ドラマおすすめ

【無料動画】ナイトドクター4話5話6話の見逃し配信・無料視聴方法!

【無料動画】ナイトドクター4話5話6話の見逃し配信・無料視聴方法!

フジテレビの月9ドラマ「ナイトドクター」の4話、5話、6話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「ナイトドクター」は放送回を増すごとに見る人の心を掴んでいっております。

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、月9ドラマ「ナイトドクター」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、月9ドラマ「ナイトドクター」を見る時は、FODを利用するのがおすすめです!

・ナイトドクターを何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

「ナイトドクター」の見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・前作の監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」4話のあらすじ・ネタバレ

搬送された女性患者を朝倉美月(波瑠)と桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)が受け入れた。

救急隊員に女性、花園詩織(松井愛莉)の恋人が付き添っていると聞いた幸保は驚く。

幸保の恋人、青山北斗(竹財輝之助)ではないか。

北斗は店の宣伝のためSNSで強力な宣伝力を持つ詩織を利用したが、交際していると思い込まれたと幸保に説明。

会うのは最後にしようと言うと詩織が掴みかかったので、ふりほどいたら階段から落下してしまったと北斗は言うのだが幸保は納得出来ない。

目を覚ました詩織は北斗を頼りっきり。

本郷亨(沢村一樹)は次々に運ばれる重症患者を美月たちに任せて、幸保には詩織の経過観察を指示した。

わがまま放題で、付き添う北斗にこれ見よがしに甘える詩織に幸保のイライラは募る。

心美(原菜乃華)に頼まれた雑誌を内科病棟へ届けに行った美月は深澤新(岸優太)と会う。

そこに岡本勇馬(宮世琉弥)が現れ、美月に挨拶。誰だと尋ねる深澤に、美月は心美の彼氏だと言う。

だが、初耳の深澤は心美を思い、勇馬に彼女の入院理由を話してしまった。

勝手に話したことを危ぶむ美月の不安通り、兄妹に亀裂が走る。

一方、ついに詩織とぶつかった幸保は本郷に早退を申し出た。

帰ろうとする幸保を咎めた美月とも激しい言い合いになる。

そんな時、ホットラインが鳴り、成瀬暁人(田中圭)が受けた。

3名のガス中毒患者受け入れを本郷が承諾。

桜庭も休みで幸保も帰ってしまったと人員を心配する深澤に、本郷はお前たちでカバーしろと言い放つ。

ドラマ「ナイトドクター」4話のネタバレ・感想

階段から転落して搬送されてきた女性に付き添っていた“恋人”の男性が、幸保(岡崎紗絵)の恋人の北斗(竹財輝之助)であったという、美月(波瑠)にフィーチャーした第2話同様に男性の浮気が物語の発端となった第4話。

もちろん今回焦点が当てられているのは幸保だ。

ナイトドクターの5人の中で唯一寮に住んでおらず、クールな立ち振る舞いで他の4人との間に一線引いている印象の幸保。

彼女がなぜナイトドクターになったのか、そして胸の内に秘めている苦悩などが、前回の桜庭(北村匠海)のエピソード同様丁寧に描写されていくのである。

自分の経営している店の宣伝のためにインフルエンサーである詩織(松井愛莉)を利用していたが、付き合っていると思い込まれたのだと幸保に説明する北斗。

しかしその説明に納得できず、また目の前で北斗に甘えたりわがまま放題の詩織にただただ苛立ちを募らせていく幸保は、美月とも衝突してしまう。

幸保が早退してしまった夜、あさひ海浜病院に3名のガス中毒患者が運び込まれてくる。

人手が足りないなかで対応に追われる美月と深澤(岸優太)と成瀬(田中圭)。

すると1人の患者の容態が悪化。

調べてみると過去に診察を受けていた記録が残されており、それはウォークインで診察した幸保がわずかな情報からその患者の持病を見抜いていたことを示すものであった。

患者として運び込まれてきた相手と揉み合いの喧嘩をしたりと、ある意味では医師による公私混同という医療ドラマらしからぬ描写が連続した今回のエピソードではあるが、主眼となる部分はどうやらそこではなさそうだ。

