ドラマおすすめ

【無料動画】ナイトドクター7話8話9話の見逃し配信・無料視聴方法!

【無料動画】ナイトドクター7話8話9話の見逃し配信・無料視聴方法!

フジテレビの月9ドラマ「ナイトドクター」の7話、8話、9話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「ナイトドクター」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっております。

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、月9ドラマ「ナイトドクター」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、月9ドラマ「ナイトドクター」を見る時は、FODを利用するのがおすすめです!

・ナイトドクターを何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ナイトドクター」の見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・前作の監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」7話のあらすじ・ネタバレ

朝倉美月(波瑠)は高岡幸保(岡崎紗絵)から合コンに誘われるが興味ないと断る。

一方、成瀬暁人(田中圭)は医大の後輩で脳外科医の里中悟(古舘佑太郎)と病院内で出会い、ナイト・ドクターとして勤務していることに驚かれた。

幸保は益田舞子(野呂佳代)と合コンへ。

幸保が相手の赤松直人(佐伯大地)たちに自分たちの人数の少なさを謝っていると美月が現れる。

美月はめげる事があって参加したのだ。

だが、幸保が医師は敬遠されると赤松たちに看護師だと伝えていたことを知らない美月は、ナイト・ドクターだと言ってしまった。

すると男性たち全員が看護師の舞子に注目。美月は幸保と揉めてしまう。

その夜、病院をたらい回しにされた患者が運び込まれた。

患者を受け渡す救命士の星崎比呂(泉澤祐希)はホッとした様子。

美月は患者の顔を見て理由を悟る。

その患者は、かつて美月が救助したホームレス(神尾佑)だった。

その場に居合わせた深澤新(岸優太)も気づく。

美月は帰ろうとする星崎を呼び止め、かつて処置した時の記録が残っていたら身元確認になるかもしれないので調べて欲しいと頼む。

次に搬送されたのは風見まどか(藤嶋花音)。

付き添いの父、信行(林泰文)にまどかの緊急手術を幸保が拒否されたことを桜庭瞬(北村匠海)が美月たちに報告。

信行は夜間勤務の医師たちを信用していないようだ。

本郷亨(沢村一樹)はそれがナイト・ドクターの現実だと美月たちに突きつける。

そんな時、昼間の合コン相手の赤松が原因不明の発熱で外来にやって来た。

ドラマ「ナイトドクター」7話のネタバレ・感想

幸保(岡崎紗絵)から合コンに誘われて一度は断るものの、元恋人の大輔(戸塚純貴)が結婚することを知ったショックで参加を決意した美月(波瑠)。

しかし自分たちを看護師と偽ろうとした幸保の作戦とは裏腹に、医師であり、しかもナイトドクターであると明かしてしまう美月。

それを知った男性たちの態度はすっかり一変するのである。

そんな夜、搬送されてきた少女の父親から、夜間の医師は経験が浅いからと言われ緊急手術を断られてしまい、さらに苛立ちを募らせる幸保。そして合コンに参加していた赤松が原因不明の高熱で外来にやってくるのである。

第7話は、ナイトドクターという職業性をひとつのスタートラインにしつつも、その枠を超えたより広い視点で社会に蔓延るさまざまな“レッテル”へとフォーカスする。

それはある意味、医療ドラマというひとつのレッテルをきれいに剥がしたものとも捉えることができようか。

合コンシーンに登場する男性たちが露呈する看護師女性への理想もしかり、保育士が女性の仕事だと思われがちだというレッテルに縛られて公務員であると嘘をついてしまう赤松もしかり。

またネットの知識を鵜呑みにし、頑なに日勤の医師の治療を受けさせようとして娘の容体をさらに悪化させてしまう父親の姿もしかり。

性別や職業、境遇など、ありとあらゆるレッテル、もっとかいつまんで言えばイメージにがんじがらめにされた人々の姿が、このひとつのエピソードの中にぎっしりと詰め込まれていく。

