ドラマおすすめ

西村京太郎トラベルミステリー64の無料動画・見逃し配信!仙台・青葉の殺意

西村京太郎トラベルミステリーの無料動画・見逃し配信

テレビ朝日で放送されたスペシャルドラマ「西村京太郎トラベルミステリー64」仙台・青葉の殺意の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャスト情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」は、西村京太郎の推理小説『十津川警部シリーズ』を原作とする物語で、根強い人気を誇っています!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」を見る時は、動画配信サービスTELASAテラサを利用するのがおすすめです!

・西村京太郎トラベルミステリーを何回も観たい
・テレビ朝日のドラマの動画をたくさん観たい!
・特撮ヒーローものなども動画でたくさん観たい!
・ディレクターズカット版なども観たい!

そんな人にTELASAテラサはおすすめです。

更にTELASAテラサでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「西村京太郎トラベルミステリー」の見逃し配信ももちろんTELASAなら見放題!

テレビ朝日のドラマは、TVerやテレ朝動画などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、TELASAテラサなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にテレビ朝日の最新ドラマはTELASAテラサ以外では配信されないことが多いので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

TELASAテラサなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

TELASAならドクターXなどのテレビ朝日の話題の動画がたくさん!

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、TELASAテラサなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー64」のあらすじ・ネタバレ

「仙台・青葉の殺意〜見知らぬ美貌の喪主vs十津川警部‼夫の手帳にヒントが…秋保温泉女将の復讐殺人?」高橋英樹(他)▽十津川警部に全く覚えのない差出人から手紙が届き…

十津川警部のもとに不可解な手紙が舞い込んだ。差出人は宮城県仙台市の秋保グランドホテル女将・田中啓子で、亡くなった夫・伸彦の葬儀に出席してほしいという内容だった。“田中伸彦・啓子”という夫妻の名にまったく覚えがなかった十津川だが、翌日休暇を取って仙台に赴き、手紙の送り主である啓子と対面する。啓子によると、十津川の葬儀参列は伸彦の遺言で、さらに“十津川警部に渡してほしい”と1冊の手帳を託されたと話す。

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー64」の出演者

高橋英樹、高田純次、とよた真帆、田中健、遊井亮子、佐戸井けん太、大浦龍宇一、朝倉あき、宇梶剛士、山村紅葉、森本レオ ほか

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー70」のあらすじ・ネタバレ

都内の河原で男性の刺殺体が発見された。臨場した十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)は、現場にかすかな轍を発見。犯人はどこか別の場所で殺害した後、現場近くのホームセンターから台車と段ボール箱を運び出して遺体の運搬に使ったことがわかった。

まもなく遺体の身元は、企業を恐喝して金をせしめる悪徳ジャーナリスト・柴田英太郎(鳥谷宏之)と判明。同時に、同棲中の恋人・武部あかり(小林涼子)の部屋から血痕が見つかる。彼女は派遣先を無断欠勤して行方をくらましていたことから、十津川たちは手がかりを求め、カフェレストランを営むあかりの母・美代子(中原果南)を訪ねる。美代子は最近、娘と連絡を取っていないと言い、店に置いてある山形ワインの話題になるとなぜか話を逸らした。

刑事たちの聞き込みの末、事件当夜、遺体発見現場近くで段ボール箱を乗せた台車を押す男の目撃情報を得た。おそらくこの男が、遺体を運んだに違いない。ドライブレコーダーに映っていた謎の男の姿を関係各所に手配したところ、十津川のもとに1本の電話が入る。その電話の主は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子(沢口靖子)で、乃里子は事件の日、東京駅で2度も謎の男を見かけたという。

捜査一課の十津川のもとを訪れた乃里子は、男は山形で列車の運転士として働いていると話していたと報告。乃里子のもたらした情報から、謎の男の正体は、15年前に別れたあかりの父で山形鉄道の運転士・森山久司(益岡徹)だと判明する。あかりと森山は共謀して柴田を殺害して死体を遺棄し、相次いで山形に逃げたのか!?だから美代子は山形の話題になると言葉を濁したのか!?しかも、殺された柴田は最近、山形で創業した通販会社を恐喝していた事実も浮上。

すべての謎は山形にあるとにらんだ十津川と亀井刑事は、現地へ。一方、乃里子はあかりの行方を調べるため、東京駅の防犯カメラのチェックを申し出る。こうして捜査一課・十津川警部と鉄道捜査官・花村乃里子による合同捜査が始まるが…!?

