アニメおすすめ 映画おすすめ

【無料動画】ゲド戦記のノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

【無料動画】ゲド戦記のノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

日本テレビで放送されている映画番組「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送されたスタジオジブリの「ゲド戦記」の見逃し配信、ノーカット無料フル動画を無料視聴する情報や、あらすじやネタバレについてなどを紹介したいと思います!

ハムレット
この「ゲド戦記」は言わずと知れたジブリの名作で、金曜ロードショーで何度放送されたかも分かりません!

何度放送されたかも分からないのですが、それでも安定の人気と視聴率を獲得してしまうのが「ゲド戦記」の凄いところ!

だからこそ、「ゲド戦記」をよりいっそう楽しむためにも、ノーカットで何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ゲド戦記」を楽しむために動画配信サービスを紹介したいのですが、今のところ「ゲド戦記」はどこの動画配信サービスでも配信されておりません。

外国向けのネットフリックスでは配信されております。日本では未配信。

金曜ロードショーは日本テレビで放送されているので、今後日本で「ゲド戦記」が配信されるとしたら、動画配信サービスHuluの可能性があります。

なので、動画配信サービスHuluについて紹介したいと思います。

・ゲド戦記を何回も観たい
・日テレのドラマの動画をたくさん観たい!
・読売テレビのドラマを動画でたくさん観たい!
・Huluオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にHuluはおすすめです。

更にHuluでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。
 

見逃し配信ももちろんHuluなら見放題!

日本テレビのドラマやバラエティ番組は、TVerや日テレ無料!(TADA)などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Huluなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更に日テレの最新ドラマはHulu以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Huluなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。
 

Huluなら「あな番」など日曜ドラマや日テレの話題の動画がたくさん!

・あなたの番です
・リモラブ
・今日から俺は!
・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・私たちはどうかしている
・ハケンの品格2

などなど、Huluなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。
 

映画「ゲド戦記」のあらすじ・ネタバレ

【無料動画】ゲド戦記のノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

生きることの意味、命の大切さ。

少年と少女が見つけ出す希望の「光」とは・・・。

「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。

そこでは人間の住む世界に現れるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔法の力を失うなど、異常事態が次々に起こっていた。

その原因を探って旅を続けていた「大賢人」と呼ばれる魔法使い・ゲド、通称ハイタカ(菅原文太)は、ある日、エンラッドの国王(小林薫)である父を刺し、国から逃げている途中だった王子・アレン(岡田准一)と出会う。

アレンは、世界を覆いつつある「影」に怯えていた。

ハイタカと共に旅をすることになったアレンは、美しい港町、ホート・タウンに到着。

しかしその街もかつての輝きを失い、麻薬や人買いが横行していた。

そんな街角で人狩りのウサギ(香川照之)の襲撃を受けていた少女・テルー(手嶌葵)を助けようとしたアレンは、ウサギに襲われ囚われの身に。

ハイタカは奴隷として売り払われそうになっていたアレンを救出。

そしてハイタカの昔なじみの巫女・テナー(風吹ジュン)の家を訪れたアレンは、テルーと再会する。

テナーの家で畑仕事などを手伝う中で、少しずつ人間らしさを取り戻していくアレン。

そんなアレンにテルーも少しずつ心を開き始めるが、アレンが自ら生み出し彼に付きまとう「影」は彼の心をむしばんでいく。

そんな中ハイタカは、世界の均衡が崩れかけている元凶が魔法使いの・クモ(田中裕子)であることを察知。

過去のある出来事からハイタカを恨み続けているクモは、アレンの心の中の「影」を利用してハイタカを倒そうと決意するのだが・・・!?

映画「ゲド戦記」のネタバレ・感想

私はジブリ作品のなかでゲド戦記が1番好きです。
竜と人間が暮らしているという世界観、テルーの挿入歌はとても素敵だと思います。また、生と死について深く考えさせられます。

しかし、他の評価にもある通り、意味がよく分からない。となるのも分かる・・・。
その理由は、原作を読んでいないと散りばめられている伏線を完全に回収することが出来ないからだと思います。(原作を読んでも理解できない箇所があったが(--;))

映画ゲド戦記は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』を原作としています。冒頭にはこんな詩があります。

ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそ
あるものなれ
飛翔せる夕方のタカの
虚空にこそ
輝ける如くに
『エアの創造』

ゲド戦記はこの詩にもあるように、ことば、光と闇、生と死、タカがキーワードになると思います。

ゲド戦記の世界は、かつて竜と人間は一緒だったが、竜は自由を人は形あるものを望みます。
竜が火と風、人が土と水を選んでから、竜は西で暮らすようになり、一方で人は東で生活してきました。

