バラエティ番組おすすめ

ここにタイトルを入力の無料動画・見逃し配信!フワちゃんを探せ?

ここにタイトルを入力の見逃し配信と動画無料視聴方法!

フジテレビの月曜PLUS!枠で放送されているバラエティー番組「ここにタイトルを入力」フワちゃんの浅草のんびりツアーはフワちゃんを探せ?の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことなどについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「ここにタイトルを入力」は、当初「水曜NEXT!」で放送されるやいなや、フジテレビの狂気・・・などと言われた番組です!今回のレギュラー放送ではどのような番組になるのか、注目度が高い番組です!

だからこそ、「ここにタイトルを入力」を楽しむための方法をご紹介したいと思います!

今、「ここにタイトルを入力」が動画配信されているのは、動画配信サービスFODです。

FODはフジテレビが行っている動画配信サービスなので、「ここにタイトルを入力」も配信されています!

※これまでの「ここにタイトルを入力」の動画はこちらから

・ここにタイトルを入力を何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

フジテレビのドラマやバラエティの見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」フワちゃんを探せ?

ここ最近、独自開発したC×M(シーバイエム)を使ってテレビの中身を変えることができる番組「なんかいみちゃうTV」や、全編生放送でおくるドラマ「生ドラ!東京は24時」など挑戦的な番組にチャレンジしてきたフジテレビが、また新たなぶっ飛んだバラエティー番組を作り上げた。それは月曜深夜に新設した“月曜PLUS”枠(深夜0:25)にて、4月11日から6週連続で放送される「ここにタイトルを入力」だ。深夜だからこそできる挑戦と斬新さ、笑いとばかばかしさがうまく融合されている番組である。

4月11日に放送されたレギュラー番組1回目の放送では、小峠英二に試練が訪れた。右半身でトーク番組、左半身でクイズ番組の収録に参加し、ダブルブッキングされていない風を装って挑むというもの。小峠の芸人としてのすごさを見せつけた30分だった。あまりの攻め具合にTwitterでは「ずっと笑ってた!」「フジテレビの全盛期を思い出す感じ」「ネタバレせずに見たかった」などの反響があった一方で、タイトルの「ここにタイトルを入力」を見て「表示ミス?」「どういうこと?」と疑問に思う人もいた様子。視聴者の「何か気になる」をうまく引き出し、放送直後から見逃し配信サイトで視聴する人も多かったようだ。

全部で6回放送される同番組だが、毎回あまりにぶっ飛んだ企画を放送するため、事前告知が大々的にできないことが悔やまれる。2回目の放送となった4月18日は、小峠の企画から一変。フワちゃんが東京・浅草にロケへ。しかし、撮影データがすべてなくなり、防犯カメラやGoogleストリートビュー、一般客が撮影した動画などを駆使して構成されたものだった。

番組冒頭、スタッフに呼び出され「撮影したデータが全部なくなった。頑張って何とかしたから放送はする」という前代未聞の報告を受けたフワちゃん。自分が出演した番組は見るというフワちゃんの反応が気になるところ。

ということで、浅草ロケ最初の映像は、雷門近くの防犯カメラだろう映像から抜粋されたものに。「フワちゃんの浅草のんびりツアー!」と叫んでいるが、あまりに遠くて聞き取りにくいのが正直な感想。テロップが入っていないと聞き取るのが大変かもしれない。かといってボリュームを上げると、その後のナレーションで耳がやられてしまう…(笑)。イヤホンをつけて見逃し配信サイトから見る人は、ボリュームに気を付けて視聴することをお薦めしたい。

さて、タイトルコールが終わったフワちゃんは仲見世通りへ。ぶらりと歩くフワちゃんの様子を映す防犯カメラの映像では、声は聞こえる&テロップはあるものの、どこにいるのか分からなかった筆者。まさに「フワちゃんを探せ!」状態であった。だんだんカメラに大きく映るフワちゃんを見つけ、思わず「あー、フワちゃんおったわ!」と口にしてしまった。防犯カメラの映像以外にも、ミセスビッグボイス竜大&スクールバス庄田のYouTube動画らしきものからフワちゃんが映っている部分を抜粋したものや、一般客が撮影したものから映像を切り貼りしているためフワちゃんの目線がないものばかり。

