スポーツおすすめ ライブおすすめ

北京オリンピック(五輪)2022開会式の見逃し配信と動画無料視聴方法

北京オリンピック(五輪)2022開会式の見逃し配信と動画無料視聴方法

各テレビ局などで放送される「北京オリンピック(五輪)2022冬季」のライブ配信や見逃し配信、無料フル動画を無料視聴方法や再放送情報、再放送のことなどについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
色々な問題を抱えたままスタートした「北京オリンピック2022冬季」。賛否両論あれど、放送が開始されたら、アスリートを応援したいですよね!?

だからこそ、「北京オリンピック2022冬季」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「北京オリンピック2022冬季」を楽しみたいのですが、今のところ大会の見逃し配信や動画配信はかなり限られております。

NHK関連で見逃し配信やハイライト配信がされております。

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

「北京オリンピック2022冬季」開会式

北京オリンピックがいよいよ開幕。コロナ禍での五輪、チャン・イーモウ監督の演出は?日本選手団の表情は?聖火はどう灯されるのか?国家スタジアムから開会式を生中継。

いよいよ幕を開ける北京オリンピック。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続くなか、17日間の戦いが始まる。現地の国家スタジアムで行われる開会式の模様を中継で伝える。演出の総監督は、中国を代表する映画監督のチャン・イーモウ。どんなショーが繰り広げられるのか?注目の聖火は誰がどのように点火するのか?そして、日本選手団の表情は?冬の祭典を余すことなく伝える。

「北京オリンピック2022冬季」の出演者

【アナウンサー】一橋忠之,廣瀬智美

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

「北京オリンピック2022冬季」今日2月4日のスケジュールとライブ配信

9:35~【カーリング】
ミックスダブルス予選リーグ スウェーデンvs.オーストラリア、中国vs.カナダほか

10:55~【フィギュアスケート】
団体(男子SP、アイスダンスRD、ペアSP) メダル獲得へ、好スタートを切れるか?
男子SPには宇野昌磨が出場へ

13:10~【アイスホッケー】
女子予選リーグ ROCvs.スイスほか

21:00~【開会式】
冬の祭典が開幕、華やかな演出に注目

gorin.jpライブ配信一覧

10:25-13:43
フィギュアスケート団体 決勝 男子フリー・女子ショート

17:30-19:58
アイスホッケー女子 予選リーグ – グループB 日本vs.中国

20:00-21:48
スキージャンプ男子ノーマルヒル 決勝
 

北京オリンピック2022冬季NHKライブ配信はこちらから
 

「北京オリンピック2022冬季」モーグル現役JK川村あんりが予選突破

女子モーグルの予選1回目が行われ、初出場の17歳、川村あんり(日体大桜華高)は76・36点で日本人トップの5位で、6日の決勝に進んだ。星野純子も75・38点の6位で予選突破。住吉輝紗良は68・14点の15位、冨高日向子は65・08点の18位で予選2回目に回った。

川村は今シーズンの好調を感じさせるように、ターン、エアとも安定した滑りを見せた。試合後は「まだまだ直すところはあるのでもっと点数を上げていけると思います」とメダルのかかる大一番へ、やる気十分だった。

川村には2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート銀メダルの浅田真央(当時19歳)を超える日本勢女子最年少メダルの期待もかかるが、緊張の様子はなく、夢舞台を最高に楽しんでいる。「特別な雰囲気。この時を夢に見てきたのでとても楽しかったです」と頼もしかった。

6日は予選の2回目も行われ、そこでの得点上位10人を加えた20人で、同日の決勝を争う。

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

北京オリンピック2022冬季スキーモーグル男女予選

北京オリンピックが開幕!日本2大会連続のメダル獲得へ!▽17年世界王者の堀島行真、平昌五輪銅メダルの原大智が登場▽女子は今季ワールドカップ3勝の川村あんり17歳に注目

世界屈指の層の厚さを誇るスキー・モーグル日本男女!
▽男子は、今季ワールドカップ全9戦で表彰台に上る抜群の安定感を誇る堀島行真、前回の平昌五輪でメダルを獲得した原大智、杉本幸祐、松田颯の日本勢が、前回大会金メダルの絶対王者・キングズベリー(カナダ)に挑む!
▽女子は、今季ワールドカップ3勝と絶好調の川村あんりが、初の五輪でメダルを狙う!冨髙日向子、住吉輝紗良、星野純子と共に、予選突破なるか!?

