バラエティ番組おすすめ

【無料動画】痛快!明石家電視台の見逃し配信と無料視聴方法!吉岡里帆の初恋の相手とは

【無料動画】痛快!明石家電視台の見逃し配信と無料視聴方法!吉岡里帆の初恋の相手とは

毎日放送(MBSテレビ)で放送されているバラエティ番組「痛快!明石家電視台」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことなどについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「痛快!明石家電視台」は安定の明石家さんまさんの冠番組なのですが、全国放送ではないからこそ言える発言などが度々ネットニュースになるほど、注目を集めている番組です!

だからこそ、「痛快!明石家電視台」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「痛快!明石家電視台」を楽しむために動画配信サービスMBS動画イズムについて紹介したいと思います。

・痛快!明石家電視台を何回も観たい
・毎日放送のドラマの動画をたくさん観たい!
・過去のドラマを動画でたくさん観たい!

そんな人にMBS動画イズムはおすすめです。

更にMBS動画イズムならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応

MBS動画イズム公式ページへ

 

「痛快!明石家電視台」の見逃し配信ももちろんMBS動画イズムら見放題!

毎日放送のバラエティ番組やドラマは、TVerなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、MBS動画イズムなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更に毎日放送の最新ドラマはMBS動画イズム以外では配信されないものもあるので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

MBS動画イズムなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

MBS動画イズム公式ページへ

 

MBS動画イズムなら話題の動画がたくさん!

・ホームルーム
・セダイウォーズ
・文学処女
・世界ウルルン滞在記
・ごぶごぶ
・痛快!明石家電視台
・歌ネタ王決定戦
・サワコの朝

などなど、MBS動画イズムなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

MBS動画イズム公式ページへ

 

「痛快!明石家電視台」に吉岡里帆の初恋の相手登場!?

お笑いタレントの明石家さんま(65)が5日、MCを務めるMBSテレビ「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演。

女優・吉岡里帆(28)の初恋の相手が登場し、驚きの声を上げた。

その人物は、「第50回NHK上方漫才コンテスト」で優勝したネイビーズアフロ・はじり(28)。はじりによると

「小学校3年生のバレンタインデーに、チョコと一緒に手紙で告白された」

という。

「吉岡里帆さんの初恋の相手なんです、ぼくが」

と明かすと、さんまは「ほんまに?」と目を丸くした。

当時撮影した写真を今も持っており、自慢だという、はじり。「その写真が・・・」と披露しようとすると、アシスタントの山崎香佳アナウンサー(23)から

「事務所サイドから、この番組ではその写真を使わないでくれという話が」

と説明が。写真使用NGに、ぼう然とするはじりに、さんまは「そんなもんや。汚点やねん、吉岡さんにとっては」と一蹴し、笑いを誘っていた。

MBS動画イズム公式ページへ

 

「痛快!明石家電視台」のみんなの反応

MBS動画イズム公式ページへ

 

「痛快!明石家電視台」について

【無料動画】痛快!明石家電視台の見逃し配信と無料視聴方法!吉岡里帆の初恋の相手とは

「痛快!明石家電視台」 は、毎日放送(MBSテレビ)で1990年4月16日から毎週月曜日の23:58 - 翌0:53(JST)に放送されているバラエティ番組。明石家さんまの冠番組である。

番組中では『あかしやでんしだい』と呼ばれることもある。通称『明石家電視台(テレビ)』。

新聞ラテ欄での表記は『明石家電視台』とされることがある。ステレオ放送(SRSサラウンド放送、2008年4月28日放送分より)、文字多重放送(2012年5月14日放送分より)を実施。

1990年4月16日スタート。番組放送開始当初は生放送だった。初期の内容は、その日のニュースや話題、阪神タイガースネタのトークであった。村上ショージとジミー大西はスタジオレギュラーで、間寛平はコーナー出演だったが、半年後の番組リニューアル以降、3人ともにレギュラーで出演するようになった。

番組開始の半年後に、公開録画の番組にリニューアル。さんま単独でのオープニングトーク → 「なにをきくねん」(ゲストと50名の観客による質疑応答企画)→ 「楽屋トーク」 → 観客を巻き込んだクイズ企画 → 番組観覧のプレゼントという構成が確立した。

番組最初のスタジオ収録会場は吹田市の千里丘放送センターであったが、2001年4月から2014年3月までは大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にある「MBSスタジオ in USJ」で収録。毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)新館(B館)の完成と「MBSスタジオ in USJ」の閉鎖を機に、2014年3月17日収録(4月7日放送分)の「MBSアナウンサー26名大集合スペシャル」からは、M館のCスタジオ(ギャラクシースタジオから名称変更。2014年4月7日放送分の番組冒頭でその旨の紹介あり)を使用している。いずれのスタジオでも、基本として、隔週月曜日に2本程度をまとめて収録する。

バラエティ番組で多用されている「出演者の発言にテロップを重ねる」という演出については、企画も手がけるさんまの意向などから、長年にわたってほとんど実施していなかった。しかし、上記のリニューアルを重ねるにつれて、このような演出を施すことが増えている。

2020年4月に放送開始30周年を迎えたが、さんまが出演するバラエティ番組では『さんまのまんま』に次いで2位を誇る。

「痛快!明石家電視台」の放送時間

制作局のMBSでは、1997年以降23:55から放送を開始。2010年4月から23:50開始に変更されたが、同年9月6日放送分から23:55開始に戻したうえで、23:50からの5分間に直前番組『もうすぐ明石家電視台』を編成した。2012年8月6日からは、『もうすぐ - 』を本編に吸収する格好で、本編の放送枠を23:50 - 翌0:55に設定。TBSが当番組の前枠で『NEWS23』(全国向けニュースの最終版)を復活させた2013年4月からは、前番組『NEWS23X』より放送枠を8分拡大させた関係で、当番組の放送時間を23:58 - 翌0:59に変更している。

