の獲得以上に宿泊先の確保が熾烈である。特に会場に直結している苗場プリンスホテルはその利便性の高さに加え、出演アーティストを始めとするフジロック関係者の宿泊先として一部借り切られているため、一般客向けの客室は少なくなっており、毎年競争率は非常に高かったが、2010年は団体のみ受け入れるため、一般客はオフィシャルツアーでしか宿泊できなくなった。

会場

演奏ステージの数は回を重ねるごとに増え続けており、現在は主なものだけで5つ(グリーン・ステージ、ホワイト・ステージ、レッド・マーキー、フィールド・オブ・ヘブン、ジプシー・アバロン)あるほか、観客数が数十人規模の小ステージも多数ある。

さらに会場内を見下ろして東西に進む世界最長のゴンドラ「ドラゴンドラ」にも乗ることができる(別料金)。また、メインのグリーンステージ以外は、観客が一定数を越えると安全のため入場制限がかけられることがある。

会場内には各ステージごとに多くの飲食店が出店しており、苗場食堂のある「オアシス」等屋台ブースには、毎年出店している常連の店や名物料理も生まれている。

テント設営区画が設けられており会場宿泊も可能だが、単純な野宿は禁止されている。また、夜にはカジノやバーがオープンする。当然だが未成年者は入ることが出来ない。

その日の日程が終了すると、レッドマーキーとオアシス以外のエリアはすべて立ち入り禁止となる。そのため開催期間中の中日であっても、夜遅くまで会場内に居座ることはできない。レッドマーキーなども午前4~5時には閉演する。開場は朝の9時以降となる。

以下、主なエリアを入場ゲートから近い順に記す。

ザ・パレス・オブ・ワンダー
入場ゲート前にあるテント施設で、チケットがなくても入ることが出来るフリーエリア。開催時間は22:30~翌朝5:00。巨大なオブジェに囲まれたテントでは怪しげな大道芸が行われ、カジノやバーといった大人の夜遊び施設が揃う。

隣接するブース「ルーキー・ア・ゴー・ゴー」(以前はLevi's NEW STAGE)は、一般公募から選ばれた無名のインディーズバンドがプレイするステージ。夜間行われ、駆け出しバンドの実力が試される登竜門として定着している。かつてはくるりやASIAN KUNG-FU GENERATION、サンボマスターもここで演奏した。

レッド・マーキー
入場ゲートから最も近いフジロック唯一の屋内ステージ。勢いある新進気鋭のバンドを中心にハイテンションなライブが展開され、観客の盛り上がりはフジロックでも随一である。

日付が替わる深夜から早朝まではクラブハウスとしてDJパフォーマンスが夜通し行われ、その日の日程が終了してもなお踊り足りないフジ夜遊び組のたちのレイブパーティー会場と化す。収容人数約5000人。

オアシス
ここだけでおよそ30以上の屋台が出店している総合飲食エリア。その中にある苗場食堂ではサプライズライブやDJプレイ、大道芸、サイン会などのミニ・イベントが催される。料理とお酒を交えた交流空間として、またレッドマーキーとともに深夜まで立ち入り可能なエリアとして常に賑わっている。

グリーン・ステージ
収容人数は4万人以上のメイン野外ステージ。毎年世界のビッグアーティストが登場し、記憶に残る数多くのショーを披露してきたフジの象徴。ゆるやかな傾斜が続くステージ後方は多くの人が寝そべったり腰掛けたりするリラックススペースと化しており、のんびりと音楽を聴くことが出来る。

ただし、動員次第では夕方以降オールスタンディングとなる場合も多い。後方に車いすスペースと優先テント(ー時休憩所で、身体障害者や未就学児や妊婦、付き添い者が対象)が設置されている。

ホワイト・ステージ
2番目に大きい屋外ステージ。通好みのラインナップが多く、実力派のバンドによる圧巻のパフォーマンスが繰り広げられることから「裏メイン」とも呼ばれる。収容人数は約1万5千人。

アバロン
山の斜面を利用したエリアでNGOテントやマッサージテントが設置され、ときたまフリーマーケットやワークショップが開かれる。その中にある小さなステージが「ジプシー・アバロン」で、アコースティックライブが披露されることが多い。収容人数約1000人。

フィールド・オブ・ヘブン
国籍も世代も超えたヒッピーな雰囲気で溢れ、多彩な音楽とピースフルなムードから最も「フジらしい」エリアとも呼ばれる。そのため固定客が多い。日が暮れてからは幻想的なイルミネーションで彩られフジの夜を演出する。収容人数約5000人。

オレンジ・コート
2003年から2014年まで、フィールド・オブ・ヘブンの奥にあったステージ。ジャズ系やラウンジ系のミュージシャン、さらにワールド・ミュージック系のステージというコンセプトの下に展開されるが、基本的にジャンルレスな音楽で終日溢れていた。

初日の夜のみパーティーイベント「オールナイトフジ」が開かれ、朝までクラブ空間に変貌した。収容人数約5000人。

オレンジ・カフェ / バスカー・ストップ
2016年に、オレンジ・コートがあった場所に新設置された。屋根つきの飲食・休憩エリアで、その奥にある小さなステージ「バスカー・ストップ」では主にトリビュート・バンドなどが出演することが多い。バンドが出演していない時間帯は、誰でも参加出来るオープンステージになる。

ストーン・サークル
2015年に新設置された。世界中から集めた打楽器がおいてあり自由にプレイできる。「スラックライン」の体験コーナーも併設。

カフェ・ド・パリ
パリに現存するキャバレー「ムーラン・ルージュ」をイメージした空間で、ポールダンスなどのパフォーマンスが行われる。2016年はここで「オールナイトフジ Supported by Heineken」が復活開催された。

キャンプ・サイト

苗場プリンスホテル後方、スキー場の広大な斜面を利用して会場宿泊客のためのテント設営エリアが設けられている。毎年、約1万7000人がここでテントを張って宿泊している。

女性専用ゾーンやトイレ、シャワー設備、キャンプに関する相談所や食事処も完備されている。キャンプサイト券を購入した客のみ利用可能。

ちなみにテントを建てやすい平らな地面の立地はすぐに埋まるため、初日以降から来てキャンプサイト宿泊を考えている客には少々不利である。また開催期間中はスコールなど荒天が多く、キャンプ初心者にはあまり望ましい宿泊手段とはいえない。

2010年から新たにPyramid Gardenという和み空間が出現。キャンプサイト利用者限定で楽しめるステージも併設している。

前夜祭

初日の前夜には地元の住民たちとの交流を深め、共に盛り上がる恒例の前夜祭が開かれる。盆踊り、抽選会、大食い大会といったベタな夏祭りイベントもフジの開幕とあって盛り上がりをみせる。

最後は打ち上げ花火大会でフェスティバルの成功祈願と開会が宣言される。他にもレッドマーキーが開放され、DJ達によるオープニングパーティが催され時には出演バンドによるサプライズライブが行われることもある。

過去に少年ナイフやBRAHMAN、ザ・クーパー・テンプル・クロースなどが前夜祭ライブを行っている。

Channel 1:https://youtu.be/bXbtAaJWywk
Channel 2:https://youtu.be/F500P6gwCX4
Channel 3:https://youtu.be/RRNqHgYnowY


-ライブおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」