ドラマおすすめ

【無料動画】モコミ1話2話3話の見逃し配信と無料視聴方法!彼女ちょっとヘンだけど

【無料動画】モコミ彼女ちょっとヘンだけどの見逃し配信!ネタバレと無料視聴方法!

テレビ朝日の土曜ナイトドラマ枠のドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」の1話、2話、3話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャスト情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっており、登場人物の魅力も個々にあって、視聴率以上の魅力があるドラマだと思います!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」を見る時は、動画配信サービスTELASAテラサを利用するのがおすすめです!

・モコミを何回も観たい
・テレビ朝日のドラマの動画をたくさん観たい!
・特撮ヒーローものなども動画でたくさん観たい!
・ディレクターズカット版なども観たい!

そんな人にTELASAテラサはおすすめです。

更にTELASAテラサでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」の見逃し配信ももちろんTELASAなら見放題!

テレビ朝日のドラマは、TVerやテレ朝動画などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、TELASAテラサなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にテレビ朝日の最新ドラマはTELASAテラサ以外では配信されないことが多いので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

TELASAテラサなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

TELASAならドクターXなどのテレビ朝日の話題の動画がたくさん!

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、TELASAテラサなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」1話のあらすじ・ネタバレ

小さな工場で不良品のチェックをしている清水萌子美(小芝風花)。

仕分ける速度が他の従業員に比べて速く、黙々と仕事をしていた。

ある日のこと。

萌子美は他の従業員が仕分け終わった部品に不良品があるのを見つけ、思わず「その子、ケガ・・・」と言いかけてしまう。

実は萌子美には、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”があったのだ。

幼い頃はこの感覚を隠すことが出来ず、モノの気持ちを“代弁”することで、周囲との間に波風を立てることも少なくなかった。

工場でもどこか周りから浮く萌子美は、工場内の高い位置にある窓を見て、突然チーフ従業員に、あの窓を掃除した方がいいのではないかと言い出す。

しかし清掃業者が当分来ないとの返事に、思わぬ行動に出てしまう。

そのことが結局、周囲に迷惑をかけてしまうのだが・・・。

萌子美の母、千華子(富田靖子)は娘が工場で問題を起こしたと知らされ、頭を痛める。

萌子美がほかの子どもたちとどこか違うことに長年悩み、何事もなく暮らしてほしいと願いつつ、それすら叶わないことに不安を抱き続けていた。

それでも夫の伸寛(田辺誠一)や、萌子美の兄で長男の俊祐(工藤阿須加)とともに、自分なりに娘をサポートしてきたのだった。

数日後、萌子美は22歳の誕生日を迎えるが、ある理由から工場に行きたくないと言い出す。

この日だけ穏便に過ごしたいと、千華子は娘の言うことを聞くことに。

その夜、家族揃って萌子美の誕生日のお祝いをしていると、訪問者がやって来る。

それは・・・。

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」1話のネタバレ・感想

第1話から主人公の清水萌子美を演じる小芝風花の魅力が炸裂していた。

副題にある通り、彼女は一風変わっているのだが、それは彼女が持つ人とは違う不思議な感覚ゆえのことだ。

萌子美は幼少期からヌイグルミや植物、石など感情を持たないとされるモノの気持ちがわかってしまい、それがため散々変人扱いされたり大人から叱られたりしてきた経験から、他人との関わりを極力避け、ひっそりと生きてきたのだ。

今は工場で不良品がないか部品のチェックをするバイトをしているのだが、高いところにある窓が“泣いている”ことに気づいた萌子美は窓拭きをしようと上った脚立から落下。

なぜそんなことをしたのか誰にも理由を説明できない彼女はバイトを休んでしまう。

第1話では、そんな塞ぎ込みがちな彼女と、彼女を心配するあまり変に気を使ってばかりの母親はじめ清水一家のもとに、15年ぶりに祖父の須田観(橋爪功)が訪れる。

幼少期、たった一人自分のことを嘘つき呼ばわりせずに最後まで信じてくれて味方だった祖父との再会に、萌子美も生まれ変わることを決意する。

これまで小芝風花主演ドラマと言えば、同放送枠だった『妖怪シェアハウス』での目黒澪役や、『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)での小林苺役など、破茶滅茶な世界観に巻き込まれ強烈な周囲に“振り回される側”にいることが多かった。