終盤で幸保は、深夜に寝ながら泣いている詩織の姿を見て、彼女が精神的な問題を抱えているのではないかと疑問を抱き、精神科を受診することを提案する。

結果的に詩織が境界性パーソナリティ障害であるという診断が下されることになったようだが、引き継ぎで昼のドクターたちに提案した時の彼らの反応や、詩織本人の反応。

いまだに「精神科」というものに対して特殊でネガティブなイメージが強く持たれていることが如実に表れている。

幸保は詩織にこう告げる。

「髪が伸びたら美容院に行きますよね。心のケアだってもっと気軽にしていいんです」。

何年も前から日本人の5人に1人は何らかの精神疾患を抱えていると言われており、年々それが増加の一途を辿り、特にこの1年半のコロナ禍では急増したとも言われている。

経済的な不安や、劇中の詩織のような対人関係における不安など、その理由や症状は人それぞれであろう。

幸保もまた、整形外科医の親との関係や北斗への依存傾向から、詩織の状況を他人事には思えなかったと語る。

他者への適度な想像力を持ちながら人間関係の中で自分を見失わないでいること、そして医療でも仲間でも、頼れる相手に頼ることが必要なのだと教えてくれるようだ。

そういった意味では、さりげなく深澤がナイトドクターチームの“頼れるやつ”になりつつあるのは興味深い。

偶然病院で遭遇した妹・心美(原菜乃華)の彼氏・勇馬(宮世琉弥)に不貞腐れた表情を見せ、兄貴風を吹かせながらも勝手に病気のことを話したと心美から責められるといういつも通りの深澤らしさを見せる一方で、救命救急センター内で繰り広げられた諍いには積極的に仲裁に入る。

そしてじっくり話を聞いて一言だけさりげなく褒めてと、幸保の心を解きほぐす役割を果たす。

もちろん搬送されてきた患者の処置を一人で務めたりと、ドクターとして着実に進歩している部分も見逃せない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」5話のあらすじ・ネタバレ