その一方で、MBSでは毎年4月上旬に、『マスターズ総集編』(TBS制作の全国放送・ネットワークセールス番組)を編成する関係で当番組を休止。TBSが日本国内向けのテレビ放送に関する権利を有する世界陸上の開催期間中も、主要種目の予選・決勝が日本時間の深夜に予定されている場合には、ネットワークセールス扱いで当該種目の生中継を優先するため休止する。2010年までは、MBSの自社制作で『みんなの甲子園』を放送する選抜高等学校野球大会期間中にも休止していたため、4月分の放送を「未公開スペシャル」に充てていた。

2014年4月からは23:53 - 翌0:59、2016年4月からは23:58 - 翌0:53、2018年4月からは23:56 - 翌0:53に放送中。2017年頃以降の「MBS動画イズム」では、MBSで放送済みの本編動画を、放送後1週間限定でインターネットへ配信している。さらに、毎日放送の公式サイトで2018年7月1日から展開している『MBSコラム』に、「明石家電視台にエエ話はいらんねん!」というページを開設。さんま63歳の誕生日記念企画であった「実際どうなん!?明石家さんま」(同月2日・9日)以降の放送分を対象に、毎回の放送内容の概要をまとめたコラムを、放送後から随時公開している。

2018年10月29日放送分の「実際どうなん!?MBSアナウンサー15人」からは、MBSで放送済みの動画を、放送終了後から1週間限定で『TVer』を通じて無料で配信している。

「痛快!明石家電視台」の特別番組・特別企画

例年正月にスタジオ収録形式、夏季か秋季にオールロケ形式の特別番組を放送。放送時間・内容やネット局が回によって異なるうえに、レギュラー編成していない放送局(テレビ山梨など)で、特別番組のみ放送することがある。2000年7月7日には、MBSとTBSの共同制作による特別番組『明石家さんま生誕45年記念番組・大成功!明石家電視台』を、「スーパーフライデー」枠で全国向けに放送。番組の制作をMBS、番組配信とスポンサードセールスをTBSが担当した。

オールロケ企画については、収録したVTRを関西ローカル向けの特別番組に仕立てたうえで、MBSで週末に放送することもある。毎日放送が開局65周年を迎えた2016年の夏季には、さんま・次長課長が富山県内、寛平・雨上がり決死隊が香川県内、ショージ・中川家が長野県内で同時にロケを敢行するとともに、松尾伴内が全てのロケ先を1日で訪れる企画を立案。スタジオでのロケ地・ペア選定、各地でのロケ、ロケ終了後の反省会の模様を、レギュラーの放送枠で8月16日から4週にわたって放送した。ロケ企画には基本としてアシスタントも参加するが、2016年の上記ロケには第6代アシスタントの豊崎由里絵(当時はMBSアナウンサー)が同行せず、大阪市内で収録された反省会の進行のみ担当した。逆に、2018年の鹿児島ロケには、同年入社の新人アナウンサー・辻沙穂里が豊崎の後任(第7代アシスタント)として当番組への本格デビューを果たしている。

2017年9月下旬には、テレビのバラエティ番組では初めて、島野浦島(宮崎県延岡市)で明石家ファミリー全員(11名)と豊崎の参加によるロケを敢行。12名を「さんまチーム」「寬平チーム」「ショージチーム」に分けたうえで島の魅力を別々に発掘する企画や、島内唯一の小学校(延岡市立島野浦小学校)で島内在住の小・中学生の参加による「実際どうなん!?」(後述するレギュラー企画)を収録した。

また、MBSの開局60周年に当たる2010年には、「毎日放送開局60周年記念ウィーク」期間中の8月30日に関西ローカルで20年振りに2時間の生放送を実施。2017年5月7日(日曜日)には、2016年から続いたMBS開局65周年記念特別企画の総仕上げとして、『痛快!明石家電視台スペシャル 実際どうなん!? 大阪のテレビ』を関西ローカルで放送した(詳細後述)。

番組開始30周年を迎える2020年3月21日(土曜日)の午後には、関西ローカル向けの30周年記念公開生放送を4時間にわたって予定していた。しかし、同年の初頭から日本国内で新型コロナウイルスへの感染が広がっている影響を踏まえて、放送を休止することを同月4日に発表。レギュラー版についても、同月上旬から公開収録を休止していた。このため、休止前に収録した「実際どうなん!?」の新作を4月27日まで放送した後に、5月4日放送分から3週にわたって「緊急総集編」を編成していた。

5月18日(月曜日)にいわゆる「リモート方式」で収録を再開したうえで、25日から新規収録分を放送。6月29日・7月6日放送分の「明石家さんま65歳誕生日記念企画」からスタジオでの収録も再開したが、当面は非公開で、通常とは異なるスタジオでの収録と別室からの「リモート中継」を組み合わせている。なお、番組開始30周年を記念した生放送の特別番組については、『サンキュー!明石家電視台30周年! 30人×3時間でさんま大解剖!』というタイトルで2021年3月20日(土曜日)の13:54 - 17:00に改めて編成。

MBS動画イズム公式ページへ

 

MBS動画イズムで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「痛快!明石家電視台」以外にもMBS動画イズムでは

・ホームルーム
・セダイウォーズ
・文学処女
・世界ウルルン滞在記
・ごぶごぶ
・痛快!明石家電視台
・歌ネタ王決定戦
・サワコの朝

などなど、他にも魅力的なドラマやバラエティー番組がたくさんあります!

毎日放送制作の番組なら、是非MBS動画イズムで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、MBS動画イズムでチェック!

MBS動画イズム公式ページへ


-バラエティ番組おすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」