ドラマおすすめ

【無料動画】北の国から13話14話15話16話17話18話の無料視聴方法!再放送は?

【無料動画】北の国から13話14話15話16話17話18話の無料視聴方法!再放送は?

フジテレビで放送されていたドラマ「北の国から」の13話、14話、15話、16話、17話、18話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作、再放送情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「北の国から」は言わずと知れた大人気ドラマで、放送から何年経っても見る人の心を掴んで離しません!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回1話が見たい、見逃してしまった2話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「北の国から」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「北の国から」を見る時は、FODを利用するのがおすすめです!

・北の国からを何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

フジテレビドラマの見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「北の国から」13話のあらすじ・ネタバレ

令子(いしだあゆみ)の入院を聞き、上京した純(吉岡秀隆)。

東京の仲間達との再会を喜ぶ反面、半年間で自分が遅れをとったと悩む。

「北の国から」14話のあらすじ・ネタバレ

純(吉岡秀隆)を手元に置きたがる令子(いしだあゆみ)。

前ほど東京に魅力を感じなくなった純は北海道に戻る。

「北の国から」15話のあらすじ・ネタバレ

凉子先生(原田美枝子)が昔東京で生徒を殴って自殺させたという投書が舞込む。

彼女を庇う五郎(田中邦衛)達と杵次(大友柳太朗)は対立する・・・。

「北の国から」16話のあらすじ・ネタバレ

酔っ払って橋から落ち、杵次(大友柳太朗)が死んだ。

杵次と開拓の苦労を共にした清吉(大滝秀治)の言葉が、純(吉岡秀隆)の心に焼きついた。

「北の国から」17話のあらすじ・ネタバレ

正式に離婚するため富良野を訪れた令子(いしだあゆみ)を気遣う純(吉岡秀隆)と、無愛想に振舞う螢(中嶋朋子)。

しかし令子が車窓から見えたのは・・・。

「北の国から」18話のあらすじ・ネタバレ

筏下りの日、中畑家の筏に乗せてもらう約束をした純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)。

純は岸につらら(熊谷美由紀)を見つけるが・・・。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「北の国から」について

【無料動画】北の国から13話14話15話16話17話18話の無料視聴方法!再放送は?

「北の国から」は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマのシリーズ。原作・脚本は倉本聰。主演は田中邦衛。

連続ドラマとして「金曜劇場」枠で1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された後、ドラマスペシャルとしてシリーズ化され、8編のドラマスペシャルが1983年から2002年まで放送された。

北海道富良野市(主に麓郷地区)を舞台に、北海道の雄大な自然の中で田中演じる主人公・黒板五郎と2人の子どもの成長を21年間にわたって描く。

東京から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本は倉本聰で、北海道の雄大な自然の中で繰り広げられる。連続ドラマ放送後、8編に及ぶドラマスペシャルが放映された。主題歌の作曲・スキャットは、さだまさし。

連続ドラマ

全24話。テレビ大賞受賞作品。異例の1年2か月間に及ぶ長期ロケを敢行。スタート当初は視聴率も一時は1桁台に落ちたものの尻上がりに上昇し最終回には20%を突破、平均視聴率は14.8%を記録した。

また最終回放送日には各新聞朝刊にお礼広告を出稿。視聴者から寄せられた投書も1万通を超えた。

ドラマスペシャル

連続ドラマの好評を受け、10年単位で子役の成長を追う大河ドラマというコンセプトで、当初から長期シリーズとする予定で開始。

ドラマスペシャルでは常時視聴率20%超えを記録した。全ての作品がビデオ化されている。

ドラマ終了後の構想

あくまでもドラマが続いた場合の倉本聰の構想であり、映像化並びに書籍として活字出版化されている訳ではないので注意が必要。

北の国から1900。北の国からのルーツを探る物語。徳島から北海道静内へ蜂須賀藩の家臣稲田家は移住してくる。ドラマでは一行が襟裳岬のほうに流されその末裔が黒板五郎の一家。黒板一家は山道をたどって富良野まで来る。

