ドラマおすすめ

【無料動画】和田家の男たち4話の見逃し配信と無料視聴方法!アナザーストーリーについて

【無料動画】和田家の男たち4話の見逃し配信と無料視聴方法!アナザーストーリーについて

テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠のドラマ「和田家の男たち」の4話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャスト情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「和田家の男たち」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「和田家の男たち」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「和田家の男たち」を見る時は、動画配信サービスTELASAテラサを利用するのがおすすめです!

・和田家の男たちを何回も観たい
・テレビ朝日のドラマの動画をたくさん観たい!
・特撮ヒーローものなども動画でたくさん観たい!
・ディレクターズカット版なども観たい!

そんな人にTELASAテラサはおすすめです。

更にTELASAテラサでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

「和田家の男たち」の見逃し配信ももちろんTELASAなら見放題!

テレビ朝日のドラマは、TVerやテレ朝動画などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、TELASAテラサなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にテレビ朝日の最新ドラマはTELASAテラサ以外では配信されないことが多いので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

TELASAテラサなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

TELASAならドクターXなどのテレビ朝日の話題の動画がたくさん!

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、TELASAテラサなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「和田家の男たち」のあらすじ・ネタバレ

15年勤めた会社がコロナ禍で突然倒産し、デリバリーサービスの配達員に勤しむ37歳の男・和田優(相葉雅紀)。

ひょんなことから、20数年ぶりに元新聞社の社長で現在は論説委員としてコラムを寄稿している祖父・寛(段田安則)と再会を果たし、さらに疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)に「一緒に住まないか」と提案されたことで、なぜか3人はひとつ屋根の下で一緒に生活することに。

デリバリー配達員を続けながら、和田家の家事全般を担っていたある日、大学の後輩のツテでネットニュース編集部の記者として記事を書き始めることとなり…?

テレビ局の報道番組『フロンティアニュース』の総合プロデューサーを務める秀平は、実は亡くなった優の母・りえの“再婚相手”。

25年前にりえが亡くなって以来、血の繋がらない優を男手一つで育ててきました。

しかしテレビ局の報道マンとして昼夜問わず忙しい日々を送っていたため、家の中の大抵のことは優がこなし、結果的に息子は家事一切が万能な青年へと成長。

その後、大学卒業と同時に独立した優とは、別々に生活し、コロナ禍においてなんとなく音信不通になっていましたが、ひょんなことから再会し、一緒に暮らすことに…。

ドラマ「和田家の男たち」4話のあらすじ・ネタバレ

「お母さんを死に追いやったのは清宮恭介(高橋光臣)とその父親だ」――父・秀平(佐々木蔵之介)からりえ(小池栄子)の死に関する新事実を聞かされた和田優(相葉雅紀)は、あまりの衝撃に動揺を隠せずにいた。ずっと知りたかったことを知ることができた一方で、「あまり突っ込みすぎると命の危険にさらされる」という秀平の言葉も重くのしかかる。寛(段田安則)からも、「容易に動くんじゃないぞ」と念を押され、ますます自分の身の危うさを自覚する優だった。

そんな気分だからか、『バズとぴ』の記事を書こうとしても思うようにネタも浮かばず…。会社に呼ばれた優は三ツ村翔星(正門良規)から新しいライターを紹介され、「頑張らないと居場所なくなりますよ」とはっぱをかけられてしまう。

気もそぞろに日々を過ごしながら、ふと気づくと誰かに尾行されているような気配を感じる優。朝食をとりながら、そのことを秀平と寛に打ち明けてみるものの、2人からは「そんなに怖がることはない」と諭されてしまう。しかし、優の代わりに買い物に出た寛も同じように尾行され…。やがて明らかになった怪しい影の正体は、驚くべき人物だった!

そんな中、なかなか原稿を上げてこない優を心配した三ツ村と志麻さと美(石川恋)が和田家にやってくる。寛も交え、酒を飲み始めた4人は次第に意気投合し…?

