ドラマおすすめ

【無料動画】青天を衝け15話16話の見逃し配信と無料視聴方法!栄一改め「篤太夫」爆誕!

【無料動画】青天を衝け15話16話の見逃し配信と無料視聴方法!栄一改め「篤太夫」爆誕!

NHKで放送されている大河ドラマ「青天を衝け」の15話、16話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「青天を衝け」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「青天を衝け」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

そもそも「TVer」ではNHKのドラマは配信されていませんし・・・。

なので、大河ドラマ「青天を衝け」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・青天を衝けを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「青天を衝け」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

大河「青天を衝け」のあらすじ・ネタバレ

官尊民卑の世は、承服できん!百姓からの脱却を決意。

天保11年(1840)、武蔵国・血洗島村。

藍玉づくりと養蚕を営む百姓の家に、栄一は生まれた。

おしゃべりで物おじしないやんちゃ坊主は、父・市郎右衛門の背中に学び、商売のおもしろさに目覚めていく。

ある日、事件が起きた。

御用金を取り立てる代官に刃向かったことで、理不尽に罵倒されたのだ。

栄一は官尊民卑がはびこる身分制度に怒りを覚え、決意する。

「虐げられる百姓のままでは終われない。武士になる!」。

目指せ、攘夷の志士!

ところが計画中止、追われる身へ・・・。

千代と結婚した栄一は、従兄の惇忠や喜作と共に、尊王攘夷に傾倒していく。

江戸で仲間を集め、横浜の外国人居留地を焼き討ちする攘夷計画を企てた。

しかし、京の情勢に通じた従兄の長七郎の猛反対にあい、あえなく断念。

逆に幕府に追われる立場となり、喜作と共に京へ逃げる。

彼らに助け船を出したのは、一橋慶喜の側近・平岡円四郎だ。

幕府に捕らわれて死ぬか、一橋の家臣となるか。

「生き延びればいつか志を貫ける」。

この選択が、栄一の運命を変えていく。

心ならずも幕臣に。パリ行きが人生を開く!

栄一は一橋家の財政改革に手腕を発揮し、慶喜の信頼を得る。

ところが、慶喜が将軍となり、倒幕を目指すどころか幕臣になってしまった。

失意の栄一に、転機が訪れる。

パリ万国博覧会の随員に選ばれたのだ。

慶喜の弟・昭武とパリに渡った栄一は、株式会社とバンクの仕組みを知り、官と民が平等なだけでなく、民間が力を発揮する社会に衝撃を受けた。

そんな折、日本から大政奉還の知らせが届き、無念の帰国へ・・・。

まさかの新政府入りで、続々改革。33歳でいよいよ民間へ。

帰国後、様変わりした日本に衝撃を受けた。

静岡で隠棲する慶喜と再会した栄一は、身をやつした姿に涙し、慶喜を支えることを決意する。

しかし突然、明治新政府から大蔵省への仕官を命じられて上京。

「改正掛」を立ち上げ、租税・鉄道・貨幣制度など次々と改革を推し進めること3年半。

栄一はある決意を胸に辞表を提出した。

この時、33歳。いよいよ、栄一の目指す民間改革が始まるのだった・・・!

「青天を衝け」15話のあらすじ・ネタバレ

「篤太夫、薩摩潜入」

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤 真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。

篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井 優)の隠密調査だった。

そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。

一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷(じょうい)実現のため天狗党(てんぐとう)を率いて挙兵していた。

「青天を衝け」16話のあらすじ・ネタバレ

「恩人暗殺」

篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。

二人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。

血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢(ろう)に入れられる。

一方京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。

攘夷(じょうい)派志士の怒りは、禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)の慶喜(草彅 剛)と側近・円四郎に向かっていく。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

栄一改め「篤太夫」爆誕!

俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第15回「篤太夫、薩摩潜入」が5月23日に放送され、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸さん演じる薩摩藩士・西郷吉之助(隆盛)が登場。吉沢さん扮(ふん)する栄一改め「篤太夫(とくだゆう)」との交流が描かれた。

第15回では、栄一と喜作(高良健吾さん)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤真一さん)から「篤太夫」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井優さん)の隠密調査だった。

そこで出会った西郷吉之助(華丸さん)は、円四郎の行く末を案じるように「先のことが見えすぎる人間は往々にして非業の最期を遂げる」と篤太夫に告げる……という展開だった。

ドラマの公式ツイッターでは、篤太夫と西郷が一緒に豚鍋をつつくシーンについて、「一橋家に仕えた篤太夫は、有志を訪ね回り、諸藩の動きを探る活動を行っていました。その一人が西郷吉之助。篤太夫はなぜか西郷に気に入られ、時には鹿児島名物の豚鍋を作るから一緒に食べないかと誘われたそう。豚鍋は三度ほどごちそうになった、と記録にあります」と明かした。

SNSでは篤太夫と西郷の交流について、「栄一と西郷がこのタイミングで会っていたとは知らなかった」「西郷どんと栄一が2人で豚鍋つついて語り合ってたのも史実なのか~」「おいしい豚鍋囲んでお酒飲む仲だったのが史実とは胸アツ」「華丸さんの西郷どんと栄一のシーン良かったな。つついてた豚鍋フォンデュめちゃおいしそうだった」「レシピ教えて欲しい」と視聴者の関心を集めていた。