川のほとりに家を造るが下流にもう1軒別の一家が住んでいた。黒板一家はその上流に家を構えたために水争いが起き、両家は対立して険悪になる。そんな中で黒板一家の息子と川下の家にいる娘が恋をする、という話を倉本は考えていた。

92巣立ちの他に「92成人」「92卒業」とする別タイトル案もあった。また杉田によると「秘密」の前に一つ幻の脚本があり、シュウと五郎の恋愛話だった。純は関係なくさすがにちょっとこれはということになって撮影が見送られた。そのため「秘密」ではシュウと五郎の仲睦まじいシーンが多数描かれている。

2002年冬、純と結は結婚。麓郷を離れ富良野市麻町の2DKアパートで暮らす。結婚式には五郎、雪子、トドのみ招待した。披露宴は行わず、埼玉にいる蛍と正吉には「お金が掛かるから来ないで良い」と言った。

中畑、シンジュク、成田、クマも式には呼ばなかった。中畑和夫は2004年に再婚。五郎はみずえの遺言にあった拾ってきた家を雪子の家の隣に建てるが、純と結は中畑より「あの家は純たちにいつか麓郷へ戻って欲しくて建てているんだ」と真実を知らされ二人は号泣する。

2002年6月13日、純と結は結婚。同年12月24日、栃木県宇都宮に住んでいる正吉宅より、快が五郎に会いたくて一人で寝台特急北斗星に乗ってしまう。二人は捜索願提出。

翌25日、札幌駅で警察が無事快を保護。快が持っていた絵葉書の住所から五郎の元に連絡が届き、五郎は涙に咽ぶ。同月31日、正吉、蛍は富良野へ快を迎えに行く。翌2003年1月1日、正吉は蛍に内緒で五郎へ家を建てて欲しいとお願いをする。

純と結は結婚し富良野市内に居住。麓郷で一緒に暮らして欲しいという五郎と町で暮らしたいという純は意見が対立しているが、結と五郎は懇意であるという。

2006年12月11日、その後のシナリオで登場する「純と結の家」が富良野に完成する。黒板五郎が息子の純と結夫婦のために建てたという設定。倉本は集まった約50人の前で、最終章「遺言2002」から「純と結の家」完成までのシナリオを朗読した。

2007年のインタビューで倉本は続編を作る意欲を持ち、筋も考えていると答えた。純は結と離婚して初恋相手のれいと再婚し、蛍と正吉も離婚する。その後は蛍の息子の快を主役に発展させる構想とした。

2009年、杉田によると「2015年くらいになったら装いを新たにした『北の国から』があるかもしれない。倉本さんもそれからの『北の国から』を書いている」と述べている。

倉本は2011年に刊行した『獨白 2011年3月』において、新作を最近書かないかと言われたが、諸般の事情で流れたと述べている。倉本がそのとき考えかけたプランでは、
純は富良野におらず結と離婚して東京に出てゴミの仕事か何かやっている。

親爺のことは想っているけど五郎へ仕送りはしていない。蛍は正吉と関東におり、五郎にもマメに仕送りはするが仕事が忙しく滅多に富良野に顔は出さない。五郎はときどき中畑が見舞うがほぼ「無縁社会の独居老人」となり、税金をずっと払っていないため年金も受け取っておらず「国の世話にならず、自然の世話になっている」毅然とした独居老人の姿を書いてみようとちょっと思って止めたと倉本は述べている。

2011年5月の富良野での「北の国から」広場オープンの倉本のスピーチによると、五郎は、麓郷の石の家に住んでいる。純は妻に逃げられ、羅臼でトドの手伝いをしたり、埼玉でゴミ処理の仕事をやっていた。そこに2011年3月東日本大震災が起きる。

福島県のいわき市に住んでいた正吉一家は災害に巻き込まれ、子供を助けようとした正吉が津波にのまれて死亡。蛍は生き残った快を麓郷の五郎のもとに預け、福島で看護師としてボランティア活動を行っている。純も蛍と共に福島で災害復興の仕事に従事している。