ドラマ「和田家の男たち」4話のネタバレ・感想

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「和田家の男たち」5話のあらすじ・ネタバレ

和田寛(段田安則)の恋バナを題材に記事を書いた優(相葉雅紀)だったが、思うようにビューが伸びず三ツ村翔星(正門良規)から扱う題材について指摘を受けてしまう。さまざまな記事内容を提案するも、「ユーザーの好みに合わない記事を出すのは書き手の自己満足でしかない」とあしらわれ…。

そんな優のもとに、ある日ネットニュースサイト『ニュース・チェイス』編集部の片岡直樹(野間口徹)から連絡が来る。奇しくも『バズとぴ』の方針に疑問を抱いていた優。寛からは「不義理をしても羽ばたいたほうがいいときはある。波に乗らないでどうする」と背中を押され、片岡に会ってみることに!

すると、思いがけず『バズとぴ』での記事を絶賛され、“専属契約”まで提示された優の心は大きく揺れ動き…?

そんな中、優の異変に気付いた志麻さと美(石川恋)が和田家にやってくる。転職に悩んでいることを告白しつつも、「三ツ村を裏切るのが…」と迷いを見せる優に、志麻は意外な言葉を。その言葉をきっかけに、優は『ニュース・チェイス』への転職を決意する!

その頃、虫歯の痛みに苦しんでいた秀平(佐々木蔵之介)は、仕事の合間を縫ってようやくデンタルクリニックへ。治療後すぐに会社に戻りたい秀平だったが、突然現れた女性・岸文子(堀内敬子)が順番を譲ってほしいと懇願してきて…?

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「和田家の男たち」スピンオフドラマ配信決定

毎週金曜23時15分からテレビ朝日系で放送中の相葉雅紀主演ドラマ『和田家の男たち』のスピンオフドラマ『和田家の男たち アナザーストーリー』がTELASAで配信されることが決定した。

『和田家の男たち』は、ネットニュースの記者・和田優(相葉雅紀)、テレビ局報道マンである父(佐々木蔵之介)、祖父(段田安則)が新聞記者という3世代それぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”・和田家を舞台にした異色のホームドラマ。『和田家の男たち アナザーストーリー』の主人公は、正門良規(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)演じる三ツ村翔星だ。

優の大学のゼミの後輩でありながら、ネットニュース『バズとぴ』編集部では上司という立場の三ツ村(正門良規)。本作ではそんな三ツ村が『バズとぴ』に入社したての頃の“ある事件”が描かれる。ドラマ本編では『バズとぴ』編集部のデスクとしてバリバリ働いている三ツ村だが、実は入社したての頃、志麻(石川恋)に恋心を抱いていたことが明らかに。さっそく志麻にアプローチを試みるものの、相手にもされず、さらには志麻の元カレで広告代理店のエースという“ライバルまで現れてしまう。

そんな三ツ村の恋のライバルとして登場するのが、中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)演じる逢坂和泉だ。石川演じる志麻さと美をめぐり、恋の三角関係となる。広告代理店の若きエースで志麻の元カレでもある逢坂。しかし社会人になりたてで仕事と恋の両立が図れなかった2人は別れることを選択し、以来逢坂は志麻への思いを抱えたまま、仕事に邁進していた。そんななか志麻が担当していた案件でトラブルが発生したと聞いて駆けつけた逢坂。再会した2人の恋心は再燃してしまうのか。

正門良規(三ツ村翔星役)のコメント

地上波の2年前という設定なので、同じ人物の時間を遡って演じるのはすごく難しかったです。地上波で演じている現代の三ツ村のキャラや性格にも裏付けやルーツがあると思うので、過去にどんなことがあって、あのラフな立ち居振る舞いに辿り着いたのか、考えました。このアナザーストーリーの脚本を読んで初めて知る設定もあったので、監督とも相談しながら演じました。

嶺亜くんとは何度も一緒にお仕事をさせてもらっていて、プライベートでもご飯に行くこともあるので、自然な状態でお芝居ができました。共演するのが嶺亜くんでよかったし、頼もしかったです!