「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

博多華丸、西郷吉之助として貫禄の薩摩弁を披露

大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)第15回「篤太夫、薩摩潜入」では、一橋の家臣となった栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)が、円四郎(堤真一)からそれぞれ「篤太夫」「成一郎」の新しい名を授かる。さらに、篤太夫として命じられる初仕事は、薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査。そこで篤太夫が出会うのが、あの西郷吉之助(博多華丸)である。

「摂海防禦御台場築造御用掛(せっかいぼうぎょおだいばちくぞうごようがかり)」というもはや呪文のような長さの役職名にいる折田もその珍妙なキャラと強烈な薩摩弁が相まってインパクト抜群であるが、それを上回る印象を与えるのが西郷だ。新章に突入した第13回ですでにその名は出ていたが正式に登場するのは今回が初。言わずもがな、2018年に『西郷どん』としてこの大河ドラマでも描かれてきた、言ってしまえば渋沢栄一よりもその知名度は高い偉人である。

鈴木亮平からバトンを受け継ぎ、西郷を演じるのは博多華丸。NHK繋がりでは『あさイチ』(NHK総合)の“朝ドラおじさん”として名高い華丸だが、近年ではドラマ『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系)に出演するなど俳優としても活躍している。華丸が西郷を演じる上での注目ポイントはその薩摩弁であろう。その芸名が示す通りに、華丸は今でも博多弁が強く残る福岡出身。正直に言えば、素人には字幕表示でないと聞き取りが難しいレベルであるが、折田と西郷の薩摩弁ラリーは2人の強烈なキャラも相まって“おかしれぇ”シーンへと変わっていく。

また、栄一と西郷の関わりは史実にもあまり明かされていない部分でもある。周りの薩摩藩士たちは栄一に不信の目を向けるが、西郷だけは栄一を気に入り、薩摩名物の豚鍋を振る舞って彼を見定めようとする。「誰が国を治めるべきか」ーーその問いに栄一は「慶喜」、西郷は「薩摩」と当然意見は相容れない。

けれど、共通してあるのは日本の行く末を案じる熱き心。そんな華丸が演じる西郷からは栄一にも負けない力強い眼力が感じられた。不思議と華丸の西郷に見慣れてしまっているのはSNSの反応を見ていても、筆者だけではないはず。本人がインタビューで話しているように、鈴木亮平の演技と比べるべきではないが、華丸も『青天を衝け』の西郷としてハマり役であった。

一方の血洗島では、平九郎(岡田健史)がその端正なルックスから、村の女性にすっかり持て囃されていた。販売する油は行列をなしてすぐに完売。買えなかった女性客も「お会いできただけでもう……」といったモテっぷりだ。

そんな平九郎との恋模様を予感させるのが、栄一の妹・てい(藤野涼子)。「きっと俺はこのまま油売りの平九郎で終わる」と悩みを明かす平九郎を励ますべく、ていは平九郎への好意をほとんどありのままに喋ってしまう。その後も油の入った壺を持とうとした瞬間に、平九郎とていの手が重なり合うというベタベタの展開。演じる岡田健史は現在『桜の塔』(テレビ朝日系)でも広末涼子演じる爽と恋仲にあるが、『青天を衝け』においても見逃せない人物になってきた。

「あまい先んこつが見え過ぎる人間は往々にして非業の最期を遂げてしまうとじゃ」

そう西郷が栄一に告げていたように、あまりにも早過ぎる円四郎の最期の時がやってこようとしている。第16回「恩人暗殺」は、慶喜(草なぎ剛)にとっても視聴者にとってもつらい回になりそうだ。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「青天を衝け」“平岡さま”がトレンド入り

俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第16回「恩人暗殺」が30日、放送された。

今回、篤太夫(吉沢)と成一郎(高良健吾)は、円四郎に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。2人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。

血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢に入れられる。一方、京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷派志士の怒りは、禁裏御守衛総督の慶喜(草なぎ剛)と側近・円四郎(堤真一)に向かっていく…。

円四郎の最期のせりふは木村佳乃が演じる妻の「やす」。これについて本回の演出を担当した村橋直樹氏は「(脚本の)大森美香さんらしい本だなと思いますし、『やす』という一言がとても好きだったので、意識するようにしました」と撮影の裏側を明かした。

その暗殺シーンが放送されると、SNSでは「平岡さまの最期、直視できなかった」「平岡ロス」「堤さんの平岡さまをまだまだ見たかった」など“平岡さま”がツイッターのトレンドに入るなど多くの反響が見られた。

公式SNSは「暗殺されてしまった円四郎。この時そばにいた川村恵十郎は、自らを奮い立たせ戦い、その場で、円四郎を斬った水戸藩士の林忠五郎と江幡広光と激しく交戦。その激闘で、顔にあとが残る程の、大きな刀傷を負いました」と解説。放送後に公開された“円四郎”堤のオフショットにも多数のコメントが寄せられている。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「青天を衝け」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」