ドラマおすすめ

おかしな刑事10の見逃し配信と動画無料視聴方法!

おかしな刑事10の見逃し配信と動画無料視聴方法!

テレビ朝日で放送されたドラマ「おかしな刑事10」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャスト情報、再放送のことなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「おかしな刑事」は、伊東四朗と小林聡美の『おかしな二人』シリーズが小林の多忙で続行不可となった為、相手役に羽田美智子を迎え、仕切り直したのが本シリーズであり、鴨志田新一・岡崎真実親子が違う現場で同じ事件に遭遇、捜査を進めて行く内に合流し、その後「出張」と称して観光地を巡りながら事件解決をしていくというもので人気です!

だからこそ、「おかしな刑事」を何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画でドラマ「おかしな刑事」を楽しむために動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・おかしな刑事を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「おかしな刑事10」のあらすじ・ネタバレ

鴨志田と真実の同居人・行人が苦節ン年、ついに司法試験に合格した。真実は行人のために、売れっ子のパーティーコーディネーター・涼子に依頼し、盛大な合格祝いの会を開催する。だが、パーティーの途中、鴨志田は殺人事件発生の知らせを受け現場に急行する。現場は奇しくもパーティー会場の近くにある倉庫。殺害されたのは自動車整備工・江口で、第一発見者である造園会社社長・大谷が、現場から逃走する若い男の姿を見たという。

「おかしな刑事10」の出演者

伊東四朗、羽田美智子、石井正則、遊井亮子、小林綾子、山本圭、阿知波悟美、蟹江一平、中西良太、小倉久寛 ほか

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「おかしな刑事」について

「おかしな刑事」は、2003年からテレビ朝日系で放送されている刑事ドラマシリーズ。主演は伊東四朗と羽田美智子。

副題は『居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査』。

第13作まで「土曜ワイド劇場」枠、第14作は「土曜プライム・土曜ワイド劇場」枠、第15作・第17作は「ミステリースペシャル」枠、第16作は「日曜ワイド」枠、第18作から第24作は「日曜プライム」枠で放送。第25作は特番として放送された。なお、通常は東京都北区王子を舞台に描かれているが、第22作・第24作は「京都スペシャル」と題され、文字通り京都を舞台にした内容になり、ほぼ全編が京都で撮影された。

なお、第16作が放送された翌週の2017年8月6日の「日曜ワイド」では、スピンオフに当たる『おかしな弁護士』が放送され、2018年1月14日の「日曜ワイド」では、『おかしな弁護士2』が放送された。

伊東四朗と小林聡美の『おかしな二人』シリーズが小林の多忙で続行不可となった為、相手役に羽田美智子を迎え、仕切り直したのが本シリーズである。

2003年に制作された第1作を経て2005年から年1回のレギュラー放送がされ、2015年以降は年2回の放送が多い(2019年は1月、6月、10月と年に3回も新作が放送された)。

鴨志田新一・岡崎真実親子が違う現場で同じ事件に遭遇、捜査を進めて行く内に合流し、その後「出張」と称して観光地を巡りながら事件解決をしていくというものである。

伊東にとっては次男・孝明との父子共演作品でもある。

「おかしな刑事」の主な出演者

鴨志田新一
演:伊東四朗(若き日:栢嶋孝志〈第12作・第17作〉)
警視庁東王子警察署刑事課 刑事。階級は警部補。愛称は「カモさん」で、被害者が現状に至るまでの動きを再現する動作は刑事仲間から「カモさんダンス」と呼ばれている。1958年生まれ(第15作)。

真実の実父で、妻・五月とは真実が小さい時に離婚している。周囲には親子関係を隠しており、敬語で話すようにしているが、真実との様子を見た事情を知らない登場人物から「何だか親子のように見える」等と指摘される場面もある。2人が親子と知っているのは、真実の上司である田中刑事局長など、ごく一部の人物だけである。
捜査会議中の居眠りや単独行動などを頻繁に行うため、課長の坂下からはよく小言を言われているが、本人も周囲もあまり重く捉えてはいない。普段からスーツ姿だが、聞き込みなどの屋外行動での利便性を考えて革靴ではなくスニーカーを履いている。最新機器などには疎く、携帯電話はスマートフォンではなくガラケーを使用している(第23作でも使用)。普段は飄々としているが、良心のかけらもないような態度を取る人間には怒りを露わにすることもある。
スピンオフ作品「おかしな弁護士」ではモブキャラクターとして登場し、事件に悩む行人を助けることもある。

