ライブおすすめ

【動画配信】LUNA SEA(ルナシー)のオンラインライブの視聴方法!ライブ配信をテレビで見る方法は?

【動画配信】LUNA SEA(ルナシー)のオンラインライブの視聴方法!ライブ配信をテレビで見る方法は?

あの「LUNA SEA(ルナシー)」がオンラインライブをライブ配信することが決定致しました!

その名は『LUNA SEA –RELOAD-』です!

このライブは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、客席数の50%以下の人数を上限として実施されることがアナウンスされていたが、規定枚数が完売したため、LUNA SEAにとって初のライブ配信が行われることとなりました!

開催地は、埼玉の「さいたまスーパーアリーナ」です!

【配信日時】
2020年12月26日(土) OPEN 16:00 / STRAT 17:30
2020年12月27日(日) OPEN 14:30 / STRAT 16:00

当日はオンライン上で「LUNA SEA(ルナシー)」の白熱のライブをライブ終了まで余すところなく配信されます!

しかも

・高音質で聴ける!
・高画質で観れる!
・パソコンで観れる!
・スマホで観れる!
・タブレットで観れる!

という素晴らしい環境でお得に「LUNA SEA(ルナシー)」のパフォーマンスを楽しむことが出来ます!

【申込はこちらから】

https://eplus.jp/lunasea/

*先着順となります。
*お一人様4枚まで。
*WEBのみ受付。(e+ の無料会員登録が必要となります)
*コンビニ店頭・お電話での受付はございません。
 

『LUNA SEA –RELOAD-』の見逃し配信は?

「LUNA SEA(ルナシー)」のオンラインライブ『LUNA SEA –RELOAD-』は、2020年12月26日(土)だけでなく、しばらくの期間配信予定となっております。

つまり、見逃し配信というわけではなく、一定期間であればいつでも見ることが出来るというわけです。

視聴可能日時は

2020年12月29日(火)23:59まで
(ライブ配信後に再配信処理を行いますのでご覧いただけない時間がございます)

※ライブ配信時間:150分予定(変更になる場合がございます。予めご了承ください)
※途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、巻き戻しての再生はできません
※視聴方法:ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせしますので(または申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)、購入時のイープラスID/PWでログインしてください
※本コンテンツは、著作権法などの諸法令により保護されています。インターネット上への無断転載等を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。マナーを守ってお楽しみください

【配信日時】
2020年12月26日(土) OPEN 16:00 / STRAT 17:30
2020年12月27日(日) OPEN 14:30 / STRAT 16:00

【視聴料】
¥5,500

【販売期間】
2020年12月14日(月)から

※ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせしますので(または申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)、購入時のイープラスID/PWでログインしてください

【視聴可能期間】
2020年12月26日(土) STRAT 17:30~2020年12月29日(火)23:59まで

【申込はこちらから】

https://eplus.jp/lunasea/

*先着順となります。
*お一人様4枚まで。
*WEBのみ受付。(e+ の無料会員登録が必要となります)
*コンビニ店頭・お電話での受付はございません。
 

「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』をテレビで見る方法

「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』を直接テレビで見る方法は今のところありません。

基本的にはスマホ、タブレット、パソコンのみでの視聴になります。

ただ、テレビにHDMI端子がある場合には、スマホやパソコンをHDMIケーブルで接続をして、テレビ画面で視聴することも可能かもしれません。

HDMIケーブルで、スマホやノートパソコンで接続するとテレビにスマホやノートパソコンの画面が表示されて、大画面テレビで配信を見ることが出来るかもしれませんが、これが100%出来るとは限りません。

また、テレビの大画面になることにより、画像が荒くなる可能性もあります。

そしてもう一つ、テレビで「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』を見る方法としては、AppleTVなどで、スマホ画面をテレビ画面へミラーリングして見る方法です。

これも上記のように、画像が荒くなったり、映像と音声がズレる可能性があります。

どちらの方法も、理論上可能な方法というだけで、「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』が確実にこれらの方法でテレビ画面で見れる!とは言えないので、実際に配信中に試していただく形になります。

ミラーリングでの視聴について

スマートフォン画面をテレビなどへ映像出力してご視聴いただける場合もございます。

■ 主な接続方法

【有線】
HDMIケーブル・変換アダプタでスマートフォン、テレビを接続

【無線】
iPhone(Apple TV、AirPlay 2対応スマートテレビ等)
Andorid(Chromecast、Anycast S、Fire TV Stick等)

※ミラーリング対応や接続方法の詳細は、ご利用機器のメーカー公式サイト等でご確認ください。

※お客様の視聴機器・環境によってはご利用いただけないこともございます。

当社での動作保証はいたしかねます。あらかじめご了承ください。

【申込はこちらから】

https://eplus.jp/lunasea/

*先着順となります。
*お一人様4枚まで。
*WEBのみ受付。(e+ の無料会員登録が必要となります)
*コンビニ店頭・お電話での受付はございません。
 

「LUNA SEA(ルナシー)」について

「LUNA SEA(ルナシー)」は、1989年に現メンバーで結成し、1992年メジャーデビュー。

2000年に終幕(解散)を宣言し活動を休止したが、2010年に活動を再開した。

RYUICHI以外のメンバーは全員神奈川県秦野市出身だが、RYUICHIのみ神奈川県大和市出身である。

SUGIZOと真矢、またINORANとJはそれぞれ同じ高校に通っていたが、真矢以外の3人は中学も一緒だった。(RYUICHIは全て別)。

元々はJとINORANがLUNACYというバンドをやっていて、SUGIZOは先輩のバンドに誘われてベースとして入ったが、「一緒にやろう」とそのバンドに真矢を誘った。