仲見世通りを抜け浅草寺へ向かうフワちゃんの様子も防犯カメラの映像から抜いているのだが、どこにいるのか分からない…! 目立つ服装をしているフワちゃんだが、見つけるのに一苦労だ。ここでも「フワちゃんを探せ!」である。

番組中盤ではゲストに美川憲一を迎え、おいしそうなスイーツを食べる2人。だが、防犯カメラの映像からは表情が全く分からない…。せっかくのおいしそうなスイーツなのに、もったいない。さらに、2人は忍者体験ができるスポットでガチンコ勝負をするが、まさかの絵コンテ&本人ではない人があてた声のみ。本当に行ったのか行かなかったのか…分からない感じだが、体験記をすべて絵コンテで乗り切るフジテレビに完敗である。

さらに番組後半では、浅草といえばのゲスト・ナイツを迎えて絶品料理・オムマキを食べに行くが、3人がちゃんと映っているのは店舗の入口にある体温を測る機械の映像のみ。食リポのシーンは、土屋伸之のみ本人で、塙宣之とフワちゃんは違う人が演じている再現映像で放送された。

バラエティー番組を作るのに使用した映像が、「防犯カメラの映像」「Googleストリートビュー」「一般客が撮影した映像」なのが、ぶっ飛びすぎて面白いのと同時に、ちょっとした怖さもある。このはちゃめちゃな(?)発想を持った若手ディレクターの脳内をのぞいてみたいものだ。来週はどんな奇天烈な企画が登場するのか楽しみな筆者である。昨日の放送はTVerなどで見逃し配信中。ぶっ飛んだ企画を目の当たりにしてほしい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」フワちゃんの浅草のんびりツアー

フワちゃんが今や若者が集まる街として生まれ変わった浅草の最新スポットを紹介!道中に大物ゲストが登場するも、やりたい放題のフワちゃんに浅草がパニック!?

フワちゃんが浅草で街ぶらロケを敢行!
今や、おじいちゃんおばあちゃん、外国人観光客だけでなく女子高生にとっても注目の観光スポットとなっている「浅草」の最新スポット&グルメを紹介!

道中、“大物歌手”美川憲一や浅草芸人の代表格ナイツも加わり、浅草の定番スポットや見た事のない風景に触れながら、いつものフワちゃんのペースに巻き込まれ、ゲストも浅草の街もパニックに!?

「ここにタイトルを入力」の出演者

フワちゃん 
美川憲一 
ナイツ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」小峠を襲うカオスな世界

11日深夜に放送されたフジテレビのバラエティ番組『ここにタイトルを入力』。番組内容は、マヂカルラブリー・村上のMCで、バイきんぐ・小峠英二、武井壮、みちょぱが解答者として出演し、人間の五感をテーマにした斬新なクイズ番組『クイズ・ファイブセンス』……と予告されていたが、フタを開けるとカオスな世界が広がっていた――。

『ここにタイトルを入力』は昨年、フジの企画開発枠『水曜NEXT!』で放送され、“収録済みのひな壇と、リアルタイムのMCの掛け合い”、“番組放送中に視聴者の意見を反映”というカオスな内容で、放送終了後のSNSでは「意味わからないな」「シュール!」「狂気を感じる」と話題になった番組。今回、新たに誕生した深夜のチャレンジ枠『月曜PLUS』の第1弾として、6回限定のレギュラー放送に昇格した。

レギュラー初回の主役は、MCの村上ではなく、小峠。前回の放送でMCを務めたトークバラエティ『バイきんぐ小峠の今夜もグダグダ気分』では、「MC小峠の多忙により、ひな壇の芸人たちと撮影スケジュールが合わなかったため、MC不在の状態で収録を実施。台本と想像を頼りに小峠がいるつもりで、ひな壇の部分のみを先撮り。その映像をひな壇実寸大のモニターに流し、後日、小峠のMC部分を入れることでトークバラエティが成立。何ら違和感なく番組を放送することが可能となる」という完全な机上の空論の中に放り込まれ、本番後には「この世の終わりのような収録」と言うほど疲弊しながらも、卓越したツッコミ技術でカオスの中を孤軍奮闘で見事泳ぎきった。

今回の『クイズ・ファイブセンス』が始まると、解答者席の一番奥でセットに半分埋まり、左半身だけ出ている小峠の姿が。村上が番組の趣旨説明をする中、なにやら関係ない話題をつぶやいている様子だ。