岡崎真実
演:羽田美智子(幼少期:東未結〈第24作〉)
警察庁刑事局勤務。階級は警視。
鴨志田の実娘。鴨志田と姉小路家に同居しているが、二人だけの時でも父親を「鴨志田さん」と苗字で呼ぶなどの変わった所がある。33歳(第8作)。
東王子署管内で事件が起きると捜査員として参加するために警察庁から出向してくる。

司法試験に一発で合格するなど才色兼備に見えるが、料理と片付けができないなど生活力に欠ける一面も。特別な事情を抱えた事件の指揮を執ることが多いが、取り調べ中に被疑者を殴って謹慎させられたこともある(第2作)。

第19作では次期総理候補と言われる国会議員・池沢キミ子の特別警護に当たっている途中で狙撃されるが、腕をかすめただけで大事には至らなかった。終盤で、事件の背後に池沢の息子・淳也による殺人事件が関係していたことが判明。淳也の逮捕に踏み切る刑事たちを止めようとする池沢に「国民は、息子の殺人を隠蔽する総理は願い下げです!」とその行動を厳しく非難した。

スピンオフ作品「おかしな弁護士」ではモブキャラクターとして登場し、事件に悩む行人を助ける事もある。

姉小路行人
演:石井正則(元アリtoキリギリス)(第1作 - 第17作)(小学生:蓬田直史〈おかしな弁護士・第2作〉)
経歴:司法浪人(第1作 - 第10作)
→ 大脇修一郎法律事務所(第11作)
→ 武井昭一法律事務所(第12作 - 第17作)

鴨志田と真実の住む家の大家。行人の父(鴨志田の中学時代の友人)が海外赴任(アルゼンチン大使)となったためにその赴任中に行人のお目付け役も兼ねて住んでいる(第1作)。

弁護士を目指して何度も司法試験を受け、その度に不合格となっていたが、長年の努力の末に司法試験に合格し(第10作)、弁護士として大脇修一郎法律事務所で働き出す(第11作)。その後、大脇修一郎が逮捕されたことで失職したが、直後に人手が足りないとして武井昭一に誘われ、彼の法律事務所で働き出す(第12作)。また、「おかしな弁護士」では主人公として登場し、殺人事件の容疑者の弁護を武井と共に担当しており、同時にその殺人事件の真相解明に動く。

極度の味オンチ。潔癖症の一面があり、真実のズボラな性格に我慢出来ずに自宅なのに出て行ってしまった事もある(第2作 - 第3作)。また、事件に悩む鴨志田と真実のサポート役に徹する時もあり、事件が起きる度に独自に調べては二人に報告もしている。

第18作よりロサンゼルスに行っていることになっている。また、第19作では現地事務所のボスで金髪のキャサリンと交際していることを武井昭一法律事務所の森聡子が語っている。

坂下純次
演:小倉久寛
警視庁東王子警察署刑事課・課長。鴨志田の上司。
印旛沼にマイホームを建てており、5人の子持ち(ローンは残り27年)で、下の娘は3歳(第2作)である。また、鴨志田の単独行動の多さに頭を抱えており、いつも注意しているが、刑事としての実力は評価しており、時には協力する事もある。

工藤潔
演:飯田基祐
刑事。第1作は「工藤基祐」、第2作は「工藤通夫」の名前で登場。
第11作では「係長」とテロップが出ており、坂下らからは「係長」と呼ばれているが、腕章にはラインが入っていない。

大崎通夫
演:伊東孝明
刑事。第1作は「大崎貴明」、第2作は「大崎清」の名前で登場。和田とコンビを組むことが多い。
第13作で白石裕子と結婚することを決めるも、彼女の兄・信郎が殺人事件の重要参考人として取り調べを受けた過去があったため、お墨付きが欲しいと鴨志田に相談する。第13作で起きた女性作家殺人事件においても信郎が関係している疑いが浮上したが、最終的に無関係と判明。無事に裕子と結婚した。

和田一朗
演:福本伸一
経歴:警視庁渋谷中央警察署(第1作)
→ 警視庁東王子警察署刑事課(第2作 - )
刑事。大崎とコンビを組むことが多い。

佐久間朗
演:柳沢慎吾(第1作)
刑事。鴨志田とコンビを組んでいた。

星田耕介
演:ベンガル(第1作) → 佐渡稔(第2作 - )
署長。階級は警視正。鴨志田の刑事としての実力は評価しているが、単独行動の多さには坂下同様頭を抱えており、捜査に真実が関わる度に「粗相のないように!!」と釘を刺している。

上野忠明
演:矢島健一(第2作 - 第5作)
警察庁刑事局長。階級は警視正(警視正が警察庁刑事局長に就く事は、実際にはありえない。警視監である)。
真実の上司。必要最小限の説明で部下を動かしており、特に真実には期待しているのだが、毎回上手く扱えずに苦労している。

