ドラマおすすめ

【無料動画】青のSP4話5話6話の見逃し配信!ネタバレと無料視聴方法

【無料動画】青のSP4話5話6話の見逃し配信!ネタバレと無料視聴方法

フジテレビの火曜ドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」の4話、5話、6話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」を見る時は、動画配信サービスFODを利用するのがおすすめです!

・青のSPスクールポリスを何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」の見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「青のSP(スクールポリス)」4話のあらすじ・ネタバレ

体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見された。

バレー部顧問の澤田敦子(智順)が確認したところ、これまでに撮影された映像は動画サイトに投稿されていたことが分かる。

そして、三枝(山田裕貴)と共に秘密裏に捜査していた隆平(藤原竜也)は、ある犯人にたどり着く。

昼休み、校内に他の盗撮カメラがないかを探す柴田(泉澤祐希)と涼子(真木よう子)は、男子バレー部の更衣室から、3年生部員の菊池京介(鈴木悠仁)が出てくるところに出くわす。

京介の表情はどこかぎこちなく、やがて盗撮カメラ事件は予想もしない事態に発展する!

一方、一年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りお)の事件について調べる隆平は、岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師のことを耳にする。

香里とよくもめていたという岡部の存在が気になる隆平は、岡部が学校をやめた原因となった生徒に接触する。

さらに、隆平の行動に目を光らせ、スクールポリスとして赤嶺中学校に来た本当の目的を探ろうとする涼子に、隆平はこれまで公にされなかった、香里の死にまつわる誰も知らない真実を明かす!

