アニメおすすめ

ブラックロックシューター8話の無料動画・見逃し配信!

ブラックロックシューター最新話の見逃し配信と動画無料視聴方法!

TOKYO MXで放送されているアニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」8話最新話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や再放送、あらすじ、ネタバレ、漫画を無料で読む方法などを紹介していきたいと思います!

ハムレット
この「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」は、日本のイラストレーター、hukeによってデザインされたキャラクターが元となり、アニメ化された作品で、話題です!

だからこそ、「ブラックロックシューター」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるように「ブラックロックシューター」のテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ブラックロックシューター」を楽しむために動画配信サービスディズニープラスについて紹介したいと思います。

・ブラックロックシューターを何回も観たい
・ディズニーの映画やアニメ動画をたくさん観たい!

そんな人にディズニープラスはおすすめです。

更にディズニープラスでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

「ブラックロックシューター」の見逃し配信ももちろんディズニープラスなら見放題!

テレビ放送されるアニメやドラマは、TVerなどでも見逃し配信を見ることは出来ますが、期間がかなり短く限られています。

それにTVerなどのサービスだと、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、ディズニープラスなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

しかも、ディズニーのアニメや映画などは他の動画配信サービスではなかなか配信されないので、ディズニーなどのドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるディズニープラスが圧倒的におすすめです!

ディズニープラスなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

ディズニープラスならプリンセス映画などの話題の動画がたくさん!

・アナ雪シリーズ
・ベイマックスの映画・アニメシリーズ
・マーベル作品
・ウォーキング・デッド

などなど、ディズニープラスなら楽しめる動画が満載です!これは見逃せないですね!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」8話のあらすじ・ネタバレ

「Crossing Iron Oceans」

月面からのケーブルが地球側の軌道エレベーターと接続されるまであと二週間。それまでにエンプレスが軌道エレベーターを破壊できれば、人類の敗北は避けられる。だが、そこへ向かうためには鉄海を渡る必要があった。鉄海近くの港町の酒場に「鉄海渡り」を請け負う漁師、イサナが現れる。イサナに水先案内を依頼し鉄海の周辺を探査すると強力な生体パーツの反応を確認する。反応があった浮島へ向かう一行。

【エンプレス(ブラックロックシューター)】石川由依
【デッドマスター】早見沙織
【ストレングス】潘めぐみ

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」全話のあらすじ・ネタバレ

西暦2062年。労働力の大幅な自動化プロジェクトの失 敗後、その中核となる人工知能アルテミスが人類との戦 いを選んだ末、荒廃した二十年後の地球。

とある基地の地下研究施設で、ひとりの少女、エンプレ スが目覚める。
彼女は人類の守護者3人の生き残りのうちのひとりで あった。しかし彼女には以前の記憶がない。
そんなエンプレスに平和構築軍の大佐は告げる。

エンプレスには、現在、アルテミスが建設中の月と地球 を結ぶ軌道エレベーターを完成前に破壊する使命が あることを。完成すれば月で大量生産中の巨大機械軍 が大挙して地球へやってくるからだ。
だが、その行く手を仲間であったはずのデッドマスター やストレングス、アルテミスの手先である無人軍隊やカ ルト集団<教育機関>のスマイリーらが阻もうとする。

さまざまな思惑が交差する中、大佐らと軌道エレベータ ーを目指して進んでいくエンプレス。
その先で待ち受けるものとは……。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」1話のあらすじ・ネタバレ

「The Good, The Bad & The Mechanics」

労働力の大幅な自動化プロジェクトであるエリシオン計画が失敗し、その中核となる人工知能アルテミスが人類との戦いを選んだ末、荒廃した二十年後の地球。とある基地の地下研究施設で、ひとりの少女、エンプレスが目覚める。だが彼女には以前の記憶がない。基地内で貴重な水を集めていた幼い兄妹、ノリトとミヤと出会いともに地上を目指すエンプレス。だが目の前にはたくさんの敵の姿が。エンプレスたちは次第に追い詰められていく。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」2話のあらすじ・ネタバレ