それが本作では本人にそんな意図はなくとも小芝演じる主人公が特殊能力のために周囲を“振り回す”側に配置されているのがおもしろい。

この突拍子もない、ただ多くの人がかつて憧れたことのあるだろう“動物やペットの気持ちがわかったらなぁ”“ぬいぐるみと話してみたい”という願望を叶えられる世界線に、小芝の持つ可憐さやピュアさ、少し浮世離れしたメルヘンさがよく似合う。

これまでは“ピュア”であるがゆえに巻き込まれる側だったのが、その“ピュアさ”ゆえに周囲を振り回してしまい、内に籠もってしまうようになるのだ。

彼女の優しさがよく現れていたのが、ぬいぐるみを抱きかかえながら話しかけるシーンだ。

一方的にモノに自分の気持ちをぶつけるのではなく、本当に話し相手として耳を傾けながら“バイト休んじゃったよ~”とこぼしていた。

当初、このドラマの設定を読んだ際に、モノ側の声も流れるのか気になったのだが、今のところモノ側の声は発せられず、萌子美が代弁したり相槌を打つ形で我々視聴者はモノ側の気持ちを知ることができるようになっている。

だからこそ、彼女がきちんとモノを慈しみながら向き合ってはじめて出来る間合いや空気感がとても重要になってくるのだ。

モノ側と我々の橋渡し、通訳をしてくれるのが小芝演じる萌子美であるがゆえ、我々もすんなりとこの設定を受け入れられるのだと改めて思わされる。

ままならない世界を生きる姿を演じる小芝風花もまた新鮮だ。

これまでも空気を読んでばかりいるキャラクターを演じることはあったが、それどころではなく自分の内に完全に閉じ込もってしまっている萌子美がどんな風に自分自身や家族、周囲と向き合い双方の“生まれ変わり”を見せてくれるのか、温かい気持ちを分けてもらいながら見守りたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」2話のあらすじ・ネタバレ