それは期せずしてタイムリーなテーマとなってしまった、ホームレスの男性(神尾佑)をめぐる一連のくだりも同様であろう。

いくつもの病院から受け入れを拒否されるたらい回しに遭い、あさひ海浜病院で受け入れが決まると、患者の命を助けたいと願う救急隊員の星崎(泉澤祐希)は思わず喜びのシャウトをしてしまう。

その男性は第1話で深澤(岸優太)と美月が最初に出会った際に階段から転落したホームレスであり、死への欲求を強く持っている人物として描かれながらも深掘りされずにいた存在だ。

今回美月は、星崎に頼んで過去の搬送記録を調べてもらい、その男性は濱辺という名を持ち、10年前に家族を失ったというバックグラウンドを知ることになる。

日勤の医師からもホームレスであるというレッテルひとつで突っぱねられてしまいそうになる濱辺に対し、他の患者と同じように助けようと強い意志を向ける美月。

目を覚ました濱辺が語り出す、生きているだけで煙たがられてしまうレッテルの苦しみに対し、美月が言う「あなたが何に悩み世間がどう思うかはわかりません。でも、どうか堂々と生きてください」という言葉。

ドラマティックなバックグラウンドがあろうがなかろうが、幸保が日勤の医師に示したように、名前を持つ1人の人間であることに変わりはないのは言うまでもない。

自分で選んだ職業も境遇もあれば、もちろんそうでないものもあるかもしれない。それこそそれが社会の役に立つか立たないかなどは関係ない。

公共の福祉に反しない限り、すべての国民は個人として尊重されるべきであり、どのようなシチュエーションにおいても社会はそれを前提に構築されていかなくてはならない。

誰もが簡単に“レッテル”化されるほど単純ではないし、それに縛られずに堂々と生きる権利を持つのだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」8話のあらすじ・ネタバレ

朝倉美月(波瑠)は成瀬暁人(田中圭)が里中悟(古舘佑太郎)から脳外科に移るよう誘われている姿を見てしまう。

美月が話を聞くと、成瀬は素直に脳外科の高梨英樹部長(益岡徹)からも脳外科医を目指すよう勧められていると話した。

だが、成瀬は八雲徳人院長(小野武彦)や本郷亨(沢村一樹)がナイト・ドクターとして受け入れてくれたことに恩を感じ、決めかねている。

高岡幸保(岡崎紗絵)と深澤新(岸優太)の部屋に行った美月は、成瀬の事情を話してしまう。

すると幸保はナイト・ドクター制度存続の危機だと美月より慌てだす。

美月に影響を受けた幸保は今の仕事にやり甲斐を感じていたのだ。

その夜、勤務に就いた幸保は成瀬を気遣い始める。

幸保は成瀬を引き留めようと懸命なのだ。

そんな時、くも膜下出血の患者が運び込まれた。

成瀬は進んで執刀にあたるが、通常の動脈瘤ではないため手術を断念。

手術の様子を見ていた深澤や桜庭瞬(北村匠海)はショックを受ける。

何より諦めざるを得なかった成瀬の衝撃は大きい。

桜庭はこれを機に成瀬が脳外科に移るのではないかと美月たちに話す。

成瀬は患者の手術を高梨に頼みに行く。

だが、高梨は留守で、居合わせた里中が執刀することになった。

帰ろうとする成瀬に、本郷は脳外科に行くことを迷っているなら自分は止める気もないし、背中を押す気もないと告げた。

休暇の美月は心美(原菜乃華)に誘われたダブルデートで、岡本勇馬(宮世琉弥)、深澤とキャンプに向かう。

その頃、成瀬は転科を真剣に考え始めていた。

ドラマ「ナイトドクター」8話のネタバレ・感想

「同じ場所で同じように働いているからといって、全員が同じ方向を向いているとは限らない」。

前回のエピソードでナイトドクターの現実と理想を語った本郷(沢村一樹)が呟いたこのセリフ。チームの団結という面ではネガティブに捉えることができる一方、決してそうではないポジティブな意味もあるのだということが、第8話は提示する。