「Shooter Meets Hacker」

ノリトたちが暮らす山の街まで送ることに決めたエンプレス。その道中、もと仲間のストレングスに突然襲われる。エンプレスが自身の右腕からうまれる強力な武器、コイルガンで応戦しようとするが、エネルギー不足のためにうまくいかない。不利な戦況の中、その場から逃げるように立ち去る。山の街に到着し、ノリトに近くにある病院跡地から必要な物資を持ってきてほしいとお願いされる。だが、そこにはとても危険な『ハチの巣』があったのだ。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」3話のあらすじ・ネタバレ

「Master Sniper」

平和構築軍の駐屯地へ向かうエンプレスたちの前に無数のライトが見えた。それはカルト集団<教育機関>の武装車両だった。自分らの追っ手だと判断したエンプレスは、武装車両へと向かって行く。ところが彼らは、教育機関から逃げ出した少女、モミジを追跡していたのだ。結果的にモミジを助けてしまったエンプレスたち。そして彼女からとある儀式のために移動中の教育機関の装甲列車から、友だちを助けてほしいとお願いされる。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」4話のあらすじ・ネタバレ

「Black falls down a hole」

平和構築軍の拠点で合流した増援部隊の隊長ボルトから、軌道エレベーター完成までのタイムリミットが、あと一ヶ月であると聞かされたエンプレスたち。そんななか、またもデッドマスターが現れ、エンプレスに交渉を持ちかける。交渉は決裂。デッドマスターが攻撃を仕掛けようとしたそのとき、教育機関が放った改造人間、シャーロットに襲撃される。反撃を試みようとしたエンプレスを、大佐が制止する。その理由とは……。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」5話のあらすじ・ネタバレ

「Drink because you are happy」

偶然出会ったノリトから助けを求められるストレングス。妹のミヤが教育機関に捕まりゲームの獲物にされているらしく、もと仲間であるエンプレスを呼び出してほしいとのことだった。そこへノリトを追う教育機関の兵士らが現れ、攻撃を仕掛けてくる。本能的な危機を感じたストレングスはアームの片方を強制パージする。敵から逃れたものの、ギガンティックアームがないことでストレングスの性格は一転、臆病者に早替わりして……。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」6話のあらすじ・ネタバレ

「Collapse」

教育機関に拉致されたミヤを助けるため、ストレングスとノリトは敵の陸上空母内へ突入する。ふたりを援護するかのように、エンプレスらも教育機関の護衛武装車両部隊との戦闘を開始。陸上空母内のラボにはヘーミテオスユニット化の適合実験の失敗により、ゴミ同然に扱われた少女たちの死体が転がっていた。奥には拘束されたミヤを発見する。そして、そこにはアルテミスの化身、ルナティックの姿があった。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」7話のあらすじ・ネタバレ

「Peacebuilding Force Memorial Library」

護衛武装車両部隊との戦いで故障したブラックトライクから自己修復できないとの訴えがあり、モニカが修理を請け負う。しかし必要な希少部品が足りず、平和構築軍記念図書館へ部品を集めにいくことになる。そこでライブラリアン・アンドロイドのアンディと出会う。部品の確保をしつつ、大佐の情報を検索したモニカは、大佐の妻、ジェシカの経歴に不審なものを見つける。調査を続行しようとした矢先、床を踏み外して地下へ落下してしまい…。

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」8話のあらすじ・ネタバレ

「Crossing Iron Oceans」

月面からのケーブルが地球側の軌道エレベーターと接続されるまであと二週間。それまでにエンプレスが軌道エレベーターを破壊できれば、人類の敗北は避けられる。だが、そこへ向かうためには鉄海を渡る必要があった。鉄海近くの港町の酒場に「鉄海渡り」を請け負う漁師、イサナが現れる。イサナに水先案内を依頼し鉄海の周辺を探査すると強力な生体パーツの反応を確認する。反応があった浮島へ向かう一行。

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

「ブラック★ロックシューター」について

「ブラック★ロックシューター」は、日本のイラストレーター、hukeによってデザインされたキャラクター、およびそれを元にした楽曲・アニメーション・TVゲーム作品である。