北京オリンピック2022冬季スキーモーグル男女予選の出場予定選手

【男子】
堀島行真(2018年平昌オリンピック代表)
原大智(2018年平昌オリンピック銅メダル)
杉本幸祐(初出場)
松田颯(初出場)
【女子】
川村あんり(初出場)
冨髙日向子(初出場)
住吉輝紗良(初出場)
星野純子(2014年ソチオリンピック代表)

北京オリンピック2022冬季スキーモーグル男女予選の出演者

【メインキャスター】松岡修造
【キャスター】織田信成
【解説】附田雄剛(1998年長野〜2010年バンクーバーオリンピック4大会連続出場)
【進行】安藤萌々(テレビ朝日アナウンサー)

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

「北京オリンピック2022冬季」について

「2022北京オリンピック」は、2022年2月4日から2月20日までの17日間、中華人民共和国の首都である北京市および隣接する河北省張家口市を会場として開催される予定のオリンピック冬季競技大会。一般的には、2008年夏の北京オリンピックと区別して北京冬季オリンピックと呼称され、北京冬季五輪と略称される。

2015年にマレーシアのクアラルンプールで開かれた第128次IOC総会で、開催都市が北京に決定した。これにより、2018年平昌オリンピック(韓国)、2020年東京オリンピック(日本)に続き、3大会連続で東アジアでの開催となる。ちなみに、2008年の夏季五輪でも開催都市となった北京は、オリンピック史上初めて夏季・冬季両大会を開催する都市となり、アジアでは1972年札幌大会、1998年長野大会、2018年平昌大会に続いて4番目、中国では初めての冬季オリンピック開催地となる。

2012年
10月3日: 国際オリンピック委員会 (IOC) が各国のオリンピック委員会 (NOC) に対し、2022年冬季オリンピック招致に関する行程表を送付した。

2013年
6月6日: IOCが立候補の申請受付を開始すると同時に、立候補した都市に対してIOCから質問状が送付される。
11月14日: 立候補の申請期限が締め切られ、翌15日にIOCがアルマトイ、北京、クラクフ、リヴィウ、オスロ、ストックホルムの6都市からの立候補申請を受け付けたことを発表した。
12月4日 - 12月6日: IOC本部があるスイスのローザンヌで、申請都市に対するセミナーが開かれる。

2014年
3月14日: 申請都市による申請ファイルの提出期限。申請ファイルはIOCからの質問状に答える形で、開催計画の概要を記した書類である。
7月7日: IOCによる一次選考通過都市が発表され、立候補後に撤退を表明していなかったオスロ、アルマトイ、北京の3都市がすべて通過し、落選都市はなかった。

2015年
1月: 1次選考を通過した立候補都市による立候補ファイルの提出期限。立候補ファイルは、詳細な開催計画書を記す書類である。
2月 - 3月: IOCの評価委員会が各立候補都市を視察する。
5月 - 6月: 評価委員会が各立候補都市の評価報告書を公開する。
7月31日: マレーシアのクアラルンプールで開かれた第128次IOC総会で開催地が北京に決定した。まず、各立候補都市によるプレゼンテーションが行われ、その後にIOC委員の投票で過半数の票をた都市が開催地に決まる。立候補都市を抱える国の委員とIOC会長は、投票に参加できない。

新型コロナウイルス感染症の影響
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、2020年の夏に予定されていた東京大会の開催が2021年の夏に延期された関係で1992年のアルベールビル大会以来、30年ぶりにオリンピックの夏季大会と冬季大会が6か月以内という短い間隔で立て続けに開催される運びとなった。国際オリンピック委員会(IOC)のクリストフ・デュビ統括部長は、無観客開催の可能性を示唆していた。2021年9月29日、IOCは海外からの観客を断念し、中国国内の観客のみを受け入れることを表明した。観戦チケットの販売はしていなかったが、大会組織委員会は会場の建設は順調に進んでいると強調していた。結局組織委は一般チケットの販売を中止し、指定された国有企業などにチケットの割当を行うこととなった。