今の仕事=ナイトドクターを続けながら、それぞれの夢を叶える。それはこのドラマの主題である「働き方改革」の理想にも通じる部分があるといえよう。

後輩の里中(古舘佑太郎)から脳神経外科に誘われ、心が揺れる成瀬(田中圭)。そんななか、運び込まれてきたくも膜下出血の患者の手術の執刀にあたるが、普通の脳動脈瘤でないことに気が付き手術を断念。

しかもその患者を里中が引き継ぐことでさらにショックを受けてしまう。一方、心美(原菜乃華)の提案でダブルデートに繰り出した美月(波瑠)と深澤(岸優太)。

そこで楽しそうにしている心美を見ながら、深澤は美月に、心美の病気を治すための研究をするためにはナイトドクターを辞めなきゃいけないと悩んでいることを明かすのだった。

成瀬の場合は「脳外科に行きたい」という気持ちと「ナイトドクターの仲間たちへの想い」や「本郷への恩」。また深澤の場合は医者としても人間としても成長の機会を得られる「ナイトドクターとしての経験」と「長年目指してきた医者としての最大目標」。

2人の登場人物が、“どちらかひとつ”という天秤に悩む様子が描かれた今回のエピソード。結論から言えばラストの屋上シーンで桜庭(北村匠海)が言う、「やりたいことをひとつに絞る必要はない」という言葉に尽きる。

劇中には何度か、“スペシャリスト”という言葉が登場する。特定の分野における専門性に長けた、いわゆるプロフェッショナルであるゆえ、一見するとそこを目指すためにはひとつのことを徹底的に極めていなければならないという呪縛があるように思えてしまう。

マルチな医者である救急医は、専門性を持たない“なんでも屋”という話も然り、終盤で成瀬が手術を中断する患者が料理の道を極めた“スペシャリスト”であることも然り、そこには“どちらかひとつ”への呪縛と、それを成し遂げた存在への畏怖の念が表されている。

しかしその患者が目を覚まし、ナイトドクターたちへの感謝の気持ちを伝えられた八雲(小野武彦)が言う通り、すでにナイトドクターチームの面々は朝まで患者の命をつなぐ“スペシャリスト”であることに違いない。

そして屋上でそれぞれが語る目標のように、いくつもの“スペシャリスト”になることだって不可能ではないし、それもまた人生に必要不可欠な「選択肢」というものだ。

そもそも働き方改革は、働きやすさやQOLの向上といった漠然とした目的以前に、労働者にとって「選択肢を増やす」ためのものでもある。

選択肢があるからこそ、極められるものは無限に存在しているのだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」9話のあらすじ・ネタバレ