元々はhukeが2007年12月26日にpixivや自身のブログにおいて発表していた1枚のキャラクターイラストから始まった。注目を集めるきっかけとなったのはsupercellのryoがこのキャラクターに着想を得て音声合成ソフト「初音ミク」を用いた曲を作り、hukeが映像を付けて2008年6月13日に『初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター」』として動画投稿サイトニコニコ動画で発表した動画である。ニコニコ動画上では累計の再生数が2008年末までに100万回以上を記録するなど、曲自体が多大な反響を得ると共に、キャラクターにも注目が集まるようになった。楽曲は動画と共にsupercellのデビューアルバム『supercell』にも収録され、hukeのイラストを立体化したPVC塗装済み完成品フィギュアが「1/8スケールフィギュア ブラック★ロックシューター」としてグッドスマイルカンパニーにより発売されたのを始めキャラクターの商品化も行われるようになった。2010年にはアニメーションが公開され、2011年にはPlayStation Portable用としてゲーム化が決定、同年の8月25日に発売。また、2011年6月に月刊ヤングエースにて、デザインやストーリーをオリジナルのものにした漫画が連載を開始する。

2012年に先のOVAを基に手直されたノイタミナ制作のTVアニメが放映されて以降、音沙汰がなかったが2021年の9月16日に『BRSプロジェクト』の始動を宣言し、ポータルサイトを開設と共に2022年春放映予定の10年振りとなる新TVアニメ『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』を発表。生誕14年目となる同年12月26日に来秋配信予定のアプリゲーム『ブラック★ロックシューター FRAGMENT』(ティザー)を発表した。

キャラクター設定
黒髪を左右の長さが異なるツインテールにしており、左目に青い炎を宿した15歳の少女。腕に毎秒20発の岩石を発射できる大砲「★Rock Cannon」を装備している。イラストやフィギュアのバリエーションとして、刀に似た兵器「Black Blade」や大剣を構えたものもある。髪形など容姿が初音ミクに似ていることから初音ミクの派生キャラクターという誤解があるが、初音ミクによる楽曲で有名になったという経緯はあるものの、本来はVOCALOIDとは無関係である。

イラストとして描かれた当初は特に設定なども無く、単に女の子が武器を持っている絵という構想で描かれた物だったという。

その他のキャラクターバリエーション
BRSB(Black Rock Shooter BEAST)

短く切り詰められた髪、ミニスカートやキャミソール調の丈の短い衣服が特徴。武装は大型拳銃の「セブン・ショット」と、両刃の大剣「BRSブレード」に変更されている。デザイナーであるhukeの画集「BLK」にfigmaが特典として付属する。

インセイン・ブラック★ロックシューター(I.BRS)
全体的に刺々しく、禍々しい鎧のような衣装を身に付けた姿。身長を大きく上回る大型の槍「インセイン・カノンランス」と、骨のような意匠の剣「インセイン・ブレードクロウ」を武器とする。6月22日に発売される、テレビアニメ版ブラック★ロックシューターのBlu-ray/DVD-BOX特典としてfigmaが付属する。

初期アニメ「ブラック★ロックシューター」について

OVA、テレビアニメ共に、主人公の黒衣マトを中心とした「現実世界」での学校生活を主軸に置かれ、ブラック★ロックシューターたちのいる「裏世界(他に「精神世界」や「幻想世界」等、ユーザーによって呼び名は様々であり、テレビアニメ版公式サイトでは「虚の世界」と表記。本項目では「裏世界」で統一)」での展開が、現実世界のマトたちの精神的な動きや言動と平行する形で密接にリンクしているという特徴がある。

また、ストーリー全体の展開を理解しないと現実世界と裏世界の展開の繋がりを把握するのが困難であることから、視聴したユーザー達によって全体の展開を納得させるための独自研究が各所で行れている。

OVA
AG-ONEなどによるコンテンツ企画プロジェクト「SEED PROJECT」の第1作として製作、2010年に公開予定とし、これに先立つ形で2009年9月30日にパイロット版を収録したDVD・Blu-ray Discと新規音源を収録したCDによるパッケージソフト『BLACK★ROCK SHOOTER -PILOT Edition-』が発売された。

