ドラマおすすめ

【無料動画】花子とアン6週目31話32話33話34話35話36話の見逃し配信・無料視聴方法!

【無料動画】花子とアン6週目31話32話33話34話35話36話の見逃し配信・無料視聴方法!

NHKの朝ドラ「花子とアン」の第6週31話、32話、33話、34話、35話、36話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「花子とアン」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「花子とアン」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「花子とアン」を見る時は、動画配信サービスU-NEXTを利用するのがおすすめです!

・花子とアンを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「花子とアン」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・一億円のさようなら
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「花子とアン」第6週31話、32話、33話、34話、35話、36話のあらすじ・ネタバレまとめ

1945年(昭和20年)4月の東京大空襲の最中、本作の主人公・村岡花子(旧名・安東はな)は「命より大事」な翻訳途中の Anne of Green Gables の原書を懐に抱え、子供たちを連れて戦火の中を逃げまどっていた。

52歳の花子が命がけで守り抜いたこの原書は、後年『赤毛のアン』の題名で翻訳出版され、日本中で人気を博することになる。

「花子とアン」6週目31話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

「腹心の友」となったはな(吉高由里子)と蓮子(仲間由紀恵)は、好きな文学や将来の夢を日々語り合っていた。はなは茂木(浅田美代子)の紹介で、梶原(藤本隆宏)が編集長を務める出版社でアルバイトを始める。初めは戸惑ってばかりのはなだが、書棚の一番上の大きな英和辞典に目がくぎづけとなる。休憩時間、はながそれを取ろうと四苦八苦していると、一人の男性が近づいて来る。印刷会社に勤める村岡英治(鈴木亮平)だった。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、ともさかりえ 、浅田美代子 、藤本隆宏

「花子とアン」6週目32話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

富山(ともさかりえ)と梶原(藤本隆宏)が会っているのを目撃してしまったはな(吉高由里子)。かつて恋人同士だった二人のうわさは醍醐(高梨臨)によって学校中に広まってしまう。一方出版社では、はなは英治(鈴木亮平)の提案により翻訳の手伝いを任されることに。それを聞いた蓮子(仲間由紀恵)は喜びを分かち合い、はなにあるペンネームを授ける。そんな折、晶貴(飯田基祐)が蓮子へ面会に訪れ、思いもよらぬ行動に出る。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、ともさかりえ 、高梨臨 、鈴木亮平

「花子とアン」6週目33話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

晶貴(飯田基祐)から、葉山家を救うために見合いをしてくれと懇願され、絶句する蓮子(仲間由紀恵)。そのころ出版社では、その日入稿予定の原稿が燃えてしまうというアクシデントが起きていた。社員たちが途方に暮れる中、はな(吉高由里子)は翻訳を買って出る。だが肝心の英和辞典が持ち出されており、英治(鈴木亮平)は修和女学校の辞書を借りようと飛び出して行く。しかしはなは、女学校が男子禁制だったことを思い出し…。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、ともさかりえ 、鈴木亮平 、飯田基祐

「花子とアン」6週目34話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

蓮子(仲間由紀恵)が見合いした石炭王・伝助(吉田鋼太郎)は親子ほども年の離れた人物で、傍若無人に振る舞って蓮子を戸惑わせる。そんなことはつゆ知らず、はな(吉高由里子)は蓮子の帰りを待ちつづけるのだった。一方、社会運動への厳しい取り締まりを目の当たりした吉平(伊原剛志)はしばらく身を潜めることにし、久しぶりにはなの元を訪れる。蓮子は悩みつつ女学校へ戻って来るが、はなを見かけると意外なことを提案する。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、伊原剛志 、室井滋 、吉田鋼太郎

「花子とアン」6週目35話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

蓮子(仲間由紀恵)たっての希望で、はな(吉高由里子)の故郷・甲府へやって来たふたり。周造(石橋蓮司)はじめ安東家の人々は蓮子の美しさにびっくりするが、やがて打ち解け、ふじ(室井滋)が作ったほうとうに蓮子は舌鼓を打つ。そんな彼女に吉太郎(賀来賢人)は一目ぼれしてしまった様子で、無口になってしまう。楽しいときを過ごすはなたちだったが、ふじは蓮子がなにか悩みを抱えているのではないかと感じ始める…。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、室井滋 、石橋蓮司 、賀来賢人