清水萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。

萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。

千華子はさらに、萌子美の言った「窓が泣いている」という言葉が引っかかっていた。

千華子は萌子美が幼い頃から、他の子とは違う言動を見せるたび心配を募らせてきたのだ。

萌子美が観に打ち明けたのは、勤める工場の窓のことだった。

窓が泣くのを見たくないという萌子美の気持ちを観はあっさりと受け止め、「俺に任せろ」と孫を安心させる。

萌子美は通勤の行き帰りに、兄・俊祐(工藤阿須加)が父方の祖父から引き継いだ花屋に立ち寄るのを楽しみにしていた。

この花屋で花たちとの会話をするのは、学校を休みがちだった小学生の頃から萌子美にとって心安らぐ時間だった。

萌子美は俊祐が初めて仕入れたというバラを見て、顔を曇らせる。

あまり長くもたないことに気づき、そのことを兄に告げるが・・・。

ある夜のこと。

萌子美は家族に工場でのアルバイトを辞め、以前からやってみたいことに挑戦したいと伝える。

しかし千華子は、人と接するのが苦手な萌子美にはいまの仕事が合っていると、娘の話を聞こうとしなかった。

萌子美の父・伸寛(田辺誠一)はふたりのやりとりを聞いて、複雑な表情を浮かべる。実は伸寛にも家族に話があって・・・。

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」2話のネタバレ・感想

第2話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が大きな一歩を踏み出した。

前話に続いて自身の本音を母親の千華子(富田靖子)にぶつけ、実は兼ねてから胸の内に秘めていた「自分がやりたいこと」を初めて打ち明ける。

それは兄の俊祐(工藤阿須加)が営む花屋で一緒に働きたいという夢だった。

もちろん母親は「人とコミュニケーションを取らなきゃいけない仕事ができると思う?」と反対する。

それに対して萌子美は「母さんはいつも私を隠そうとしてきた。生まれてこない方がよかったのかなって思ってた」と真っ向から自分の思いを口に出すことができたのだった。

部品の不良品仕分けバイトをしている工場に辞めたいことを伝えると、工場の皆は送別会を開いてくれ、そこで萌子美は自分が今まで大きな誤解をしてきたことに気づく。

工場のメンバーたちは本当は自分に興味を持ってくれていたが、一人で黙々と作業するのが好きそうな萌子美に対して邪魔しまいと話しかけるのを遠慮していたのだった。

それを萌子美は自分が変な子だから皆が関わりを持ちたがっていないと思い込み、自分から周囲を避けていたことを初めて知るのだった。

それはあまりに近くに“自分の夢”があるにもかかわらず、そこに手を伸ばすことさえ許されず遠ざけられてきた彼女からすれば、「世界がひっくり返る」ような体験だったのだろう。 

「子どものため」と我が子を思うあまり、悪気はなく先回りして極力障害がないように取り除こう、それどころか娘を外の世界に出さないようにしようと口うるさい母親と、その母親に気圧されて、というより半ば生気を吸い取られて何も言えない父親(田辺誠一)、そこに争いを好まず中立であろうとするも頼り甲斐には少し欠ける兄役に工藤阿須加を持ってきたのが絶妙である。

年始に放送された『教場II』(フジテレビ系)では、工藤演じる優等生で好青年な宮坂の殉職にショックを受ける視聴者が相次ぎ話題となったが、工藤と言えばその爽やかなルックスといかにも人が好さそうなキャラクターで、作中しばしば見せる“困り顔”がとにかく印象的でその表情に様々な想いを込め多面的に“多くを語らせる”ことができる。

強烈な相手の近くにいて振り回され、その歪みの影響を受けながらもいつの間にか成長したり、内省したりしている役どころが多い。

振り返ってみれば肉食動物の近くで怯えながらもなんとか共存する草食動物といった立ち位置での配役が目立つ。

『家売るオンナ』(日本テレビ系)ではスーパー営業マン・三軒家(北川景子)の下でしごかれるダメ営業マンの庭野を演じ、また映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ではブラック企業に酷使され悩み抜く新入社員・青山役を好演していた。

明確な力関係の下、ままならない現状に晒されながら、それを何とか飲み込み受け入れ、その中で朴訥で不器用ながらどうにか立ち回ろうとする姿に、どうしたってそのキャラクターを憎めず嫌いにはなれない。

本作でも家庭では何事にも口出しする母親をなだめ、職場では花屋の店員であり彼女でもある依田涼音(水沢エレナ)に尻に敷かれている感が見え隠れしている。

そんな兄・俊祐が、母親の反対がありながらも萌子美が花屋で働くことを認めたのは彼女本人にとってだけでなく兄自身にとっても、また母親ふくめ清水一家にとって大きな大きな前進となったのではないだろうか。 

これまでは萌子美に対して少し当たり障りのない対応だったかに思える俊祐が、間近で働く妹の姿に何を想い彼自身にもどんな変化がもたらされるか。

“彼女の職場の長”になるという点では彼女のギフトを生かすも殺すも俊祐次第という側面を大きい中、どんな兄妹関係の変化が見られるか楽しみである。

また、今のところ俊祐以外は確実に問題だらけの清水家だが、実は彼も彼で人には言えない秘密を抱えているらしく、何となくそれが一番闇が深そうな気もしなくもなくて、そっと見守りたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」3話のあらすじ・ネタバレ

清水萌子美(小芝風花)は念願が叶い、兄・俊祐(工藤阿須加)が経営する花屋で働き始める。

しかし、なれない作業が多くて失敗ばかり。

1人で店の留守番を頼まれた際も、イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)を見かけてつい追いかけ、予約の花を受け取りに来た客の対応が出来ず、迷惑をかけてしまう。