2011年8月、倉本と大根仁、Boseのラジオでの対談によると、正吉は津波に流されて死亡。蛍は中一になる快を五郎の所へ送り、看護師としていわき市で働いている。純は埼玉でごみ処理を行っていたが正吉の死にショックを受け福島で瓦礫の整理(ママ)に従事している。

五郎は快と二人暮らしをしているが、税金も払っていないため国の世話にはならず金も持たず物々交換で生計を立てている。役場の人が来ると隠れて逃げてしまう。純と結はあっさりと離婚したと答えている。

同年8月、BSフジ「『北の国から』放映30周年記念特別番組 今、五郎の生き方〜2011夏 倉本 聰〜」では、震災後の状況は同じであるが、純は福島でボランティアとして働き、同年10月富良野市新富良野ホテルで行われた倉本聰講演会及び会場設置の案内では、蛍は看護師としてボランティアを行っており、快は麓郷で五郎とともに石の家に住んでいるとしている。

2012年2月に発売された雑誌『文藝春秋』2012年3月号で倉本は「頭の中の『北の国から』―2011『つなみ』」と題した現時点での登場人物の「その後」について触れた文章を寄稿した。この中では以下のような内容が記されている。

富良野の町は、駅前が再開発で大きく変わり、旭川から帯広へ向かう広規格道路が北の峰の地中を貫通しかけている。町はドーナツ化現象が進み、マクドナルドやケンタッキー、レンタルヴィデオ屋(ママ)のゲオやホーマックの進出で外郭道路周辺に町の中心が移って来つつあった。

正吉・蛍一家は2004年から浪江町に移住し、正吉は浪江町消防署勤務、蛍は南相馬市の南相馬市立総合病院で看護師として働いていたが、東北地方太平洋沖地震のため、病院では「地方に避難するか病院に残るかは職員各自の自主判断に任せる」という苦渋の選択をする。当直明けの蛍は、早朝、ベットに眠っている患者に握り飯二つをそっと置いて誰にも告げず息子の快とともに2日間掛けて鉄道で富良野へ避難する。

蛍は患者や正吉のことを心配していたが、正吉が行方不明と知り快を残して福島県に戻る。瓦礫の中を正吉を求めて半狂乱で彷徨い、何日か目に正吉を捜していた純とばったり出逢う。

純は結と2003年に結婚し、五郎と共に石の家に住んでいた。その後、麓郷の町の中へ二年がかりで建てた拾ってきた家に住むも2006年に離婚。出ていった結を純は狂ったように探すも行方は分からなかった。純はごみ収集職員として働きながら借金を返済していたが、2007年の大晦日三沢のじっちゃんが亡くなり、伝え置きにより返済から解放される。

ごみ収集職員としての日常をブログに綴っていたところ、読者の一人がれいだと判明。メールによる交流が始まる。2年前に離婚し東京で暮らすれいと7年ぶりに再会する。

恐る恐るれいのアパートへ招かれた時、東北太平洋沖地震に遭遇。正吉一家とは連絡が取れず、五郎にも連絡ができない。福島県に赴き瓦礫の山の中で黙々と正吉の遺体を探しているところで蛍と再会する。

その後、福島第一原子力発電所事故に伴う放射能飛散が懸念されながらも、原発現場の瓦礫処理の下請け作業員の末端として危険な現場に身を置いている。他の登場人物は次の通りと答えている。

五郎・・・喜寿を迎えた。

快・・・浪江町第一中学校へ進学。富良野へ避難後は、五郎の過激な愛情に不潔さと不気味さを感じている。富良野を一人で脱出しようとするが、福島は限界区域(ママ)に指定されていた。