「青のSP(スクールポリス)」4話のネタバレ・感想

第4話は予想を上回る急展開で、観ているこちらも思わず引き込まれた。

誰もが学校に何かを置いてきている。

楽しかった思い出や辛い過去の記憶、優勝のトロフィーにやり残した宿題。

そしてビデオカメラも。

女子更衣室で盗撮カメラが発見される。

映像は動画サイトに投稿。

投稿したのは今井莉緒(藤嶋花音)の兄だった。

陸上部でマネージャーを務める莉緒には秘めた思いがあった。

隆平(藤原竜也)にとって、それは1年前の出来事だ。

置いてきたのは香里(明日海りお)の死の真相で、音楽教師だった香里は自宅アパートの階段から転落して亡くなっていた。

隆平は、生徒へのセクハラで辞めた美術教師・岡部(遠藤雄弥)がいたことを知る。

被害を受けた涌井美月(米倉れいあ)の担任が香里で、香里は岡部と言い争っていた。

他に監視カメラがないか校内を点検していた涼子(真木よう子)と柴田(泉澤祐希)は、バレー部顧問の澤田(智順)が菊池京介(鈴木悠仁)と部室から出てくるのを目撃する。

突然、過呼吸になった京介は、澤田からセクハラを受けていることを打ち明ける。

盗撮とセクハラ、教師間の反目。

別々の事件は輻輳しながら、それぞれの終着点に向かっていく。

前回「何もできなかった」と気付いてしまった涼子は、担任として京介のために戦おうとする。

「そのやる気が裏目に出ないといいけどな」と隆平に皮肉られながらも、バレー部の部員に協力を求め、澤田にセクハラをやめるよう申し出た。

第4話の隆平はおとなしい。

教師と生徒の間に割って入り、容赦なく実力行使してきたのが嘘のようだ。

莉緒の盗撮を突き止めた後は、香里の事件の聞き込みを続けるだけ。

代わって前面に出てきたのが涼子で、第4話の実質的な主役となった。

隆平が涼子を放置したのは考えがあってのこと。

京介を助けたいと相談する涼子に、隆平は「無理だ」とにべもない。

「証拠がないと動けない」「まずは被害届を出せ、そうしたら捜査してやる」「俺の仕事の範疇じゃない」。

むっとする涼子に、さらに追い打ちをかけるように「お前、菊池京介のために何かしたのか?」

たしかに言い方はひどいが、隆平の様子からはあえて手を出さないという意図も垣間見えた。

少なくとも第4話に関しては、隆平は校内の自浄作用に委ねたと言える。

結果的に涼子は担任としての責務を全うし、莉緒や京介は、今までどおり学校生活を送れるようになった。

実は、隆平が裏で手を回していたのだが。

学校は生徒と教師が主体であると理解しているがゆえの行動で、隆平にはスクールポリスがどうあるべきかについて明確なポリシーがある。

ではなぜ隆平は赤嶺中にこだわるのか?

それはやはり香里のことがあるからだろう。

死んだ香里には他殺を思わせる証拠があり、辞めた岡部には香里を恨む動機があった。

そこには、京介の事件と同じく生徒へのセクハラと教師間の対立という構図がある。

隆平がビデオカメラをセットした背景には、生徒のために張り切る涼子に、香里のような運命をたどってほしくないという思いもあったはずだ。

学校という特殊な環境で起きたことは、学校の中に入らなければわからない。

盗聴器を仕掛けたのは、隆平があらかじめ目星を付けた場所。

校長室の木島も隆平の動きを警戒し始めた。

岡部と香里の因縁や学校にいる幽霊の噂など、赤嶺中にはまだまだ多くの秘密が隠されている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「青のSP(スクールポリス)」5話のあらすじ・ネタバレ

男子バスケ部で、アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が同じ3年生部員の市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)からいじめを受けていることが分かる。

柴田(泉澤祐希)から報告を受けた顧問の涼子(真木よう子)は、西田に代わってアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、心配する涼子や柴田を前に、アレンは余計なことはしないでほしいと笑顔を向ける。

そんなある日、市原が帰宅途中に何者かに襲われる事件が発生。

市原は相手の顔こそ見えなかったものの、犯人はアレンだと主張。

西田も次の標的は自分に違いないとアレンを激しくけん制するが、それでもなぜか、アレンはかたくなに西田をかばう。

隆平(藤原竜也)の聞き取り調査でアレンは自らの犯行を否定するも、何か心当たりがある様子。

とある場所へ一人で向かうと、そこにいたのは・・・。

はたして隆平は、容赦なしの荒治療で、いじめの加害者と被害者、どちらも救うことができるのか!?

さらに、隆平が香里(明日海りお)の死の真相を追う理由も明らかになる!

「青のSP(スクールポリス)」5話のネタバレ・感想

スクールポリスがいる学校には問題が起きる。

いや、問題がある学校にスクールポリスが行くのか?

いずれにしても、確実に言えることは、嶋田隆平(藤原竜也)が来てから赤嶺中では次々と事件が起きるということだ。

第5話は、いじめを取り上げている。

そこには人種差別も絡んでいるが、やられている方はそれがいじめであると認めない。

そのうちに、いじめに気付いた周囲の人間が思い思いに動きはじめ、事態は思わぬ方向に推移する。

『青のSP』も中盤にさしかかった。

ここまで観て、かなり現代的なテーマに切り込んでいる印象がある。

いじめや学級崩壊、教師の不祥事といった学園ドラマで頻繁に見かけるテーマを扱う際にも、人種差別やハラスメント、ネットリンチなど、2010年代以降、特に意識されるようになった問題が背後に控えている。

一つの問題を解決しようとすると、他の課題に目が向く。

この点で『青のSP』は視聴者に気づきを促す作品と言える。

問題を顕在化させないもっとも安直な方法は隠ぺいだ。

ドラマでは校長の木島(高橋克実)がまさにそれをしているが、木島を上回る勢いで隆平が病根を探し出すので、そこから芋づる式に真相が明らかになり、はた目からは次々と問題が起きているように見える。

