ドラマおすすめ

【無料動画】ドラゴン桜2を無料で1話から最終回まで楽しむ方法!見逃し配信&無料視聴!

【無料動画】ドラゴン桜2を無料で1話から最終回まで楽しむ方法!見逃し配信&無料視聴!

TBSの日曜劇場「ドラゴン桜2」の1話から最終回結末までの見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報などを紹介したいと思います!

ハムレット
このドラマ「ドラゴン桜2」は、あの伝説となっているドラマ「ドラゴン桜」の続編です。

本当は2020年に放送予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で放送が延期となっていました。

その「ドラゴン桜2」が遂に放送されるとなって、大注目です!

だからこそ、「ドラゴン桜2」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ドラゴン桜2」を楽しむために動画配信サービスParaviパラビについて紹介したいと思います。

・ドラゴン桜2を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「ドラゴン桜2」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・この恋あたためますか
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「ドラゴン桜2」のあらすじ・ネタバレ・予告動画まとめ

前作から10年後の龍山高校。

偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木(阿部寛)が去った後は下降の一途を辿っていた。

その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける・・・というところから物語は始まる。

一体どのようなドラマが待ち受けているのか、ご期待いただきたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」のキャスト

阿部寛 役:桜木建二

元暴走族の弁護士。

前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としている。

相手が誰でも物怖じせず、歯に衣着せぬ物言いで論破する桜木だが、彼の弁舌が現代においてどのような変化をもたらすのか。

そんな桜木が今回立ち向かうのは、前作から10年後の龍山高校。

偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。

その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける。

阿部寛コメント

前作から15年経って、再び桜木建二を演じさせていただくこととなりました。

この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。

当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け!と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の姿を信じています。

今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます。

ぜひご期待ください。

長澤まさみ 役:水野直美

16年前は桜木の教え子だった。現在は弁護士。

生徒たちを導く側になっていく。

長澤まさみコメント

私にとって『ドラゴン桜』は青春が詰まった作品です。

本当に長く愛されている作品で「好きだった!」と今でも言われることが多く、前作から16年も経っていたという実感が私自身あまりありませんでした。

きっとテレビの前の皆様もこの作品が戻ってくることを、楽しみにしていてくれたんじゃないかなと思います。

私も撮影をすごく楽しみにしています。

私が演じる水野は前回と立場が変わっているので、改めて身を引き締めて頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!

及川光博 役:高原浩之(たかはら・ひろゆき)

学園の教頭。

桜木たちに学校再建の依頼をした張本人。

桜木たちをサポートし、生徒たちの教育を一番に考える教育熱心な教師

及川光博コメント

人気シリーズの続編に登場するのは、こういうプレッシャーがあるのだな、と感じました。

私が演じるのは、今回の舞台になる学園の立て直しに情熱をそそぐ、教育熱心な教頭先生の高原です。

僕の中の真面目さ、生徒を思い、子どもたちの未来を思う、僕の本質が滲み出ちゃえばいいなと思います(笑)。楽しみです☆

早霧せいな 役:岸本香(きしもと・かおり)

桜木法律事務所のNo.2で、桜木が最も信頼している弁護士。

早霧せいなコメント

今回この作品に出演することが決まってから、2005年の前作を改めて見ました。

とても面白く、その続編の今作に出られるということがとてもうれしく、光栄に思っております。

初めての弁護士役で、さらに学園ドラマの中の弁護士なので、どういった役柄になるのかと私自身も楽しみにしております。

1つのスパイスとして、このドラマを盛り上げていけたらなと思っております。

視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

江口のりこ 役:龍野久美子(たつの・くみこ)

学園の理事長。

龍野が理事長になったことで生徒たちの学力が著しく低下し、学園の経営も逼迫。

しかし彼女は再建を試みる高原をはじめ依頼された桜木たちにも反発し、学園から追い出そうとする。

江口のりこコメント

楽しんで演じたいと思っています。

(前作が)16年前と聞いてびっくりしました。

前作には生徒を惑わす暴走族の役で出演していたそうなのですが・・・撮影日数も少なかったので、赤い特攻服を着たのは覚えているんですけど(笑)。

私が演じるのは今回の舞台となる学園の理事長なのですが、厳しい理事長の中にもちょっとした面白さが見つけられたらいいなと思っています。

楽しいドラマになると思いますし、自分自身も楽しんで演じていきますので、ぜひご覧ください。

佐野勇斗 役:米山圭太(よねやま・けいた)

桜木の元教え子。

佐野勇斗コメント

このたび、『ドラゴン桜』に出演させていただくことになりました。佐野勇斗です!

