ドラマおすすめ

【無料動画】麒麟がくる最終回結末の見逃し配信!ネタバレと無料視聴方法

【無料動画】麒麟がくる最終回結末の見逃し配信!ネタバレと無料視聴方法

NHKで放送されている大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回結末の動画を見る方法やあらすじやネタバレ、見逃し配信や再放送の無料視聴情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「麒麟がくる」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「麒麟がくる」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

そもそも「TVer」ではNHKのドラマは配信されていませんし・・・。

なので、ドラマ「麒麟がくる」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・麒麟がくるを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「麒麟がくる」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「麒麟がくる」最終回結末のあらすじ・ネタバレ

「本能寺の変」

宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀は信長から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。

追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。

「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめる光秀に、「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と信長は冷たく言い放つ。

そしてついに、ある究極の命令を光秀に突き付けたのだった・・・という展開。

光秀が主君・信長を討つ戦国最大のミステリーにして今作最大のクライマックス「本能寺の変」(天正10年、1582年)は最終回で描かれる。

最終回には、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)の家臣・黒田官兵衛(濱田岳)も登場。

妻・煕子(木村文乃)、松永久秀(吉田鋼太郎)、正親町天皇(坂東玉三郎)、徳川家康(風間俊介)、足利義昭(滝藤賢一)、帰蝶(川口春奈)から次々に思いを託され「信長の暴走を止められるのは自分」「(王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣)麒麟を呼べるのは自分」と突き動かされてきた光秀。

“麒麟”を連れてくることは叶うのか?

濱田岳、『麒麟がくる』最終回に黒田官兵衛役で出演

最終回の第44回に濱田岳が出演することが明らかとなった。

「麒麟がくる」は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。

織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

濱田が演じるのは、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)の軍師・黒田官兵衛。濱田は大河ドラマ『軍師官兵衛』では官兵衛の家臣・栗山善助役を演じていた。

濱田は、「『麒麟がくる』にお声がけ頂き、そして時代の変わり目に、一人の武将として立たせて頂けた事を恐悦至極に存じます」とコメントを寄せている。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「麒麟がくる」のみんなの感想

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「麒麟がくる」主要キャスト※ネタバレ含む

長谷川博己 役:明智十兵衛光秀

少年期:五十嵐陽向

主人公。作中では通称の「十兵衛」で呼ばれる場合が多い。

土岐源氏の流れをくむ明智家当主の父・光綱(演:尾関伸次)を幼いときに病で亡くしているが、叔父・光安の後見のもと、母・牧から土岐源氏の誇りを教えられて、明智荘(あけちのしょう)で育つ。

学問では四書五経を2年で読み終えて大仙寺の住職を驚嘆させた。

武芸は鹿島の太刀を習得。

一方で女性に関することには鈍感で、帰蝶や駒の自身に向ける恋心、光安や牧による嫁取りの願いに全く気付かない一面も持つが、幼いころの約束のままに煕子と結婚する。

賊や戦の絶えない世に憤懣を抱える。

戦闘した野盗の頭領(演:本宮泰風)が持っていた鉄砲に強い興味を持ち、主君・斎藤利政に嘆願して堺にて鉄砲を手に入れると同時に、後に繋がる知己を得る。

その後も自身の野望や聡明さと正直さを見込んだ利政の命により、京や尾張に出向いては自身の世界や見識を広げる。

その間に京にて乱世を治めるには将軍による秩序が肝要と考え、人となりを知った義輝に期待する。

また、帰蝶の再婚話があがった際の見分にて信長にただならぬ器量を感じ、以後、人としての在りように時に恐れや迷いを抱きつつも惹かれていく。

美濃で親交を深めた高政から国の運営への協力を要請され了承。

しかし、人としては好きになれないものの彼より道三を国主にふさわしいと認め、長良川の戦いでは光安と共に道三に味方する。

そのため敗戦後に高政より攻められ、明智一党は帰蝶の手配で越前に落ち延びる。

越前では、朝倉義景からの金銭援助を辞退し、提供された住居で近郷の子供達に学問を教えることで生計を立てる。

越前で暮らすうちに若いころから思い入れのある義輝の横死を知って嘆く。

義輝亡き後、将軍候補となったその弟の覚慶(義昭)に関して、はたして施政者としてふさわしい人間かどうか義景からの見立てを求められ、僧侶の経験しかなく武家の棟梁としての資質を見出せなかったものの、民への慈悲が篤いという美点に感じ入り、信長の家臣要請を断ってまで義昭を将軍として擁立することを陰から支え、その結果、新幕府の奉公衆のひとりとなる。