降雪の少なさ
招致の段階で提示された屋外会場では、雪上スポーツを行えるほどには冬の降雪が期待できないことを理由として北京が開催地に立候補したことに対し、疑問を呈した批評家もいた。環境の成り行き次第では、多額の費用をかけて雪を会場まで輸送する必要があるかもしれないことが懸念されている。

環境問題
北京周辺で競技大会を開催することの環境への影響にも、疑問が呈されている。提示された会場の中には松山国家級自然保護区および同山系の一部に隣接するところもあり、雪山の一部を人工物で覆うことなど会場の建設による自然保護区への環境的影響は不透明である。これに対し中国政府はこれらの懸念に対し、競技会場が同自然保護区の外に置かれるように保護区の指定範囲を調整した。また世界的なエネルギー危機によっても、冬季オリンピックの開催を目前に控える中国に対する重圧が高まっている。アルジャジーラが報じたところでは「中国のエネルギー危機は、ある部分においては、来る2月に北京冬季五輪を「青空」の下で開催するために努めてきた習近平国家主席の自業自得ともいえ、習氏が中国経済の脱炭素化に本気で取り組んでいることを国際社会に示した」形となっている。

盗作疑惑
ところが、2022年冬季五輪の開催都市が発表されてから間もなく一部の音楽評論家が、北京大会の招致活動中に使用された公式歌はディズニーのアニメーション・ミュージカル映画『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー」に酷似しているように聞こえると主張した。

ボイコット
中国で初めて開催されたオリンピックとなった2008年北京五輪でもあったように、中華人民共和国が開催国となる今大会でもボイコットを呼びかける動きがある。2019年の新疆文書(英語版)のリーク、2019年から2020年にかけての香港民主化デモ、中国の戦狼外交、ウイグル人大量虐殺の影響で2022年北京冬季五輪に対するボイコットが呼びかけられている。2020年7月30日付の書簡の中で、世界ウイグル会議はIOCに対してウイグル人の大量虐殺を理由に2022年の冬季オリンピックを北京で開催することを考え直すよう強く求めた。2020年9月、アメリカのリック・スコット(英語版)上院議員はIOCのアニタ・デフランツ(英語版)副会長(当時)と会談し、2022年の冬季オリンピックを習近平中国共産党総書記の政権下で開催するIOCの決定を再考するよう促した。これに対し、IOCが開催地を中国以外に変更することを拒否すると、スコット上院議員も失望を表明した。2020年10月、イギリスのドミニク・ラーブ外相はイギリスが2022年の北京オリンピックをボイコットする可能性を示唆した。

オーストラリアに対する中国の貿易制裁および経済的威圧の行使は、オーストラリア国内における2022年の北京オリンピックに対するボイコットの呼びかけを増大させる結果となった。2020年11月、オーストラリアのジャッキー・ランビー(英語版)上院議員とレックス・パトリック(英語版)上院議員は正式にボイコット決議案を提出したが、その後この決議案は否決された。一部の人権団体は外交的ボイコット、すなわち、各国政府が自国の国家元首や政府高官を北京五輪に派遣しない一方で、選手については派遣することを要求している。カナダ議会の13名の議員は、大会開催国を中国以外に変更するよう求める書簡に署名した。同国の3つの政党の党首らは開催地の変更を支持しており、ある党首は大会開催地のカナダへの変更を支持するとまで述べた。2021年2月、さらに6名の共和党所属のアメリカの上院議員らが大会開催地の変更を求めた。オランダ議会のショー・ショーシマ(英語版)議員は、ウイグル人大量虐殺を理由にオリンピックも中国から剥奪されなければならないと述べた。2021年3月、アメリカのアルペンスキー選手のミカエラ・シフリン も北京五輪を巡って提起されている人権問題のために自身の道徳と仕事の間で、「どちらかを選択する必要はない」と述べた。2021年4月、アメリカの国際的信教の自由委員会(英語版)は、信教の自由に対する中国政府の弾圧が継続した場合、アメリカ政府関係者は2022年冬季五輪をボイコットするよう勧告した。これを受けてミット・ロムニー上院議員(2002年ソルトレークシティオリンピック大会組織委員会CEOを務めた)とティム・ケイン上院議員はより大規模な中国法案に、アメリカ政府関係者は出席しないが、アメリカ選手は出場可能とする2022年冬季五輪の外交的ボイコットを求める修正案を加えた。2021年5月、アメリカのナンシー・ペロシ下院議長も外交的ボイコットを求めた。アメリカのドナルド・トランプ前大統領は、全面的なボイコットでは「選手たちに対して不公平」になると述べた。