前作の『ドラゴン桜』は、僕がまだ小学生の頃にテレビで観ていて大好きだった作品で、「ああ、ドラマに出てみたいなあ」と、役者を目指すきっかけとなった作品のひとつです。

当時本当に熱狂的にハマっていて、作品の中の勉強法も実践しておりました。歩きながらの勉強などです(笑)。

続編を作ると聞いた時は、一ファンとしてとてもうれしく楽しみにしていたのですが、まさかその作品に自分が参加させていただけるとは・・・夢にも思っていませんでした。

この世界で生きさせてもらえることをとてもうれしく思います。

今回僕は、桜木先生の今の生徒、ではなく過去の生徒として登場します。

「こいつはなんだ!?」と疑問に思うシーンも多々あると思いますが、彼のストーリー展開にもぜひご注目いただければと思います。

本当に豪華なキャストの皆さんと共演させていただきます。

全力で頑張って参りますので、みなさまぜひご覧ください!

南沙良 役:早瀬菜緒(はやせ・なお)

何不自由なく愛情いっぱいに育ってきたが、今まで何かを頑張った経験がない女子生徒。

東大専科に入る。

南沙良コメント

原作も前作のドラマも拝見させていただいていたので、出演が決定した時はとてもうれしかったです。

阿部寛さん、長澤まさみさんを筆頭に錚々たる方々とお芝居をさせていただけること、とても光栄に思っています。

今までに挑戦したことのない役なので、私自身不安もありますが、頂いた役をどれだけ魅力的に広げることができるか、しっかりと真摯に向き合いながら、学び、吸収がある撮影期間にし、自分の扉を解放して、使える引き出しは全て使っていきたいと思っています。

撮影はこれからですが、感じ得るものが多い歩みになることを確信しています。

観てくださる方々に作品の素晴らしさを感じていただけるように、誠心誠意お届けしてまいります。

細田佳央太 役:原健太(はら・けんた)

とある問題を抱え周囲から孤立しているものの、昆虫が大好きな心優しき生徒。

東大専科に入る。

細田佳央太コメント

原健太役の細田佳央太です。

日曜劇場に出演することが1つの目標だったので、オーディションを経て、健太役に選んでいただけたと聞いた時はとてもうれしかったです。

僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。

僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。

しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。

このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう!と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。

監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。

外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。

一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!

志田彩良 役:小杉麻里(こすぎ・まり)

成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている。

受験に興味がないのは一体なぜ?他の生徒とも、教師とも距離を置く彼女の秘密とは・・・。

東大専科に入る。

志田彩良コメント

オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです。

出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。

大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています。

鈴鹿央士 役:藤井遼

成績が学年トップ。

優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている。

内に秘めた焦りや臆病な部分がある。

東大専科に入る。

鈴鹿央士コメント

日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。

世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます。

加藤清史郎 役:天野晃一郎

優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている。

家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない。

東大専科に入る。

加藤清史郎コメント

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。

天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。

他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の 一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

平手友梨奈 役:岩崎楓(いわさき・かえで)

全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している。

何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう。

強豪校のバドミントン選手であり、悩み多き繊細な人物。

東大専科に入る。

平手友梨奈コメント

岩崎楓役を演じさせていただきます、平手友梨奈です。

楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。

初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております。

よろしくお願いします。

髙橋海人 役:瀬戸輝(せと・あきら)

学園近くのラーメン瀬戸屋の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている。

放課後に店の手伝いをするなど姉想いな高校生ではあるが、将来への夢や希望がなく、なんとなく店を継ぐのだろうと思っている。

そんな瀬戸を桜木はどのように“東大専科”へ招くのか、そこには世の中の理不尽に立ち向かう全ての人に送るメッセージが込められている。

髙橋海人コメント

たくさんの方に愛されている“日曜劇場”、そして当時両親と毎週楽しみに観ていた『ドラゴン桜』。

本作に出演させていただけると知ったときは、衝動的に両親にその喜びを報告してしまいました。

キャストのみなさん、監督、スタッフの方々からたくさんのことを学び、瀬戸輝という役に誠心誠意向き合い、悔いの残らないように挑み続ける、そんな撮影期間にしたいと思います。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「ドラゴン桜2」スタッフのコメント