その後も、クイズの出題中なのに、急に「あっクリィミーマミねー」と納得したり、村上に振られて対応した直後に「何の話してましたっけ?」と混乱したり、「ハチミツに毒盛られたんですよ」と意味不明な弁解をしたりと、どうやら反対側の右半身で別の何かが同時進行していることがうかがえる。

五感どころではない感性を研ぎ澄ませ、何とかクイズに食らいついていく小峠。こうなってくると、こちらでのリアクションに対し、反対側でどんな反応があるのかが気になってしまい、その期待は小麦粉の中から顔だけ使ってクリスタルを探し出すゲームに挑み、小峠の顔が真っ白になった状況で最高潮に達した。

こうして、村上、武井、みちょぱに不穏な動きを一切怪しまれないまま、『クイズ・ファイブセンス』は無事エンディングに。すると、画面は収録直前の打ち合わせ風景に移行する。

スタッフから「ちょっと言い忘れたことがあったんですけど、実はこっちの確認ミスで小峠さんがダブルブッキングになってまして、同じ時間に2つの番組収録がかぶっちゃってるんですよ」と打ち明けられた小峠。その解決策として、「2つの番組を両方同時に小峠さんがやればいいのかなって思いまして」と提案され、スタジオで違和感バリバリの座席に座ると、「鏡貼ってあって全然違和感ない感じにしてあるので、他の演者さんには絶対バレないのかなと思います」と、やはり今回も机上の空論で押し切られた。

そして、お待ちかねの反対側パートがスタート。こちらは、中村俊介、遊井亮子とともに、『ボクらの時代』風の鼎談を繰り広げる『Rest Garden』なるトーク番組だった。しかし、俳優2人が目を合わせながら話す中、左半身をクイズ解答者として取られているため、1人だけ明後日の方向を見ている小峠。それでも、スタッフの説明通り確かにバレていない。

ここからは、前半の答え合わせタイムだ。小峠が一体何を弁解していたのかが次々に判明し、最近話題となった朝ドラ『カムカムエヴリバディ』とは全く違う笑いの“伏線回収”が味わえる。

反対側で行われているクイズ番組ならではスタジオの盛り上がりが、静かなトーク番組側にどんどん響きわたってくるが、中村、遊井ともに聴こえていない様子。それよりもはるかに小さい音量で小峠がクイズの解答をつぶやくと、漏れなく突っかかってくる芸当に加え、小峠にどんな事態が起こっても笑わず動じない姿には、「さすが俳優」と思わずうなってしまった。

『Rest Garden』も小峠以外、誰も収録が同時進行されていることなど疑わず無事に終了。このエンディングのタイミングが実に見事なので、最後まで見逃さないでほしい。

企画・演出を務めるのは、前回の『ここにタイトルを入力』が初演出で、4月にフジ入社3年目になったばかりの原田和実ディレクター。今後、どんなカオスな世界観で違和感だらけの番組が放たれるのか。しばらく、月曜の深夜が楽しみな時間になりそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」クイズファイブセンス

昨年末に放送されSNSを中心に多くの反響を得た番組がレギュラー化!第1弾は「クイズ・ファイブセンス」。人間の五感をテーマにした斬新なクイズ番組をお届け

“収録済みのひな壇と、リアルタイムのMCの掛け合い”“番組放送中に視聴者の意見を反映”など、あまりにもカオスな番組内容に放送終了後SNS上では「意味わからないな」「シュール!」「狂気を感じる」などのコメントが巻き起こった「ここにタイトルを入力」が、この度レギュラー放送として復活!
初回放送の企画は「クイズ・ファイブセンス」。人間の五感をテーマにした斬新なクイズ番組で、視覚や聴覚、味覚などに関する

問題を出題。MCは村上(マヂカルラブリー)が務め、小峠英二(バイきんぐ)、武井壮、みちょぱ(池田美優)がファイブセンス王の座を懸けてクイズに挑む!
果たして番組の結果はいかに!?