2021年2月、中国国営メディアの環球時報は中国は「ボイコットに従う国に対して強力な制裁を加える」可能性があると警告した。2021年3月、中国の郭衛民(中国語版)報道官は北京五輪をボイコットするいかなる試みも失敗する運命にあると述べた。また中国の王毅外相も、EUのジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表に、EU関係者は中国との相互協力において「冬季スポーツ交流の拡大」と「新たな見所を育む」ために北京五輪に出席すべきであると伝えた。

IOCは、全世界の政治的問題において中立であり続け、五輪の開催についての裁定ではIOCが当該開催国内における政治的構造、社会の状況、人権標準に賛成しているわけではない、と述べている。IOCはAFPの取材に応じ、「我々は繰り返し申し上げてきましたが、IOCは政府に責任を負うものではありません。IOCはオリンピック競技大会の開催のための権利と機会を与えているだけです。だからといって、我々は、当該国の政治、社会、人権問題のすべてに賛成しているわけではありません。また、個人または人々の人権侵害をすべて認めるというわけでもありません。」と回答している。このようなIOCの立場には批判も出ており、ジュールズ・ボイコフ(英語版)氏もIOC自体が平等と反差別を促進するオリンピック憲章を都合の良いように無視し、「五輪が確実に続くように人権上の残虐行為から目を背けることで不適切な傾向」を示しているとして、IOCの偽善を非難している。

2021年8月に行われた調査によると、アメリカ人の49%が「中国の人権記録では2022年の冬季五輪を同国で開催することはできない」と思っており、33%の人が「(開催できるか)わからない」と回答している。

2021年9月8日、IOCが2020年東京オリンピックに参加しなかった北朝鮮オリンピック委員会を資格停止処分にすると、IOCは北京五輪のボイコットを検討している国々に対して、もし北朝鮮と同様のボイコットを選択すれば、将来のオリンピック競技大会に参加することを禁止するというメッセージを送る意図もあったのではないかとの憶測を呼んだ。

2021年10月14日、IOCのジョン・コーツ副会長は、IOCはウイグルの問題に関して「IOCの権限の範囲内にない」ことであるとして、中国政府に異議を申し立てようとは思っていないと述べた。

2021年11月19日、リトアニアの国会にあたるセイマスの17名の議員らは、中国における人権侵害を理由にリトアニアが2022年の北京五輪への参加を取りやめることを勧める公式書簡を公表した。リトアニアオリンピック委員会(英語版)のダイナ・グジネビチウテ(英語版)会長は、オリンピック競技大会は政治的に中立でなければならないとする声明を発表し、同委員会が北京五輪をボイコットする計画はないことを確認した。

2021年11月29日、中国メディアは、中国は北京冬季五輪を外交的ボイコットすると脅す西側諸国の政治家を同大会に招待する予定はないとのことであると報じた。

2021年12月3日、リトアニアは北京五輪を外交的ボイコットすると発表した。北京冬季五輪の外交的ボイコットを正式に表明したのは、リトアニアが初めてとなる。

2021年12月6日、アメリカ・ホワイトハウスのジェン・サキ報道官が、バイデン政権は2022年冬季五輪・パラリンピックの外交的ボイコットを開始すると発表した。この外交的ボイコットは、すべてのアメリカ政府関係者が公式な立場で北京五輪・パラリンピックに出席することを禁止するものである。ホワイトハウスは、ボイコットの理由として中国のウイグル人に対する虐待を挙げた。外交的ボイコットは、アメリカ選手の参加に影響を及ぼすことはない。ホワイトハウスは、「何年もトレーニングしてきた選手たちを罰することは公平ではない」として、全面的なボイコットに踏み切る手前でこれを中止したと述べた。このアメリカの決定に対してIOCは「政府・外交関係者の出席は、純粋に各国政府の政治的決定であり、政治的中立の立場にあるIOCは、その決定を十分に尊重する。それと同時に、この発表は、オリンピック競技大会ならびに選手の参加が政治的領域を越えたところで行われることを明確にするものでもあり、我々はこれを歓迎する」と反応した。ニュージーランドも、北京冬季五輪に外交関係者を派遣しない予定であることを発表した。その決定の理由は、新型コロナウイルス対策等を含め「さまざまな要因」によるものであると説明している。