隆平の目的は恋人だった香里(明日海りお)の死の真相を探ることで、『青のSP』は潜入捜査の系譜に位置付けられる。

「いじめは犯罪」「いじめた方が悪い」とよく言われる。

隆平によると「いじめはなくならない」。

その理由を次のように説明する。

「いじめなんて言葉を使っていたんじゃ、なくならない。いじめは暴行、傷害、恐喝罪。いじめた奴は犯罪者だ」。

いじめという言葉自体に、真実をぼかして隠す働きがある。

いじめは、法の裁きが及ばない学校や内輪の関係で起きるものだが、冷静に見たら犯罪以外の何ものでもない。

いじめを描くとき、いじめっ子の心の闇に原因を求めるステレオタイプも、本作はさりげなくスルーする。

たしかに西田(池田優斗)には、レギュラーを奪われたという動機があった。

しかしアレン(川村ジーモン凛一朗)は、教師たちにかまわないように言い、いじめられっ子の立場に身を置き続ける。

「いじめられる方にも問題がある」ということではなく、いじめられることで自身を守れると、少なくともアレンは考えているのだ。

そこにあるのは善悪で割り切れない人間関係であり、海外出身者が日本で暮らすことの困難さである。

一方、アレンに対するいじめを見かねた知り合いの半グレ「オクタゴン」のメンバーが、いじめっ子の1人、市原(奥智哉)に暴行を加える。

さらに偽ブランドバックを捨てた西田も拉致される。

いじめから波及して差別や格差の問題にタッチするが、ポイントはそこではなく、いじめの加害者がより直接的に報復を受けること。

学校内の問題が当事者の手を離れて、いともたやすく暴力に転化していく様子は衝撃的だった。

単純な正義感で太刀打ちできない犯罪としてのいじめを、最後はヒロイックに解決しつつ(山田裕貴のヒーローキック!)、炎に包まれる西田に向けて隆平が放った「自業自得だろ」の一言が、なぜかすとんと胸に落ちた。

学校を離れれば、誰もが暴力や理不尽と隣合わせの社会で生きなくてはならない。

だからいじめてはいけないのだ。

暴力を肯定せず、法によって守られるために。

そうは言っても、さすがに「いじめられたから丸焼きにしてOKだよな」はないと思うが。

悲しみを胸に沈めた隆平は、岡部(遠藤雄弥)に会ったとき何を思うのだろう?

報復を否定せず、呪いの言葉を口にする主人公の中で答えはまだ出ていないように見えた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「青のSP(スクールポリス)」6話のあらすじ・ネタバレ

香里(明日海りお)の死に関わっていると疑う岡部(遠藤雄弥)の居場所を突き止めた隆平(藤原竜也)。

しかし、香里と自分が恋人関係だったことを涼子(真木よう子)に明かすと、なぜか岡部の足取りは再び分からなくなり、隆平は涼子に疑惑の目を向ける。

職員室では新津清(須賀健太)が、同じ1年の教師・荒井英子(たくませいこ)と古賀一成(兒玉宣勝)に仕事を押しつけられ、連日の残業で心身ともに限界を迎えていた。

新津と同期で、学生時代の同級生でもある柴田(泉澤祐希)は、そんな新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには、“他学年のことに口を出さない”という教師間の暗黙のルールが。

柴田に泣きつかれた隆平もまた、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放すが、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里の姿を重ねる。

さらに、香里がかつて新任の新津を荒井や古賀から守っていてことも知る。

そんななか、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報が流出する騒ぎが起きて・・・。

隆平の胸に去来する香里との思い出・・・。

2人の知られざる恋人エピソードが明らかに!

愛する人の身に起きた突然の悲劇。

それを知った隆平は・・・!?