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー70」の出演者

十津川警部 ……………… 高橋英樹
花村乃里子 ……………… 沢口靖子
森山久司 ………………… 益岡 徹
武部美代子 ……………… 中原果南
武部あかり ……………… 小林涼子
小田涼乃 ………………… 小野真弓
久保田あかね …………… 伴 アンリ
北条刑事/手塚真理絵 … 山村紅葉
柿沼浩輔 ………………… 葛山信吾
亀井刑事 ………………… 高田純次

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー70」について

ミステリー界の巨匠・西村京太郎原作の『トラベルミステリー』第70作で人気シリーズ『鉄道捜査官』と奇跡のコラボ!
山形鉄道が結ぶ、愛と哀しみの絆…!?十津川&亀井コンビと鉄道捜査官・花村乃里子が平成最後の合同捜査!

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏が生み出した人気キャラクター“十津川警部”が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズ。その記念すべき第70弾! 

なんと同じ西村氏の原作を映像化してきた『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官』シリーズとの夢のコラボが実現! 十津川警部役・高橋英樹と花村乃里子役・沢口靖子が、初共演を果たしました!

『西村京太郎トラベルミステリー』は、1979年にスタート。『土曜ワイド劇場』をメインに放送を重ね、40年もの歴史を積み上げてきた、超人気シリーズです。そして、『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官』シリーズもまた、2000年に第1弾をお届けして以来、ミステリーファンはもちろん、鉄道ファンを魅了。2018年5月放送の作品で、第18作を数えました。

今回、『トラベルミステリー』シリーズが第70作という記念すべき節目を迎えるにあたり、同じ西村氏原作であり、鉄道ミステリーでもあるという共通点から、『鉄道捜査官』シリーズとのタッグが実現することに…! 

なんと本作では、花村乃里子が十津川班の捜査に全面協力。人気キャラクターが一枚岩となって捜査に当たるという貴重な展開で、高橋も「いや、ビックリしましたよ! こんな大型コラボは初めてですし、ましてや沢口靖子さんという大女優が我々の作品に登場してくださると聞いたときは、思わず“ウソでしょ?”って言っちゃったんです」と、この仕掛けに心底、驚いたことを明かしました。

そして、自身が愛着を持って19年間演じてきた役柄のまま、異なる作品世界に招き入れられた沢口は、「記念すべき70作目という作品に“鉄道捜査官・花村乃里子”として登場させていただけるなんて、とても面白い企画だなとワクワクしました」と、かつてない超スケールのコラボに心躍らせながら参戦したことを語りました!

2人は今回が初共演で、高橋は沢口に撮影現場で2度も驚かされたことを告白! まずひとつ目の驚きは、その“小顔”っぷりだったとか…!
高橋は「沢口さんの第一印象は…とにかく、お顔が小さい! 私は、“芸能界で高橋英樹より顔が大きいのは柔道家の篠原信一さんだけ”といわれているくらいですから、本当にビックリしちゃって(笑)」とジョークを交えながら、「長いこと主役を張っておられるからか、内側からにじみ出るパワーが本当に素晴らしい! デビューのときからの新鮮味がまったく失われていない方」と、沢口のたたずまいを絶賛していました。

さらに2つ目の衝撃は、意外にも“笑い上戸”だったこと――! 山村紅葉との共演シーンで、沢口が「実は私、ものすごく笑い上戸なんです。ツボに入ってしまって、おかしくて大笑いしちゃいました」というハプニングがあり、「クスリとも笑わない、楚々とした方だと勝手にイメージしていた」という高橋は、「いきなりケラケラと笑いだしたので、そりゃあもうビックリしましたよ(笑)」と、沢口の明るくてキュートな一面をベタ褒めしていました。 

撮影は、終始和やかなムードで行われましたが、沢口は「英樹さんと間近で目が合うと、圧倒されるような迫力を感じました。私も負けないように足を踏ん張って、頑張ってセリフを言ったつもりです」と、先輩の偉大な存在感を受け止めながら、緊張感を失わずに撮影に挑んだことも語りました。 

本作で十津川と乃里子が挑むのは、悪徳ジャーナリストが殺害された事件。遺体を遺棄した男と事件当日、奇しくも東京駅で遭遇していた乃里子は、捜査協力を申し出ます。

やがて、十津川と亀井刑事(高田純次)は真相を追って山形へ…! 捜査を進めるうち、事件の奥底に秘められた、切なくも温かい親子愛が浮かび上がってきて…!? 緊迫のストーリーの合間には、両シリーズにレギュラー出演している山村紅葉のお楽しみ場面や、ミステリーファンを喜ばせるスペシャルならではのセリフなども多数、盛り込まれています。

最後、高橋が「日本人がこよなく愛する“鉄道”を背景に人間の情愛が描かれていますので、我々をはじめとする登場人物たちの人間ドラマを感じていただければうれしい」と、力を込めてみどころを語ると、沢口も「15年の歳月を経て確かめられていく、親子の絆を描いた感動的な物語です。微力ながら、鉄道捜査官・花村乃里子もお手伝いさせていただきますので、どうぞご期待下さい!」と、息ピッタリに作品をPRしていました。

警視庁捜査一課・十津川警部×鉄道捜査官・花村乃里子――。大人気ミステリーのヒーロー&ヒロインが強力タッグを組んでお送りする、平成最後の記念すべきスペシャル! オンエアをぜひお見逃しなく…!