染谷将太 役:織田信長

尾張の大名。

織田弾正忠家に織田信秀の嫡男として生まれ跡を継いで当主となる。

尾張那古野城主、清須城主、小牧山城主、美濃稲葉山城主、岐阜城主。

通称は三郎、三介、弾正忠、武家官位として上総介。

巷では「うつけ」と噂されているように武家の嫡男としては奇矯な振る舞いが多いが、信長自身にとっては合理的な理由があり、光秀や妻になった帰蝶など見る人によってはそこに器の大きさや才覚を感じさせている。

「聖徳寺の会見」では利政に器を見込まれ性質も気に入られ、国の利害を超えたところでお互いに好印象を抱く。

父母の愛情に飢えており、褒められることを期待しての行為に対して逆に叱責されたり呆れられたりすることを嘆いていた。

桶狭間の戦いで今川軍から勝利を収めた際には光秀から称えられ喜びの表情を見せ、帰蝶に関しては何をしても褒めてくれるので母のように感じていることを告げているほか、上洛後に御所再建を援助し正親町帝に褒められた際には大喜びしているように、「褒められること」「喜ばれること」が自身の活動の強い動機になっており、戦もその延長にある。

10年来争っていた斎藤龍興を破って美濃を手中にし、稲葉山城を拡げて岐阜城を置く。

そして光秀を通じて義昭を新将軍として擁し、鎧をまとわぬ自軍を率いて上洛、幕府と京の町の再建をけん引するが、幕府改革を断行しようとしたために、義昭率いる幕府内部、特に摂津と対立するようになり、朝倉義景や浅井家と戦うことになる。

川口春奈 役:帰蝶

信長の正室。斎藤利政の娘、光秀の父方の従妹。

男勝りな性格をしているが、光秀とは幼い頃から仲が良い。

初めは美濃守護・土岐頼純の正室となるが、夫が急死したため斎藤家に戻る。

斎藤家と敵対していた織田家からの申し入れによって、光秀のことが気になりながらも、当の光秀の奨めもあり信長の正室となる。

信長とは夫婦仲が良く、周囲に誤解されがちな信長の支えとなる。

織田家中にあっても自ら策謀を巡らし、兵站を手配し、信長の嫡男であるが帰蝶の実子ではない奇妙丸の養育を任されている。

高橋克典 役:織田信秀

信長の父。織田弾正忠家当主。

古渡城主、のち末盛城主。通称は弾正忠、のち備後守。

尾張守護・斯波家の守護代である織田家の庶流で陪臣にすぎなかったが、熱田をはじめとする海に面した水運力と、主要街道という地の利に恵まれた流通力をもって、国を経済的に富ませ勢力を拡大させる。

美濃の斎藤利政や駿河の今川義元だけでなく、同族である清須城の尾張守護代・織田彦五郎とも激しく対立していたが、稲葉山城攻略の際に井ノ口の戦いで大敗して、弟や多くの家臣を失う。

その後も戦を繰り返したが、三河で今川軍に小豆坂の戦いで深手を負ったこと、美濃大柿城の援軍のため出陣した隙に彦五郎から古渡城を急襲されたうえ大柿城も失ったことから、斎藤家と同盟を結ぶことを決め、信長と帰蝶の結婚を申し入れる。

亡き父・信定の「器量の良し悪しよりも天が与えた順序」の教えで、嫡男・信長に家督を譲ることを決めている。

那古野城を信長、末盛城を信勝に譲ることを遺言して没する。

佐々木蔵之介 役:羽柴秀吉

藤吉郎 → 木下藤吉郎 → 羽柴秀吉

信長の家臣。元は尾張出身の農民で、行商をしながら独学で徒然草の読みを学んでいた。

今川家に将来性を見出し、遠江の街道で望月東庵と駒に出会い、その後駿府で荒くれ者に襲われたところを駒に助けられる。

駒には字の読み方を教えてくれるようにせがみ、侍となっての立身出世を望んでいることを明かす。

その後は織田家の隆盛を見て取り尾張へ向かう。

後に信長の家臣となり、信長の美濃平定後に美濃入りした光秀に引き合わされた時には百人組之頭となって接待役を任されるほどになっており、光秀に義輝暗殺謀議の噂を伝える。