2021年12月8日、さらに4か国が正式にボイコットを表明した。オーストラリアも北京五輪を外交的ボイコットすることを発表し、北京にメッセージを送るため国連のオリンピック停戦(英語版)に署名することを拒否するとも発表した。オーストラリアのメディアは、2022年の北京五輪は「人類の祝典」というより、人道に対する罪の祝典であると報じた。イギリスも北京五輪の外交的ボイコットを発表した。イギリスについては、エリザベス2世の長女で長年にわたってIOC委員およびイギリスオリンピック委員会総裁を務めるアン王女の大会への出席を禁じるかどうかまでは明らかにされていない。同日、カナダも北京五輪を外交的ボイコットすると発表した。コソボもこれらの国々の外交的ボイコットの動きに追随した。

2021年12月11日現在、日本の政府関係者らは北京五輪への政府代表団の派遣を見送る方針を検討している。なお、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長は派遣する予定である。同日、IOCはバッハ会長や主要な国際競技連盟の会長らスポーツ界の首脳を集めた五輪サミットをオンラインで開き、「五輪とスポーツの政治化に断固として反対する」との共同宣言をまとめた。宣言では「IOC、五輪、そして五輪運動全体の政治的な中立性の必要性を強く訴えた」と強調している。会議には中国、ロシア、アメリカの各国オリンピック委員会会長も出席した。

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

東京オリンピック2020-2021について

東京2020オリンピック競技大会は、2021年(令和3年)7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催されるオリンピック競技大会である。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の世界的流行を受け、2020年夏の開催日程(同年7月24日開会)から1年延期して開催。

一般的には東京オリンピックや、東京2020オリンピックと呼称され、東京五輪やTokyo2020と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も用いられている。

2013年9月の第125次IOC総会で開催都市が東京に決定した。東京での開催は、1964年大会以来、57年ぶりとなる。

大会組織委員会は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (TOCOG) 。

2020年3月12日の時点で、以下の153か国・地域の国内オリンピック委員会 (NOC) が出場資格を得ている(ただし、ユニバーサリティ出場枠を通して、出場資格にかかわらず競技者を派遣することができる陸上競技および水泳競技の参加資格未取得競技者を有するのみのNOCを除く)。

なお、2021年開幕時点で参加する205か国・地域の各国オリンピック委員会についての開会式の入場行進の順番については、50音順(あいうえお順)で実施されることとなっている。

例外として、最初に登場することが恒例のギリシャは最初に、また今後オリンピックパラリンピックが開催されるアメリカ合衆国・フランスは最終盤の日本の直前に登場する。開催国の日本は最後である。

日本で過去に開催された1964年東京オリンピック、1972年札幌オリンピック、1998年長野オリンピックはいずれもアルファベット順で実施しており、50音順は初となる。

実施競技の見直し

2020年夏季五輪においては実施競技について見直しが行われた。

2013年
2月12日 - IOCは2012年のロンドンで実施された26競技のうち、レスリングを除く25競技を「中核競技」として位置付けた。その上で、2020年夏季五輪においては「中核競技」25競技と2016年リオデジャネイロ五輪で追加される2競技を併せた27競技を実施するものとし、レスリングを実施競技から除外する勧告を行った。

5月22日 - カナダのケベックシティで行われたIOC理事会において、フィリップ・ボビIOCスポーツ局長が2020年大会での実施競技の選考過程を発表した。

5月29日 - IOC理事会において、2月の理事会で除外されたレスリングと新たな候補競技7競技(野球・ソフトボール、空手、ローラースポーツ、スカッシュ、ウェークボード、武術太極拳、スポーツクライミング)の計8競技から、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュを選出。

9月8日 - 開催都市決定の翌日。アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる第125次IOC総会において、5月29日の理事会で選出された3競技からIOC委員による投票で、追加する1競技がレスリングに決定した。

2015年
6月22日 - 組織委員会が提案できる追加種目の1次選考結果が組織委員会東京2020種目追加検討会議から発表され、野球・ソフトボール、ボウリング、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、武術太極拳の8競技内の種目に絞られた。