飯田和孝プロデューサーのコメント

この春、ようやく『ドラゴン桜』を皆さまにお届けできることになりました。

原作の三田先生も仰っていますがある意味で“スポ根ドラマ”です。

その中に的確に時代を捉え、現代の若者の姿を写している繊細さがあります。

阿部寛さん演じる主人公の桜木建二は、若者たちを超俯瞰で見ているようで、深い部分では気にかけている人物です。

そんな桜木が、令和の若者にどう向き合っていくのか、注目してもらえたらと思っています。

東大合格&受験必勝メソッドはもちろん、子を持つ親御さん、部下の扱いに悩む上司の皆さん、後輩が生意気で困っている先輩の皆さんが明日から使える桜木メソッドもご紹介します。

日曜の夜に「月曜から頑張ろう!」と思える、元気の出るエンターテインメントをお届けできたらと思っています。頑張ります!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

前作ドラマ「ドラゴン桜」のあらすじ・ネタバレ

【無料動画】ドラゴン桜2を無料で1話から最終回まで楽しむ方法!見逃し配信&無料視聴!

ドラマ「ドラゴン桜」1話のあらすじ

桜舞う朝、龍山高校の職員室は学校倒産のウワサで大荒れの状況だった。

教師たちに詰め寄られた理事長の龍野百合子(野際陽子)が苦しい言い訳をする中、現れたのは東京地裁から任命されてやってきた三流弁護士・桜木建二(阿部寛)。

24億円もの負債を抱えた龍山高校の倒産処理にきたのだ。

しかし、英語教師の井野真々子(長谷川京子)は、桜木が雑誌に載っていた元暴走族のリーダーで問題の弁護士と気づき、桜木は追い出されてしまう。

暴走族の過去をマスコミに知られて以来、仕事が激減していた桜木は、何か一発ぶちあげて一旗あげようと策を練る中で、龍山高校の再建を思いつく。

全校生徒や教職員を前にして、桜木は独断で3年生のために特別進学クラスを設置し「1年後に東大合格者を5人出す超進学校にする」と宣言。

桜木の発言に全員度肝を抜かれるが、中でも猛反発したのは3年生の矢島勇介(山下智久)だった。

ドラマ「ドラゴン桜」2話のあらすじ

財政難で存続の危機にある龍山高校再建のため、東大進学を目的とした特別進学クラス設置をぶちあげ

「バカとブスこそ東大へ行け!」

と叫んだ桜木(阿部寛)は、1年間で東大合格者を5人出し、龍山高校を超進学校として生まれ変わらせることを宣言する。

しかし猛反発した勇介(山下智久)は、学校を出てしまう。
この様子を見た教師たちは、理事長の百合子(野際陽子)に対し、桜木のやり方について不満を訴え、特進クラスに生徒が5人集まらなければ、桜木を学校から追い出すよう要求する。

そんな中、勇介が自宅に帰ると、疲れ果てた母・節子(石野真子)の姿が。

父親が家を出て行ったのだという。
そこに借金の取立てがやってきて、父には300万もの借金があることが発覚。

勇介は大切なトランペットを質屋に入れ、夜の工事現場でアルバイトを始める。

勇介の現状を見た桜木は

「弱者は世の中から常に搾取される。そんな世の中から脱出するためにも、東大を目指せ」

と勇介を特進クラスへ執拗に誘う。
一方、勇介の幼なじみの水野直美(長澤まさみ)は、酔っ払い相手に仕事をする母・悠子(美保純)にうんざりしていた。

ある日、書店の参考書コーナーで東大の赤本に手を伸ばすと、向こうからも手が出てくる。

クラスメートの小林麻紀(サエコ)だ。
するとそこに奥野一郎(中尾明慶)もやってきて・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」3話のあらすじ