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー70」高橋英樹のコメント

――今回のコラボを聞いたときの感想は?
いや、ビックリしましたよ! こんな大型コラボは初めてですし、ましてや沢口靖子さんという大女優が我々の作品に登場してくださると聞いたときは、思わず「ウソでしょ?」って言っちゃったんです。でも、どうやら本当だとわかって、これは本当にありがたいことだなと思いましたね。
沢口さんとの共演は初めてですが、長いこと主役を張っておられるからか、内側からにじみ出るパワーが本当に素晴らしい! もう安心して現場にお迎えしました。 

――沢口靖子さんと初共演した感想は?
沢口さんの第一印象は…とにかく、お顔が小さい! 私は「芸能界で高橋英樹より顔が大きいのは柔道の篠原信一さんだけ」といわれているくらいの大きさですから、本当にビックリしちゃって…(笑)。あと、沢口さんはクスリとも笑わない、楚々とした方だと勝手にイメージしていたのですが、いきなりケラケラと笑いだしたので、もうビックリしましたよ(笑)。デビュー当時からの新鮮さがまったく失われていない方だなと思いました。

――『鉄道捜査官』シリーズの印象は?
我々の作品と同様に鉄道がテーマなので、撮影が大変だろうなと思いながら、よく拝見していましたよ。鉄道のロケは時間が限られているので、スケジュールが厳しいんですよ! わずか数分間の停車時間に、何シーン撮ったんだろうか…なんて考えながら見ていました(笑)。『鉄道捜査官』シリーズも、日本人が大好きな鉄道をテーマに人情を表現していらっしゃるので、とても安心感がある。我々の『トラベルミステリー』もまた、同じように人間の悲哀をベースに描いていきたいと思っています。

――本作では山村紅葉さんが2役を演じるなど、お楽しみシーンもあるとのことですが?
いやあ、あのシーンの撮影では笑っちゃいましたね。彼女も楽しんで演じてくれています。そういうお楽しみシーンがあるからこそ、また作品の面白さが深まっています。視聴者の皆さんが、そのシーンを探して面白がってくれたらうれしいですね。

――コラボを楽しみにしている視聴者へのメッセージをお願いいたします!
日本人がこよなく愛する“鉄道”を背景に、ぜひ謎解きを楽しんでいただきたいですね。また、人間の情愛がテーマに描かれていますので、我々をはじめとする登場人物たちの人間ドラマを見て感じていただければうれしいです。

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー70」沢口靖子のコメント

――今回のコラボを聞いたときの感想は?
70作まで歴史を築いてこられた人気シリーズの記念すべき作品、そして同じ西村京太郎先生の原作である“鉄道捜査官・花村乃里子”として登場させていただけるということで、とても面白い企画だなとワクワクしました。撮影現場にもうかがうのも楽しみでした。

――高橋英樹さんと初共演した感想は?
高橋さんは数々の代表作をお持ちの映画スターでありながら、三枚目の一面もあって、気さくで魅力的な方というイメージを抱いていました。実際にお会いしたらとてもどっしりしていらっしゃいますし、間近で目が合うと圧倒されるような迫力を感じました。私も負けないように足を踏ん張って、頑張ってセリフを言ったつもりです。

――『トラベルミステリー』シリーズにはどんな印象を?
『トラベルミステリー』シリーズには、十津川警部と“亀さん”こと亀井刑事のコンビの微笑ましさが感じられます。それから英樹さんのお人柄だと思うのですが、十津川班の温かさ、チームワークのよさもにじみ出ているなと思います。高橋さんが演じる十津川警部は包容力があって人間味のある刑事さんで、原作の印象そのままですね。

――本作では山村紅葉さんが2役を演じるなど、お楽しみシーンもあるとのことですが?
実は私、ものすごく笑い上戸なのですが、山村紅葉さんとの共演シーンで、ハイテンションなセリフからいきなり深刻なセリフに入る流れがあって、私がすぐに切り替えられなかったんです(笑)。ツボに入ってしまって、おかしくて大笑いしちゃいました。この作品には、視聴者の方がご覧になってクスッと笑っていただけるような場面がちりばめられていますので、ぜひお楽しみに…!

――コラボを楽しみにしている視聴者へのメッセージをお願いいたします!
15年の歳月を経て確かめられていく、親子の絆を描いた感動的な物語です。微力ながら、鉄道捜査官・花村乃里子もお手伝いさせていただきますので、どうぞご期待下さい!