「花子とアン」6週目36話のあらすじ・ネタバレ

「腹心の友」

ふじ(室井滋)の温かい言葉に蓮子(仲間由紀恵)がひそかな決意をした翌朝、はな(吉高由里子)と蓮子は近くの池へ魚釣りに出かける。楽しそうだが「今日を決して忘れない」などと言う蓮子に、はなはどうしたのかと問うもののはぐらかされる。そこへ朝市(窪田正孝)と吉太郎(賀来賢人)もやってきて、4人は大きな魚を釣り上げる。朝市や蓮子の言葉に背中を押され、帰京したはなは高等科への進学を決意する。しかし、蓮子は…。

出演

吉高由里子 、仲間由紀恵 、室井滋 、賀来賢人 、窪田正孝

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

朝ドラ「花子とアン」の主なキャスト※ネタバレ含む

高梨臨 役:醍醐亜矢子/安東亜矢子

幼少期:茂内麻結

はなの友人で貿易会社の社長令嬢。

両親の海外赴任により、はなと同時期に修和女学校に編入。

同学年で寄宿舎も同室であることから、はなの最初の友人となる。

はなに対しては、奥手な彼女の初恋を応援したり、退学を阻止するために尽力したりと世話を焼く。

しかし、本科生時代に蓮子が編入してきて以来、はなが自分よりも蓮子との関係を優先させるようになり、一時期はなに対して苛立ちを覚える。

幼少時より貿易商の父親から英語を教わっており、編入当初から英語が得意であった反面、掃除は全て使用人に任せていたため、はなと対照的に掃除が大の苦手。

他の多くの生徒たちと同様、容姿端麗で家柄のいい理想的な男性との結婚を夢見ている。

大文学会でロミオ役を演じた後、実家に戻って通学生になり、見合い三昧の日々を送った末、卒業間近に医者と婚約するが、相手に恋のときめきを感じないことを理由に自ら婚約を破棄し、はなの紹介で「向学館」に就職する。

はなが自分を「花子」と名乗っている件については「はなの方があなたらしい」と取り合わず、はなが「安東花子」のペンネームで童話『みみずの女王』を向学館に投稿した際には、雑誌への掲載時に彼女のペンネームを勝手に本名に変更し、「児童の友賞」の授賞式の場で騒動を引き起こす。

その後、出版社「聡文堂」を創業する編集長の梶原に伴って移籍し、同僚になったはなと共に新たな編集の仕事を始める。

占い師の助言を受けて以来、出版社の取引相手である印刷屋の村岡英治に想いを寄せる。

はなが英治に抱擁される現場を偶然目撃したことから、彼女に対してライバル心をむき出しにするようになるが、はなが翻訳した『王子と乞食』のために英治が描いた挿絵を見て、彼のはなに対する想いを悟り、身を引く。

その直後、英治が既婚の事実を隠してはなに思わせぶりな態度を示していたことが発覚し、はなに同情する。

英治が宇田川満代から依頼されて童話『銀河の乙女』の挿絵をうまく描けずに悩んでいた際、英治に助言を与える。

蓮子が宮本と駆け落ちした翌々日、早朝に村岡家を訪ね、新聞の朝刊に蓮子が伝助へ宛てた絶縁状が掲載されていることを花子(はな)と英治に知らせる。

後日、伝助からの反論文を新聞で読んで、蓮子の結婚生活の実態を初めて知り、蓮子の苦悩を最も理解していた花子を改めて「蓮子の腹心の友」と認めると同時に、女学校時代にはなと蓮子の仲に嫉妬していたことを花子に謝罪する。