しかし、最初のシーンで竜が人間の東海域に姿を表しただけでなく、竜同士で食い合いをしている。これは今まで保たれてきた「均衡」が崩れてきたことを示しています。

ことばについて。アレン?レバンネン?真の名?って映画見てるときになりませんでしたか、、

簡単に言うと、ハリーポッターで呪文を唱える時の言葉(レバンネン、太古のことば)と普段話す時のことば(アレン)は異なるのと同じです。

この世界は、大人になるとみんな一人ずつ真の名が与えられます。また、竜、魔法使い、それ以外の一部の人は太古のことばを自由に話すことが出来ます。
真の名は信頼している人以外には決して話してはいけません。太古のことばは知識がある人でなければ使ってはいけません。

人だけでなく、海、馬、石、全てに真の名があります。真の名を知っていれば、太古のことばを使って自由に動かすことが出来ます。その物の命を手中に収めたのと同然です。

アレンとハイタカが初めて出会った時、狼に襲われるアレンを救うシーンがありましたよね。ハイタカは魔法使い(の中でも頂点にいる大賢人)なので容易にアレンを狼から守ることが出来ました。

また、クモもレバンネンというアレンの真の名を手に入れたことで、ハイタカを襲うように仕向けることが出来ました。

光と闇について。アレンが暗闇に恐怖を抱いたり、アレンがアレンに怖がったり、アレン2人いるの?って疑問に思いませんでしたか、、

後半に明かされていましたが、2人のアレンは光と影、表裏一体なのです。

原作では実際に影と闘っているのは、ハイタカです。原作の第1作品目『影との戦い』で描かれていました。ハイタカが魔法学校に通っていたときの話です。

ちなみに、魔法使いはロークという島にある魔法学校を卒業し、杖を授けられることが多いです。
なので、ホートタウンで初めて会う商人達は杖を見ればハイタカが魔法使いだと分かりました。

ハイタカが死者を呼び出すという禁じられていた魔法を行ったことが全ての原因でした。その時に、左頬に大きな傷を負いました。
そのときから、ハイタカは姿の見えない影との闘いが始まります。最初はただの影だったのに、ハイタカ自身の体力(気力)が減っていくと、逆に影はだんだんとハイタカの形を取り力をつけて、ハイタカをより脅かす存在になります。

そして、闘いの最後は、、ハイタカが自身の影を抱きしめて終わります。自分が恐れていた自分自身を受け入れたことで解決しました。

アレンも死という恐怖などを受け入れ、テナーのお陰でクモの魔法から目を覚ましたことで、勇敢にハイタカやテナー達を救うことが出来ました。

生と死について。クモは死ぬことを恐れ、強大な魔法を使って不死の力を手に入れようとします。それが、世界の「均衡」を壊してしまっていました。

世界の「均衡」が保たれなくなると魔法の効きが悪くなったり様々な影響があります。ハイタカは大賢人として、その原因を突き止めるために旅をしていたのです。

クモは女?男?か分からないように描かれていたと思いますが、原作では男です。これらは小説の「さいはての島へ」に出てきます。
クモが生と死の扉を開けるのを防ぐために、アレンとハイタカが冒険に出ます。
原作では、クモを倒した後、ハイタカは魔法の力を使い果たし、魔法使いでは無くなってしまいます。

テルーについて。テルーは何者なのか、竜?人間?原作では、テルーは人間として生まれながらも、竜と潜在的に繋がっています。ちなみに、テルーの真の名であるテハヌーは炎という意味です。
そのような人は、勉強しなくても(生まれつき)竜と同じように太古のことばを話すことが出来ます。

しかし、自分が何者なのか自分自身でも分かっていなければ、竜に変身することは出来ません。
原作では、竜と人間の仲介人として重要な役割を果たします。

映画と原作は世界観は同じだとしても、内容は異なります。

原作では、アレンは父親を殺していません。テルーとハイタカが初めて会った時には、ハイタカは既に魔法使いではありません。テナー・テルー・ハイタカ・アレンの4人が会う場面はありません。

内容の濃い原作を映画にするのはこんなに大変なのだと感じました。作品の世界観、死生観に触れることで多くの学びを得られました。ぜひ、多くの人に原作を読んで欲しいとおもいます。

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。
 

映画「ゲド戦記」について

「ゲド戦記」は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。東宝配給で2006年7月29日に劇場公開。宮崎吾朗監督・脚本の独自解釈によるストーリーとなっている。

原作との相違点

【無料動画】ゲド戦記のノーカット見逃し配信の無料視聴方法!

