映画おすすめ

【無料動画】実写映画アラジンのノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

【無料動画】実写映画アラジンのノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

日本テレビで放送されている映画番組「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画「アラジン」の見逃し配信、ノーカット無料フル動画を無料視聴する情報や、あらすじやネタバレについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この映画「アラジン」は、ディズニーが実写映画として発表したリメイク作品です。

今でも根強い人気の「アラジン」が金曜ロードショーで放送されるということで、話題です!

だからこそ、「アラジン」を何度も見返しながら楽しみたいですよね?

そんな時のために、「アラジン」をノーカットで何度も見返せる方法があります!

ドラマなどは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

そもそも「TVer」では「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」は配信されていませんし・・・。

なので、「アラジン」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・アラジンを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・おちょやん
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

映画「アラジン」のあらすじ・ネタバレ

アラジンが手に入れた魔法のランプ・・・中から現れたのは 愉快な魔人のジーニー!

アグラバーに住むアラジン(メナ・マスード)は、貧しい泥棒だが、心は美しい青年だ。

ある日、市場にお忍びでやってきた王女のジャスミン(ナオミ・スコット)と出会ったアラジンは、彼女と恋に落ちる。

ジャスミンは父を継いで国王になることを望んでいたが、父からは次の国王となるべき男性と結婚するよう命じられ、悩んでいた。

一方、催眠術で王を操る国務大臣のジャファー(マーワン・ケンザリ)は、魔法のランプのパワーで王座を手に入れようと暗躍中。

しかし、魔法のランプが眠る洞窟に入ることができるのは、心の美しい人間だけだ。

ジャファーに命じられて洞窟に向かったアラジンは、空飛ぶ絨毯と魔法のランプを手に入れるが、洞窟に閉じ込められてしまい・・・!

そんな彼の前に現れたのは、ランプの魔人・ジーニー(ウィル・スミス)。

ジーニーから、アラジンが彼の主人になったこと、主人の3つの願いを叶えるのがジーニーの仕事であることを知らされたアラジンは、ジーニーの力を使って地上へ。

そして、3つ目の願い事でジーニーを自由にすると約束して、まずは王子のフリをしてジャスミンに近付く計画を立てる。

アリ王子と名乗って王宮に現れたアラジンと絨毯に乗って空の旅に出たジャスミンは、彼がアラジンであることを見抜く。

しかし、時を同じくしてアリ王子が魔法のランプの持ち主であることに気付いたジャファーが、彼を海に突き落としてしまい・・・!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

映画「アラジン」のネタバレ・感想

はじめに……私は、あらゆるディズニーキャラクターの中でジャスミンが一番好きという稀有な趣味の持ち主です。ww

それ故、このレビューはとんでもない熱量を持つことになると思うし、その事を了解してもらえる方にのみ読んで頂けたらと思います。笑

シャーロックホームズシリーズのガイ・リッチー監督がディズニーを手掛ける。

既存の物語に新たなスパイスを投じ、アクションシーンを得意とする同監督がディズニーきっての友情・愛情物語をどう描くのか。大きな期待と大きな不安を持って劇場に向かった。

まず、話題となったウィル・スミスのジーニーについて。 ビジュアル解禁となった時にすごく不安を覚えたが(笑)いざ見てみると意外にも映画に馴染んだ。 もちろん、一番最初の洞窟での登場シーンは少し面白おかしかったけれど、直後に流れるフレンドライクミーでかなりめちゃめちゃな動きを見せられた為に、その後で違和感を感じる事はあまりなかった。

ジーニーという実にアニメ向きなキャラをあそこまで実写に馴染ませられるのは彼しかいないのではないだろうか。 吹き替え版で、アニメと同様に山寺宏一が声優を担当したのもファンとしては嬉しく、彼が歌うラップ調の楽曲も魅力的だった(オーディションは山ちゃんも一から受けたというから驚きだ)。

ディズニー楽曲における大天才、アラン・メンケンをアニメ版の時と同様に起用しておきながら、このフレンド・ライク・ミーとプリンス・アリはかなりアレンジを加えた楽曲となっていた。アニメ版ジーニーとウィルジーニーでは陽気なノリにも性格にも少し違いがあり、まさに"ウィルのための楽曲"となっていた。これを良しとするかどうかは人それぞれだと思うが、今作においては、このアレンジはハマっていたと感じる。