また、蓮子の波乱に満ちた人生を書にしようと宇田川に執筆を依頼し断られた結果、自ら執筆する決意を固め、蓮子の半生について取材を始める。

蓮子が葉山家に監禁されている最中には、花子と蓮子が再会できるように協力もする。

関東大震災から半年後、蓮子を題材に仕事をすることを家族に反対され、家を出て一時的に村岡家に居候する。

この時、『王子と乞食』の単行本化の資金難に悩むはなに協力し、女学校時代の友人らに声をかける。

大正15年には自らも蓮子の伝記の単行本化を実現させ、後に吉太郎と結婚を約束する。

しかし上官から結婚の了承を得られず吉太郎から別れを告げられるが、いい返事を得られるまで彼を待つとともに仕事に打ち込む決意をする。

昭和7年に青凛社で創刊した雑誌「家庭」では、随筆を寄稿する。

太平洋戦争開戦後、戦地の様子を取材するため、父親の会社を頼ってシンガポールに渡り、帰国の途につく際に船団が米軍からの魚雷攻撃に遭い、戦死を目の当りにする。

帰国後すぐ花子を訪ね、戦争の恐ろしさを語り泣き出した後、自宅に引きこもる。

昭和20年(1945年)には、自宅から出られるようになり闇市で、吉太郎と再会。

互いの無事を喜び合うが、その場で別れを告げられてしまう。

その後、彼を待っていたら「おばあちゃんになってしまう」と危機感を抱き、甲府へ。

安東家で吉平とふじへ「家事は得意ではないがここに置いて欲しい」と懇願。その後、吉太郎と結婚した。

中島歩 役:宮本龍一

かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客。

四谷区、四谷南町在住。社会主義運動やそれに伴う演劇活動にのめり込む帝大生で、カフェーで学生仲間と共に政治や文化について熱心に談義する。

ブルジョア階級の人間を目の敵にしており、「ドミンゴ」ではなと待ち合わせ中の蓮子に対して挑発的な行動をとる。

しかし、平祐から与えられた蓮子の歌集『踏絵』を読み、籠の鳥である彼女の実状を知るとともに、彼女の短歌に込められた情熱に心を動かされ、福岡の嘉納家に出向き蓮子のもとに押し掛けて、自らが携る演劇の脚本の執筆を懇願する。

以来、脚本作りを通して蓮子と接するうちに、彼女に恋心を抱くようになる。

人目を忍ぶ恋や伝助の存在に傷つきながらも、蓮子と心を通わせていき。

大正10年の夏、全てを捨てて一緒になる覚悟を決めた蓮子との駆け落ちを計画。

後日、蓮子と共に逃走を図る。翌日、蓮子から伝助宛ての絶縁状の郵送を託され、学生仲間たちに投函を依頼するが、その絶縁状は彼らの独断で新聞社に渡り、大きく報道される。

その後は蓮子と共に自宅を離れ、追手から逃れて父の旧友である山川弁護士の自宅に身を寄せるが、そこも追手が迫ったため、妊娠中である蓮子を花子の実家へ預ける。

その後、村岡家に潜伏中に伝助に見付かり大喧嘩となるが、結果として蓮子の妊娠を知った伝助が身を引く。

蓮子が産気づいたと誤報を聞いて甲府の安東家を訪れた際に、嘉納鉱業の番頭から預かった蓮子の宝飾品や伝助からの離婚届を蓮子に渡す。

また、生まれて来る子供のために弁護士を目指して真面目に勉学に励む決意を語る。

蓮子が葉山家に連れ戻された後に、亜矢子から蓮子の出産を教えられ、誕生した長男に「純平」と命名する。

大正12年9月1日、関東大震災で被災した、葉山家へ蓮子を助けに訪れ、1年ぶりに蓮子と再会。

生まれて来た純平とようやく対面を果たし、親子3人で葉山家を後にする。

大正13年春には、華族を除籍された蓮子と正式に結婚。妻子とともに実家に戻り、母・浪子と同居を始める。

かよの屋台で蓮子が前夫・伝助と酒を酌み交わすところを目撃。

衝撃を受けてその場を離れ、ヤケ酒をあおっていたところ、工事現場帰りの英治と遭遇。

酔いつぶれた状態で村岡家へ行き、花子に伝助との一部始終を話していた蓮子に絡むが「今の暮らしに満足している」と打ち明けられて納得する。

なお、この時の台詞で、新米ながらも弁護士として働いていることが本人の口から語られる。

昭和7年、娼妓の雪乃が蓮子に助けを求めてきた際には、弁護士の地位を活用し、蓮子と協力して彼女を宮本家に匿う。

日中戦争が勃発した翌年の昭和13年には、政府の弾圧を覚悟の上で昔の仲間たちと共に反戦運動を行うが、国家に発覚し、吉太郎が率いる憲兵隊により逮捕。

釈放後も周囲から後ろ指差されながらも戦争に反対し奔走する。

昭和20年(1945年)、中国から帰国してすぐに純平が戦死したことで蓮子が白髪になってしまい、悲しみに暮れて歌を詠むことすらしなくなってしまった、その様子を見かねて翌年村岡家を訪ね、「蓮子に会って下さい」と花子に懇願した。

柳原白蓮の三度目の夫となった宮崎龍介がモデル。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「花子とアン」以外にもU-NEXTでは

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・一億円のさようなら
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」