その後、18歳か17歳の時にSUGIZOがPINOCCHIOというバンドを作り、真矢も一緒だった。

インディーズの頃のJと真矢のインタビューによると、JとINORANが遊びでやっていた初めてのバンドがLUNACYで、それと並行して真矢とSUGIZOはPINOCCHIOという別のバンドをやっていた。

PINOCCHIOは、わりとお調子者が揃っていたバンドだったので「お調子バンド」をやっていて、激しかったLUNACYに真矢は対抗意識を燃やしていた。

JはPINOCCHIOに対して「うちより全然うまかった。うちは気合いのみだったから(笑)」という思いだった。

二つのバンドは地元のバンド仲間で、スタジオが一緒だったりして、よく顔を見かけていた。

JとINORANが高校を出る出ない(進学・就職)という時に、互いのバンドに最後まで残っていた4人で「一緒にやってみようか」ということになった。

真矢はLUNACYのライブを見た時に「俺が入ったほうが、いいのにな」と思っていたので、誘われた時にはすぐ「よし、やろう」となった。

真矢1人のインタビューによると、高校生時代のLUNACYはハード・コアっぽくて硬派で、PINOCCHIOはもっと明るい感じの、まったく反対の音だったので、ライバル・バンドとして気になっていた。

高校3年のとき、SUGIZOが真矢の家に行き、「バンドで一緒にプロになろう」と言い、真矢は「プロなんて果てしない道のりだ」と思っていたが、SUGIZOが「やる気になればできる」と言うので、「それもいいか」と思った。

その後、進学や就活でLUNACYもPINOCCHIOも「ガタッとなって」、INORANとJが真矢のところに誘いに来たが、真矢はSUGIZOと一緒にやっていきたかったので、「LUNACYに入る代わりに、SUGIZOも入れてツイン・ギターにしてくれ」という条件をつけた。

真矢は度々LUNACYのサポートに入っていたが、SUGIZO加入前はINORANが「仕方なしに」ギター・ソロを弾いていた。

RYUICHI加入後も「JUNK(もう死んだふりさせない)」という未音源化の曲のみ、ライヴでギター・ソロを弾いていたが、それ以降は生来の性格や好みもあり、楽曲のギター・ソロはすべてSUGIZOが弾くようになった。

なお、SUGIZOにより「もう死んだふりさせない」という曲はなく、過去の映像の一部分のみを観たファンの誤解であることが明言された。

作品については、メンバー全員が作詞・作曲に参加し作り上げる。

まず、メンバーの1人が原曲となる曲を持ち込み、それを元にメンバー全員で作り込んでいくジャム・セッションという方法を取っている。

CDなどの音源で公に出す前にライブで発表することもあるが、詞やアレンジが大きく変更されることも多々ある。

作詞は主にRYUICHIが担当するが、原曲者が歌詞を持ち込むこともある。

作曲は、SUGIZO・J原曲のものがシングルのタイトルナンバーに採用されることが多く、カップリングにはINORANが原曲を担当したものが多く採用されている。

原曲の作曲者がクレジットされないようになってからでは、「UNTIL THE DAY I DIE」、「Lost World」、「piece of a broken heart」、「So Sad」という曲でRYUICHIが、「inside you」、「ECHO」という曲で真矢が原曲を担当している。

オリジナル・アルバムのレコーディングでは、まず最初に曲順を決めていた。

これは、特に真矢の希望によるもの。

初期の作品は、クレジットタイトルに作詞・作曲を担当したメンバーが表記されていたが、途中からは全て「作詞・作曲:LUNA SEA」としている。

これは、著作権から発生する印税収入などの権利を公平にし、5人全員で作品を作っているという意味が込められている。

LUNA SEAには、明確なリーダーが存在せず、また確立されていない。

これについてJはNHK総合のドキュメンタリーで「全員が局面局面でイニシアチブを取れるから、責任を押し付けるようなリーダーはいらない」と発言している。

意思決定は、全会一致が原則。

提案に対し決は取るが1人が否定すれば、その案は棄却される。

Jは「他のバンドさんの前に、5人がライバルだ」と語っている。

最終的にはSUGIZOが音楽プロデューサーとして、アルバムの最終的なコンセプト・カラーを決めていく。

曲順を決める所からレコーディングの最終工程にまで関わる。

このように、メンバー1人1人の個性が非常に強く時には衝突し合いながら緊張感溢れる音楽を作っている様子を称して、市川哲史は「独立国家共同体バンド」「音楽戦隊エゴレンジャー」「自己顕示欲のハルマゲドン」などと形容していた。