アニメ版91分に対し、実写版は129分。 追加された38分で主に描かれたのは大きく分けて2つ。

・国王を目指すジャスミンがより掘り下げられた。
・ジーニーと従者とのラブロマンス

まず後者について。 この要素は映画の進行においてもアラジンとの関係においても、ジーニーのキャラクターにおいても必要のない要素だったように思う。

アラジンという物語を語る上では楽曲を抜きには語れないので先に少しだけ補足を。

アニメ版製作当初、音楽を担当していたのは先述したアラン・メンケンとハワード・アシュマンという最強タッグだった(リトル・マーメイド、美女と野獣もこの2人)。彼らはフレンドライクミーやプリンスアリなどを生み出したが、これから間違いなく音楽シーンを牽引していくであろうハワードは映画の完成を待たず40歳という若さでこの世を去ってしまう。アラジンの中でおそらく一番成功した楽曲「アホールニューワールド」は彼の手によるものではなく、後任のティム・ライスとアランの手によるものだ。

ここで言いたいのは、ハワードとアランでは友情ものであったアラジンに、ティムの手によってラブロマンス色の強い要素が加えられたという事。今でも同作が友情ものか恋愛ものかというのは面白い議題だが、私は友情ものだと考える。事実、一番心揺さぶられるのはアラジンがジーニーを解放するシーンだろう。

最終的に彼は誤魔化しの愛情より真実の友情を選ぶ。つまり今作において、ジーニーは友情の象徴であるべきだった。そこに従者との恋愛要素は蛇足に感じるし、はっきり言って2人の恋愛には興味がない。冒頭のシーンにつながる伏線だとしても、仕掛けとしては安っぽい。

ジャスミンが強い女性として描かれていた事について、この方向性は良かった。が、それがアニメ版ジャスミンの魅力を阻害するファクターとなってしまったのも事実だ。

ジャスミンといえば、ディズニープリンセスの中では珍しい主人公でないプリンセスとして有名だ。(シンデレラの主人公はシンデレラだし、白雪姫の主人公は白雪姫。アラジンの主人公はアラジン) それ故にスクリーンシーンもそれほど多くなく、彼女について多くは語られない。 作中でも、籠の鳥的な表現が多くされ、強気だが世間知らずな女性として描かれる。 しかしこの事が彼女の魅力だった。 多く描かれない事は想像の余地を生むのと同義で、細かい仕草や所作から彼女がどんな人間なのかと想像できるのが大きなポイントだった。

名曲"A whole new world"を例に出そう。 数多くのディズニー音楽の中で唯一グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞したこの楽曲において、ジャスミンは実に伸びやかだ。 宮殿をほとんど出たことがないジャスミンがアラジンに連れられ、魔法の絨毯に乗って世界を見て周る。 実写版では"国王になる"という目的のためにアグラバーを見て周るシナリオに変更されていたが、やはり歌詞にある"through an endless diamond sky"ーー際限ないダイアモンドの空を超えーーた先にあるものはアグラバーではなく広い世界という方が自然だし、故郷の再確認より、新世界の発見という方が感動も大きい。

アニメ版の歌い出しの部分、アラジンのソロパートでは、ジャスミンは目を輝かせて宮殿の外の風景を見ていて、アリが花を渡すまで歌なんて聞いてもいない様子だ(それほどまでに外の世界に夢中) 。さらに、アニメ版では並列飛行していた鳥が驚いたり、馬に触れたり、水に触れたりと、外の世界との接触がある。この動作によっていかに彼女にとってこの夜が新鮮な体験なのかを理屈でなく感じ取れる。 実写版ではそういう演出はなく、2人はただ歌うのに夢中だという風だ。

CG技術において、役者と風景との接触が難しいのは分かる。けれどもいざ比べた時、この差は曲を語る上でも、ジャスミンを語る上でも避けては通れないマイナス点だ。 さらに、アニメ版の曲終盤では、アラジンが、もいだリンゴをまるでサッカー選手のように肩や腕を使ってジャスミンに渡すシーンがある。