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー60」のあらすじ・ネタバレ

「秩父SL・3月23日の証言〜大逆転法廷!沿線の洗濯物に秘密が!十津川警部vs黒い帽子の女!」高橋英樹(他)▽十津川のもとに元同僚の娘で検察官の貴子が訪ねてきた。

警視庁捜査一課の十津川警部のもとに、元同僚の娘で東京地検検察官の村井貴子が訪ねてきた。貴子は、十津川たちが容疑者・戸川雅夫を送致した殺人事件の担当検事として2週間後の公判で初めて法廷に立つ予定だったが、その事件のことで奇妙な事実が浮上したというのだ。それは、有名な旅行作家・小島俊介が事件のあった日、秩父鉄道の“SLパレオエクスプレス”で戸川を見かけたとブログ記事に綴っているのが見つかったという。

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー60」の出演者

高橋英樹、高田純次、蟹江敬三、窪塚俊介、小沢真珠、秋本祐希、森本レオ、宇梶剛士、山村紅葉、伴アンリ ほか

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー67」のあらすじ・ネタバレ

警視庁捜査一課の亀井刑事(高田純次)は、亡き親友の息子で弁護士の中村慎一(林泰文)から、ある自動車事故を調べ直してほしいと頼まれる。その事故とは5カ月前、箱根在住の画家・古木保男(山口馬木也)の妻・亜木子(森脇英理子)が運転中にガードレールに衝突し死亡したもので、中村の依頼人である亜木子の妹・井関ゆき(星野真里)が古木による保険金殺人を疑っているというのだ。
ゆきはかなり思い詰めているらしく、前夜「あの男を絶対に許しません。殺して姉の仇を討つつもりです」と殺人を予告するようなメールを中村に送ってきたという。しかし、2人が話している最中に箱根署から電話が入り、ゆきが未明に古木を殺害し自首したことが判明。亀井は思いもよらぬ成り行きにがく然とする。
 
その後、箱根署から正式な依頼が入り、事故の再捜査に当たることになった十津川警部(高橋英樹)たち。調べてみると、古木は事故の2カ月前に亜木子と結婚、亜木子の死により8000万円の保険金を受け取っていた。それだけではなく2年前、最初の妻・みどり(知江崎ハルカ)も結婚2カ月後に自動車事故で死亡。このときも、古木は5000万円の保険金を手にしたという。
古木は女性たちの間を渡り歩くプレイボーイだったようで、当時、亜木子の事故の捜査に当たった調布中央署は、古木の友人で元自動車整備工・白井豊(佐藤滋)の共犯を怪しんだものの、保険金詐欺の証拠は得られなかったらしい。

ところが、十津川と亀井が白井の自宅を訪ねたところ、なんと彼の死体を発見。何者かに鉄パイプで襲われ、殺害されていた。死亡推定時刻は、ゆきが古木を殺した時刻とほぼ一致した。少なくとも、ゆきには、白井を殺すことはできない。
翌日、ゆきが取り調べを受けている箱根署を訪ねた戸津川と亀井。そこで意外な事実が判明する。なんと古木の死因はナイフによる刺殺ではなく、青酸カリによる毒殺だったことが明らかになったのだ。ゆきは薄暗い部屋に忍び込み、古木の背中に一気にナイフを振り下ろしたと証言しており、すでに古木が死んでいたことには気づかなかったようなのだ。結果的にゆりには殺人罪が成立せず、釈放が決まる。

だがその後、奇妙な出来事が起きる。なんと死んだ古木から、ゆきをはじめ、生前、古木と関わりのあった人々に“招待状”が届いたのだ! 内容は「生前ご迷惑をおかけした皆様に箱根に集まってもらい、弁護士立会いのもと、遺言状を公開したい」というもので、古木の死後に箱根から投函されていた。
その招待状を受け取ったのは、ゆきのほか、最初の妻・みどりの弟・森川次郎(中林大樹)、古木とかつて交際していたクラブママ・望月京子(秋本祐希)、画廊経営者・岸本由美子(雛形あきこ)ら、捜査線上に浮かぶ男女ばかり。死者からの招待を受け、それぞれの思惑を秘めながら、箱根に集まる男女…。
古木はなぜ、自分を憎んでいたかもしれない人間たちを集めたのか!? その後もさらなる殺人事件が起き、事件はますます混迷の度合いを深めていく…!