朝倉美月(波瑠)は、深澤新(岸優太)と彼の妹で病院の外出許可を得た心美(原菜乃華)、岡本勇馬(宮世琉弥)とキャンプを楽しんだ。

しかし、病院に戻った心美の容態が急変。

緊急手術で安定はしたが、間もなく退院も望めそうな時に起きた心美の異変に深澤は衝撃を受ける。

数日後、美月が高岡幸保(岡崎紗絵)、桜庭瞬(北村匠海)たちと心美の心配をしていると、本郷亨(沢村一樹)が深澤の休職を告げる。

深澤は心美の面倒をみなければいけないので仕方がないと言う成瀬暁人(田中圭)に幸保と桜庭は賛同。

美月は深澤の看病疲れを心配し、仲間たちに心美の見舞いに行くことを提案する。

次の日、美月たちが心美の見舞い行くと何やら深澤と揉めている。

心美が臓器提供ドナーの登録がしたいと深澤に同意を頼んで揉めていたのだ。

深澤は心美のドナー登録に大反対。

さらに揉める兄妹だが、成瀬は二人が話し合って決める事だと美月たちと病室を出る。

目の前で繰り広げられたドナー提供問題に美月と桜庭の心境は複雑だ。

そんな夜、病院近くで総合格闘技の試合があり、負傷した選手たちが次々に運び込まれるため美月たちは大忙し。

美月と幸保がようやく休憩していると深澤が来た。

そして、深澤は美月に心美を説得して欲しいと頼む。

だが、美月は母親がドナーだったことを話して断った。

仕事に戻った美月たちと入れ替わりに桜庭が来る。

桜庭にも心美のことを話す深澤。

心美の死を待っている人がいると思うとゾッとすると言う深澤に、桜庭は思わずつかみかかってしまった。

ドラマ「ナイトドクター」9話のネタバレ・感想

第1話の終盤で、美月(波瑠)の忘れ物を受け取った桜庭(北村匠海)は、その中に自分がかつてドナーに宛てて書いた手紙を見つける。

そして桜庭にフォーカスが当てられた第3話では、成瀬(田中圭)がひょんなことから美月の母親の心臓が桜庭に移植されていることを察知するのである。

こうしたちょっぴり出来すぎているようにも思えるドラマチックな偶然は、深澤(岸優太)と妹の心美(原菜乃華)の間で生じた臓器提供の意思表示をめぐるやり取りが加えられることで物語上の必然へと変化する。

第9話で描かれたのは、これまでちょっとずつ描かれてきた“臓器提供”というテーマの延長線上にある物語だ。

しかもこれは、前回までのエピソードで描かれた「働き方改革」をめぐる物語のなかで掲げられた、「選択肢を増やす」というアンサーにも通じている。

医師も病人も、誰しもが誰かを救うことができるし、誰かの希望になることができる。

ドラマが終盤へ向かう直前に提示されるこのメッセージは、本作において極めて重要なものに違いない。

容態が急変した心美を心配し、しばらくの間ナイトドクターの仕事を休んで看病にあたることにした深澤。

おせっかいな美月の提案でチーム全員揃ってお見舞いに訪れると、ちょうど深澤と心美は言い争いをしていた。

それは心美が臓器提供ドナーの登録をしたいと、家族である深澤に同意のサインを求めたからだった。

ドナー登録に猛反対し、病室を追い出されてしまう深澤。医局にやってきて桜庭に愚痴る深澤だったが、自身がレシピエントであることを隠している桜庭は、深澤の言葉に思わず激昂してしまうのだ。

「日本臓器移植ネットワーク」のホームページによれば、現在日本国内で移植を待っている人の数は15097人。

今年7月までに移植を受けた人数はわずか163人であり、例年300~400人が臓器移植を受けているというのが現状である。

日本初の心臓移植手術から30年が経った1997年に脳死後の臓器提供が可能になる「臓器移植法」が施行され、その後2010年に「改正臓器移植法」が施行。

いずれも本人の意思(もしくは拒否の意思がない場合)と家族の承諾によって臓器提供が可能となり、本人の意思を示す手段として臓器提供意思表示カードはもちろんのこと、現在では保険証から免許証のような携行する機会の多い身分証に意思を記入する欄が用意されている。

とはいえそうした土台が整えられているとはいえ、ドナーとなる人の家族が複雑な心境を抱くことは決して否定されるべき感情ではない。

今回の劇中の深澤のように、たった1人の家族が死をイメージしていることに耐えられない、ましてや自分がその家族の病を治そうと努力してきたとあればなおさらである。

ストーリーの流れとしては美月の母親の話を知り、桜庭がレシピエントであることを知り、心美がネガティブな考えではないことを知り、そして誰かが臓器提供と同じように意思をもって提供した献血によって患者の命を救う経験を通して、深澤はひとつの結論を見出すというふうに描かれていく。

どんなきっかけがあるにせよ、心美の意思と深澤の意思がそれぞれ存在し、互いを必要とする者同士が互いの意思や考えを話し合い、それぞれを尊重しあって導き出される答えには、必ずしも正解があるとは言い切れないが、決して不正解はない。

もちろんそれは、提供する・しないにかかわらずだ。そして今回で深澤兄妹が見出した選択は、深澤の目標とする心美の病気を治すということへの自信へと繋がる。

普段は頼りない深澤が、医師としてだけでなく兄としても成長していく姿が浮かび上がったことで、やはりこのドラマの中心にいるのは深澤なのだと改めて感じることができよう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ナイトドクター」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・前作の監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」