9月28日 - スカッシュ、ボウリング、武術太極拳以外の、5競技18種目のIOCへの提案が決定される。それぞれ、野球・ソフトボールは野球(男子)、ソフトボール(女子)。空手は組手3階級(男女)、形(男女)。ローラースポーツはスケートボードストリート(男女)、スケートボードパーク(男女)。スポーツクライミングはボルダリング・リード・スピード複合(男女)、サーフィンショートボード(男女)。

2016年
8月3日 - リオデジャネイロでのIOC総会で開催都市提案の追加種目18種目の実施が決定される。

2017年
6月9日 - ローザンヌでのIOC理事会で柔道男女混合団体戦、水泳男子800メートル自由形、女子1500メートル自由形、400メートル男女混合メドレーリレー、アーチェリー男女混合団体、陸上競技1600メートル男女混合リレー、バスケットボール・3x3男女、自転車マディソン(トラック)男女、BMXフリースタイル男女、フェンシング団体男女、卓球男女混合ダブルス、トライアスロン男女混合リレー、ボクシング女子2階級などの導入、アーチェリー団体男女、ボクシング男子2階級、ウエイトリフティング男子1階級などの削減があり既存28競技の種目構成が決定される。

2018年
2018年までに度重なる不祥事によりボクシングの国際競技連盟であるAIBAのIOC除名やオリンピックからの除外がIOCで俎上にあがる。

2019年
6月26日、除外が検討されていたボクシングが上述のよう主管団体は変更となったが実施されることがローザンヌでのIOC総会で承認された。

2020年
6月 - 国際ウエイトリフティング連盟前会長のドーピング隠蔽疑惑発覚などによりウエイトリフティングの当大会からの除外案が浮上。

批判と論争

2018年12月10日、フランス金融犯罪局は、日本オリンピック委員会の竹田恆和会長に対し、2013年にアフリカのIOC委員から、2020年のオリンピック開催地をイスタンブールやマドリードではなく、東京に支持する票を得るためのスキームに関する調査を開始した。

2020年3月、日本の実業家が、東京のオリンピック招致を支持してもらうために、IOC委員にカメラや時計などの贈り物をしたことを認めた。

韓国は、旭日旗が日本の帝国主義の過去の象徴であり、ハーケンクロイツが「ヨーロッパ人に第二次世界大戦の悪夢を思い出させる」ように、韓国の人々に「歴史的な傷と痛み」を想起させたため、2020年夏季オリンピックでの旭日旗の使用禁止を国際オリンピック委員会に要請した。

真珠湾攻撃を含む太平洋地域の多くの国に対する侵略戦争に使用されたことから、オリンピックなどの国際的なスポーツイベントでの国旗の使用は非常に論議を呼んでいる。

ロシアと韓国の政府関係者は、大会公式ウェブサイトに掲載された聖火リレーの地図で、紛争中のリアングクル岩礁(韓国が統治(日本側の見解では「韓国が実効支配」))とクリル諸島(1945年以降、ロシアが統治(日本側の見解では「ソ連・ロシアが実効支配」))が日本の一部であると描かれていることを問題視した。

野球など大会の一部は、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震と福島第一原子力発電所事故の影響を受けた場所で開催。オリンピックトーチリレーは福島Jヴィレッジからスタートし、野球・ソフトボールは福島県営あづま球場、サッカーの一部は被災地である仙台市郊外の利府などで開催される予定。

このような場所での開催は、活性化の一助となることが期待されており(10周年記念大会)、大会全体を「復興五輪」と称することもある。しかし、これらの地域でのイベント開催には批判もある。福島は、世界保健機関 (WHO) や国連によって安全とされているが、その安全性に関する科学的研究は現在のところ論争の的となっている。

東北地方の住民の中には、大会の準備によって復興が遅れていることや、大会に関連する事業により労働者が奪われていることなどから、東北地方を開催地としたことに疑問を持つ人もいる。

新国立競技場建設に使われたマレーシアやインドネシアの国内森林や熱帯雨林の違法伐採や強制伐採が問題となり、住民や環境団体から懸念や抗議の声があがっていた。

IOCは、人権侵害への抗議や表彰台でのひざまずきなど、五輪での抗議活動を禁止するガイドラインを選手委員会に諮った結果、禁止を維持することを決定した。

2021年2月、東京オリンピック委員会の森喜朗会長は、性差別発言で国内外の批判を浴びて辞任した。続く橋本聖子会長のこれまでの行為にも批判が集まり、ある告発に対して「反省しているし、気をつけなければならないと思っている」とコメントするに至った。