田中孝典
演:上杉祥三(第7作・第9作 - 第21作・第23作・第25作)
警察庁刑事局長。階級は警視監。
鴨志田が真実の実父である事を認知しており、東王子署管内で重大な事件が起きた際には真実を通じて捜査協力を依頼することもある。また、鴨志田を謹慎させた東王子署に謹慎の解除を命じるなど、鴨志田の能力を評価していることが伺える。

原島吾郎
演:木村祐一(第13作・第14作)
栃木県警察 刑事。階級は警部補(第13作) → 警部(第14作)。
鴨志田と真実の関係に気付いている節がある。

五十嵐進
演:駿河太郎(第14作・第15作・第17作)
警視庁捜査一課8係 刑事。実直や熱血を絵に描いたような熱い性格。年齢は、真実の5歳下(第14作)。
真実の恋人だったが、第18作の時点で破局している。

本間京一
演:中村俊介(第14作・第19作)
警視庁管理官。プライドの高いエリートで、所轄への態度や関係は悪い。星田にまで「顔が無駄にイケメンのあいつ」と陰で言われている。第19作では、本編の2年前に起きた女優が自室で変死した事件の捜査を指揮、政治家・池沢キミ子の息子による殺人事件と見抜くも、決定的な証拠が挙げられなかったことから逮捕できなかったことが明かされる。終盤で殺人の証拠となった映像が発見され、逮捕に踏み切った。その後、女性の父親だった男性に謝罪し、再捜査が決まったことを伝える。鴨志田には、取り調べを続けさせる気遣いを見せるなど、所轄への態度が軟化している。

武井昭一
演:正名僕蔵(第11作 - 第15作・第17作 - 第23作・第25作)
経歴:大脇修一郎法律事務所(第11作)
→ 武井昭一法律事務所(第12作 - )
弁護士。厳格な一面もあり、行人に厳しく接してはいるものの、根は優しく、行人の手助けをすることもある(「おかしな弁護士」より)。元々は大脇修一郎の部下として長年働き続けては彼の後継者として扱われており、後に大脇の出馬(と引退)をきっかけに彼の事務所を継ぐ予定であったが、過去の事件の不祥事により大脇が逮捕されたことで事務所は閉めることになり、同時に事務所を継ぐ話も無くなったことで独立する。その後、自分で法律事務所を設立し、その際に人手が足りないとして一緒に働いていた行人を自身の法律事務所に誘う。第19作では不在の行人に変わって事務員の森聡子と共に事件の概要や関係者の背後関係に経歴などを調べ上げるなどして鴨志田のサポートを行う。また、スピンオフ作品「おかしな弁護士」では準主人公として登場し、度々殺人事件の容疑者の弁護を行人と共に担当する。

森聡子
演:月岡鈴(第13作 - 第15作・第18作 - 第23作・第25作)
事務員。普段は事務所でダラダラしたり、口が軽く情報をペラペラと喋る反面、事件の事になると目の色を変えて行人達のサポートを行う。また、不在の行人に代わって武井と共に鴨志田をサポートした。

姉小路秀子
演:戸田恵子(第4作)
行人の叔母(三浦由紀子の妹)。名古屋在住。初対面でいきなり真実に「行人が司法試験に受からないのはあなたのせい」「行人に付く悪い虫」と嫌味を浴びせていた。
深川飯を蜂蜜と練乳で味付けするなど料理が壊滅的な節があり、極度の味オンチは行人に受け継がれている模様。

三浦由紀子
演:田島令子(第7作・第9作・第10作・第12作・第14作 - 第21作・第23作・第25作)
行人の叔母。横浜在住。通称「横浜のおばさま」で、第7作にて行人の母を「姉」、秀子を「妹」と語っている。
登場当初はプライドが高く、嫌味な面が目立ち、鴨志田や真実に対して素っ気無い態度で接したり高圧的な態度を取ったりしていたが、第19作では行人が居ないこともあって鴨志田や真実と馴れ合ったり、度々家を訪れるなど、若干性格が軟化しつつある。

家柄を最優先に考えており、行人に対しても司法試験に落ち続けていることを憂い、「弁護士を諦めてお見合いをするように」と勧めていた。
行人が司法試験に合格して念願の弁護士になった際は真っ先に駆け付けて祝福したり、スピンオフ作品「おかしな弁護士」では初めて殺人事件の弁護を担当することになった行人を心配して彼が出る裁判を(毎度)傍聴する、裁判前にはサンドイッチを差し入れするなど、一応優しい面はある(が、時には鴨志田たちに過剰な世話を焼くときがあり、迷惑がられることが多い)。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「おかしな刑事」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, , ,

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」