朝倉美月(波瑠)は、成瀬暁人(田中圭)が訴えられている事を知った。

しかし、訴訟の詳細を成瀬が美月に話す事は無い。

以降、成瀬の態度は以前にも増して美月に冷たくなる。

患者の治療も、少しでも美月がもたついていると成瀬が奪ってしまう。

美月だけでなく深澤新(岸優太)たちも成瀬の変化を感じていた。

本郷亨(沢村一樹)は後輩を育てるつもりは無いのかと成瀬に聞くが、自分が処置した方が確実だと譲らない。

これでは救急医としての腕を磨けないと美月は焦る。

そんな時、夜はキャバクラで働いているが昼は会社員をしているという患者の話を聞いた美月は、昼間の非常勤救急医の応募病院を調べ始めた。

そこに、ホットラインが鳴り、母親の越川法子(紺野まひる)に付き添われた子供、日向(正垣湊都)が運び込まれる。

美月と高岡幸保(岡崎紗絵)が処置に迷っていると、またも成瀬に奪われてしまった。

日向は一命を取り留めたが、法子を安心させようと「絶対に助ける」と言った深澤にも、成瀬は患者や家族の前で二度とその言葉を口にするなと手厳しい。

美月は八雲徳人院長(小野武彦)に成瀬の訴訟について聞く。

八雲は成瀬が手術を担当した子供の母親に訴えられているのだと美月に教えた。

その母親、秋山真紀(山本未來)が病院を訪ねて来たため、成瀬が訴訟を抱えていることが病院スタッフに知れ渡ってしまう。

一方、日向の疾患原因はなかなか判明しない。

本郷は法子が記入した日向の問診票に疑問を持ち、美月と成瀬が法子から詳しく話を聞くことになった。

ドラマ「ナイトドクター」5話のネタバレ・感想

成瀬(田中圭)のもとに届いた郵便物から、成瀬が訴えられていることを知ってしまった美月(波瑠)は八雲院長(小野武彦)に話を聞きにいく。

以前勤めていた病院で搬送されてきた少年の手術を担当した成瀬。

命は助かったものの、その少年は半身麻痺になり、術前に「必ず助ける」と宣言した成瀬は少年の母親から訴えられたというのだ。

そんな折、救命救急センターには浴室で溺れた6歳の男の子が運び込まれてくる。

心配そうな母親に「絶対に助けます」と告げる深澤(岸優太)に、「患者や家族に二度とその言葉を口にするな」と厳しく言う成瀬。

男の子は一命を取り留めるが、その後容態が急変。さらに成瀬たちは、母親が記入した問診票にある違和感を覚えるのだ。

第5話は、オリンピックによる2週間の放送休止前の最後のエピソード。

第1話では病気の妹の面倒を一人でみながら救急医を目指す深澤、第2話では母親を失った経験から患者を見捨てない医師を目指す美月、第3話で桜庭(北村匠海)の心臓の病、第4話で幸保(岡崎紗絵)の葛藤と、ナイト・ドクターチームそれぞれのバックグラウンドを描いてきた前半戦。

そのトリを飾るのはやはり最年長の成瀬で、同時に医療現場におけるいくつもの課題を示していく。

そのなかで最も大きなテーマとなるのは、「インフォームド・コンセント(IC)」である。

20世紀ごろから患者の自己決定権が重視される風潮が高まるとともに生まれたICは、医療行為に際して医師が患者に対して病状や治療内容について適切な説明を行い、充分な理解を得た上で同意を得るという一連の手続きのことである。

日本でも2007年の医療法の改正によって努力義務として明文化されたものの、専門知識を必要とする医療に関して患者側が充分に理解できないまま、合意を得ることだけが先行してしまうことなどの問題点がある。

そしてもちろん、患者には治療を受ける権利も、拒否する権利もあるのだ。

劇中で描かれる成瀬の過去は、まさしく“患者側が充分に理解できないまま”という、とりわけ救命救急の現場のように即座に理解し判断することを必要とされる場合で起こり得るモデルケースのようなものだ。

未成年者の手術で必要とされる、親権者の同意。結果的に命は助かっても、子供が元通りの生活を送ることができないことから生じる戸惑いや不安。

成瀬の「医療には限界がある。それでも患者は100%完璧な医療を望んでくる」というモノローグ。

だからこそ、医師と患者側の充分なコミュニケーションは必要である反面、それでもなお可能な限り早急な治療が必要となる場合ではうまくいかない難しささえもはらんでいる。

「答えのない問題ばかり」という成瀬の嘆きのような呟きも劇中にはある。

それはICに限らず、虐待被害者である隣人の子供を勝手に保護した女性の登場や、その子供がオスラー病による脳出血で手術が必要となった時に、法的には同意する権利がないということも然り。

もちろん医師側も親権者の同意がなければ目の前の患者を助けることができないこともそうだし、はたまたこのドラマの根幹にも触れそうな“働き方改革”によって労働環境が改善しても得られる賃金が減少してしまったという、序盤で運び込まれてきた患者の話も“答えのない問題”かもしれない。

とはいえ仮に明確な答えが存在しなくても、あらゆることにはその時々における最適解が必ずと言っていいほど存在する。

ICをめぐる訴訟に対し、患者家族の戸惑いを取り除こうと手術で何をしたのかをわかりやすく記した資料を手渡す成瀬。

自分たちにできることはこれしかないとばかりに、法に触れることを恐れずに男の子の命を助けることを迷わず選ぶナイト・ドクターチームの面々。

命だけは絶対に取り返しがつかないが、それ以外のことは概ね取り返しがつく。

そのスタンスが、この前半戦最後のエピソードでしっかりと救急医療という題材と人間ドラマとを結びつけた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