実はこれ、2人の出会いの時にもアグラバーでやっていた動作なのだ。 曲が始まる合図の"Do you trust me"(僕を信じろ)というセリフも、アリ王子の正体がアラジンであると匂わせるもので、ジャスミンもそれを察知し恐る恐る"YES"と答えるわけだが 先述したリンゴのシーンで、ジャスミンは彼の正体を確信したかのように、歌いながらも一瞬意味ありげにアリを見つめる。

非常にメロウな音楽の中でのこういう細かな表現が、多くを語られない彼女の性格や女性らしさを想像させ、ぐっっと魅力的にする。 実写版では強い女性を描きたかった為に意図的にか、或いは他で掘り下げられるから細かい表現をする必要がなかったからか、"想像を掻き立てる"所作や映像が切り捨てられていた。これが痛い。

そして1番の問題はジャファーだ。 このキャラの魅力がほとんどない。

多くの場合、敵キャラに魅力がないとそれに対抗する主人公らの行動にも興味を持てず、結果、作品全体がトーンダウンする。 今回も例に漏れず。 ジャスミンが国王を目指すというシナリオにするのであれば、国務大臣という要職に着くジャファーは強大な政敵にもなり得た。

その対立をもっと深く密にすることができれば彼の魅力も増しただろう。 そしてスピーチレスを歌った後(曲は良いが曲中の映像表現と彼女の感情がよく分からなかった)には、ハキームという謎の従者に問題解決を丸投げするのではなく、ジャスミン王女自身でジャファーと対峙すべきだった。

例えばこういうのはどうだろう。 ジャファーは例の杖の力をジーニーの力で強大なものにし、民衆を操り、国王になるべく自身を支持させる。 (映画の冒頭でジャスミンはパンを子供達に盗み与えるという、国王を志すにはあまりに稚拙な行為を行う。本当にジャファーの方が国王に向いてるという表現があるとなお説得力は増す。)

アグラバーに響くジャファーコール。サルタン王ですらどうすることもできない。

そこで、ジャスミンはスピーチレスを歌い出し、自分の意思で声を上げていくんだと訴える。ジーニーの魔法は上辺を取り繕うもので本質までは変えられない。 本心からアグラバーと民衆を思う彼女の気持ちは民衆の洗脳を解き、やがてどこからかジャスミンこそを国王にという声が聞こえてくる。 さらなる力を欲したジャファーはジーニーと同格になることを望み……。

単純なストーリーラインだかこういう方がしっくりくるし、描き方如何ではジャファーは知的な敵としてもっと魅力的になり得ただろう。 ジャファーが魅力的になること。これは作品全体の質や緊張感をもっともっと高めたはずだ。

ジャファーもそうだが、ウィル以外の俳優陣の演技も正直、及第点以上のものにはならなかった。アラジン役のメナ・マスードはダンスシーンを撮る為に起用されたのかと思うほど演技に特に光る部分は無かったし、ジャファー役のマーワン・ケンザリも、女性ウケを狙ったのかと疑いたくなる原作との乖離さ。小物感という言葉がいやにしっくりくるジャファーに仕上がってしまっていた。

ジャスミン役のナオミ・スコットは所々に光るものを感じさせたが(絨毯に初めて乗る前、アリ王子がアラジンではないかという疑念と期待と空を飛ぶことへの不安とが入り混じった"YES"というセリフにはぐっと惹きつけられた)、なんだか歌う事に注力していた感じで、演技自体が素晴らしかったかと言われるとそうでもない。また、ラジャ(トラ)を王子やアラジンにけしかけるようなシーンがあるが、実写になるとそれがシャレになってないというか。普通に怖すぎる。

結論として、アラジンを見るなら、アニメ版を見れば良い。その評価が今回適当だと思う。 しかし、映像の美しさ、音楽の迫力、ウィルの演技など、実写版には実写版のよさがある。決して見て損をするような映画ではない。

ただし、ジャスミンはアニメ版の方がかわいいし魅力的だ(笑)

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「アラジン」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・おちょやん
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-映画おすすめ
-, , , ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」