本作品は原作者ル=グウィン(以下「原作者」)による「ゲド戦記」の一連の作品を原作としており、世界観や設定、登場人物名や用語などでいくつかの共通点を持つ。その一方、原案『シュナの旅』の影響が強いため、原作とは異なる点も多い。本作品と原作ゲド戦記の主要な相違点は以下のとおりである。

影の意味

原作3巻にアレンの影は出てこない。鈴木敏夫が『ゲド戦記』のテーマに触れる入り口として導入を提案した。原作1巻の影の物語をハイタカからアレンに移植し、影の役割も変わっている。

制作者によると本作では影の意味は原作とは対照的に設定されているようである。原作では若きハイタカ(ゲド)の影が「心の闇(憎しみや傲慢)」として描かれているが、映画ではアレンの影が「心の光の存在」であるとして描かれている。

原作における影は、光を受けた時に認識することができる、様々な受入れがたい心の傷(良心の呵責など)や、結果的に自分を害することに繋がる弱い心(憎しみや傲慢など)である。原作では影は、様々なゲドの経験から蓄積された無自覚な否定したい心の部分が召喚魔法により具現化し実体を脅かす存在となり、実体であるゲドにつきまといゲドは次第に追いつめられていく。しかし、少年ゲドが影から逃げるのをやめて正面から向き合ったとき、彼は影が自分の一部であることを悟り受け入れ全き人となる。「影は自己認識へ、大人へ、光への旅の案内人なのです」(「夜の言葉」より)。

宮崎吾朗のインタビューによると、映画では悪役クモの仕業によって主人公の「心の光の部分」が切り離されて、光が肉体を追う影となってしまい、影は心の闇に支配されたアレンの実体と一つに戻ろうとして追いかけていたと説明されている。つまり、アレンの影こそが実は「心の光の存在」だった。テルーから「レバンネン、そうして命はずっと続いていくんだよ。」という言葉を聞かされ、闇に支配されていたアレンの心に「光」が戻る。

原作者は映画に対するコメントの中でアレンが分割した理由が不明確であることについて批判をしている。

アレンとゲドの関係

映画ではアレンが心の闇に支配されて国王(父)を殺害し国を出奔、そしてハイタカに出会って旅に同行するという展開になっているが、原作ではアレンは、エンラッドや諸国の異常を知らせるよう父に命じられて、ロークの大賢人たるゲドに会いに行き、そして2人で旅に出る流れになっている。

アレンの父殺し

アレンが国王である父親を殺すという設定は原作にはなく、映画オリジナルである。テルーが親から虐待されたという原作に準拠した設定ともあいまって、田を耕さずハジアを売ったり、人を売り買いする人が儲けたりなどの均衡の崩れた世界を象徴している。世界の均衡を崩し、人の頭を変にする災いの力はアレンの身にも及んでいた。

劇中、アレンが父を刺したのと同じ構図で、アレンがハイタカに斬りかかるシーンもある。2度目のハイタカに斬りかかる方は、劇中はっきりとクモに操られていることが示される。

アレンの父殺しという設定のできた経緯は、書籍「ロマンアルバム ゲド戦記」のインタビューに詳しく記述されている。発案者はプロデューサーの鈴木で、主人公の旅立ちの理由を模索していた吾朗は、「この子は父を殺しちゃうんだよ」という鈴木の一言に初め驚いたそうだが、アレンのキャラクターに合うと思い取り入れた。脚本家の丹羽圭子のインタビューでは、当初アレンはおかしくなった父親に殺されそうになり国を飛び出す、というシノプシスがあったが、鈴木が「今の時代を考えると、息子が父を刺すほうがリアルだ」と発案し、吾朗が取り入れたと言う。

アレンの父殺しの理由は劇中はっきりとは説明されず曖昧だが、宮崎吾朗はインタビューで、「アレンは父を憎んでいたわけではなく、たぶん尊敬しており好きでもあったが、自分が陥っていた閉塞感やがんじがらめな気分を抑えきれなくなり暴走し、彼を取り巻く世界、社会の『象徴』である父親に抑えきれなくなった感情の矛先が向かった」という講釈をしている。

よく父である宮崎駿と宮崎吾朗の関係になぞらえられた推察がされるが、吾朗自身は「父さえいなければ、生きられると思った。」というキャッチコピーに対しても、自分のことではない、と否定している。

韓国公開版では、この部分の台詞がカットされており、韓国の配給会社は「スタジオジブリ側で韓国的情緒を考慮し、台詞を変えることを先に要請してきた」としている一方、スタジオジブリは「セリフが変わったのは、一言で言えば韓国の配給会社側が観客を配慮したもの」と否定している。