俊祐はバイトの依田涼音(水沢エレナ)から、従業員を増やすなら時給を上げてほしいと不満を言われる。

それでも、萌子美が自分から初めてやりたいと言い出したことだけに、兄としてその思いを大切にしたかった。

一方、母・千華子(富田靖子)は人とコミュニケーションを取るのが苦手な萌子美に客商売が務まるとは思えず、工場のアルバイトに戻ることを内心望んでいた。

そんな千華子と夫・伸寛(田辺誠一)の間には微妙な空気が漂ったままだった。

千華子は伸寛が相談もなしに経営する税理士事務所を閉め、自宅でのリモートワークに切り替えたことを納得していなかったのだ。

伸寛が家にいるようになったのを境に、千華子は夫の昼食を作らないようになる。

千華子の父で最近娘一家と同居を始めた須田観(橋爪功)は、千華子のふるまいにあきれてしまう。

萌子美は涼音からフラワーアレンジメントのやり方を教わる。

常識にとらわれることなく、花が望んだところに配置する萌子美だが、涼音はアレンジメントのルールに従い、手直し。

伝えたい思いはあるものの、それを言葉にできない萌子美だった。

その矢先、萌子美は配達で手がいっぱいの俊祐や涼音の代わりに、1人で店の戸締りをすることに。

閉店の準備をしていると、新規の客が至急フラワーアレンジメントをしてほしいと頼んでくる。

店にはほとんど花が残っておらず、萌子美はどうすべきか悩むが・・・。

ドラマ「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」3話のネタバレ・感想

第3話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が初めて家族以外の人間に「本音」を伝えた。

兄の俊祐(工藤阿須加)が営む花屋で働き始めた萌子美は、花の気持ちがわかってしまうがゆえにフラワーアレンジメントを作るにも花が心地良い場所に配置しようとする。

しかし、それを「バランスを整えるため」と言って店員の依田涼音(水沢エレナ)がテコ入れをする。

モヤモヤする萌子美だが、もちろんそれを口にすることはできない。

その後もお客様への対応ミスがあり理由を聞くも何も話さない萌子美の様子に涼音は「本当のことを言ってくれていいんだよ。言わないとわかんないから」と伝え、萌子美は不甲斐なさから混乱してしまう。

ただ、第2話で「周りが自分と関わりたくないと思っているのではなく、実は自分が避けていただけだった」という事実に気づいた萌子美は、今回は意を決して、自分の想いを言葉にする。

「本音は言えないっていうのが私の本音です。本音を話そうとすると色々考えちゃって話せなくなる。自分を隠したくはないけど今は言えないっていうのが私の本音です。でも涼音さんや真由さん(内藤理沙)とお客さんに喜んでもらえるお花を作りたいっていうのが私の本音です」

こんなことを口に出しても相手に伝わるのか、変に思われたらどうしようと半信半疑の萌子美に、涼音は「よくわかんないけど、でも伝わったよ」としっかり彼女の想いを受け止めた。

こうして萌子美はまた外の世界の人間と心を通わせていく。

振り絞った勇気の分だけ前に進んでいくのだ。

小芝風花と水沢エレナの共演はこれが初めてではない。

昨年のスペシャルドラマ『書類を男にしただけで』(TBS系)でも、小芝演じる主人公と広告会社の同じチームで働く同僚のキラキラ女子役を水沢が演じていた。

水沢はその目鼻立ちのはっきりとした顔立ちもあってか、気の強い女性役に抜擢されることが多いが、この作品では女性というだけで理不尽な目に遭いながらも気丈な振りをしてひたむきに働く女性社員役を好演した。

本作で演じている涼音も、店長であり彼氏でもある俊祐を尻に敷いている様子が窺える、はっきりと自身の意見を主張できる女性だ。

しかし、サバサバとした気持ちの良さも持ち合わせているだけでなく、言葉はなくとも萌子美が何かしら違和感を感じているのであろう様子や反応は見逃さない優しさや勘の良さも併せ持っている。

何だか、今後萌子美の良き理解者になってくれそうな気配もある役どころだ。

次週、ついに萌子美と彼女が想いを寄せるフードデリバリースタッフの岸田佑矢(加藤清史郎)の触れ合いが描かれるようだ。

父親の伸寛(田辺誠一)の隠し事も何やら露呈しそうで、様々な動きが見られそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ

 

TELASAで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「モコミ彼女ちょっとヘンだけど」以外にもTELASAテラサでは

・ドクターX
・相棒
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

テレビ朝日ドラマや特撮ヒーローものなら、是非TELASAテラサで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、TELASAテラサでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASA(テラサ)公式ページへ


-ドラマおすすめ
-,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」