「ここにタイトルを入力」の出演者

【MC】
村上(マヂカルラブリー) 

【クイズ解答者】
小峠英二(バイきんぐ) 
武井壮 
みちょぱ(池田美優)

「ここにタイトルを入力」6週連続で放送…MCはマヂカルラブリー・村上

フジテレビが月曜深夜の新放送枠「月曜PLUS」で新番組「ここにタイトルを入力」を今月11日から6週連続で放送することが6日、分かった。

昨年11月と12月、深夜のチャレンジ枠「水曜NEXT!」で新感覚バラエティーとして放送された同番組。「収録済みのひな壇とリアルタイムのMCの掛け合い」や「番組放送中に視聴者の意見を反映」など、あまりにもカオスな番組内容で放送終了後のSNS上では「意味わからないな」、「シュール!」、「狂気を感じる」などのコメントが殺到した。

一方で入社2年目の若手ディレクターが企画したキテレツな番組内容を、出演者自身がSNS上で絶賛したことでも話題を呼んだ。

そんな「ここにタイトルを入力」が今回、レギュラー放送として復活。月曜深夜に新設した「月曜PLUS」枠(毎週月曜深夜0時25分、初回は0時55分)の記念すべき1作品目として放送される。

初回放送の企画は「クイズ・ファイブセンス」。人間の五感をテーマにした斬新なクイズ番組で視覚や聴覚、味覚などに関する問題を出題。MCは「マヂカルラブリー」村上が務め、「バイきんぐ」小峠英二、武井壮、みちょぱ(池田美優)がファイブセンス王の座を懸けてクイズに挑む。 今回の新番組について、村上は「中々、単体で番組MCを務めることがないのですごく緊張したのですが、回答者の方に助けられました。いつもは回答者側になることが多いので、かしこまり過ぎて自分の色をどう出そうか悩んでしまって…。クイズ番組のMCをされる方の偉大さを感じましたね」と話した上で「このクイズ番組は五感に関する問題を出していくのですが…。僕自身は嗅覚が強いです。臭いに敏感なので、ちゃんとケアはしているつもり。“臭くないデブ”だと自負しています(笑)。『クイズ・ファイブセンス』は、感覚を駆使して回答する斬新な企画となっています。この人はこの感覚が優れているんだな、という部分も楽しみながら見てください!」とPRしていた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」MC・バイきんぐ小峠は「この世の終わりのような収録」

一瞬「?」となった視聴者は私だけではなかっただろう。それは、先に撮影しておいたひな壇芸人のトークに合わせて、MCが後から収録するという、なんともカオス!?な番組だったからだ。

フジテレビ深夜のチャレンジ枠「水曜NEXT!」で11月24日(水)に放送された『ここにタイトルを入力』。

ポップだけどちょっと混乱ぎみなオープニングのあとに出てきた番組タイトルは、『ここにタイトルを入力』そして…『今夜もグダグダ気分』。バイきんぐの小峠英二が務めるゆるーいトークバラエティが『グダグダ気分』というわけだ。番組収録前の打ち合わせのシーンが流れると、ディレクターが小峠に「小峠さんが忙しいので、ひな壇トークに登場する芸人さんたちと収録の日程が合わなかった。ということで、先にひな壇芸人用のトークを撮ってしまった」と明かすのだ。最初はふんふん、と聞いていた小峠も一瞬「え?」と耳を疑う。それはそうだろう。バラエティ番組の王道とも言える、ひな壇芸人にツッコミを入れまくるMCをやろうとしていたのに、すでに撮影したものに合わせてトークしなければならないのだ。

スタジオに入った小峠は、「ふっ」と顔がほころぶ。セットには自分の立ち位置、そしてその向かい側に巨大なモニターがあり、三四郎、長谷川忍(シソンヌ)、福田麻貴(3時のヒロイン)、ゆりやんレトリィバァの5人がひな壇に並び“フリーズ”した状態でスタンバっているのだから。すでに収録済みのVTRがそこにあるというわけだ。

「なんで先に撮っちゃったんですか?」「成立するんですか?」と苦笑いする小峠。しかしディレクターは「台本通りにやっていただければ大丈夫」と…。もう開き直るしかない小峠は、『バイきんぐ小峠の今夜もグダグダ気分!』と元気よくタイトルコールし、進行していく。

収録が始まっても、三四郎の小宮浩信はマスクを外すのを忘れ、ゆりやんは腰のあたりでピストルを握りしめている。小峠の容赦ないツッコミがさく裂するのだが、実際にトークを始めるとひな壇芸人といまいちかみ合わない。しかし、小峠がお題を振ると、ひな壇がちょうどいいタイミングで「いえーい!」と反応し、バチッとはまることも。小峠はすかさず「いいねー!」とノリノリになり、さらにハイテンションで番組を回していく。一体小峠の頭の中はどうなっているのか?と思うほど、巨大モニター内で繰り広げられるそれぞれの芸人のボケや、細かいツッコミポイントを逃さない。