テルーの描写

映画ではテルーは火傷の跡こそ描かれているものの、基本的にジブリ作品におけるヒロインのデザインを踏襲したものとなっている。『シュナの旅』のヒロイン、テアにも似ている。ジブリの定石である少年と少女の物語にするため、原作では5 - 6歳(4巻)なのをアレンと見た目が同年代の少女に変更。火傷の位置は原作では右半身だが、映画では左の目から頬にかけて痣状にある。

原作では「顔の半分がケロイド化して目がつぶれている」とか「手が溶けて鉤爪のようになっている」など醜悪さを表現する描写が少なくない。また原作では炎によって喉も潰れており、「テルーの唄」のような歌を歌うことも出来ないとされる。

物語の世界

映画ではホート・タウンとその周辺で物語が進められるが、原作においてはゲドとアレンは辺境の島々から死後の世界まで、アースシーの世界を縦横に横断している。

原作では肌の黒い人間がマジョリティ、白い人間はカルガド圏出身のマイノリティである。しかし、映画ではハイタカの肌がやや黒い以外は誰の肌も褐色とはおよそ言えない。原作者は物語で肌の色が濃いのは邪悪さと結びつけられる因習に批判的なため、この肌の表現にこだわりを持ち、表紙の人物のデザインについて出版社と争うこともあり、ドラマ版製作者と対立したこともある。

アニメ作品では自然の物音の音源が厳密に選定されていないことが多く、例えば、真夏の都会の真ん中でスズムシやマツムシが鳴いていたりする作品がしばしばあるが、本作では世界観に合わせて本物のヨーロッパイエコオロギの声がサンプリングされている。

物語の解決

原作では、誰か悪者を暴力で倒すことによって物語の解決を図ろうとはしていない。それに対して映画では、世界の均衡が崩れつつあるのも、竜が食い合うのも悪役クモが生死両方を分かつ扉を開けた影響とされ、その悪役クモを倒すことによって、共食いをしていた竜がラストシーンで仲睦まじく天空高く飛ぶようになる姿を描き、物語は解決を見せ、終わっている。アレンはすべてのいきさつを知る大賢人ゲドと共に国へ帰る。

本作品の映画の公式パンフレットに『ハイタカはクモという魔法使いが生死両方を分かつ扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出す』と記載されているとおり、世界の均衡を崩し、人々の頭をおかしくしているのは、クモである。しかし、劇中ではクモは敗れたのみで、世界の崩れた均衡の全てが解決したかどうかは明確ではない。また、クモの台詞の中に「均衡はすでに我ら人間の手によって破壊されつつある」とあるため、クモだけが災いの原因とは言えない可能性が大きい。

劇中、世界の均衡を唯一崩せる存在は「人間」であると暗に示されており、世界の均衡を崩しているのは、本来は自分たちの物ではない物まで欲する人間の強欲な働きである。クモが不死を欲した事は均衡を崩す強欲な人間の働きの代表であるといえよう。ハイタカも過去の教訓から、均衡を崩さぬよう魔法の使用を控えている。

原作者の反応

原作者のル=グウィンは試写会後、吾朗に感想を問われ「私の本ではない。吾朗の映画だ。」と述べた。その後、この発言を吾朗が無断でブログに紹介したことや、日本人ファンからのメールなどを受けて、映画に対する感想を公式に発表する。

ル=グウィンはこのコメントの中で、「絵は美しいが、急ごしらえで、『となりのトトロ』のような繊細さや『千と千尋の神隠し』のような力強い豊かなディテールがない」「物語のつじつまが合わない」「登場人物の行動が伴わないため、生と死、世界の均衡といった原作のメッセージが説教くさく感じる」などと記した。

また、原作にはない、王子が父を殺すエピソードについても、「動機がなく、きまぐれ。人間の影の部分は魔法の剣で振り払えるようなものではない」と強い違和感を表明している。

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。
 

Huluで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ゲド戦記」以外にもHuluでは

・あなたの番です
・リモラブ
・今日から俺は!
・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・私たちはどうかしている
・ハケンの品格2

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

日テレドラマと読売テレビドラマなら、是非Huluで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Huluでチェック!

※「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」としての配信はHuluではされておりませんが、「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」で放送される映画の多くはHuluで配信されております。(ジブリ系映画は除く。)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

※ジブリ系映画を観る場合は、TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムを利用してソフトレンタルをするのがおすすめです。

登録無料!TSUTAYAプレミアム公式ページへ

※TSUTAYA DISCAS・TSUTAYAプレミアムでなら、ドラマチェリまほのオリジナル動画なども配信されています。


-アニメおすすめ, 映画おすすめ
-, , , ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」