バラエティ番組おすすめ

新・にっぽんの芸能の見逃し配信と動画無料視聴方法!片岡愛之助の“蜘蛛絲梓弦”前編

新・にっぽんの芸能の見逃し配信と動画無料視聴方法!片岡愛之助の“蜘蛛絲梓弦”前編

NHKEテレで放送されているドキュメンタリーバラエティ番組「新・にっぽんの芸能」片岡愛之助の“蜘蛛絲梓弦”前編の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や、再放送の情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
この番組「新・にっぽんの芸能」は、能・文楽・歌舞伎など、古典芸能の魅力をわかりやすく紹介。俳優や演奏者の楽屋話やトリビアなど、鑑賞だけでない、プラスアルファの情報もお届けする番組で、話題です!

だからこそ、「新・にっぽんの芸能」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「新・にっぽんの芸能」を楽しむために、動画配信の可能性がある動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・新・にっぽんの芸能を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「新・にっぽんの芸能」片岡愛之助の“蜘蛛絲梓弦”前編

「にっぽんの芸能」がリニューアル!初回は歌舞伎のだいご味がつまった舞踊「蜘蛛絲梓弦」片岡愛之助さんが1人5役を演じ分ける大スペクタクルをサラ・オレインさんと堪能

番組リニューアルを記念し、片岡愛之助さんが1人5役を演じた歌舞伎「蜘蛛絲梓弦」を2週にわたってお届け。第1回の今週は「愛らしい小姓」「陽気な太鼓持ち」「座頭」の3役をご紹介。それぞれの役を演じ分ける工夫や早着替えに大奮闘する舞台裏の模様を愛之助さん自らが語る、豪華な副音声解説付き。司会はおなじみ高橋英樹さんと新たに庭木櫻子アナウンサーが担当。ゲストは愛之助さんとの共演経験豊富なサラ・オレインさん。

「新・にっぽんの芸能」の出演者

【出演】高橋英樹,庭木櫻子,サラ・オレイン,片岡愛之助

「新・にっぽんの芸能」片岡愛之助が1人5役をこなした歌舞伎

「にっぽんの芸能」(NHK Eテレ)が「新・にっぽんの芸能」(毎週金曜夜9:25-10:00、NHK Eテレ)としてリニューアルする。4月8日(金)のリニューアル後初回放送では片岡愛之助が1人5役を演じた歌舞伎「蜘蛛絲梓弦」(くものいとあずさのゆみはり)を紹介。また、愛之助との共演経験が豊富なサラ・オレインがゲスト出演する。

「新・にっぽんの芸能」は日本で生まれ、磨き上げられてきた古典芸能の入り口を紹介する番組。前身番組「にっぽんの芸能」と同じく能、狂言、文楽、歌舞伎、日本舞踊などの舞台芸術や、箏、尺八など和楽器の 演奏、さらに雅楽、郷土芸能など、さまざまなジャンルの芸能を紹介していく。

初回放送は愛之助が1人5役を演じた歌舞伎「蜘蛛絲梓弦」を紹介する前編。 5役のうち「愛らしい小姓」「陽気な太鼓持ち」「座頭」の3役を紹介し、副音声にて愛之助自らがそれぞれの役を演じ分ける工夫や早着替えに大奮闘する舞台裏の模様を語る。

高橋英樹のコメント

古典芸能が大好きですので、収録がとても楽しいです。
若手からベテランにいたるまで、伝統を守り、自分自身を鍛えている方々を見ていると私自身もすごく勉強になります。

「片岡愛之助」について

「片岡愛之助」は、日本の歌舞伎役者、俳優、舞踊家。本名は、片岡 寛之(出生名: 山元 寛之)、上方舞の名取名は三代目 楳茂都 扇性(さんだいめ うめもと せんしょう)。屋号は松嶋屋。定紋は追いかけ五枚銀杏。歌舞伎名跡「片岡愛之助」の当代。血液型はB型。妻は女優の藤原紀香。所属:松竹エンタテインメント。

1972年、大阪府堺市堺区神南辺町出身。本名は片岡 寛之(かたおか ひろゆき)。旧姓は山元(やまもと)。愛称は「愛之助」からの連想による「ラブリン」。歌舞伎とは無縁の、スクリュー製造工場を営む家庭(両親は愛之助が20代の頃相次いで死去)に育った。妹が一人。1977年に習い事の一環として受験した松竹芸能の子役オーディションに合格。実家から同社のタレント養成所へ通いつつ、現代劇の舞台公演などで子役としての経験を積んだ。子役から芸能界に入ったきっかけについては、実家の工場にダンプカーが出入りしていたことから「危ないし、だからといって家に置いたままにするのも可哀想なので」という家族の意向だったという。

1979年、藤山直美の初主演作品である『欲しがりません勝つまでは』(NHK総合テレビ「銀河テレビ小説」)で、子役としてテレビドラマに初出演。本名で歌舞伎の舞台にも子役で出演する。1981年、子役としての演技と歌舞伎への関心の高さを十三代目片岡仁左衛門に見出され、二代目片岡秀太郎の誘いで片岡一門の部屋子へ転身。十三代目片岡仁左衛門の本名の片岡千代之助から千代を字を取って「片岡千代丸」を襲名し、京都南座で上演の『勧進帳』で初めて歌舞伎役者としての舞台を踏んだ。1993年、二代目片岡秀太郎の養子となったことを機に、大阪中座で上演の『勧進帳』で駿河次郎役を演じ、六代目片岡愛之助を襲名。