ドラマ「ナイトドクター」6話のあらすじ・ネタバレ

工場の事故で複数の傷病者が出たと『あさひ海浜病院』にドクターカーの出動要請が入る。

本郷亨(沢村一樹)は朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)たちを現場に向かわせた。

深澤が崩れた資材置場を見に行くと重傷を負った作業員がいる。

治療の自信がない深澤は美月を呼びに行き、処置を頼むことに。

美月は作業員を助けるため資材の山を登るが、立ちくらみを起こして落下してしまった。

しばらく意識を失った美月だが、深澤の呼びかけに目を覚まして作業員の処置を再開する。

しかし、全ての傷病者の搬送を終えた時、美月の身体に再び異変が起こる。

本郷は成瀬と深澤に美月の事故原因を尋ねる。

深澤は自分が傷病者の処置を任せきりにしたことを悔やみ、成瀬も美月を止める事が出来なかったと責任を感じていた。

美月が事故に遭ったことは病院内でも問題に。

本郷は桜庭麗子(真矢ミキ)、八雲徳人(小野武彦)に全て自分の責任だと頭を下げた。

ドラマ「ナイトドクター」6話のネタバレ・感想

これまでの5つのエピソードでは、あさひ海浜病院の救命救急センターで夜間に働く“ナイト・ドクター”5人のバックグラウンドにフォーカスを当てた物語がそれぞれに展開。

年齢や経験もバラバラだった彼らが次第にチームとしての結束を高めていくさまが、全員同じ寮に住むようになるおまけ付きで描かれてきたのである。

第6話で、昼の時間にも別の病院で救急医として働き始めた美月(波瑠)は、疲労が蓄積した状態でドクターカーに乗り込み事故が起きた工場に向かう。

しかしそこで作業員を助けようとして足場から転落してしまい、なんとか持ち直して処置を再開するものの、そのまま倒れ込み搬送される。美月に処置を任せきりにしてしまった自分の不甲斐なさを後悔する深澤(岸優太)。

一方、昼の医師たちから監督不行き届きを責め立てられた本郷(沢村一樹)は、会長の桜庭(真矢ミキ)からも厳しい言葉を投げかけられることに。

このドラマにおける物語の出発点であり、また最大の主題でもある「働き方改革」に触れた今回のエピソード。

これは“後半戦”の幕開けというよりは、前半戦、ないしは第1章のフィナーレと呼べるものであろう。

誰かのため・患者のために副業をこなし、怪我から復帰しても痛みに耐えながら変わらずバリバリと働こうとする向上心ブラックホールな美月に対して、自分自身のことを大事に思うよう強く言う深澤。

その美月が、他のメンバーが空いた時間で新しい知識を得たり自己研鑽に励んでいることを知り、理想的な「働き方改革」とは何かというひとつの気付きを得るという流れだ。

もっとも、余暇の時間を仕事に通じるものに充てるべきか否かは個人の自由ではあるが、そこは本郷が「どんな患者でも助ける医者になりたい」と言う美月に問いかける「そのためには何が必要か」という問いに帰結させるものであろう。

1人がすべてを背負いこむのではなく、互いに頼って互いに頼られる理想的なチームプレイ。

それを提示するためには、チキン(もしくはハムスター)である深澤の成長をはじめとした各々の進化プロセスというのは必然だ。

以後のエピソードでは、個々人の成長のドラマから強固なチーム医療のドラマへと変化していくことになるのだろうか。

ところで今回、深澤は成瀬(田中圭)とともに現場に入り、自ら処置の道筋を考えて実践していくことによってチキンからの卒業を果たす。

そこで成瀬から言われる「お前のおかげで患者が助かった」という言葉を思い出して浮かれるシーンが描かれたが、これはつい先週の『おかえりモネ』(NHK)のカギになった「“あなたのおかげで”は麻薬」という坂口健太郎演じる菅波のセリフに思いっきり通じる描写だ。

「自分は無力だと思っている人間にとってこれ以上の快楽はない」。

そこで危惧されていたように、突っ走って周りが見えなくなるようなことにならなければいいが。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ

 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ナイトドクター」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・前作の監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FOD公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」