「青のSP(スクールポリス)」6話のネタバレ・感想

第6話は先生方が主人公。

副担任の新津(須賀健太)は気が弱く、先輩教員から仕事を押し付けられていた。

採点や事務を片付け、教材研究をしようとすると、学年主任の荒井(たくませいこ)や古賀(兒玉宣勝)が自分の仕事を投げてくる。

「仕事の無限ループ」にはまって気付くと外は真っ暗。

同級生の柴田(泉澤祐希)に「断るより引き取る方が楽なタイプ」と言われる新津にとって、学校は限りなくブラックな職場だった。

教師の職場環境が問題になって久しい。

学級崩壊、モンスターペアレンツ、情報漏洩、アカハラ、部活動の負担など、教育現場で起きる問題はすべて先生たちにとって職場の問題である。

改善が叫ばれる割に、これらの問題がなくなったという話は聞こえてこない。

「やりがい搾取」というキーワードも出てくる。

香里(明日海りお)が隆平(藤原竜也)に話していた言葉を柴田も口にする。

自ら望んで教職についたにもかかわらず、いつの間にか働かされている状態になってしまうのだ。

理想と現実の乖離や、休みが取れないなど構造的な問題もあるが、もっと根本的なところに原因があると『青のSP』は指摘する。

搾取といえば、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で有名になった「好きの搾取」もある。

相手が好意を寄せているからといって惜しみなく奪ってしまえば、その関係はヘルシーとは言えない。

バランスが崩れると支配や共依存にもなる。

やりがい搾取も同じだ。

ルールが不確かな恋愛と違って、教育の場合、モラルや規範で縛られているだけに、搾取のありようも、正義の名のもとに自身を縛るような硬直したものになりがちだ。

新津の場合、生真面目でノーと言えない性格なので、ますます自分を追い込んでしまう。

悪いことに情報漏洩も重なって、この上責められたら自暴自棄になるのも無理はない。

隆平の解答はシンプルだ。

「俺からしてみればどっちもどっち」。

自身を傷つける新津も、追い込む教師たちも「異常」だと断定する。

「あなたたちのその異常なまでの生徒のため精神が問題なんじゃないですか?」。

頑張るだけならいいが、命まで懸けたら「もはややりがいの奴隷」だと斬って捨てる。

目の覚めるような一言。

相変わらず忖度一切なしだ。

「奴隷の分際で、人間らしい生活がしたいなんておこがましいんだよ」は言いすぎだが。

隆平の発言は暗に「生徒が上ではない」ということも言っている。

それどころか、教師や保護者、ましてや校長も上ではない。

保護者に対して責任はあるが、だからといって何でも従う必要もない。

「教育=奉仕」というドグマを否定しているとも言える。

生きがいややりがいという言葉に潜む、人間を道具として見る思想にノーを突きつけているように感じた。

教師に「先生」という敬称を付けるのは、教えを請う姿勢と互いを尊重するためだが、先生と呼ばれるために無理を重ねたり、ふさわしい人間でなければと自分を殺すのは本末転倒だ。

それでも「先生」として日々教壇に立ち、教え子を導いていかなくてはならない。

あらためて、矛盾を背負いながら奮闘する教師は尊い職業だと思う。

柴田の芝居が功を奏し、新津の負担は軽減されたが、もし柴田の嘘が見破られていたらと思うと複雑な心境になる。

ここまで大ごとにならなければ、教師たちも新津を見殺しにしていたのではないか。

そうではないと信じたいが、誰もが自分のことで精いっぱいで、隣席の相手すら顧みる余裕のない職場では、無言のうちに犠牲になっている人もいるはずだ。

また、これほどあからさまではない形で、陰湿な方法で追い詰められているパターンもあるだろう。

新津には柴田がいた。

それは幸運なことだった。

新津を演じた須賀健太。

子役時代に『ALWAYS 三丁目の夕日』の淳之介少年を演じるなど、コンスタントに出演を重ねてきた。

『江戸前の旬』(BSテレ東)の一本気な寿司職人と180度違う内気な教師役で、引き出しの多さを印象付けた。

もっと出番が増えてほしい俳優の1人だ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ


-ドラマおすすめ
-

© 2022 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」