2010年3月24日には50分のOVAとしてリリースされることが発表された。提供の形は7月24日から期間限定で本編全てが収録されたDVDを雑誌付録にするのを始め、店頭・イベント等でのDVDの無料配布、ネット上での全編動画配信、上映会の実施など、様々な形態で無料公開を行った。こうした無料展開によってフィギュアなどの関連商品の売り上げに繋げるほか、パッケージソフトとして特典を付加したBlu-ray版とBlu-ray&DVD特装版も2010年12月17日に発売された。なお、本編の配布の開始は当初6月25日発売の「月刊ホビージャパン8月号」からと発表されていたが、「制作上の都合」から7月24日発売の9月号へ変更された。なお、雑誌の付録はホビージャパン以外に、メガミマガジンとアニメディアにも付いたほか、ブラック★ロックシューター関連のフィギュア製品にも同梱されていた。また、2011年5月2日には日テレプラスにてテレビ放送された。

パッケージ版には本編の他に、hukeによるジャケットイラストの作画の模様を収録した映像、ブラック★ロックシューターのパペットを用いて『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『コララインとボタンの魔女』を手がけたスタッフによって制作、リンキン・パークのジョー・ハーンが音楽を担当した、ストップモーションムービーとそのメイキング映像、制作発表会で使われた物やトレーラーなどの各種PV集が収録されている。

あらすじ(OVA)
中学校へ進学した黒衣マトは、同じクラスになった小鳥遊ヨミと親しくなる。1年間を通じて友情を深めあった2人だったが、2年生になって違うクラスに分かれ、マトに友人が増え始めた頃から、2人は少しずつすれ違うようになっていく。ある日、ヨミが学校を欠席していることを気にかけたマトはメールや電話をしてみるが、一向に通じない。落ち込むマトの携帯に一通のメールが入るが、それはヨミからではなく母からのものだった。「小鳥遊さんが行方不明になり、警察が事情を聞きに来ている。すぐ帰ってきなさい」と。

同じ頃。この世界とは違うどこかの世界で、左目に青い炎を灯し、大型の砲を左腕に装着した謎の少女が、何者かと戦いを繰り広げていた。

テレビアニメ
2011年8月発表。2012年2月2日より3月まで、フジテレビ「ノイタミナ」枠およびニコニコチャンネルにて放送。全8話の構成は、通常1クール12話前後を基本単位とするTVシリーズとしては異色。OVA版を原作としたリメイク版に当たり、ストーリー上のつながりは無いが、基本設定は変更を加えしつつ受け継がれており、新たな登場人物を加えて物語を膨らませるとともに、世界観がより詳しく描写されている。

現実世界の人物は主に通常のセルアニメ、裏世界の人物は3DCGで描かれ、異世界感を際立たせる演出として機能するとともに、限られた作画労力で細緻な造型のキャラクターの活劇を可能とした。

あらすじ
中学校へ進学した黒衣マトは、クラスメートの小鳥遊ヨミと苗字に興味を持ったことと、お互いに同じ絵本が好きであったことを切っ掛けに親しくなる。だが、彼女はなかなかマトに心を開こうとしない。その原因は、幼馴染の出灰カガリに行動や交友関係を監視・束縛され続けていることにあった。 一方、現実世界と異なる「虚の世界(裏世界)」では、ブラック★ロックシューターと何者かの戦いが続いていた。

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

アニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」の主な登場人物

エンプレス
[ブラックロックシューター]

CV:石川由依

デッドマスター
CV:早見沙織

ストレングス
CV:潘めぐみ

COLONEL
大佐

CV:桐本拓哉

MONICA
モニカ

CV:朝井彩加

ブラックトライク
CV:久野美咲

スマイリー
CV:杉田智和

ルナティック
CV:友永朱音

ノリト
CV:堀籠沙耶

ミヤ
CV:伊藤あすか

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

ディズニープラスで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」以外にもディズニープラスでは

・アナ雪シリーズ
・ベイマックスの映画・アニメシリーズ
・マーベル作品
・ウォーキング・デッド

などなど、他にも魅力的なアニメや映画がたくさんあります!

ディズニー作品やマーベル作品などなら、是非ディズニープラスで楽しみましょう!

最新アニメや懐かしのあの映画も、ディズニープラスでチェック!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ


-アニメおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」