あるときは、長谷川が、バイきんぐの相方・西村瑞樹に変わっていたり、またあるときは、フリースロー対決で長谷川と相田がモニターに近づくためひな壇芸人の大きさがちぐはぐになったりと、まさにカオス!一方で、小峠は一秒たりとも油断することなくモニターに向かってツッコミまくっていた。最後の最後まで、小宮は誰かと電話で話し、相田周二は表情を変えることはなく、ゆりやんはマイペースに小道具でボケ続けた。長谷川や福田も途中で眠くなってしまったり、食レポせずに自由に食べ続けたり、真面目な顔をしてやりたい放題だった。

巨大モニターの中の世界は、次に何が起こるかわからない。でも、もう収録してしまっているわけだから、視聴者としてはMCの小峠がうまく合わせてくれることを見守るしかない。

『グダグダ気分』はその名の通り、ゆるすぎるトークだけで放送が終了。MCが締めようとしても、ひな壇は勝手に感想を述べ、タイミングを気にすることなく自由に解散していった。シュールすぎる!忙しい小峠のスケジュールが他の芸人と合わず後からMC部分を収録しても、番組としてしっかり“成立”することが実証されたということか。当の小峠はどうだったのだろうか?収録を終えた小峠からコメントが届いた。

「ここ最近の収録で群を抜いてしんどかったです。この世の終わりのような収録でした。」

この世の終わりのような…と小峠を苦しめた番組だったが、視聴者はSNS上で「意味わからないな」「シュール!」 「これくらい変な番組があっていい」「狂気を感じる」とさまざまな反応を寄せていた。

来週は引き続き『ここにタイトルを入力』なのだが、全く違う内容らしい。バカリズムがMCの恋愛お悩み相談バラエティ番組だという。またヘンテコな番組が登場するのか…個人的には怖いもの見たさもあり、注目したい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」「狂気感じる」「やばい番組」と話題

フジテレビ深夜のバラエティー企画開発枠「水曜NEXT!」(毎週水曜、深夜24時25分、※関東ローカル)で24日深夜に放送された「ここにタイトルを入力」。斬新すぎる“とんでも企画”がSNS上で反響を呼んでいる。

番組の事前告知では「バイきんぐ小峠英二と若手人気芸人が深夜に超“グダグダ”な気分でゆるーく語り合うトークバラエティ」と紹介されていた。しかし、実際には多忙な小峠のスケジュールが合わなかったため「ひな壇芸人さんトークブロックを先に撮影しちゃいました」という“斜め上”な企画となっており、小峠がひな壇トークのVTRに合わせて番組を成立させるためにMCとして奮闘するという内容だった。

MCに小峠、ひな壇には、三四郎、長谷川忍(シソンヌ)、福田麻貴(3時のヒロイン)、ゆりやんレトリィバァという面々。自由すぎるひな壇のトークに合わせて、反応のないツッコミを入れ続ける小峠。自由すぎるひな壇芸人の言動。終始かみ合うことのない平行線なトーク。そんな“カオス”な状況を流し続けるという超実験的な番組となった。

番組内で小峠は終始、絶叫。番組の最後も「どこ流すんだよ! これよぉ」と小峠の叫びで終わった。

フジテレビの深夜に突如放送された斬新すぎる番組にSNS上では「フジテレビやべぇなwww」「すごい変な番組だった」「古き良きフジの深夜を感じた…」「やばい番組だった」「こういう狂気感じるバラエティすき」「ここにタイトルを入力かなり実験的だな」などざわつきの声があがっていた。

公式サイトによると次週は「バカリズムが司会の恋愛お悩み相談番組」とのこと。「普段はお笑いに命を懸けている人気芸人たちが、今夜は一般の方の恋のお悩みに全力で答える!」と予告されているが、今回の放送から考えると一筋縄ではいかないだろう。果たしてどのような内容になるのだろうか。フジの“挑戦”に注目だ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ここにタイトルを入力」のみんなの感想

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ここにタイトルを入力」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ


-バラエティ番組おすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」