印象に残っているのは、やっぱり2人(中村嶺亜と石川恋)のキスシーン(笑)! 以前に共演したドラマではイチャイチャを一緒に覗いていた仲間だったのに、今回は僕がひとりで覗くことに…。(中村に)でも、キスシーンの照れとかないんだね、意外と! 僕は映像ではやったことがないので、覗くので精いっぱいです(笑)。

衣裳のスーツを身につけると、ちゃんとしなきゃって思いましたね、背筋が伸びるというか。いつもの三ツ村とは真逆のスタイルということもあって、お仕事モードになれるので、スーツを着てのお芝居は演じる上で助けになりました。

本編にもコメディー要素がありますが、その空気感をいい意味で引き継ぎながら、よりカジュアルに見ていただけます。地上波では知ることのできない、三ツ村がネットニュースの業界で働く“矜持”や、彼のバックボーンを感じてもらえると思います。地上波とは違う視点によって、より一層『和田家の男たち』の物語が広がったら嬉しいです。

中村嶺亜(逢坂和泉役)のコメント

地上波の『和田家の男たち』は拝見していたのですが、今回のアナザーストーリーは2年前の設定ということもあって、雰囲気も違いますし、三ツ村のキャラクターも全然違って…。正門がどう演じるのか、僕はどうしたらいいのかと考えながら台本を読みました。正門とは何回かお芝居をしたことがあったので、クランクインしてからは「三ツ村がこういう感じなら、逢坂はこうしたら対照的で面白いかな」と自然にお芝居ができたので、あらためて相手が正門でよかったな、とすごく思いました。共演者の皆さんも優しくて、本当に楽しく演じることができました。

キスシーンは初めてで難しいのかな、とかいろいろ試行錯誤したので、いいシーンになっていると思います。

以前に正門と共演したドラマでは、ひたすらイチャイチャしているところを一緒に覗くっていうシーンをやっていたんですけど、その甲斐あって、正門は覗くのが上手かったですよ。以前の作品の成果がこのドラマで発揮されていたので、僕も思い切ってキスシーンに挑めました!

今回のアナザーストーリーで、三ツ村というキャラクターに、逢坂和泉という人物がどんな影響を与えたのか、そして、逢坂という人物がいたからこそ三ツ村が変わって、『バズとぴ』の雰囲気も変わって、そこに相葉雅紀さん演じる優が入ってきて…という流れを楽しんで見ていただけたら嬉しいです。僕自身、『和田家の男たち』のファンとして、これからもこのドラマのファンの皆さんと一緒に楽しんでいきたいと思います。

見どころは、三ツ村と逢坂のライバル心。(志麻を)取り合うような三角関係です。本編ではあまりない要素なので、こういう一面もある作品だよ、っていうところを楽しんで見てほしいです。

石川恋(志麻さと美役)のコメント

今回のアナザーストーリーでは、現代の『バズとぴ』ができるまでに、こんなことがあったんだ!という驚きと、そのギャップを楽しんでいただけます。2年前のお話なのですが、そこから今の自由な社風の『バズとぴ』や、信頼しあっている関係性が出来上がったんだな、と感慨深く思いました。元にある志麻の性格は変わっていないので、アナザーストーリーでは、少し猫をかぶっている感じですかね(笑)! 過去を演じるという逆算のお芝居は難しかったです!

三ツ村さんが新入社員として入ってきた最初のシーンは印象的でした。三ツ村さんのキャラも今とは違いすぎて面白かったです(笑)。

キスシーンは私も初めてだったので、緊張していました。中村さんはフランクな方で、撮影の合間に、お互いの好きな動物の話をしたりして、難しい撮影でしたが乗り切ることができました。

正門さんと中村さんはとても仲良しで、肩を組んでいたり、イチャイチャしていたりと、見ていて微笑ましかったです。『和田家の男たち』の主演が相葉雅紀さんということで、嵐さんの曲を2人で歌って踊ったり、とても楽しそうだったのが印象的です。

『和田家の男たち』を見てくださっている方は、三ツ村さんを中心とした『バズとぴ』での関係性が、どうして今の形になったのかを知っていただけると思います。キュンキュンしてスカッとできる、いろんな要素が詰まったとても楽しいオフィスラブコメディーになっていますので、ぜひご覧ください!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「和田家の男たち」のキャスト