桜木(阿部寛)の元、いよいよ動き出した特別進学クラスは10日間の合宿に入る。

参加者は勇介(山下智久)、英喜(小池徹平)、よしの(新垣結衣)、麻紀(サエコ)の4人。

なぜか井野(長谷川京子)も泊り込みで参加させられる羽目に・・・。

その頃、直美(長澤まさみ)は、朝帰りした母親・悠子(美保純)から店を継ぐよう言われ、家を飛び出してしまう。

早朝の特進クラスでは桜木が

「数学とはある意味スポーツ!たとえば、卓球!」

と素手で卓球の構えを取り、生徒たちにも卓球の構えをさせ、分数問題を始める。

その様子を廊下から見ていた直美と一郎(中尾明慶)は、桜木に特進クラスに入るよう勧められるが、逃げ出してしまう。

一方、桜木に反発する教師陣は、妨害を始める。
まず落合(デビット伊東)が桜木の歓迎会を計画。

合宿の初日に無理矢理、桜木と井野を直美の母が営む小料理屋「ゆうこ」に連れ出す。

そこに直美が帰宅し、悠子が楽にもうかる店に改装すると話しているのを聞き、親子ゲンカを始める。

そんな2人を見た桜木は、今の状況から抜け出すためには東大に行くしかないと促す。

そしてついに直美は「東大受験」を決意するが、悠子は猛反対!

そこで桜木は悠子に、ある賭けを提案する。
合宿に戻った桜木は、直美の特進クラスへの参加を発表。

そして、生徒5人全員が5日後に行われるテストで100点を取るよう促し、「頑張れば、奇跡を起こせる」と言うのだが・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」4話のあらすじ

龍山高校特別進学クラスの強化合宿も折り返し地点。

桜木(阿部寛)独自の教育指導の元、生徒は直美(長澤まさみ)も加わり5人に増えた。

勇介(山下智久)、英喜(小池徹平)、よしの(新垣結衣)、麻紀(サエコ)は、朝5時から桜木に叩き起こされ勉強に励むが、若干中だるみの気配も・・・。

そこで桜木は授業を井野(長谷川京子)に任せ、伝説の数学教師に会いに出かける。

寂れた寺子屋風の一軒家「柳塾」の“東大数学の鬼!”柳鉄之介(品川徹)に、特進クラスの数学教師として教壇に立ってほしいと桜木は懇願する。

授業を引き受けた柳だが、常にビリの人間には「バカ」鉢巻きを巻くことを義務付ける。

早速、前回の小テストでビリだった直美に「バカ」鉢巻きが巻かれてしまうが、次に行われたテストでは、よしのがビリに。

鉢巻きが直美からよしのに渡されると、よしのは突然「やめる!」と言って、泣きながら教室を飛び出してしまう。

心配した井野は勇介と、よしのを探しに行くが、発見した時よしのは、かつてのレディース仲間と一緒にいた。

そして井野は、よしのを特進クラスに戻す条件として、不良グループとチキンランで対決することになってしまい・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」5話のあらすじ

勇介(山下智久)と直美(長澤まさみ)の仲を疑って、特進クラスを飛び出したよしの(新垣結衣)が戻り、東大合格目指して猛勉強中の5人。

夏を前に、理科の特別講師・阿院修太郎(小林すすむ)と国語の特別講師・芥山龍三郎(寺田農)が加わった。

その一方で、元々龍山高校にいた教師たちの「教職員再雇用試験」が行われた。

ギリギリラインで合格した井野(長谷川京子)以外は、全員不合格。

桜木反対派の落合(デビット伊東)らは、これに猛反発!
そこへ、百合子(野際陽子)が飛び込んできた。

英喜(小池徹平)が傷害事件を起こして、警察に保護されたというのだ。

大事になれば、自らの野望が崩れてしまうと心配した桜木(阿部寛)が警察に駆けつけると、刑事は英喜が一郎(中尾明慶)を殴ったと決めつけていた。

しかし、その現場に居合わせた麻紀(サエコ)の証言によると、どうやら一郎の双子の弟・次郎(水谷百輔)が関係しているようで・・・。

桜木が英喜に事情を聞くと、一郎を殴ったのは英喜ではなく次郎だった。

しかし出来のいい弟に遠慮して生きてきた一郎は、次郎をかばい英喜の無実を話そうとしない。

そこで桜木のとった行動とは・・・?