5月には、日本政府の内閣官房参与である高橋洋一教授が、日本の新型コロナウィルス (COVID-19) パンデミックについて「さざ波」として冗談を交えてツイートしたことが反感を買い、辞任した。

佐野研二郎による当初の東京オリンピックのロゴは、盗用疑惑が浮上したため、撤回して差し替えられた。オリビエ・ドゥビエは、自分のデザインが盗用されたと主張して訴訟を起こしたが、訴訟費用がかさむことを理由に訴訟を取り下げている。

さらに、開・閉会式の演出担当者に問題発言が相次いで発覚し世論の反発を招き、本番直前になって辞任や解任となる事態が続出している。

2021年3月、開会式と閉会式のクリエイティブ・ディレクターを務めた佐々木宏が、タレントの渡辺直美の容姿を卑下するような発言をしたことが問題化し、クリエイティブ・ディレクターを辞任した。

開催直前となった7月15日、開・閉会式のクリエイティブチームのメンバーとして発表された小山田圭吾が、音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」1994年1月号および「Quick Japan」1995年8月号で受けたインタビューで、小学校時代から高校時代にかけて障害を持つ同級生を虐めていたことを発言した内容が再度クローズアップされ、「多様性と調和」を基本理念とする東京オリンピックの精神に反するとして世論の批判が高まり、加藤勝信内閣官房長官も同月19日の記者会見で苦言を呈し、組織委員会に適切な対応を求めるなど波紋が広がった。

最終的に小山田が19日に組織委員会へ辞意を伝え、組織委員会も辞任を了承した。

さらに開会式前日の22日、開・閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎(元ラーメンズ)による1998年販売のビデオに収録されたユダヤ人に対するホロコーストを揶揄したとみられるコントの動画が拡散、一部識者から指摘を受けたうえ、アメリカのユダヤ人国際人権団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターが「反ユダヤ主義の発言」として非難する声明を公式サイトで表明する事態となり、同日午後までに組織委員会は小林をショーディレクターから解任した。

また、組織委員会主催の文化プログラムのアートワークショップへ参加する予定だった絵本作家ののぶみは、過去の教師への虐めを著書で記していたことがSNSなどで批判が相次いだため、7月20日まで組織委員会に出演を辞退を申し出、了承された。

大多数の会場で無観客開催となる中、茨城県のカシマサッカースタジアムでは地元の小中学生限定でサッカーを観戦することになったが、このうち鹿嶋市のある公立学校で「(会場内に持ち込む)飲料はペットボトルの場合、コカ・コーラ社製の飲料でお願いします」とする文書を保護者に配布したことが明らかになった。

組織委員会が会場を視察した際に、組織委員会の担当者が各校の教職員に「(ワールドワイドオリンピックパートナーである)コカ・コーラ社製以外のペットボトルは持ち込み禁止で、それ以外はラベルを剥がして」と発言したのを受けた通知と見られ、市の教育委員会に苦情が殺到している。

新型コロナウイルス感染拡大下での実施から、「安全安心の五輪」を実施するために選手・五輪関係者については隔離し外部と遮断する「バブル方式」をもって運営されるが、成田空港を中心とした入国時の動線の問題、メディア関係者のコンビニなどへの特例外出や選手村内でのフードデリバリーサービスの利用許可など例外の設定、選手村内の感染対策への不安から生じた一部選手団の選手村の利用拒否、トーマス・バッハIOC会長の広島訪問や迎賓館赤坂離宮での歓迎行事の実施といったIOC首脳陣などへのあからさまな特例扱いなど、「バブル方式」を標榜しながら様々な綻びが見られると各所で指摘されている。

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 

北京オリンピック2022冬季の動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「北京オリンピック2022冬季」の動画はかなり限られていますが、オリンピックは歴史的なスポーツの祭典です。

新型コロナウイルスなど色々な問題もあり、途中中止などの懸念もありますが、楽しみましょう!

北京オリンピック2022冬季ライブ配信はこちらから
 


-スポーツおすすめ, ライブおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」