相葉雅紀 役:和田 優(わだ・ゆう)

コロナ禍で15年勤めた会社が突然倒産。デリバリーサービスの配達員をしながら生活をする37歳。

配達先でたまたま、20年以上ぶりに祖父・寛と再会を果たし、さらに父・秀平も居合わせたことから、3人で暮らすことになる。

実は秀平は25年前に亡くなった母・りえの“再婚相手”。優が10歳のとき、「好きな人がいる」と告白され、母の幸せを願い、再婚を認めた。

しかし再婚後、両親ともにテレビ局で働き多忙を極めていたため、家のこと全般は優が担うことに。その結果、たいていの家事はこなせるようになっていた。

デリバリーの配達員を続けながら和田家で暮らし始めた矢先、大学の後輩のツテでネットニュース編集部の記者として新たな道を歩むことになる。

相葉雅紀のコメント

今回の作品は、台本のせりふひとつひとつが思いもよらない伏線になっていたり、コメディー的な部分とシリアスな部分の対比が絶妙で、こんな風に言ったら大石さんに怒られるかもしれないですけど(笑)、とても面白いんです!

僕が演じる和田優が、しばらく会っていなかった父、祖父と再会し、まさかの男3人暮らしをスタートさせる中で、少しずつ打ち解けながら、記者としても成長していくといった物語になっていますので、優と一緒に僕自身も回を重ねながら成長していきたいと思っています。

また、今回の作品では大先輩の段田安則さん、佐々木蔵之介さんとご一緒できるという事も、とても楽しみです。蔵之介さんとはドラマでは初共演なのですが、作品を拝見すると、どんな役も演じられて、とてもセクシーで、優しくてすてきな方だという印象を抱いています。

段田さんとは20年前に連続ドラマで共演させていただきました。嵐になって初めて出させていただいた作品だったのですが、それ以来、20年ぶりにご一緒させていただくので、うれしい気持ちでいっぱいです。

3年間、連続ドラマの現場から離れていましたが、戻ってきました! マスコミという珍しい題材のドラマですが、皆さんの金曜の夜の癒やしになれたらうれしく思います。全力を尽くし、すべてを出し切るつもりで頑張ります!

佐々木蔵之介 役:和田秀平(わだ・しゅうへい)

優の父。血は繋がっていない。テレビ局に勤務し、報道番組『フロンティアニュース』の総合プロデューサーを務めている。

27年前、先輩記者だった優の母・りえに恋をし、結婚。しかしほどなくして事故でりえを亡くしてしまう。

大学卒業と就職を機に家を出、疎遠気味になっていた優と再び一緒に暮らすようになり、同じ“マスコミ”に携わる人間として価値観の議論を戦わせていく。

佐々木蔵之介のコメント

このドラマでは、報道に関わる三者三様の「この時代をどう生き抜くか」ということが描かれていると思います。それぞれの年齢、キャリア、社会的立場によっていろいろな価値観がある中で、“ホームドラマ”ということで、食卓を囲みながら、その価値観をぶつけ合っていく、今までにない感じが面白いな、と感じました。

この3人の家族も、これまでにあまり顔を合わせていなかったんですけど、コロナ禍だからこそ3人が顔を合わせてそれぞれがお互いのことを見聞き知って、助け合いながら生きていくような、未来に向かっていくような、そんなすてきなお話だなと思いました。

僕が演じるのはニュース番組のプロデューサー。カッコいい役ではあるんですが、想像がつかないなあ…(笑)。報道マンとしての彼の矜持であるとか、使命であるとか、彼の礎がどのようなものか考えながら気概を持って演じていこうと思います。

相葉さんが演じる優は出会う人、一人ひとりに対して丁寧に親身に接しその人を尊重し、その人の思うことを受け入れて、そして聞き上手で癒やしてあげる、まさに名前の通り、優しい人間で、相葉さんにぴったりだなと思いながら台本を読みました。