1994年に名題昇進。1997年の咲くやこの花賞を機に、国立劇場優秀賞(2002年)、大阪舞台芸術新人賞(2003年)、大阪舞台芸術奨励賞(2005年)、松尾芸能賞新人賞(2006年)等を受賞した。また秀太郎が提唱する「平成若衆歌舞伎」の中心メンバーとして、歌舞伎の伝統と現代演劇の新味を融合させた舞台活動にも取り組んでいる。また、入門後は20年以上に渡り本業へ専念したが、2003年の「夜桜お染」よりテレビ時代劇にも出演し、2011年にテレビ朝日系列で放送された連続ドラマ『ハガネの女』シーズン2で30年ぶりに現代劇へ登場。2013年のテレビドラマ『半沢直樹』ではおネエ口調のエリート官僚黒埼俊一役で話題を集め、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演男優賞で香川照之に次いで2位に入賞。

オリコンによる「ブレイク俳優ランキング」で2013年に3位、2014年に第10位にランクインした。

2016年には、NHK大河ドラマ『真田丸』(三谷幸喜 脚本)にて、主人公 真田幸村(演:堺雅人)の舅 大谷吉継 役として出演し、大河ドラマ初出演となる。堺雅人とは『半沢直樹』以来の再共演となった。

2018年には、歌舞伎版『NARUTO -ナルト-』(岸本斉史 原作)にて、うちはマダラ 役として出演し、アニメ関係作品初出演となる。

2020年には、ドラマ『半沢直樹』続編に引き続き黒崎駿一役で出演。

1981年の片岡一門入門を機に十三代目片岡仁左衛門の部屋子→二代目片岡秀太郎の養子として上方歌舞伎を中心に活動。今では数少ない大阪出身・在住の歌舞伎役者である。本人は中卒で歌舞伎役者になっても良いと思ったが、実父母から「高校だけは出なさい」と言われ、大阪府立信太高等学校を卒業した。その後は大学進学・歌舞伎役者・それ以外の道を自由に選択できたが、本人の希望で歌舞伎役者を本業にした。養子話が持ち上がると、長男であるのに両親は快く賛成した。

端整な顔立ちから女性ファンが多い。かつては女形を務めることも多かったが、現在は立役を主に、『勧進帳』の富樫をはじめとして『源平布引滝・義賢最期』の木曽先生義賢などの丸本物、『女殺油地獄』の与兵衛、『伊勢音頭恋寝刃』の福岡貢などの上方和事のほか、『鳴神』の鳴神上人、『お染の七役』の鬼門の喜兵衛、『青砥稿花紅彩画』の日本黙右衛門など江戸歌舞伎の荒事、生世話物に、『鯉つかみ』などのケレン物、そして新作、舞踊、ミュージカルなど幅広い役柄をこなす。2008年12月10日、上方舞楳茂都流の四世家元を継承、三代目楳茂都扇性も襲名した。

2011年、女性週刊誌『女性セブン』(小学館)3月3日号で元ホステスとの間に小学校5年生の男児(当時)の隠し子がいると報じられ、愛之助は会見を開き同誌の記事について「おおむね事実でございます」と認め、養育費など生活の援助は続けているが認知していないことを明かし、現在は別居している子どもについて今後認知するかどうかについては、「子どもがもう少し大きくなって本人の意見を聞きたい」とした。

2014年には『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』にて、仮面ライダーマルス役に抜擢される。歌舞伎界初の仮面ライダーとして話題を呼んだ。愛之助自身も子供のころから『仮面ライダー』を見て育った世代であるため、オファーが来た時には二つ返事で快諾したと語っている。

B'zと親交があり、B'zの2人も愛之助の出演する歌舞伎の公演を見に来ているという。

ドラゴンクエストシリーズ
『ドラゴンクエストシリーズ』の大ファンで1作目からプレイしており『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が発売された後ではすれちがい通信をするために、秋葉原に足を踏み入れるほどだったと語っている。他に『ドラゴンクエストモンスターズ』を数百時間遊びこみ、ほぼモンスターコンプリートしている。生みの親である堀井雄二が、愛之助の公演を見に行った日に共通の友人の紹介で食事に誘われる。堀井の指名による直接オファーから2つ返事で2015年に発売された『ドラゴンクエストヒーローズ』で悪役・ヘルムード役として出演した。好きなDQナンバリングゲームは衝撃度は第1作目、やり込んだのは『IX』である。

半沢直樹
2013年、TBSの日曜劇場『半沢直樹』に国税局査察部統括官・黒崎駿一役で出演。オネエ口調で激怒すると男性部下の股間を鷲掴みにするキャラクターを演じ話題となった。高視聴率も相俟って人気キャラクターとなり、原作者の池井戸潤はドラマ放映時に執筆中だった半沢直樹シリーズ第4作「銀翼のイカロス」に、当初は予定になかった黒崎を登場させると述べた。片岡は、黒崎のキャラクターは「いろんな人物を参考にして作っているので、特定の誰かというわけではありません」と言う。ドラマ版『半沢直樹』のキャラクターの中で、原作者・池井戸潤は片岡が演じた黒崎駿一が1番好きだと述べていた。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「新・にっぽんの芸能」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-バラエティ番組おすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」