雪子・・・麓郷在住。拾ってきた家に住んでいる。

中畑和夫・・・再婚。生協で妻を伴ってワゴンを押しながら人参を選んでいる。

シンジュク・・・町の電気屋を続けている。

たま子・・・鹿児島県種ケ島在住。二児の母。

結・・・純といくつかのいさかいの挙句に突然消えてしまう。離婚後はトド(高村吾平)と羅臼で暮らしている。

シュウ・・・帯広の豆腐屋に嫁ぐ。五郎には父親の感情を抱いており、盆暮れには必ず顔を出している。

涼子先生・・・遠軽在住。

成田新吉・・鉄工所を息子の代へ今年(2012年か)渡した。

大里れい・・・銀座のバーに勤めているが原宿の一間きりの質素なアパートに暮らしており、地味で清楚な暮らしを送っている。コードネーム「メリー」として純のブログの読者となっている。華やかな衣装に毎晩身を包んでいる自分よりも、未だにゴミにまみれて生きている純の姿を眩しく見ている。

倉本は2015年のインタビューで『北の国から』の続編を、福島を舞台に描く構想があると答えた。

2015年の中村敏夫の葬儀・告別式で、倉本は新作/次回作を構想し、プレゼントしようとしていた幻の企画書を棺の中へ入れた。内容については話さないとした。

2016年北海道新聞のインタビューで「今後新作を出すことは出演者の事情から無理だが脚本を考えることはある」と話した。福島で看護師として働く蛍は3.11で夫の正吉が津波に流され、息子の快を五郎の元に預けた――という話を雑誌に載せたこともある。「その後は書いていないが、五郎たちは生きていて、いつでも書ける」と述べた。

2017年2月より発売された『「北の国から」全話収録DVDマガジン』において、倉本スペシャルインタビュー及び記者の黒板五郎インタビュー(脚本・倉本)では以下のようなことが述べられている。

五郎は現在でも恋をしており、若い女性に風車を作ってやったり本棚を直してあげている。ただし、アッチの方はダメになった模様。

「遺言」から15年後の五郎へのインタビューによると、老年期障害のせいで耳が遠くなり目もかすみ自分の年齢も82歳か85、86歳か分からなくなっている。記者からもらったバイアグラを服用していたが現在では勃たなくなった。

本人曰く「看護度(ママ)は1」とケアマネージャーから言われている。中畑和夫は妻に先立たれた後再婚したもののボケてしまい、その2年後にクルマで高速道路を逆走し交通事故に遭って死亡。

この事故は新聞記事にもなった。正吉は2011年3月11日の東日本大震災で津波のため亡くなり、場所は磐城(いわき市でなく磐城)と述べている。

こごみはへそ歓楽街で小さな居酒屋を営んでいる。スナック駒草ではないとしているものの「巣立ち」の時のスナック「こごみ」なのかは不明。現在五郎が住んでいる石の家や土地はほとんど中畑の土地であると述べており、五郎自身が亡くなった場合は純たちへ相続せず自然へ返すとしている。

中畑家へ土地を返すかどうかについては触れていない。また五郎は初期認知症が進行している。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「北の国から」主なキャスト※ネタバレ含む

中嶋朋子 役:黒板(笠松) 蛍(くろいた(かさまつ) ほたる)

1972年6月5日生まれ。五郎の長女で、純の妹。幼稚園で過ごした純とは違い保育園に通う。

第一話の時点では小学2年生。兄とは対照的に父親っ子。令子の不倫現場を目撃してしまったこともあり、当初から五郎を気遣っていた。

吉野のことも避けており、母の発病時も上京には同行しなかった。正式な離婚手続きに伴う別れの際にも令子に対しては素直になれず、そのことで純からは責められた。

幼い頃は純真で五郎に対し従順だったが、その反動か、成長するにつれて五郎の意思と異なった自分の道を歩み始める。中学卒業後に看護学校へ通い、「'89」では看護学校へ通う電車の中で出会った和久井勇次と恋に落ちる。