段田さんが演じる寛は、揺るぎない精神を持ったとてもかっこよくチャーミングな役。段田さんしかなし得ない、嫉妬を覚えるぐらい面白い役だと思います。心強い仲間と3人で一緒にやれることが、楽しみですし、幸せです。

とても面白い、豊かなドラマになると思いますので、もしよろしければご家族で楽しんでいただけたらと思います。

段田安則 役:和田 寛(わだ・かん)

秀平の父で、優の義理の祖父。長く新聞記者を務め、大手新聞社の社長にまで登りつめる。

しかし任期途中で部下の不祥事の責任を取り、辞任。現在は論説委員として週に一回コラムを寄稿している。

妻を亡くして以来一人だが、女性の影が跡を絶たない。

新聞記者としての矜持を今でも持ち続け、テレビマンの秀平、ネットニュース記者の優の取材、報道へのスタンスには常に苦言を呈している。

段田安則のコメント

最初に台本を読んだときから「面白い作品だな」と感じました。男3人で暮らす、というその“男”の中に僕が入っていいのかな、とちょっと驚きはしましたけどね(笑)。

僕が演じる和田寛は“新聞界のレジェンド”と呼ばれる人物で、女性にもよくモテる。僕も女性はもちろん大好きですけど、「よくモテる」という部分に関しては、これからしっかりと準備をして臨まないといけないな、と思っておりまして…。“新聞界のレジェンド”たる貫禄と、女性を魅了するフェロモン、というこの2つの高い壁に挑んでいこうと、今、固く決意をしたところであります。

俳優というのは、普段の自分ではないものになれる、その落差が楽しくもあるわけですので、犯罪者を演じることもあれば、その犯罪者を追う刑事になることもある――そんな経験のひとつとして、今回の和田寛というキャラクターを演じたいと思います。

相葉くんとは、20年ほど前にドラマでご一緒して以来、久しぶりの共演です。蔵之介さんともしっかりと一緒にお芝居するのはほぼ初めてなので、とても楽しみにしています。相葉くんのおじいちゃんには見えなくもないかもしれないけど、蔵之介さんのお父さんに見えるかな…と、そこは少し心配ではありますが…(笑)。

親子三代にわたる男たちの物語、最近ではなかなかなさそうな作品ですが、とっても面白そうです。僕が視聴者なら絶対に見ます! ぜひ楽しみになさってください。

小池栄子 役:和田りえ(わだ・りえ)

優の母親で、優が10歳のときに7歳年下の秀平と出会い再婚した。秀平と同じニュース番組を担当していたが、結婚を機に情報番組に異動。しかし翌年、優が11歳のときに取材中の事故で亡くなった。

正門良規 役:三ツ村翔星(みつむら・しょうせい)

優と同じゼミの出身者で後輩。コロナ禍で定職を失った優を、ネットニュース『バズとぴ』のライターとして誘う。後輩から仕事上の上司になる。『バズとぴ』でビューを稼ぐために、優の記事にアドバイスをする。

石川恋 役:志麻さと美(しま・さとみ)

優が勤めるネットニュース『バズとぴ』編集部の同僚。愛想が悪く一見冷たそうに見えるが、優のことを気にかけている。

駒木根隆介 役:印田吾郎(いんでん・ごろう)

優が勤めるネットニュース『バズとぴ』編集部の同僚。まだ新人記者である優のことを気にかけ、仕事を教えてくれる事務職の優しいおじさん。

岡部たかし 役:滝口剛(たきぐち・つよし)

秀平が総合プロデューサーを務める報道番組『フロンティアニュース』のデスク。秀平の右腕として『フロンティアニュース』を支える。

宮澤美保 役:井上智子(いのうえ・ともこ)

秀平が総合プロデューサーを務める報道番組『フロンティアニュース』のディレクター。秀平に密かに思いを寄せている。

潤浩 役:幼少期の和田優(わだ・ゆう)

母子家庭で忙しい母・りえを支えるため、家事全般を担っていた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

TELASAで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「和田家の男たち」以外にもTELASAテラサでは

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

テレビ朝日ドラマや特撮ヒーローものなら、是非TELASAテラサで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、TELASAテラサでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」