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー67」のキャスト

十津川警部 …… 高橋英樹
亀井刑事 ……… 高田純次
井関ゆき ……… 星野真里
岸本由美子 …… 雛形あきこ
望月京子 ……… 秋本祐希
中村慎一 ……… 林 泰文
古木保男 ……… 山口馬木也
西本刑事 ……… 森本レオ
松山刑事 ……… 宇梶剛士
北条刑事 ……… 山村紅葉
ほか

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」について

「西村京太郎トラベルミステリー」は、テレビ朝日系で放送されている刑事ドラマシリーズ。主演の十津川警部役は、シリーズ開始当初は三橋達也で、2000年の第34作からは高橋英樹。亀井刑事役は当初は綿引洪(勝彦)、その後30年以上にわたって愛川欽也が演じ、2012年の第58作からは高田純次。

西村京太郎の推理小説『十津川警部シリーズ』を原作とする。

1979年度から2015年度までは「土曜ワイド劇場」枠で放送され、2016年度・2017年度は「土曜プライム・土曜ワイド劇場枠」(2016年度・2017年度前半)と「ミステリースペシャル枠」(2017年度後半)で放送され、2018年度からは「日曜プライム枠」で放送されている。朝日放送・大映企画・大映京都撮影所制作による3作品と、テレビ朝日・東映制作による現在放送中のシリーズがある。朝日放送版は1979年から1982年までに3作品が放送され、前後してテレビ朝日版が1981年から放送を開始している。

『西村京太郎トラベルミステリー』のシリーズタイトルは、1989年のテレビ朝日・東映版の第15作「アルプス誘拐ルート」以降に定まったもので、それ以前には放送のたびにさまざまなタイトルが付されていた。また甲斐正人作曲のテーマ曲が使われたのはテレビ朝日版第4作「寝台特急あかつき殺人事件」からで、前3作品はそれぞれ独自のテーマ曲を使っていた。また、ドラマがシリーズ化されて以降は原作小説でも文庫版等で「トラベルミステリー」のキャッチコピーが使用されるようになった。

朝日放送・大映版
十津川警部は三橋達也が演じ、亀井刑事は綿引洪(現・綿引勝彦)が演じ、十津川警部の元部下である橋本豊は沖雅也が演じた。

テレビ朝日・東映版
十津川警部は1981年から1999年まで三橋達也が演じ、2000年からは高橋英樹が演じている。原作とは異なり、三橋の年齢を考慮して十津川警部があまり動き回らない設定にし、代わって愛川欽也が演じる亀井刑事をメインにしていた。十津川警部役が高橋に交代して以降は、原作通り十津川警部をメインに描くようになっている。ナレーションも亀井刑事メイン時代は主に愛川が担当、十津川警部メインになってからもしばらくは作品により愛川が担当していた回があったが、その後は完全に高橋の担当となっている。

亀井刑事は1981年のスタート以来32年にわたって愛川欽也が演じてきたが、2012年から高田純次に交代した(高田純次は2008年の第50作でゲスト出演している)。愛川が出演していた当時のラストシーンはほぼ全作(一部例外あり)で、事件を総括するような内容の会話を十津川役の三橋・高橋と交わすツーショットシーンとされていた(高田に交代してからはその原則は崩されている)。

十津川警部の元部下である橋本豊は、荻島真一と賀集利樹が演じた。
西本刑事は第5作から68作まで森本レオが演じており、歴代シリーズで最長の出演記録となった。第68作を最後に降板しており、後任は設けられていない(実質後継は柿沼刑事)。

近年では過去の作品(亀井刑事メイン時代)のリメイク版もいくつか放送されている。

その他
高橋英樹は1990年から1991年にかけてテレビ朝日系の「火曜ミステリー劇場」で放送された『西村京太郎スペシャル』3作品ですでに十津川警部を演じていた。このシリーズでの亀井刑事役はいかりや長介である。

テレビ朝日・東映の製作。
放送枠は「土曜ワイド劇場」(第1作 - 第65作)、「土曜プライム・土曜ワイド劇場」(第66作・第67作)、『ミステリースペシャル』(第68作)、『日曜プライム』(第69作 - )。

第70作では本作と同じく西村京太郎原作で、また同じく「土曜ワイド劇場」出身のシリーズである「鉄道捜査官」とのコラボレーションが行われ、「鉄道捜査官」から花村乃里子(沢口靖子)、手塚真理絵(山村紅葉)、大沢次郎(山口竜央)がゲスト出演している。

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」の主な登場人物・キャスト

十津川省三

演:三橋達也(第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、高橋英樹(第34作 - )
第5作では天知茂が、第28作では高島忠夫が三橋の代役で出演した。
警視庁捜査一課・十津川班班長。警部。亀井刑事とはかなりの信頼関係ができており、捜査で地方に飛ぶ場合などは行動をともにすることが多い。また、鉄道が絡む事件に関しては「実際にその列車に乗車してみよう」と提案するなどかなりの行動派。不当な権力に対しても決して屈せず、むしろ緻密にかわす強かさも備えている。

部下に対しては非常に懐が深く、不当な理由で部下が危機に陥った場合は徹底して庇う一方で無実を証明するために奔走する、部下の身内が容疑者として疑われたり部下が容疑者の容疑事実を承服できなかったりする際には気の済むまで休暇取得による私的捜査を許す(ただし警視庁としての後押しはできないという条件付きで)など、優しさと厳しさを兼ね備えた上司である。