バンド内でのそれぞれの役割について、インディーズの頃SUGIZOは「RYUICHIは顔、真矢は骨、それに付く筋肉がJ、俺は手足、そしてINORANはLUNA SEAサウンドのへそ」と言っていた。

また、LUNA SEAのファンを「SLAVE(スレイヴ)」と呼び、6番目のメンバーとしている。

SLAVEは、オフィシャルファンクラブの名称でもあり、ファンクラブSLAVEは、LUNA SEAが終幕していた間も活動を続け、現在に至る。

初期の頃から黒い服を着用したファンが多く、「やったら面白そう」という理由だけで「黒服限定ギグ」を行い、その後も不定期に行うようになった。

また、いい意味で裏切るため、メンバー全員白い衣装でライブに出ることもあった。

1992年頃にはステージでもプライベートでもメンバー全員がLUNA MATTINOの服を愛用しており、ブランドの名前やフォントにも類似性がある。

2003年、HMVによる「日本史上最高のトップポップアーティスト100」に選ばれる。

「LUNA SEA(ルナシー)」のバンド名の由来

LUNA SEAとは「月と海」という意味である(LUNAはラテン語 SEAは英語である)。

インディーズ時代は、狂気という意味のLUNACYと言うバンド名であった。

メジャーでの活動を視野に入れた彼らは、一つの意味に縛られず、また音楽的にも「月のように変化があって、海のように深く」という思いから、「〜CY」箇所を「〜SEA」にし、2語とした「LUNA SEA」に変更した。

これはJの提案によるものである。

また、2000年に発売されたアルバムには、初心に帰るという意味も込めて、旧バンド名である『LUNACY』というタイトルが付けられている。

東京ドーム初の無料ライブ「LUNACY 黒服限定GIG 〜the Holy Night〜」はLUNACY名義で行い、最後のアンコールで演奏したROSIERとMOTHER以外は全てインディーズの頃の曲を演奏した。

2015年開催のLUNATIC FEST.では、LUNACYとして両日オープニングアクトを行った。

「LUNA SEA(ルナシー)」の音楽性と影響

『ミュージックステーション』(テレビ朝日)の生放送に出演する場合、昼から始まるリハーサルを終えると夜の出演までは時間が空いてしまう。

この空き時間に、SUGIZOやJは、当時六本木のテレビ朝日の近くにあったCDショップWAVEで手当たり次第気になるCDを買っていたという。

また、SUGIZOは土屋昌巳や坂本龍一からオススメの音楽を教わっていた。

このような音楽的貪欲さがLUNA SEAというバンドの音楽性の基礎につながっているのではないかとライターの藤谷は述べている。

このほかに、INORANはD'ERLANGERを尊敬しているという。

SUGIZOはカオスUK、ディスチャージをルーツとしており、クラス、ポップ・グループなども好きなバンドにあげている。

また、LUNA SEAの活動の初期にはバウハウスやセックス・ギャング・チルドレン(英語版)などのゴシック・ロックからも影響を受けていたという。

【配信日時】
2020年12月26日(土) OPEN 16:00 / STRAT 17:30
2020年12月27日(日) OPEN 14:30 / STRAT 16:00

【視聴料】
¥5,500

【販売期間】
2020年12月14日(月)から

※ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせしますので(または申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)、購入時のイープラスID/PWでログインしてください

【視聴可能期間】
2020年12月26日(土) STRAT 17:30~2020年12月29日(火)23:59まで

【申込はこちらから】

https://eplus.jp/lunasea/

*先着順となります。
*お一人様4枚まで。
*WEBのみ受付。(e+ の無料会員登録が必要となります)
*コンビニ店頭・お電話での受付はございません。
 

「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』を楽しもう!

「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』は

・高音質で聴ける!
・高画質で観れる!
・パソコンで観れる!
・スマホで観れる!
・タブレットで観れる!

という素晴らしい環境でお得に「LUNA SEA(ルナシー)」のパフォーマンスを楽しむことが出来ます!

これを逃したら、次にいつ「LUNA SEA(ルナシー)」のライブが観れるか分かりません!

「LUNA SEA(ルナシー)」の『LUNA SEA –RELOAD-』を楽しみましょう!

【配信日時】
2020年12月26日(土) OPEN 16:00 / STRAT 17:30
2020年12月27日(日) OPEN 14:30 / STRAT 16:00

【視聴料】
¥5,500

【販売期間】
2020年12月14日(月)から

※ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせしますので(または申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)、購入時のイープラスID/PWでログインしてください

【視聴可能期間】
2020年12月26日(土) STRAT 17:30~2020年12月29日(火)23:59まで

【申込はこちらから】

https://eplus.jp/lunasea/

*先着順となります。
*お一人様4枚まで。
*WEBのみ受付。(e+ の無料会員登録が必要となります)
*コンビニ店頭・お電話での受付はございません。


-ライブおすすめ
-, ,

© 2021 無料動画見逃し配信情報「HAMLET」