信長の上洛に関して事前に京に潜入して情勢を探っている。

織田家中では急速に出世するが、しばしば身分が低い新参者と軽んじられており、本人も身分や育ってきた境遇に対する鬱屈を表に出すことがある。

向井理 役:足利義輝

足利宗家20代当主、室町幕府第13代将軍。

将軍家を蔑ろにしている幕臣の管領・細川晴元やその家臣・三好長慶の内紛に巻き込まれ、何度も京から近江坂本や朽木に落ち延びている。

京の本能寺前で細川藤孝と斬り結んでいた光秀の太刀筋を見て、藤孝と同じ流派の「鹿島の太刀」であることを見抜き、両者を仲裁する。

体が弱かった父・義晴から子供のころ、よき征夷大将軍となり麒麟がくる世をつくるための心得を言い聞かされている。

織田家と今川家の和睦仲介嘆願のため朽木で謁見した光秀に対し、武家の棟梁である将軍を尊敬する光秀の言葉に励まされたこと、力不足で麒麟がくる世を成し得ない無念を涙をこらえて話し、奉公衆に両家への和睦を命令する。

その後、長慶と和解し京へ戻るが、長慶の傀儡に過ぎない現状に鬱積を募らせていく。

観能に陪席させる名目で京に呼んだ光秀から、桶狭間の戦いに勝利し勢いに乗る織田信長を上洛させることで将軍の力を取り戻すことを説かれ、光秀を使者として尾張に遣わす。

直後に長慶が病死したことを機に、自らの力で将軍の権威を取り戻そうとするが、かえって藤孝や松永久秀らに見限られ孤立。

信長への上洛依頼が不首尾に終わった光秀が戻ると、「もっと早く出会いたかった」と思いを述べ、労をねぎらう。

翌年(永禄8年)、松永久通や三好三人衆に襲撃され(永禄の変)、奮戦するも討死する。

滝藤賢一 役:足利義昭

覚慶 → 足利義昭

足利義輝の弟。

登場時は、嫡子以外の男子は仏門に入るという将軍家の習いに従って出家しており、法名を覚慶(かくけい)と号している。

興福寺一乗院の門跡だが、しばしば身分を隠して市井に赴き、町の貧しいものに施しをしており、室町将軍となってからも僧侶期に知り合った駒と共に庶民のための医療施設の開設に意欲を見せる。

永禄の変で義輝が暗殺されると、自身も三好勢に興福寺へ幽閉されるも、藤孝らに救出され近江国へ脱出。

還俗して義昭と名乗る。

さらに、越前に迎え入れられ、義景のもとで元服し、信長に担がれ入京し、15代将軍に就任する。

吉田鋼太郎 役:松永久秀

三好家重臣。下剋上を実行した斎藤利政を尊敬している。

三好長慶とともに細川晴元による襲撃を受けるが、光秀に助けられ誼を通じることになる。

その後、長慶の勢力拡大によって出世を遂げ、大和国の大名として多聞山城を本拠とする。

その後、義輝を将軍としての器ではなくなったと見切って、京からの追放を構想するが、世間では「義輝暗殺計画の黒幕」とみなされる。

永禄の変が起きると、覚慶を次期将軍に擁立するため、大和から脱出させる手助けをするなどの行動をとる。

義昭の新幕府では、息子が義輝暗殺に関わっていたことなどから三淵などから反対されるが、信長の傘下に入ることを許される。

戦で命を落とすのは平気と豪語する一方で、「しゃっくりが3日続くと死ぬ」という迷信には恐怖を感じて、背中に灸をすえてしゃっくりを止めようとする。

鉄砲を「美しい」と評価し、戦の抑止力と考えている。

美濃から堺に鉄砲を求めにやってきた光秀には、鉄砲を一挺融通している。

また、京での再会時には本能寺の鉄砲鍛冶・伊平次を仲介する。

堺の町衆などからは「目利き」として審美眼を買われ、焼き物などの鑑定を申し込まれている。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「麒麟がくる」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ


-ドラマおすすめ
-

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」