普段は温厚だが自分勝手な犯人に対しては激高することもあり、亀井刑事になだめられる場面もある。
なお、三橋時代と高橋時代で、それぞれ原作と大学時代のサークル活動が違う(原作はヨット部)。

三橋達也時代の十津川省三
東映・テレビ朝日版では落ち着いたベテラン刑事といった佇まいで、性格は温厚である。愛川欽也演じる亀井刑事とは、ちょうど原作と立場が逆になっている。1作目では、捜査について周囲から意見を聞かれても特にも何も言わないなど「やる気のない上司」を思わせるシーンがあったが、2作目以降はすぐになくなっている。
初期の段階ではあまり自ら動かず、捜査一課のオフィスや捜査本部にどっしりと構え、亀井や西本の報告を待っていることが多い。逆に十津川が自ら動くというと、亀井があっけにとられてしまうほど。しかし事件の真相に迫る為には、腰が重いということはない。

とはいえ、理不尽や犯罪者の勝手な言い分には、激昂して声を荒らげることもあった。亀井が人情キャラクターとなり犯人を説得しようとする一方、十津川は犯人のアリバイトリックを崩す推理の方を担当することが多い。

この「捜査一課の重鎮」的なキャラクターづけの為、オープニングやエンディングのキャストロールでは最後に配されていた。
大学時代のサークル活動はラグビー部に所属していたとされる(第9作「寝台急行「銀河」殺人事件」)。

なお、ファミリーコンピュータ用ゲーム『寝台特急殺人事件』では、キャラクターは本シリーズの俳優をモデルに描かれているが、十津川は第5作で代役を務めた天知茂がモデルになっている。

高橋英樹時代の十津川省三
自身よりベテランの亀井を従えて飛び回る、より原作に近いキャラクターに変更された。相手に激昂して、亀井にたしなめられるような熱血漢でもある。
夫人と行動を共にするなど、私生活を描かれることも多く、またフランクな言葉遣いをしている。
主人公的位置づけに戻ったため、高橋時代のキャストロールでは1番先頭にくることが多かった。
大学時代のサークル活動はボート部に変更されている(第41作「夜行列車の女」)。

北条早苗

演:山村紅葉(第4作 - 第7作・第11作 - )
警視庁捜査一課・十津川班所属。巡査部長。清水とともに西本に次ぐポジションの中堅。
おもに過去の捜査資料の分析や鑑識・他道府県警や所轄署との連絡窓口役としての役割が主だが、聞き込みや犯人確保にも積極的に関わる。第11作や第30作、第45作では警察官であることを隠しての潜入捜査も行っている。

第4作「寝台特急あかつき殺人事件」の中で亀井に捜査一課へ着任の挨拶をしており、さらに清水には十津川に憧れて刑事になった旨を話している(この当時は、かなり痩せていた)。登場当時は亀井に「女刑事」と呼ばれるなど扱いが煩雑であったが、経験を重ねるうちに十津川や亀井をはじめ課員からの信頼も厚くなっている。清水がいた当時はコンビを組んで捜査に当たることが多かった。

久保田刑事が着任するまでは十津川班の紅一点的存在だった。
演じる山村は、第3作で被害者の友人役として登場後、第4作から北条早苗役にシフトしレギュラー出演している(スケジュールの都合上、第8 - 10作は出演しておらず、第8・9作は女性刑事の橘直子役を古手川伸子が、第10作は清原倫が演じた)。

久保田あかね

演:伴アンリ【旧・伴杏里】(第52作 - )
警視庁捜査一課・十津川班所属。階級は巡査部長。北条刑事、橘刑事に続く十津川班3人目の女性刑事。
第52作で、旅先で知り合った資産家の女性に対する殺人事件の被疑者にされ自殺を図った兄の足取りを追って、私的に捜査を行っていた西本刑事を付け回す謎の女性として登場するが、ラストシーンで、実は十津川班に加わることになった新人刑事で、異動前に長期休暇を取り旅行中、偶然見かけた西本を刑事と気づかず不審者と勘違いして尾行していたと明かされた。

続く第53作から、十津川班の一員として捜査活動に加わっている。

小林宏昌

演:佐藤正浩【旧・天原まさみち】(第36作 - 第52作・第61作 - )
警視庁捜査一課・十津川班所属。巡査部長。十津川班では最もキャリアの浅い刑事とされ、犯人逮捕時の確保役や事件発生時の先遣役となることが多かった。彼の着任前の十津川班は亀井・西本・清水・北条・日下以外に役名のない刑事が複数人配置されていた。

第52作をもって久保田と入れ替わる形で日下と共に一旦退場、後に第61作より同役で再び十津川班に復帰している。
演じた佐藤(天原)は、第35作では北海道警察名寄中央警察署の刑事として出演。