しかし彼も受験勉強のため東京へと去ってしまう。「'92」では大学に進学した勇次に会うため富良野線を行き来するも五郎を訪ねず、その姿を正吉に目撃される。勇次から正看になるよう勧められ札幌の病院を紹介されて五郎より勇次を選んでしまい、蛍が麓郷に戻ると思い、就職に奔走していた五郎を落胆させる。

その結果、五郎が大晦日の夜に遭難。その事故をきっかけに富良野の病院に就職すると純に告げたが、麓郷に戻る決意を固めた純にそのまま札幌の病院に就職することを勧められため、富良野を離れる。

その後、「'95」では北部大附属病院で勤務していた札幌の医師・黒木光彦と不倫し、根室市落石に駆け落ちする。「'98」では別れるが、黒木の子を身ごもっていた。

彼には知らせず一人で産むつもりで札幌に引っ越し清掃業に従事していたが、事情を知った草太の計らいで正吉から求婚される。最初は拒んだものの、正吉の情熱に打たれ結婚する。「2002」では快を出産。

正吉が借金返済のために離道した後は富良野市内の病院に看護師として勤務し、市内に一軒家を借り二人で暮らす。母親となってからは気が強く逞しい女性に成長し、快に夢中の五郎を煙たく思うようになる反面、老いた五郎の健康面を心配する。

正吉に棄てられたという不安を抱え続けていた。みずえの死後、正吉からの手紙で栃木に居ることを知り、快を連れて富良野を離れ正吉の許に行く。

いしだあゆみ 役:黒板(宮前)令子(くろいた(みやまえ)れいこ)

五郎の妻で、純と蛍の母。美容院「ローズ」(第7話より「ビューティーサロンRei」)の経営者。

学生時代の友人だった吉野信次との不倫が原因で夫婦は離婚。その後、かねてから患う胆石らしき病で他界(劇中では詳細は言及されていない)。

発病時には吉野の紹介による入院先が小病院だったために神経痛としか診察されず、雪子をはじめ周囲からは大病院に替わるよう忠告されるが、吉野への気兼ねから転院できなかった。最期にも適切な治療を施されず、雪子からの解剖の申し出も遺族たちに拒まれたため、結局死因は分からずじまいだった。

『'92』では、凍死寸前の五郎が見た「幻想」で登場。

竹下景子 役:宮前(井関)雪子(みやまえ(いぜき)ゆきこ)

大学卒。純と蛍の母方の叔母で令子の腹違いの妹(実父、豊の再婚相手)。実の母は病死している。五郎らが富良野へ去った際、喫茶店で彼女が令子の有責を責めるところから物語は始まる。

純と蛍からは「雪子おばさん」と呼ばれており、懐かれている。不倫相手の井関利彦との交際に悩み、富良野の五郎たちを頼って同居するようになり、家事も引き受けていた。その後草太の共同牧場や中畑木材の関連工場で働く。令子の死で東京へ戻った後、丸太小屋の火事があった日に出稼ぎ帰りの五郎とともに再訪するまでは距離を置いていた。

「'83冬」では冒頭のみの登場。草太に好かれ、一度は草太との結婚を決意するが、同時期に井関から離婚成立の知らせを受けたことで気持ちが揺らぎ、「'84夏」では結局は井関と結婚して東京へ帰る。そして井関との間に長男・大介をもうけるが、井関が再び不倫したことで離婚し、再び富良野へやってきた。

富良野へ来てからはニングルテラスにある「森のろうそく屋」で働く。「'02遺言」では、五郎が廃品を利用して建てた家で暮らしており、夫の許しで成長した大介が富良野を訪ねるが、大介は不登校に陥り、口も聞かず、ようやく大介から出会い系で知り合った女性とメールで交際している事実を聞き出して五郎に相談し、五郎は大介に説得を試みるが、大介は五郎に悪態の限りを尽くし、その態度にみずえの病気で悩んでいた和夫が怒り、大介を殴り飛ばしたことで大介とは物別れとなってしまった。

みずえの葬儀の後、富良野を離れる蛍を五郎や純と共に見送った。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「北の国から」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」