ドラマ「ドラゴン桜」6話のあらすじ

桜木(阿部寛)は龍山高校の教師を集め、研修を行うことになった。

教師たちに欠けているのは、“生徒に対するサービス精神”だと、生徒の褒め方を徹底的に叩き込む。

桜木が研修を行う間は、井野(長谷川京子)が特進クラスの英語を受け持つことになる。

初の大仕事に張り切る井野は、生徒のために徹夜で英語の特別カリキュラムを作成し、桜木に提出するが、桜木はそれをゴミ箱へ放り捨てる。

井野は東大英語の専門家・川口(金田明夫)を呼ぶまでのつなぎだったらしい。

納得のいかない井野は、川口に会うという桜木の後をこっそり追う。

桜木は早速、川口を特進クラスの教壇に迎える。
英語の上達法は“英語を恥ずかしがらずに話すこと”と“恋をすること”とラジカセを取り出し踊りだす川口に、勇介(山下智久)や直美(長澤まさみ)らは戸惑いながらも、徐々に川口の授業に引き込まれていく。

しかし、川口の授業に井野が反発。
そこで桜木は川口と井野に勝負をさせ、勝った方が英語の主任となり、その指導方法を全面的に採用することを提案する。

ドラマ「ドラゴン桜」7話のあらすじ

龍山高校は理事長である百合子(野際陽子)の浪費で、講師を雇う資金がなくなってしまった。

そこで桜木(阿部寛)は、井野(長谷川京子)に世界史を担当させることに。

そんな中、特進クラスがテレビ番組で取り上げられることになった。

麻紀(サエコ)の友人でアイドルの明日美(堀朱里)がリポーターとして現れ、麻紀のプライドに火がつく。

東大の模擬試験が迫る中で生徒のペースが乱れる、と桜木は取材に反対するが、テレビに浮かれた百合子は桜木の言葉に耳を貸さない。

そして、密着取材は理事長命令だと強制するのだった。
テレビに出演して後に引けなくなった生徒たちは、模擬試験に照準を絞る。

しかし、桜木から志望学部を聞いて驚く。
東大理科一類、ここ以外は考えないと言うのだ。

ついに東大模試の日がやってきたが、試験会場にやってきた6人の表情は硬い。

勇介(山下智久)、英喜(小池徹平)らは必死に平静を装うが、内心は緊張でいっぱい。

それぞれの思いを胸に、試験にのぞむのだった・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」8話のあらすじ