柿沼浩輔

演:葛山信吾(第69作 - )
警視庁捜査一課・十津川班所属。

亀井定夫

演:愛川欽也(第1作 - 第57作)、高田純次(第58作 - )
警視庁捜査一課・十津川班副班長。警部補。十津川の右腕的存在。昔気質の粘りとフットワークの軽さを武器にする刑事で、その根気強い聞き込みで新事実をあぶり出す。被害者・加害者の双方に対して情け深い一面があり、容疑者からの電話にその心情を容疑者の側に立って思い図る一言を添えて犯行を思い止まるよう必死に説得したり、十津川に対しても(せめて容疑者がある思いを遂げるまで)逮捕を待ってほしいと願い出たりというところがある。

青森県出身のため、北の方から東京へやってくる寝台列車に対しては思い入れがある様子を第51作で見せている。また青森県自体にも思い入れがかなり強く、青森県警出向の際は捜査一課宛の手紙の中で「このまま故郷に骨を埋めようか」と言及していた。第56作では青森県警へ捜査研修の講師として出向しており不在で、青森県警でのシーンと手紙のみでの登場。

三橋十津川時代の亀井刑事
東映・テレビ朝日版の第1作「終着駅殺人事件」が制作された時点では、演じる愛川欽也自身は47歳であり、三橋の方が11歳も年上であった。このため、シリーズ最初期の亀井は原作のいぶし銀的なキャラクターに対して、フランクで行動派という西本・日下・清水らの兄貴分的立場で、コメディタッチな言動も見受けられた。また容疑者に対して熱弁をふるったりもする熱血漢であった。

ストーリー上も十津川・亀井の立場が原作と逆となっており、実質的に主人公となっていた。キャストロールでも愛川が先頭だった。
基本的に亀井が拳銃を使用する描写は作中では見られないが、第4作「寝台特急あかつき殺人事件」のオープニングのみ拳銃を発射する場面が使用されている。
愛川が50代後半になる三橋十津川の後半では、落ち着いた穏やかなキャラになり、原作のイメージに近づいたが、それでも十津川・亀井が原作と逆転した関係はその最後まで続いた。

高橋十津川時代の亀井刑事
より原作に近いイメージの高橋十津川に主人公を返上した形となり、普段は穏やかだが、捜査では粘り強さとフットワークの軽さを発揮するベテラン刑事という、原作に近いキャラクターに落ち着いた。なお、演じた高田純次は2008年版「山陽・東海道殺人ルート」で元警部・山内として登場している。

西本明

演:友金敏雄(第1作・第2作)、森本レオ(第5作 - 第68作)
警視庁捜査一課・十津川班所属。警部補。十津川班においては亀井に次ぐナンバー3の立場にあり、若手刑事のまとめ役や亀井や十津川(亀井不在時)のサポート役として活躍する。自ら率先して後輩刑事を引っぱるだけでなく亀井や十津川に同行したり、十津川の命を受けて単独で他道府県へ捜査協力に赴くことも多い。また十津川と亀井がともに地方に飛んだ場合は彼が十津川の代行となる。捜査中によく推理を披露するが「〇〇がこういう事情で殺したに違いない」と犯人やその動機を決めつけてしまうところがあり、結論を急いでしまうので的外れであることが多い。しかし容疑者の1人を罠に掛けて自白させるなど頭脳プレーを見せる場面もあった(第55作)。

金沢出身で、第6作では友人の結婚式のために故郷へ里帰りするほか、第10作では同僚の橘直子に北陸出身であることを羨ましがられているシーンがある。

なにかと事件に巻き込まれやすいようで、出張に向かう列車の中で殺人事件に遭遇する(第9作)、亀井と出張中に事件に遭遇する(第7作・第12作・第18作・第22作・第26作)、旅行先で殺人事件に遭遇する(第10作・第20作)、結婚した直後に妻が殺害される(第45作)、友達の結婚式の帰りに乗車した寝台特急の車内で殺人事件に遭遇する(第17作・第50作)、友人や後輩に殺人事件の容疑がかかる(第14作・第20作)、自身の兄・誠治が殺人事件の容疑者にされる(第52作)などあまりいいことに恵まれない。さらに自分自身が容疑者に仕立て上げられそうになったこともある(第26作)。しかしそれらは大抵十津川班の活躍で報われる場合が多い。後輩の橋本豊とは強い信頼関係を築いており、殺人容疑が掛かった橋本を十津川とともに最後まで信じ抜いた。また犯人側の家庭に複雑な事情があり、親子同士の愛を目の当たりにした時はもらい泣きすることもあった。

第56作では亀井刑事が青森県警に出向中だったため、捜査では本来亀井が受け持つ役割を代行していた。第58作では松山刑事、第63作では亀井刑事がメインだったため、活躍の場面が少なかった。