初めての東大模試に臨んだ勇介(山下智久)や直美(長澤まさみ)ら特進クラスの6人。

勇介は目を閉じて桜木(阿部寛)の言葉を思い出すが、一郎(中尾明慶)や英喜(小池徹平)は落ち着きがなくキョロキョロ周りを見回してしまう。

麻紀(サエコ)は隣の受験生の鼻をすする音が気になって、集中できないでいた。

それに気付いた勇介は「試験は己との対話!」と大きな独り言を言い、特進クラスの面々に桜木の言葉を思い出すよう促すのだった。

試験を終え高校に帰ると、教室には桜木や講師たちが待ち構えていた。

そして桜木は模試活用法の1つは「鉄は熱いうちに打て!」だと、各教科の答えあわせを始める。

講師たちがそれぞれ採点し、いよいよ桜木が結果と予想平均点、さらに合格判定を読み上げる。

桜木の口から出た言葉は・・・「E判定」。

東大合格の可能性は5%以下と言うのだ。
この結果に生徒は猛反発し、麻紀は「辞める」と席を立つ。

さらに直美も、英喜も一郎も次々と教室を出て行ってしまい、残ったのは勇介とよしの(新垣結衣)の2人だけ。

桜木は2日間の休みの後、第2回の合宿を行うと宣言してその場をしめる。

その後、桜木は1枚のプリントを井野(長谷川京子)に渡し、生徒全員に届けるよう指示する。

一方、勇介は教室を飛び出した直美を心配し、直美の家へ。

そこへ井野がやってきて・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」9話のあらすじ

夏休みが終わり、2学期が始まった。
東大模試の成績がふるわなかった勇介(山下智久)は、成績が下がる一方で悩んでいた。

そんな中、桜木(阿部寛)から返されたテストの答案用紙を見て、勇介はがくぜんとする。

トップの一郎(中尾明慶)から20点もの差をつけられて最下位。

さらに英喜(小池徹平)や麻紀(サエコ)の何気ない一言にも敏感に反応し、ピリピリした感情を抑えきれない。

それを察した桜木が考えた2学期最初の授業は、芥山(寺田農)による国語の特別授業。

秋から爆発的に偏差値を伸ばすためにも、国語は大事だ。
なぜならすべての教科に通じる力を養うためには「正しく読む」ことが必要だからだ。

一方、桜木は特進クラスの保護者に“受験生を持つ家庭の心得”を話す機会を設けようと計画する。

ある夜、勉強に身が入らない勇介が土手でトランペットの練習をしていると、直美(長澤まさみ)がやってきた。

母・悠子(美保純)が倒れて、病院に運ばれたという。
勇介はいつもと違う直美の様子に戸惑うが、どうすることもできない。

数日後、龍山高校に特進クラスの保護者がやってきた。
教育方針で意見が対立する桜木と保護者たち・・・果たして桜木は、保護者を説得することができるのか?

ドラマ「ドラゴン桜」10話のあらすじ

直美(長澤まさみ)が東大受験をやめると言い出した。
桜木(阿部寛)は引き止めもしない。

直美の突然の決断に驚いた勇介(山下智久)が直美に理由を聞くと、母・悠子(美保純)が入院し、母の代わりに店を切り盛りし、入院費を工面するためにも受験は諦めるということだった。

一方桜木は、他人の心配をしている暇はない、と勉強に励むよう促し、残る5人が1人の取りこぼしもなく東大合格を目指すようはっぱをかける。

井野(長谷川京子)は、どうにか直美の手助けになりたいと思うが、いい考えが浮かばない。

ついに勇介は2人に向かって「もう何も頼まない」と言い放つ。

ある日、直美が店に戻ると、かっぽう着を着た井野の姿が・・・。

そこに勇介、一郎(中尾明慶)、英喜(小池徹平)、よしの(新垣結衣)、麻紀(サエコ)もやってきて、店の手伝いや悠子の看病を交代で手伝うと言う。

そんな中、英語の川口(金田明夫)や数学の柳(品川徹)が理想の2学期の過ごし方、学習内容の変更を発表するが、学校と店の手伝いで、生徒たちの集中力は徐々に切れていく。

特進クラスの成績も落ち始め、英喜は店の手伝いと勉強の両立に限界を感じ、勇介にこの状態を続けると受験に失敗するのでは、と話を持ちかける。

しかし、勇介は最後まで頑張ると聞かない。
この様子を立ち聞きした直美は桜木を呼び出し、あることを頼むが・・・。

ドラマ「ドラゴン桜」11話のあらすじ

センター試験が終わり、会場の外で勇介(山下智久)ら特進クラスの5人が集まっていると、直美(長澤まさみ)の姿が。

勇介はセンター試験の答えあわせを一緒にしようと、直美を誘う。

そして久しぶりに6人そろって、桜木(阿部寛)が待つ龍山高校へと向かう。

教室には桜木、井野(長谷川京子)、特別講師たちが待っていた。

採点の結果、トップは一郎(中尾明慶)。
1人で勉強した直美もまずまずの得点で、どうにか6人全員がセンター試験を突破したようだ。

涙を流して喜ぶ井野を尻目に、生徒たちは授業の準備を始める。

東大合格を目指す6人にとって、本番は35日後に迫った2次試験なのだ。

そこで桜木、芥山(寺田農)、柳(品川徹)、川口(金田明夫)は2次試験対策のアドバイスをおくる。

そして2次試験の前日、桜木は「1つだけおまえたちに言っておきたい」とバカ鉢巻きを取り出し、特進クラスでの最後の授業を始める・・・。

ついに迎えた東京大学試験の初日、6人と井野は赤門前で円陣を組み、受験会場へと向かう。

目指せ!東大合格!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ドラゴン桜2」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・私の家政夫ナギサさん
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ


-ドラマおすすめ
-, , , , , , , ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」