演じる森本は、トラベルミステリーで唯一60作品以上に出演した俳優である(三橋は33作、高橋は34作、愛川が57作である)。

清水新一

演:速水亮(第1作)、井川晃一【元・井川大輔】(第2作 - 第30作・第32作 - 第57作)
警視庁捜査一課の刑事。階級は巡査部長。北条とともに西本に次ぐポジションの中堅刑事。おもに管轄内での聞き込みや犯人逮捕時の確保役を任されている。

よくメモを取ったり、容疑者張り込みや犯人確保には積極的に関与したりするなどかなり真面目な様子。登場当時は若手刑事というキャラクター上、スーツでなくラフな格好で捜査に当たっていた(第5作-第9作)。目上である西本を積極的にサポートし、後輩刑事の面倒見も良い。北条とは二人で聞き込みに行くことが多く、その際に得た情報を整理して推理することもあった。西本とは逆に捜査の進展に関わる事柄に気づくことも。第13作では事件解決に納得いかず独断で捜査を続け、犯人に襲われ瀕死の重傷を負うが、奇跡的に一命をとりとめ、自らが真犯人逮捕の証人となった。

長らく演じた井川は、愛川の実子(前夫人とのあいだに生まれた長男)であり、第57作をもって愛川とともに降板した。

日下淳一

演:長谷川弘(第1作)、森川正太(第7作)、森山祐嗣(第23作)、茂賢治(第26作 - 第39作・第41作・第45作 - 第52作)
警視庁捜査一課の刑事。階級は巡査部長。よく聞き込みに出かけて新情報をもたらし捜査を進展させる場面が多い。捜査対象者の張り込みもよく任される。清水・北条に次ぐポジションとみなされ、捜査では他の先輩刑事とは違って単独で動かされることが多かった。清水や小林とともに犯人確保にも率先して関わる。
三田村刑事と入れ替わる形で、第52作をもって小林刑事とともに退場。

松山史郎

演:宇梶剛士(第56作 - 第68作)(少年期:鈴木励和〈第58作〉)
警視庁捜査一課・十津川班所属。警部補。亀井刑事が青森県警に出向中の第56作(この第56作では本来は西本刑事が務める役回りを担った)から警視庁捜査一課十津川班に配属された。

第58作以降は十津川班を離脱した清水のポジションを引き継ぎ、西本ともほぼ同等の扱いになっている。なお亀井役が愛川だった当時(実質、第57作のみ)はほとんど亀井に絡むことがなく、「史朗」という名前も愛川降板後の第58作から命名されたものである。
その体格を活かした逮捕術は中々の物で、容疑者を取り押さえる場面がしばしば見られた。

橘直子

演:古手川伸子(第8作・第9作)、清原倫(第10作)
警視庁捜査一課の刑事。階級は巡査部長。北條刑事役の山村紅葉が女優を休業(大阪国税局勤務)していたため出演できなかった代役として登場。活発なところがあり、第9作では自ら十津川と亀井に志願し、真犯人を導き出す囮捜査を行った。

三田村

演:木崎浩之(第53作 - 第60作)
警視庁捜査一課の刑事。巡査部長。第52作までの日下にかわるポジションの刑事だが、名前を呼ばれるようなシーンもほとんどないといっていいほど、日下と比べて目立つことがない。

第61作以降は小林刑事の復帰に伴い退場。

池田いずみ

演:松井友香(第35作 - 第37作・第39作)
十津川班担当の婦人警官。巡査部長。台詞のあるシーンはそのほとんどが十津川宛ての電話を取り次ぐものであった。

橋本豊

演:荻島真一(第28作)、賀集利樹(第42作)
経歴:警視庁捜査一課→私立探偵

第28作では5年前、不注意から悪党に拳銃を奪われてしまい、挙句サラ金強盗に用いられ死者を出したことから辞表を書いた。亀井の後輩であり西本とはタメ口で話す仲。
第42作では不良たちに恋人をレイプされ、自殺に追い込まれたことから犯人一味を捜すために警視庁を退職した。西本の後輩でありお互いに強い信頼関係を結んでいる。

川北昇

演:東幹久(第47作)
経歴:警視庁捜査一課
→ 川北探偵事務所

憧れていた探偵になるため警視庁を退職。事務所の開店時には十津川、亀井、西本、北条らがお祝いに駆けつけた。阿部純子と婚約している。
川北昇という役名は、第47作の原作『五能線の女』では橋本豊になっている。

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

TELASAで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「西村京太郎トラベルミステリー」以外にもTELASAテラサでは

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

テレビ朝日ドラマや特撮ヒーローものなら、是非TELASAテラサで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、TELASAテラサでチェック!

※「西村京太郎トラベルミステリー」はU-NEXTでも一部配信されています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」